サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

2007年に公開された「ブラック・ウォーター」の続編と言える作品で、物語は前作との繋がりはなく関係なく独立した内容になっていますが、巨大なクロコダイルの襲撃を、「ブラック・ウォーター」の監督を務めたアンドリュー・トラウキが再び描いています。また、巨大ザメの襲撃を描いた「MEG ザ・モンスター」に出演したジェシカ・マクナミーが、ヒロイン役を演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:最後の決闘裁判
最後の決闘裁判の紹介:2021年10月15日公開のイギリス&アメリカ合作映画。1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”を描く実話ミステリー。監督をリドリー・スコットが務め、『オデッセイ』のマット・デイモン、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー、『フリー・ガイ』のジョディ・カマー、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のベン・アフレックが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
犬神家の一族(1976)の紹介:1976年公開の日本映画。横溝正史が手がけた同名の長編推理小説の実写映画化作品。市川崑監督・石坂浩二主演の金田一耕助シリーズの第1作品であり、2006年にはこのコンビによるリメイク版が公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジュンソクは2010年、親友ドンスを殺害した罪で17年の服役を終え出所した。 しかし、かつてジュンソクがいた組織は、ジュンソクの弟分だった今は副会長となったウンギが仕切っており、ジュンソクは父であるチョルジュが作り上げた組織を取り戻すため、かつての仲間達を呼び集め、刑務所で出会った若者・ソンフンも一緒にウンギ一味との抗争に入って行く。 父親の顔も知らず育ったソンフンは、周りの大人を誰一人信用しようとせず荒くれた人生を送って来ていたが、まるで父親のように関わってくれるジュンソクをリスペクトして行くが、ジュンソクが自分の父親・ドンスを殺したと知ると・・・ ヤクザ社会を生きる男たちの切なくてハードな生きざまが描かれるこの作品は、監督:クァク・キョンテクによる2014年公開の韓国映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「暗黒街」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

2015年公開のイタリア・フランス合作の映画。監督は「ボーダーライン:ソルジャーズデイ」などのステファノ・ソリマ。主演のマルグラーディに「ラッシュ/プライドと友情」などのピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。 政権下の元で悪どい手段も使いながら手腕を振るっている政治家のピッポ。ある日いつものように娼婦を呼び寄せて薬を吸いながらの享楽に浸っていたが、その場にいた少女が薬の過剰摂取で死んでしまったことから歯車が狂い始める。臨海地域のラズベガス化の為の法案を通すために奔走しながらも、弱みを握ってきたマフィア、娼婦、教会をも巻き込み、政権解散へのアポカリプスへと向かっていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「吉祥天女」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

呪われた天女の末裔である叶小夜子は、5歳の時に生まれ故郷を出て親戚の家で養育され、12年ぶりに街に戻って来た。 クラスメイトになった平凡な女子高生・麻井由以子は美人でミステリアスな雰囲気の小夜子にあこがれを抱き、叶家の土地を狙う遠野家の同級生・暁と涼も小夜子に惹かれていくが物語は悲惨な方向へと転がり始める。 2006年 日本映画 監督・脚本及川中 ロケ地:石川県金沢市 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ビースト(2021年・韓国)
ビーストの紹介:2021年10月15日公開の韓国映画。『ベストセラー』『さまよう刃』のイ・ジョンホが監督を務め、傑作フレンチ・ノワールの『あるいは裏切りという名の犬』をリメイクしたクライム・サスペンス。主演は『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』で数々の賞を受賞したイ・ソンミン。また、「梨泰院クラス」のユ・ジェミョン、『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、「明日に向かってハイキック」のチェ・ダニエルらが脇を固める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:メインストリーム
メインストリームの紹介:2021年10月8日公開のアメリカ映画。ソフィア・コッポラの姪で『パロアルト・ストーリー』を手がけた監督ジア・コッポラが、人気YouTuberになった若者の野心が狂気へと変わっていく様を描く衝撃作。過激なYouTuberへと変わっていく若者2人を、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや『アンダー・ザ・シルバーレイク』のアンドリュー・ガーフィールドと、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のマヤ・ホークが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:空白

映画「空白」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

古田新太主演の、とあるスーパーで万引きを疑われた女子中学生がその後、交通事故死し謎の真相に立ち向かう父を演じる、次第に娘の死をきっかけ暴走する古田新太の怪演は恐ろしい。共演は松坂桃李など。監督は𠮷田恵輔。R-12、107分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:PITY ある不幸な男
PITY ある不幸な男の紹介:2021年10月8日公開のギリシャ&ポーランド合作映画。カンヌ国際映画祭脚本賞受賞作「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のエフティミス・フィリップが脚本を手掛けたサイコスリラー。事故で昏睡状態に陥った妻を抱え、周囲に支えられて暮らす男。妻が目覚めた時、男の狂気が覚醒する。監督のバビス・マクリディスはギリシャの新鋭。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「エコーズ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

「エコーズ」は1999年にアメリカで公開(日本公開は2005年)されたサスペンスホラー映画。リチャード・マシスンの小説「渦まく谺」が原作です。監督は「シークレット・ウィンドウ」や「チャーリー・モルデガイ華麗なる名画の秘密」のデヴィッド・コープ、出演は「フット・ルース」や「インビジブル」のケビン・ベーコン。シカゴで妻と息子と暮らす配管工のトムは平凡な生活を送っていました。ある日、仲間たちと集まった飲み会の余興で妻の姉リサに催眠術を掛けて貰います。それ以来トムは恐ろしい幻覚や霊が見えるようになり、さらに自宅のソファに現れた女性の霊から助けを求められ・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:護られなかった者たちへ
護られなかった者たちへの紹介:2021年10月1日公開の日本映画。東日本大震災から10年後の仙台で起こった連続殺人事件の真相をめぐるヒューマンミステリー。「このミステリーがすごい!」を受賞した中山七里の同名小説を原作とする。殺人事件の容疑者である主人公を佐藤健、彼を追う刑事を阿部寛が演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人らが出演。『64-ロクヨン-前編/後編』の瀬々敬久がメガホンをとる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
軍用機のパイロットだったアレクセイは上官の命令に従わなかったために、民間の航空会社の機長であるレオニードに副操縦士として付いた。 アレクセイがフライト中に火山島で地震が起き火山が噴火すると、島の空港が壊滅状態になり、機長らとともに島の空港へ向かったが・・・。 2016年4月に公開されたロシアの航空スペクタル・パニック映画。監督はニコライ・デベレフ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:クーリエ:最高機密の運び屋
クーリエ:最高機密の運び屋の紹介:2021年9月23日公開のイギリス映画。1962年、キューバ危機に際して戦争回避に大きく貢献した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンの物語を描くスパイサスペンス。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』、『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・カンバーバッチが主演と製作総指揮を務め、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリーが共演する。監督は『追想』などを手がけたドミニク・クック。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×