サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

女囚701号さそりの紹介:1972年製作の日本映画。女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に、恋人の裏切りに対し復讐の怨念を異常に燃やし続ける主人公を中心に、極限に追いつめられた女囚たちの生態を描く。「ビッグコミック」に連載された篠原とおる原作・劇画の映画化。脚本は「ポルノギャンブル喜劇 大穴中穴へその穴」の神波史男と「博徒外人部隊」の松田寛夫、監督は第一回作品の伊藤俊也、撮影は「現代やくざ 人斬り与太」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シェルター 狂気の秘密の紹介:2008年製作のカナダ映画。夫からの暴力が続く毎日に嫌気がさして町から出る決心をしたダーリーンは、12歳の娘ビクトリアを連れて田舎に行きます。紹介されたシェルターの管理人の女性・ビーは一見優しそうな女性でしたが、ダーリーンは次第に違和感を抱き始めます…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ザ・メニュー
ザ・メニューの紹介:2022年11月18日公開のアメリカ映画。有名シェフのレストランを訪れたカップルに起こる想定外のサプライズを描いたサスペンス。「クイーンズ・ギャンビット」のアニャ・テイラー=ジョイと、『マッド・マックス 怒りのデスロード』のニコラス・ホルトがレストランを訪れるカップルを演じ、『グランド・ブダペスト・ホテル』のレイフ・ファインズが謎に包まれたシェフを演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:母性

映画「母性」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

母性の紹介:2022年11月23日公開の日本映画。1つの事件をきっかけに「母と娘」の恐ろしい関係性を浮き彫りにした、湊かなえの同名小説を実写映画化。ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で共演した戸田恵梨香と永野芽郁が、母性を持てず娘を愛することのできない母親と、母性を求めて母に愛されたいと願う娘をそれぞれ演じた。『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一が監督を務め、『窮鼠はチーズの夢を見る』の堀泉杏が脚本を手掛けた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王THE MOVIE 2000の紹介:2000年製作の日本映画。あこぎな信用金庫理事長を相手に、伝説の相場師と借王たちがタッグを組んで繰り広げる詐欺計画を描いた痛快金融ドラマのシリーズ第7弾。ビデオレンタルでも高回転を誇る人気シリーズの最新作。訳あって莫大な借金を抱えた男女3人組が、今回は悪らつな“システム金融”を相手にマネーゲームを展開する! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王 ナニワ相場師伝説の紹介:1999年製作の日本映画。あこぎな信用金庫理事長を相手に、伝説の相場師と借王たちがタッグを組んで繰り広げる詐欺計画を描いた痛快金融ドラマのシリーズ第6弾。監督は「ドンを撃った男」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる原作コミックを基に、「平成金融道 裁き人」の岩澤勝己が脚本を執筆。撮影を「ドンを撃った男」の鈴木耕一が担当している。主演は、シリーズのレギュラーである「日本黒社会 LEY LINES」の哀川翔、「ドンを撃った男」の志賀勝、「平成金融道 裁き人」の夏樹陽子。ゲストスタアに「たどんとちくわ」の根津甚八。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ある男(2022年)
ある男(2022年)の紹介:2022年11月18日公開の日本映画。平野啓一郎の同名小説を原作とした、亡くなった1人の男の正体を追うヒューマンミステリー。『蜜蜂と遠雷』の石川慶がメガホンをとり、男の正体を追う弁護士の城戸を『悪人』の妻夫木聡が演じた。城戸に依頼を持ち込む男の妻を『愛のむきだし』の安藤サクラ、正体を偽り別人として生きた男を劇場版『東京喰種 トーキョーグール』の窪田正孝がそれぞれ演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王THE MOVIE 沖縄大作戦の紹介:1998年製作の日本映画。莫大な借金を背負った3人の借王たちが、悪徳企業と謎の女詐欺師を敵に回して活躍するコメディ・シリーズの第5作。監督は「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる原作を基に、「新・極道渡世の素敵な面々 女になった覚えはねぇ」の松本功と岩澤克己のコンビが脚本を執筆。撮影を「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」の鈴木耕一が担当している。主演は、「ニンゲン合格」の哀川翔と「残侠」の志賀勝、「借王4」の夏樹陽子。また、ゲストとして「大いなる完」の南野陽子らが出演している。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「借王4」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

借王4の紹介:1998年製作の日本映画。おなじみ借王3人組が、今回は大阪の悪徳証券会社を相手に詐欺を働く人気シリーズの第4弾。監督は1,2作に引き続き「大安と仏滅!?」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを前作同様、松本功と岩瀬勝巳が共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「借王3」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

借王3の紹介:1998年製作の日本映画。借金に苦しむ3人組が、ゼネコンと大物総会屋を相手に大がかりな詐欺を試みる金融シリーズの第3弾。監督は前作で和泉聖治と共同監督した香月秀之。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、「借王」「借王2」に参加した松本功と、岩瀬勝巳が共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。なお、本作は「借王4」と同時上映された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「借王2」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

借王2の紹介:1997年製作の日本映画。借金に苦しむ3人組が、再び集結して手強い敵相手に詐欺を働くコメディ・シリーズの第2弾。監督は「借王」の和泉聖治と「不法滞在」の香月秀之の共同。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、前作同様、松本功と旺季志ずかが共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「借王1」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

借王の紹介:1997年製作の日本映画。借金に苦しむ男女3人組が、巧妙な騙しの手口で大金を得ようとする姿を描いたコメディ。監督は「実録新宿の顔 新宿愚連隊物語」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、松本功と旺季志ずかが共同脚色。撮影を「実録新宿の顔 新宿愚連隊物語」の鈴木耕一が担当している。主演は「うなぎ」の哀川翔と、「ピエタ」の志賀勝、「紳士同盟」の夏樹陽子。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×