サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班
劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班の紹介:2021年4月2日公開の日本映画。韓国ドラマ『シグナル』をリメイクしたTVドラマのその後を描くサスペンス。2021年、政府高官が交通事故死し長期未解決事件捜査班は事件性を疑う。2009年でも政務官の事故死が相次ぎ大山は疑問視。再び無線機を通し現在と過去の刑事が組み、陰謀に立ち向かう。監督は、「探偵はBARにいる」などを手がけドラマ『相棒』にも参加してきた橋本一。TV版から引き続き「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の坂口健太郎、「億男」の北村一輝、「神様のカルテ」シリーズの吉瀬美智子らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
ケビンは家族を連れカリブ海にレジャーにやってきた。しかし借りた船で無人島に立ち寄り、帰ろうとしたところエンジンが故障して帰れなくなってしまう。飲まず食わずで倒れ込んでいたところ、二人の漁師がやって来てケビンが医者だと知った漁師は命を助けてやる代りに100万ドル払えと迫ってくる。   ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:騙し絵の牙
騙し絵の牙の紹介:2021年3月26日公開の日本映画。小説家・塩田武士が大泉洋をイメージしあてがきしたミステリーを、大泉洋主演で映画化。出版社・薫風社社長が急逝し、次期社長の座を巡り権力争いが勃発。専務が大鉈を振るい雑誌が次々に廃刊の危機に陥る中、変わり者編集長・速水は起死回生の奇策を講じる。監督は、「羊の木」の吉田大八。大泉洋は、笑顔の裏に牙を秘める編集長・速水を演じる。ほか、新人編集者の高野を「蜜蜂と遠雷」の松岡茉優が、改革派の専務・東松を「Fukushima 50」の佐藤浩市が演じる。2020年6月19日から公開延期。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
1990年代に実在した韓国のスパイ“黒金星(ブラック・ヴィーナス)”の数奇な運命を描くサスペンス映画。 韓国軍の将校パクは北朝鮮の核兵器の実態を探るため、実業家を装って北京に潜入した。北朝鮮の実力者リ所長と接触し、ついに金正日と面会する機会を得たパクだったが、大統領選の裏で驚くべき陰謀が進行していることを知ってしまう。パクはリ所長と共に秘かに進んでいた計画を食い止め、立場を超えた友情を築いていくが…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
荒野にポツンと建つ倉庫の中で、5人の男が目を覚ます。男たちはそれぞれ、手錠でくくられたりロープで縛られたりと、異様な状態になっていたのだが。更に驚いたことに、5人とも倉庫の中で何が起きたのか、そして自分が誰だったかも思い出せない、記憶喪失状態になっていたのだった・・・!というシチュエーションスリラーで、登場人物たちが記憶を取り戻すことによって徐々に判明していく真実と、それに伴うそれぞれの心理の変化が巧みに織り交ぜられ、最後まで目を離せないスリリングな作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
香港の繁華街・モンコックで爆破事件が起きた。ちょうどその頃、香港警察の緊急部隊5人が武器を積んだ装備車とともに何者かに拉致された。警察長官が不在の中、副長官のリーが指揮をとり“コールド・ウォー作戦”展開する。だが拉致された警官の中にリーの息子が含まれていたこともあり、その強硬策に公私混同だと同じ副長官のラウが反発する。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます

映画「凍える牙」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

駐車場に停めた車の運転手が突然発火し焼死した。焼死体からは指紋も判別できなかったが、遺体には大型犬の咬傷が残されていた。 新任のウニョンは同僚や先輩たちの男社会から差別的な扱いを受けながらも事件の真相に迫る。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
「リバイアサン」や「アビス」など、1980年代終盤に流行した「海洋パニック映画」の1本で、「13日の金曜日」シリーズで知られるショーン・S・カニンガムが監督を務めています。海底1万メートルの深海に出現する謎のモンスターのデザインを、「ザ・フライ」や「グレムリン」を手掛けたクリス・ウェイラスが担当しています。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
古畑任三郎ファイナル ラスト・ダンスの紹介:2006年新春に放送された、三谷幸喜脚本の人気ドラマ「古畑任三郎」シリーズのファイナル第3夜。ストーリーもさることながら、豪華ゲストが犯人役を熱演したことでも話題に。このエピソードでは、松嶋菜々子演じる大野かえでと古畑任三郎の華麗なチークダンスが楽しめる。ゲストは松嶋菜々子。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
古畑任三郎ファイナル 今、甦る死の紹介:2006年新春に放送された、三谷幸喜脚本の人気ドラマ「古畑任三郎」シリーズのファイナル第1夜。ストーリーもさることながら、豪華ゲストが犯人役を熱演したことでも話題に。このエピソードでは、古畑任三郎が驚くほどの巧妙なトリックの仕掛けが…。ゲストは石坂浩二、藤原竜也。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
テレーズ 情欲に溺れての紹介:2013年製作のセルビア&ハンガリー&アメリカ合作映画。「アベンジャーズ」シリーズのエリザベス・オルセン主演による、文豪ゾラの文芸作品の映画化。1860年代、パリの下層社会。両親のいない美しい少女・テレーズは、叔母に強要され、いとこのカミーユと愛のない結婚生活を送っていたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
ファナティック ハリウッドの狂愛者の紹介:2019年製作のアメリカ映画。『サタデー・ナイト・フィーバー』『ヘアスプレー』などのジョン・トラボルタが、ストーカー役を怪演したスリラー。人気俳優ダンバーの熱狂的なファンであるムースは、ある日、念願かなってサイン会に参加するも冷たくあしらわれてしまう。それをきっかけにムースの愛は歪んでいく。ダンバー役は『ファイナル・デスティネーション』のデヴォン・サワ、監督は『奇跡のロングショット』のフレッド・ダースト。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:奥様は、取り扱い注意
奥様は、取り扱い注意の紹介:2021年3月19日公開の日本映画。2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
バクラウ 地図から消された村の紹介:2019年製作のブラジル&フランス映画。第72回(2019年)カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した異色サスペンス。年老いた家長の死に揺れるブラジル奥地にある小さな集落バクラウ。だが突然、村はインターネットの地図上から姿を消し、上空に正体不明の飛行物体が出現するなど奇妙なことが起こり始める。出演は「蜘蛛女のキス」のソニア・ブラガ、「異端の鳥」のウド・キア。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
×