サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:ニトラム NITRAM
1996年4月28日に、オーストラリアで起こった無差別銃乱射事件の犯人の生い立ちなどを追ったクライムサスペンス。タイトルの「ニトラム」とは犯人マーティンを逆読みしたもの。幼い頃からマーティンが蔑称として呼ばれていたものだという。2021年度オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞など8部門を受賞。主演はケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。ジャスティン・カーゼル監督作品。2022年3月劇場公開。112分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「白雪姫~あなたが知らないグリム童話~」は2019年のフランス・ベルギー制作の作品で、グリム童話「白雪姫」をベースにした官能映画です。監督は「ココ・アヴァン・シャネル」、「恍惚」などのアンヌ・フォンテーヌ、主演は「夜明けの祈り」などのルー・ドゥ・ラージュ。継母モードと2人でホテルを営む美しい娘クレア。モードはクレアの美しさに嫉妬し、彼女を殺そうと画策します。ある日、クレアは見知らぬ女性に襲われ、銃で殺されそうになりますが、ピエールという男性に助けられます。ピエールの家に匿ってもらうことになり、そこでクレアはその美貌で次々と男性を魅了し、翻弄していきます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛という名の疑惑の紹介:1992年製作のアメリカ映画。完全犯罪を目論んで近づいた美しい姉妹に翻弄される精神分析医の愛と葛藤を描くサスペンス映画。監督は「ステート・オブ・グレース」のフィル・ジョアノー、製作はチャールズ・ロヴェン、ポール・ユンガー・ウィット、アンソニー・トーマス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演のリチャード・ギアとマギー・ワイルド。ロバート・バーガーと「ケープ・フィアー」のウェズリー・ストリックの原案を元にストリックが脚本を執筆、撮影は「ゲット・バック」のジョーダン・クローネンウェス、音楽は「メンフィス・ベル」のジョージ・フェントンが担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛という名の執着の紹介:2019年製作のアメリカ映画。とある病院で、同時刻に出産した二組の夫婦。だが一方の夫婦は死産という残酷な事実を突き付けられ、その喪失感からもう一方の娘に固執するようになる。歪んだ母性の暴走が原因なのか、二組の夫婦の周りで次々と不可解な事件が発生。その行き着く先には、驚くべき真実が隠されていた! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ナイトメア・アリー
ナイトメア・アリーの紹介:2022年3月25日公開のアメリカ映画。『シェイプ・オブ・ウォーター』で作品賞、監督賞を含むアカデミー賞4部門を受賞したギレルモ・デル・トロ監督が手掛けるサスペンス・スリラー。アカデミー賞に4度ノミネートされたブラッドリー・クーパーが主演を務めるほか、オスカー女優のケイト・ブランシェット、『へレディタリー/継承』のトニ・コレット、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のウィレム・デフォー、『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年制作の韓国映画。監督は「ノンストップ」などのイ・チョルハ。主演に、カン・イェウォン。共演にイ・サンユン。 順風満帆だったテレビディレクターのナスムは、番組のやらせ疑惑が出て番組を干されてしまう。腐っていたある日、上司からホラー番組を作るように指示をされイヤイヤながらネタ集めを始めるが、その中で以前の自分の番組に宛てた強制入院患者の日記を見つける。実際にあった精神病院の火災事故で、その現場を見るためのホラー番組の撮影をしにいくがそこでその火災の被害者と見られる大火傷を負った男性ハンを偶然見つける。日記の中にあった職員の特徴と酷似していたため、ナスムはこれは本当にあったことなのではとますます関心を寄せ、本格的に調べ始めると、実際に日記を書いた女性と同じ名前のカン・スアという女性が警察署長だった継父を殺害した容疑で収容されていることがわかる。さらにその女性が精神病院に強制入院させられていたと証言しているが、入院の記録などは一切残っていないことがわかる。大きなネタになると確信したナスムは、カン・スアの事件を追いかけ始める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:THE BATMAN ザ・バットマン
