サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

原因不明の病により人々は嗅覚を失っていく。そんな中で出会った科学者のスーザンとレストランのシェフのマイケル。病は嗅覚だけでなく人々は次々に味覚・聴覚と失いはじめるが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ホワイトシャーク 海底の白い死神の紹介:2020年製作のアメリカ映画。フロリダ湾。モデルのサラたち3人は、沖合3マイルに浮かぶ島に、カヤックで撮影に行く。島と言ってもハリケーンの影響で海面に現れた岩礁で、潮が満ちれば消えてしまう。だがその付近は、凶暴な人喰いザメが回遊する危険海域だった。そして海に入ったカメラマンのジェイソンが、巨大なホホジロザメの餌食になってしまう。残されたサラとメーガンは、上昇する海面に追い立てられるように、絶望的なサバイバルに挑むことになる…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「RONIN」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

1998年公開のアメリカ映画。ロバート・デ・ニーロとジャン・レノが共演したサスペンス作品。冷戦終結後のフランスを舞台に、各国から招集された元・特殊工作員がひとつのジュラルミンケースを奪うために暗躍する。ケースの奪取には成功するも、一人の工作員の裏切りにより、事態は思わぬ方向へ展開していく。舞台となったニースの美しい街並み、古い建築物も見どころの一つ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ラスト・クリークの紹介:2018年製作のアメリカ映画。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のハーマイオニー・コーフィールド主演によるサスペンス。大学4年生のソーヤは、就職の面接に向かう途中、道を間違えて極寒の森の奥深くに迷い込んでしまう。そこでソーヤは突然無法者の一味に追われ…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
透明人間の紹介:2020年公開のアメリカ映画。“最も成功したホラー映画”としてギネス記録されている「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが、原案・脚本・監督を務めるサイコスリラー。“見えないなにか”によってもたらされる恐怖をサスペンスフルに描きだす。主人公セシリアを『アス』のエリザベス・モスが演じ、『推理作家ポー 最期の5日間』のオリヴァー・ジャクソン=コーエンらが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:約束のネバーランド
約束のネバーランドの紹介:2020年製作の日本映画。「週刊少年ジャンプ」で連載された人気コミックを、浜辺美波と北川景子の共演で映画化したサスペンス。“鬼”に献上する食用児として育てられた孤児たちが、力を合わせてその逆境を乗り越えていく。自分が鬼のエサになると知り脱獄を試みる主人公エマを浜辺が、子どもたちに優しく接する一方で鬼の手下として彼らを追い詰めるイザベラを北川が演じるほか、『万引き家族』の城桧吏、「仮面ライダージオウ」の板垣李光人が共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年制作の日本映画。タイトルの「ビジランテ」(Vigilante)とは、自警団の意味。 母が死んだ日に失踪した長男・一郎が、父が死んで30年ぶりに帰ってきた。次男・二郎は市会議員になっており父親の土地をアウトレットモール建設のために提供しようとしていたが、一郎は遺産は自分が引き継ぐという。デリヘル店の店長3男・三郎は組織から一郎に相続から手を引かせるように圧力がかかってくるが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「蛇のひと」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

『WOWOWシナリオ大賞』受賞作を『重力ピエロ』の森淳一監督が映像化。 ある日、とある商社で部長が自殺し課長が失踪するという事件が起こった。課長である今西には一億円を横領した疑いが浮上。二人の元で働いていた陽子は今西の行方を追ううちに知られざる素顔に触れていく。そして明らかになった今西の衝撃的な過去、横領事件の真相とは。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画「ハスラーズ」は2019年アメリカの映画、ローリーン・スガファリア監督の作品で実際にあった事件を元にしたクライムサスペンス映画です。主演はコンスタンス・ウーとジェニファー・ロペス、他にもカーディ・BやLIZO(リゾ)、アッシャーなどの人気アーティストも出ており、話題となりました。2008年リーマンショックが起こり、その影響はウォール街の男性客で潤っていたストリップクラブにも大打撃を与えた。お金を稼ぐためにストリップクラブで働くラモーナとデスティニーは金持ちの男性をターゲットにし、薬入りの酒を飲ませ泥酔状態にさせクレジットカードを不正使用し、稼ぐことを思いつく・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
オー!ファーザーの紹介:2013年製作の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を岡田将生主演で映画化したコミカルなサスペンス。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という個性的な俳優たちが4人の父親に扮する。監督は本作が初の劇場用作品となる藤井道人。 ネタバレを読む
陰謀のセオリーの紹介:1997年製作のアメリカ映画。タクシー運転手と司法省の女性弁護士が、偶然に巨大な陰謀に触れてしまったことから危難に巻き込まれていく姿を描いたサスペンスもの。コンスピラシー・セオリーと呼ばれる巷間に流布する陰謀をモチーフに、虚実の皮膜を縫う迷宮的な感覚に誘うプロットが秀逸。監督は「暗殺者」のリチャード・ドナーで、脚本も同作を手掛けたブライアン・ヘルゲランドのオリジナル。製作は、ドナーと「暗殺者」「エクゼクティブ デシジョン」のジョエル・シルヴァーの共同、製作総指揮は「暗殺者」のジム・ヴァン・ウィック。撮影は「ザ・ロック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「チェンバー 凍った絆」のカーター・バーウェル、美術は「硝子の塔」のポール・シルバート、編集は「エクゼクティブ デシジョン」のフランク・J・ユリオステとケヴィン・スティッフ。主演は「身代金」のメル・ギブソンと「ベスト・フレンズ・ウェディング」「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のジュリア・ロバーツ。共演は「ファースト・コンタクト STAR TREK」のパトリック・スチュワート、「イレイザー」のキルク・コザートほか。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
アドリフト 41日間の漂流の紹介:2018年製作のイギリス&アメリカ合作映画。巨大ハリケーンによって乗っていたヨットが大破し、太平洋を漂流することになった婚約者カップルの実話を、『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクル監督が映画化。3000km以上離れた陸地を目指す主人公タミーを「ダイバージェント」シリーズのシャイリーン・ウッドリーが、彼女の婚約者リチャードを『あと1センチの恋』のサム・クラフリンが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×