サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

氷の微笑2の紹介:2006年製作のアメリカ映画。1992年の映画『氷の微笑』の続編。シャロン・ストーンが妖艶な悪女を演じた大ヒット作の14年ぶりの続編。美貌衰えぬストーンが、再びエロティックで謎多き犯罪小説家に扮するサスペンス。前作で主演したマイケル・ダグラスをはじめ、アレック・ボールドウィン、カート・ラッセルに相次いで出演を拒否された。第27回(2006年度)ゴールデンラズベリー賞にて7部門にノミネートされ、そのうち最低作品・最低主演女優・最低脚本・最低前編続編の4部門で受賞した。ちなみに制作費7000万ドルのうち、1400万ドルはシャロン・ストーンへのギャラが占めている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
誰もがそれを知っているの紹介:2018年製作のスペイン&フランス&イタリア合作映画。「別離」「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督が、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムを主演に迎えたサスペンス。スペインの故郷で久々に再会したラウラの家族と幼なじみ。しかし、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、家族の秘密と嘘が綻び始める。共演は「しあわせな人生の選択」のリカルド・ダリン、「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。撮影監督は「エル・スール」「ボルベール 帰郷」のホセ・ルイス・アルカイネ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スイミング・プールの紹介:2004年製作のフランス&イギリス合作映画。仏の鬼才、フランソワ・オゾン監督が放つミステリー。ある夏の日、イギリスの女流ミステリー作家サラは、出版社社長の薦めで彼の南仏の別荘に出かけるが、スイミング・プールで謎の殺人事件が起きる…。静かな南仏の別荘を舞台に、スランプの女流作家が遭遇した奇妙な事件のてん末をスリルとユーモアたっぷりに描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
韓国を震撼させた詐欺師チャンが死亡したとするニュースが発表されたが、チャンによって父親を殺されたと思っているファン・ジソンはチャンの死を信じず、足取りを追う過程で事実を知り、父を死に追いやった関係者を陥れるため、ある計画を立てる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大物犯罪者スターンウッドを取り逃がして3年が経つマックス刑事は、空港で倒れた男がパスポートを偽造していたことからスターンウッドの息子(ルアン)だと知る。 ルアンを公立病院に移し、スターンウッドがやってくるのを待つマックスだったが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
美少女探偵ナンシー・ドリューの紹介:2007年制作のアメリカ合衆国の青春ミステリ映画。 監督はアンドリュー・フレミング、出演はエマ・ロバーツとジョシュ・フリッター(英語版)など。 エドワード・ストラッテメイヤーがキャロリン・キーンという名義で書いた、児童小説『少女探偵ナンシー』の映画化作品。日本では劇場未公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
コレクター(2012年)の紹介:2012年製作のアメリカ映画。1980年代に実際に起こった監禁事件をベースに描くサイコ・サスペンス。監督・脚本は、「ドリフト」のモーガン・オニール。出演は、「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザック、「エミリー・ローズ」のジェニファー・カーペンター、「ティンカー・ベルと月の石」でティンカー・ベルの声を務めたメイ・ホイットマン。映画公開後に事件が発覚したクリーブランド監禁事件との類似性でも話題となった作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
神さまの言うとおりの紹介:2014年製作の日本映画。何者かが仕掛けた“命を懸けた謎のゲーム”に巻き込まれた高校生たちの姿を描く、人気コミックが原作のサバイバルストーリー。血みどろ描写には定評のある三池崇史が監督を、「半沢直樹」の八津弘幸が脚本を担当。主人公・瞬役の福士蒼汰をはじめ、神木隆之介、染谷将太など、若手実力派が高校生役に扮している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「狩人の夜」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

狩人の夜の紹介:1955年製作のアメリカ映画。ある狂信者に命をつけ狙われる幼い兄妹の恐怖を描くサスペンス映画。製作はポール・グレゴリー、監督はチャールズ・ロートン。デイヴィス・グラブの原作を基に、脚本はジェームズ・エイジー、撮影はスタンリー・コルデス、音楽はウォルター・シューマンが担当。出演はロバート・ミッチャム、リリアン・ギッシュほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:女子高生に殺されたい
「ライチ光クラブ」や「帝一の國」などの古屋兎丸原作の映像化。主演は田中圭、共演は南沙良など。9年間、女子高生に殺されたいと綿密に「殺害方法」を計画する男性教師の欲を描く。城定秀夫監督、2022年劇場公開作品、R-12指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:英雄の証明(2021年)
英雄の証明の紹介:2022年4月1日公開のイラン&フランス合作映画。『別離』、『セールスマン』でアカデミー賞を受賞し、『誰もがそれを知っている』などを手掛けたアスガー・ファルハディ監督がメガホンをとったヒューマンドラマ。正直者の囚人として英雄にまつり上げられた男と、彼を取り巻くSNS社会の功罪を描く。出演は、アミル・ジャディディ、モーセン・タナバンデ、サハル・ゴルデュースト、サリナ・ファルハディら。第74回カンヌ国際映画祭ではグランプリを獲得した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「追跡者」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

1998年公開のアメリカ映画。監督はスチュアート・ベアード。「逃亡者(1993年)」のスピンオフ映画になっている。主演に「メン・イン・ブラック」シリーズなどのとトミー・リー・ジョーンズ、共演に「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプス、「アイアンマン」「アベンジャーズ」シリーズのロバート・ダウニー・Jr。 シェリダンは車をレッカー中に自動車事故に巻き込まれてしまう。その捜査の最中、ダッシュボードの裏から銃が見つかり、その銃が殺人に使われていて指紋も出たと言うことであっという間に逮捕されてしまう。一方で連邦捜査官のジェラードは犯人確保の際に暴行を加えたとして、囚人移送に付き添うように命令を受けていた。移送の飛行機の中、シェリダンは同じ囚人として飛行機に乗っていた中国人の殺し屋に命を狙われる。その際に撃たれた銃弾で飛行機の窓に穴があき飛行機は墜落し、シェリダンはその隙をついて逃げ出してしまう。ジェラードがシェリダンを追い始めるが、そこへ外交保安局が現れ捜査官のロイスも参加させるようにと頼まれる。仲間を殺されたと言うロイスと共に追跡を始めるジェラード達だが、そこには別の秘密も隠されていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「愛してる、愛してない...」は2003年に公開されたフランス映画です。ある一人の女性が一人の男性に恋をしたことから始まるラブサスペンスです。「アメリ」で人気を博したオドレイ・トトゥが主演を務めています。美術学校に通うアンジェリクの恋人は心臓外科のロイック先生。しかし、彼には現在妊娠中の妻がおり、アンジェリクはロイックがいつか妻と別れてくれると信じていました。ところが、ロイックは妻と別れる様子はなく、町でロイックと妻が寄り添っている姿をアンジェリクは目にしてしまいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
幼少期に母親と愛人の男を殺害した知的障害を持つ男性が、出所後に出会ったカールという少年の母親の愛人の男性が暴力的であることを見て母親とカールを守るため、ある決断をする...。アカデミー賞脚色賞を受賞した本作、主演はブランドン・ロッサー、ビリー・ボブ・ソーントン監督、1997年劇場公開作品。135分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×