サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(113ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:ウィンターズ・ボーン
2010年公開のアメリカ映画。監督は『足跡はかき消して』などのデブラ・グリニク。主演に『ハンガー・ゲーム』シリーズや、『Xメン』シリーズなどのジェニファー・ローレンス。原作は2006年のダニエル・ウッドレルの同名の小説。 17歳のリーは貧しい家庭で病気の母親と幼い弟妹を抱えてミズーリ州南部で暮らしている。父親が麻薬で保安官に捕まり、裁判を待つ身でありながら保釈金の担保に家と森を入れ姿を消してしまう。 父親が見つからなければ家と森を失うと聞かされたリーは独自に父親を探そうとする。 一族の絆が強く、法律よりも一族の掟を大事にする風習から親戚たちに父親の捜索をよく思われないリー。 ある日ついに親戚の女達からリンチを受けてしまう。 それでも諦めずに自分たちの窮状を訴え続けるリーは父親の兄でもあるティアドロップの助けを借りながら、ついに父親の遺体の一部と対面する。 ネタバレを読む
映画:臨場 劇場版
臨場 劇場版の紹介:「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を元にした、大ヒットドラマシリーズを映画化。豪快で型破りながらも、鋭い観察眼を持ち、これまでにもさまざまな難事件を解決してきた検視官が、新たな真相に迫る。 ネタバレを読む
映画:母なる証明
母なる証明の紹介:2009年に韓国で公開され、観客動員数約300万人という大ヒット映画。精神薄弱児である息子と共に生きていくことを決意し、何もかもに背を向けてでも守ろうとする、母の強さを感じる壮絶なドラマ…という裏に、とんでもないどんでん返しを抱えている作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決の紹介:ジャン・グリシャム原作の映画化作品。銃の乱射事件で夫を失った妻が、銃器メーカーを相手に訴訟を起こす。陪審員の答申をめぐり、陰謀や取引が渦巻く裁判映画。 ネタバレを読む
映画:ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」は2003年に公開されたアメリカの映画です。監督は「アンジェラの灰」や「エビィータ」などのアラン・パーカー、主演はケヴィン・スペイシーとケイト・ウィンスレットでおくる、えん罪や死刑制度について問うサスペンス作品。死刑制度廃止運動の活動していた大学教授デビッド・アビゲイルは、同僚の女性への強姦殺人の罪で投獄され死刑宣告を受けていました。死刑を4日後に控えたある日、デビッドは敏腕女性記者のベッツィーを指名し自分のインタビューを許可します。ベッツィーは取材のためデビッドに話を聞いている内に、彼は無実なのでは…と思い始めます。そこには、思いも寄らぬ秘密が隠されていた…   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:悪の法則
悪の法則の紹介:ビュリッツァー賞作家の書き下ろした脚本を、巨匠リドリー・スコットが映画化。若くハンサムで、美しい恋人との結婚を控えた弁護士が、出来心で手を染めた裏社会のビジネスがきっかけで、危険にさらされ、転落していく姿を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミザリー
ミザリーの紹介:1990年製作のアメリカ映画。スティーブン・キングの同名小説の映画化。この映画の見所はアニー役のキャシー・ベイツの演技力です。アカデミー主演女優賞をいただだけ納得のできる作品です。もう、怖過ぎてインパクトがあります。ストーカーの素になったとも言える作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジの紹介:1971年製作のアメリカ映画。スタンリーキューブリック監督が映画化した作品で有名だが、原作者にはとても気に入られていない作品(小説版の完結版の最後の章を映画版に取り入れていないため、ラストが変わってしまうから)。スタイリッシュで奇をてらったファッションなどにも注目。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:フローズン[Frozen]
期待の大型新人、アダム・グリーン監督の記念すべき第一作目となるソリッド・シチュエーション・スリラー。極寒のスキー場の、地上15mのリフト上で長期間孤立という極限状態に置かれた3人の男女の心理状況と、徐々に確実に死に向かう肉体状況を、目を覆いたくなるほどの緻密さで描いた衝撃作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミスト
ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:セブン
セブンの紹介:1995年製作のアメリカ映画。「七つの大罪」をモチーフに繰り広げられる連続殺人事件に新人刑事とベテラン刑事が挑む。ベテラン刑事をモーガン・フリーマンが、新米刑事をブラッド・ピットが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:パレード
吉田修一による同名小説を、「GO」や「世界の中心で、愛を叫ぶ」などで知られる行定勲監督が映画化した、2010年公開の作品です。都内のアパートでルームシェアをしている若者たちの日常と、そこに潜む「闇」を、抑えたタッチで描き出しています。ルームシェアをするメンバーとして、藤原竜也を始め、香里奈、小出恵介、貫地谷しほりなど、豪華なメンバーが顔を揃えています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キューブCUBE
謎の立方体空間から脱出を図るという異色のシチュエーションサスペンス。閉じこめられた人間の頭脳と精神と肉体を極限まで追い込みます。果たして出口を見つけることが出来るのか。そして出口の先にあるものは。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×