サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(107ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:トラフィック(2000年)
2000年公開のアメリカ映画。監督は「オーシャンズ11」などのスティーブン・ソダーバーグ。主演のロバート役に「ゲーム」や「ダイヤルM」「アベンジャーズ」シリーズのマイケル・ダグラス。共演にキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ他。 アメリカとメキシコで起こっている麻薬戦争。アメリカで奮闘するロバート判事だが、彼の娘のキャロラインは重度の麻薬中毒者だった。子供のためにもとさらに仕事に打ち込み奮闘するロバート。メキシコでは、警察と軍、麻薬カルテルの癒着が深刻でハビエルはその渦中にいる。麻薬戦争の闇はさらに深くなっていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:日本の黒い夏 冤罪〔enzai〕
日本の黒い夏 冤罪〔enzai〕の紹介:2001年公開の日本映画。社会派の名匠・熊井啓が、松本サリン事件の真実に肉薄した意欲作。高校生がTV局に取材するという回想形式により、警察捜査やマスコミ報道の問題点をえぐり出す。 ネタバレを読む
映画:ファイヤーウォール
「ファイヤーウォール」は2004年に公開されたアメリカのクライム・サスペンス映画です。監督は「ウィンブルドン」や「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」などのリチャード・ロンクレイン、主演はハリソン・フォードです。銀行のセキュリティーシステム部門に勤めるジョンは、ある日家族を人質に取られ、自ら構築したセキュリティーシステム‟ファイヤーウォール”を破り、預金を強奪するようにと脅される… ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エネミー・オブ・アメリカ
エネミー・オブ・アメリカの紹介:1999年公開のアメリカ映画。プライバシーを知らぬ間に侵害され追われる身となったひとりの男の苦闘を措くサスペンス。監督は「クリムゾン・タイド」「ザ・ファン」のトニー・スコット。脚本は「ハーヴェスト」のデイヴィッド・マルコーニ。製作は「アルマケドン」のジェリー・ブラッカイマー。製作総指揮は「アルマゲドン」のチャド・オーメン、「ザ・ファン」のジェームズ・W.スコッチドポール、「めぐり逢い」のアンドリュー・Z・デイヴィス。撮影は「GIジェーン」の西海岸ユニット部分の撮影を務めたダン・ミンデル。音楽は「アルマゲドン」のトレバー・ラビンと「アンツ」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。美術は「トゥルー・ロマンス」のベンジャミン・フェルナンデス。衣裳は「Xファイル ザ・ムービー」のマーリン・スチュワート。出演は「メン・イン・ブラック」のウィル・スミス、「クリムゾン・タイド」「バードケージ」のジーン・ハックマン、「クロスゲージ」のジョン・ヴォイト、「ザ・エージェント」のレジーナ・キング、「エンゼルハート」のリサ・ボネット、「自由な女神たち」のガブリエル・バーン、「ガタカ」のローレン・ディーン、「ナイトウォッチ」のシェイク・ビジーほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:消されたヘッドライン
消されたヘッドラインの紹介:2009年公開のアメリカ&イギリス映画。イギリスBBCのTVドラマ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』をハリウッドでリメイクした作品で、国家権力や莫大な利権が絡む謀略の構図を暴こうとする新聞記者の苦闘を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:アンフェア(the end)完結
アンフェア the endの紹介:2015年9月5日公開の日本映画。2006年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『アンフェア』の劇場版第3弾で、完結編。篠原涼子演じる敏腕女刑事・雪平夏見の活躍を描く、最終作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アンフェア(the answer)
アンフェア the answerの紹介:2011年公開の日本映画。2006年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『アンフェア』の劇場版2作目で、2015年9月に公開される続編『アンフェア the end』がシリーズ完結編となる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アンフェア(the movie)
アンフェア the movieの紹介:2007年公開の日本映画。2006年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『アンフェア』の映画版。テレビシリーズが好評だったため、1年余りで映画化された。主演はテレビシリーズ・SP版と同じく篠原涼子。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ラストターゲット
ラスト・ターゲットの紹介:2010年制作のアメリカ映画。ジョージ・クルーニーが孤高の暗殺者に扮し、ローマの東にある城塞の街、カステル・デル・モンテを舞台に、〝最後の仕事〟に挑む男の生きざまをサスペンスタッチで描く。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:ダイヤルMを廻せ!
ダイヤルMを廻せ!の紹介:1954年公開のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス・ミステリー。妻を殺害して遺産を手に入れようとする夫のたくらみと、意外な展開、事の真相を探り当てる警部の奔走を描く。 ネタバレを読む
映画:スイッチを押すとき
スイッチを押すとき(山田悠介・原作)の紹介:2011年公開の日本映画。山田悠介の同名小説を映画化したサスペンスミステリー。国家プロジェクトの実験材料として自殺装置のスイッチを持たされ、監禁された子供たちと謎めいた看守との運命を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
×