サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

母という名の女の紹介:2017年製作のメキシコ映画。メキシコの新鋭ミシェル・フランコが母娘の確執を描き、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞したミステリー。姉のクララと2人で暮らすヴァレリアが妊娠したことをきっかけに、長い間、疎遠だった母アブリルが姉妹の前に戻って来るが……。主演は「ジュリエッタ」のエマ・スアレス。「ホーリー・モーターズ」のイヴ・カープが撮影を担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
完全なる飼育 赤い殺意の紹介:2004年製作の日本映画。松田美智子の小説をもとにした官能シリーズ第6作。ピンク映画の鬼才・若松孝二が、雪のなかの一軒家に監禁された少女を巡る2人の男の愛憎模様を濃厚に描きだす。飼育女優は新人・伊東美華(当時22歳)。最終選考時に全裸になることを要求した際、躊躇なく脱いだことがヒロイン抜擢につながったと初日舞台挨拶で監督が公言している。劇中ではシリーズ初のヘアヌードや佐野史郎の手によって実際に剃毛されるシーンに挑戦し話題となった。大沢樹生との間に通常の濡れ場もある。このほか、大沢樹生とベテラン女優の伊藤清美との濡れ場も用意されている。シリーズ中唯一、竹中直人が出演しない作品である。新潟ロケ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:七人の秘書 THE MOVIE
七人の秘書 THE MOVIEの紹介:2022年10月7日公開の日本映画。理不尽な世の中を変えるべく暗躍する秘書たちの姿を描いたドラマ「七人の秘書」の劇場版。テレビ版同様、田村直己がメガホンをとり、主人公の望月千代を演じる木村文乃を筆頭に、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋らが続投する。また新たに、「のだめカンタービレ」の玉木宏、『ゴールデンスランバー』の濱田岳、笑福亭鶴瓶らが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
完全なる飼育 秘密の地下室の紹介:2003年製作の日本映画。密室での異常な愛の世界をエロチックに描く人気シリーズの第4弾。山本太郎が寡黙な“飼育係”に挑むほか、ヒロイン役の新鋭しらたひさこが体当たりの演技で魅せる。飼育女優は元アイドルのしらたひさこ(=「白田久子」、当時20歳)。後に2007年度ミス・インターナショナル日本代表に選出されるなど、モデルや女優として活躍した。ただし、物語の中心は共演者の山本太郎とその母親役の加藤治子であり、他の作品と比べると性的シーンも少ない。高校生時代の松山ケンイチが脇役(冒頭でしらたひさこを殴りつける恋人・ヒトシ役)で出演していることでも知られる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「震える舌」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

震える舌の紹介:1980年製作の日本映画。郊外の団地で平穏に暮す親娘の三人家族の娘が、テタナス(破傷風菌)に取りつかれ、伝染の恐怖におののく家族を描く。芥川賞作家、三木卓の同名の小説を映画化したもので脚本は「わるいやつら」の井手雅人、監督も同作の野村芳太郎、撮影も高作の川又昂がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
レッド・ブレイクの紹介:2021年製作のアメリカ映画。「ワイルド・スピード」シリーズのタイリース・ギブソン主演によるアクション。元海兵隊員のカイルは、継父で下院議員のサムが経営するスーパーで謎の武装集団に襲撃される。愛娘らと一緒に人質となったカイルは、持ち前のスキルを活かし武装集団に挑んでゆく。共演は「AVA/エヴァ」のジョン・マルコヴィッチ、「エレベーター(2012)」のクリストファー・バッカス。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される『未体験ゾーンの映画たち2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:LAMB/ラム

映画「LAMB/ラム」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

アイスランドの山で暮らすとある酪農で暮らす夫婦、そこの羊が出産した時、生まれたものは”羊”ではない何かが生まれてきた。”アダ”と名付け、夫婦は育てていくと次第に奇跡が起きて、夫婦は大喜びするものの...。ヴァルディミール・ヨハンソン監督。制作会社は「ミッドサマー」など新感覚ホラーを送り出すA24スタジオ。R-15+。106分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年製作のアメリカ映画で、ロンドンにいる8名の若者たちがホームパーティーを開きますが、そこで起きた「不審な死亡事件」について警察が捜査を始めるものの、パーティーに参加していたメンバーの証言は微妙に食い違い・・・という内容の、死の真相を解き明かしていくサスペンスタッチの作品です。『シャーク・ナイト』「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-』のサラ・パクストンが、重要な鍵を握る役どころで出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のアメリカ映画で、父親の死に伴い、幼い娘と共に田舎町の実家に戻って来たシングルマザーが、何者かに命を狙われ、思いもしない家族の秘密を知ることになる・・・!というサスペンス作品です。コントラクターとは「請負業者」のことで、事件の重要な鍵を握る登場人物の職業を指しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:沈黙のパレード
沈黙のパレードの紹介:2022年9月16日公開の日本映画。福山雅治演じる天才物理学者の湯川が不可解な未解決事件を解決していく、東野圭吾の小説を原作とした「ガリレオ」シリーズの映画第3弾。前作同様、「任侠ヘルパー」の西谷弘が監督を、「HERO」シリーズの福田靖が脚本を担当する。また、湯川のバディ的存在である刑事、内海を柴咲コウが、先輩刑事の草薙を北村一輝が演じるほか、椎名桔平、檀れい、吉田羊、村上淳らが脇を固める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2021年製作のアメリカ映画で、2020年に公開された「エスケープ・ルーム」の続編になります。前作で死のゲームを生き延びた2人の若者が、新たなるゲームに挑むことになる・・・という内容で、監督は前作に続きアダム・ロビテルが務め、「前作の生き残り」もテイラー・ラッセルとローガン・ミラーが同じ役を演じています。他に、「エスター」で強烈な印象を残したイザベル・ファーマンが、重要な役どころで出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年製作のアメリカ映画で、南極に設置された実験用のタンクの中で、来るべき火星有人探索に向けて、6名の宇宙飛行士が宇宙空間の孤独を疑似体験するのだが、極限状態が彼らの心理を次第に狂わせていく・・・というサスペンス映画です。実話に基づいたストーリーということで、舞台がほぼタンクの中限定で進んで行き、密閉された空間でのサスペンスフルな展開が見ものになっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ヘルドッグス
ヘルドッグスの紹介:2022年9月16日公開の日本映画。ヤクザ組織に潜入した元警察官と制御不能のヤクザのコンビが組織内でのし上がっていく姿を描いたクライム・エンタテインメント。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を原作に、『燃えよ剣』の原田眞人が実写映画化した。主人公の闇堕ちした元警官、兼高を『永遠の0』の岡田准一が、兼高のバディとなるサイコパスなヤクザ、室岡を『余命10年』の坂口健太郎が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
藁にもすがる獣たちの紹介:2020年製作の韓国映画。曽根圭介による同名小説を韓国で映画化したクライムサスペンス。偶然発見された大金の入ったバッグを巡って、欲望に駆られた人々が激しくぶつかり合う様を描く。自らの過去を清算しようとする女を『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ国際映画祭主演女優賞に輝いたチョン・ドヨン、恋人が残した借金に苦しむ男を『アシュラ』などのチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾う男を『スウィンダラーズ』のペ・ソンウが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×