サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(110ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:ミスティックリバー
ミスティック・リバーの紹介:2003年制作のアメリカ映画。デニス・ルヘインの同名ミステリー小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化。再会した幼なじみ3人の心の闇を、濃密な映像と緊張感あふれる演技で描く。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:トゥモローワールド
トゥモロー・ワールドの紹介:2006年公開のイギリス&アメリカ映画。P・D・ジェイムズの小説『人類の子供たち』を原作とし、子供が生まれなくなった近未来を描いたサスペンスタッチの映画。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:ジョーカー・ゲーム
ジョーカー・ゲームの紹介:2015年公開の日本映画。柳広司のミステリー小説を、亀梨和也・主演で映画化したスパイ・サスペンス。第二次世界大戦前夜の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡り、各国のスパイたちの戦いを描く。 ネタバレを読む みんなの感想が7件届いてます
映画:トランセンデンス
トランセンデンスの紹介:2014年公開のイギリス&アメリカ&中国映画。人工知能と化した科学者の姿を通して、ゆきすぎたテクノロジーがもたらす危機について描くSFスリラー映画。「トランセンデンス」とは「超越」という意味。 ネタバレを読む みんなの感想が7件届いてます
映画:渇き。
渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:デスノート(the Last name)後編完結編
デスノート the Last nameの紹介:2006年公開の日本映画。2部連続で映画公開された『デスノート』の後編ならびに完結編にあたる。死神のノートを手に入れた青年と、名探偵・Lとの頭脳対決が始まった。原作とは異なる結末にも注目。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:デスノート(前編)
デスノート 前編の紹介:2006年公開の日本映画。人気漫画『DEATH NOTE』を原作とし、公開は邦画史上として初の前・後編の2部連続公開として企画された。死神のノートを手に入れた青年と、彼の周囲で起きる様々な事件を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
×