サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(116ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:ハンニバルライジング
ハンニバル・ライジングの紹介:2007年公開のアメリカ・イギリス・フランス合作映画。「ハンニバル・レクター」シリーズ4作目となる同名小説の映画化。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描く、時間軸では1番目の作品。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:ハンニバル
ハンニバルの紹介:2001年公開のアメリカ映画。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。出演はアンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーアなど(ジョディ・フォスターはクラリス役を辞退したためジュリアン・ムーアが登板した)。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:デッドゾーン
デッドゾーンの紹介:手に触れた人の未来を見ることのできる超能力を得た男性の孤独と苦悩、その生と死を描いたクローネンバーグ監督の作品。アボリアッツ・ファンタスティック映画祭批評家賞受賞のサスペンス映画です。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:羊たちの沈黙
羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:藁の楯
藁の楯の紹介:2013年公開の日本映画。『ビー・バップ・ハイスクール』で知られる漫画家・きうちかずひろが本名の木内一裕名義で発表し小説家デビューを果たした「藁の楯」を、三池崇史監督が映画化。表題の意は「意味をなさないもの、役に立たないもの」。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:容疑者Xの献身
容疑者Xの献身の紹介:2008年公開の日本映画。東野圭吾の人気小説・ガリレオシリーズを原作とし、天才物理学者と女性刑事のコンビが難事件を解決する人気テレビドラマ「ガリレオ」の劇場版で、13年には劇場版第二弾『真夏の方程式』も映画化された。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:飢餓海峡
飢餓海峡の紹介:1965年公開の日本映画。水上勉の同名小説が原作。戦後の貧困の時期を生きる多くの日本人の悲哀が投影された作品を、内田吐夢監督が再現した。完成版183分は長いという理由で初公開版は167分に短縮された(現在のものは完全版)。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ナイアガラ
ナイアガラの紹介:1953年公開のアメリカ映画。ヘンリー・ハサウェイ・監督、マリリン・モンロー・主演で、劇中でのモンローの独特の歩き方は、後に「モンロー・ウォーク」と呼ばれいまなお有名である。モンローにとっては初のカラー映画。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:死刑台のエレベーター(2010年)
死刑台のエレベーター(2010年)の紹介:2010年公開の日本映画。1958年にフランスで公開されたノエル・カレフの『死刑台のエレベーター』を、日本を舞台に代えた、二度目のリメイクとなるサスペンス映画。監督は緒方明。 ネタバレを読む
映画:ファイアー・ウィズ・ファイアー 炎の誓い
ファイアー・ウィズ・ファイアー 炎の誓いの紹介:殺人事件の重要証人が「証人保護プログラム」適用中に犯人のギャングから命を狙われた事をきっかけに、逆襲に出る姿を描いたサスペンス・アクション。2012年にアメリカで発売、日本では2013年公開。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の紹介:2013年公開の日本映画。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とした映画化第2弾で、また第3作の制作も予定されている。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:凶悪
凶悪の紹介:2013年公開の日本映画。実際に起きた凶悪殺人事件を基に、獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を描いたノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした、社会派サスペンス・エンターテインメント映画。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
×