人気キャラクターバッドマンが生まれるまでを描いたトリロジー的作品。普通の青年だったブルースがバッドマンへなっていこうとする葛藤と、知能犯ヒール、リドラーによってブルースの隠された人間としての葛藤が炙り出されていく姿をサスペンスドラマとして描く。主演は「テネット」出演のロバート・パティンソン、監督はマット・リーブス。2022年3月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ハード・ヒット 発信制限
ハード・ヒット 発信制限の紹介:2022年2月25日公開の韓国映画。「SEOBOK/ソボク」のチョ・ウジンが主演を務めたアクション・スリラー。いつものように子どもたちを学校へ送り届け、クルマで職場に向かう最中、“クルマから降りれば、仕掛けた爆弾が爆発する”と謎の脅迫電話を受けた銀行員ソンギュの運命は?共演は『サバハ』のイ・ジェイン、「操作された都市」のチ・チャンウク。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ナイル殺人事件(2022年)
ナイル殺人事件の紹介:2022年2月25日公開のアメリカ映画。ミステリーの女王と謳われるアガサ・クリスティ原作の「ナイルに死す」を、『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナーが監督と主演を兼任し映画化。エジプトのナイル川を巡る豪華客船で大富豪の娘が殺害され、名探偵ポアロが“船上の殺人”という密室トリックの解明に挑む。不運の死を遂げる美女をガル・ガドットが演じ、殺人の容疑者にはアーミー・ハマー、『ブラックパンサー』のレティーシャ・ライトらが名を連ねる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年制作のアメリカ映画。原作はスザンナ・ジョーンズの同名小説。監督はワッシュ・ウェストモアランド。制作総指揮に「エイリアン」や「ブレードランナー」などのリドリー・スコット。主演に「エクス・マキナ」や「リリーのすべて」などのアリシア・ヴィキャンデル。共演に三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの小林直己。 日本で翻訳の仕事をして慎ましく生きているルイザはある日、リリーという女性殺しの嫌疑をかけられ警察に連行されてしまう。その理由はリリーという女性と生前最後に話していたから。ルイザと彼氏の禎司、リリーの関係を遡っていくうちに、ルイザは不意にリリーを殺したのは自分だと供述する。しかしその後、遺体はリリーではなかったとわかる。真相は一体・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「奇跡の海」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

下半身不随となって夫の頼みで不特定男性との男性と身体を結ぶ、そうすれば間接的に身体を結べると思った女性を描いたサスペンスドラマ。エミリー・ワトソン主演。ラース・フォン・トリアー監督。映画は章に区切られ描かれる。1996年劇場公開作品。158分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:白い牛のバラッド
白い牛のバラッドの紹介:2022年2月18日公開のイラン&フランス合作映画。第71回ベルリン国際映画祭で金熊賞と観客賞にノミネートされた冤罪サスペンス。死刑執行数が世界2位のイランを舞台に、冤罪の死刑で夫を失ったシングルマザーと娘の物語を描く。ベタシュ・サナイハとマリヤム・モガッダムが監督を務め、モガッダムは主演と脚本も兼務する。共演にアリレザ・サニファル、プーリア・ラヒミサムら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
イタリア・フランス合作映画。とある2組の家族が「ひき逃げ」事件をめぐって運命が交差していく様子を巧みに描いたサスペンスドラマ。主演は「ブルーノのしあわせガイド」のファブリッツィオ・ベンティボリオ。パオロ・ビルツィ監督、PG-12、109分。2016年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―の紹介:2022年2月18日公開のイギリス映画。第83回アカデミー賞で作品賞を獲得した『英国王のスピーチ』のプロデューサー、イアン・カニングと、同作で主演男優賞を受賞したコリン・ファースが再びタッグを組んだスパイサスペンス。また、第71回アカデミー賞作品賞の『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデンが監督を務める。共演は『エジソンズ・ゲーム』のマシュー・マクファディン、『T2 トレインスポッティング』のケリー・マクドナルドら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×