サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

シングルマザーのステファニーは、同じ学校に息子を通わせるエミリーの豪邸に招かれママ友として親しくなる。そのエミリーが湖で水死体となって発見されるがステファニーの周りにエミリーの影がちらつき始め・・・ 2018年 アメリカ映画 ポール・フェイグ監督 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ポワゾン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

「ポワゾン」は2001年に公開されたアメリカの映画で、原作はウィリアム・アイリッシュ作の小説「暗闇へのワルツ」で、小説を元にした1969年のフランス映画「暗闇へのワルツ」のリメイク作品となります。監督は「恋に落ちて」や「ジーア/悲劇のスーパーモデル」などのマイケル・クリストファー制作、主演はアントニオ・バンデラスとアンジェリーナ・ジョリー。1880年のキューバ、コーヒー輸出会社を経営しているルイス・バーガスは、文通をしていたアメリカ人のジュリア・ラッセルを花嫁に迎えることにするが、いざジュリアを迎えに行くと、ジュリアは写真とは全く別人の美女でした・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
時効警察 復活スペシャルの紹介:2019年9月29日放送の日本テレビドラマ。2006年、2007年に放送し好評を博した『時効警察』のスペシャル版。2019年10月からスタートした同ドラマ第3弾に先駆け、武田真治をゲストに迎えてお送りする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年アメリカの映画。監督はステファノ・ソリマ。アメリカで死傷者を多数出した自爆テロが起こる。テロリストの密入国をメキシコの麻薬カルテルが手助けしたと考えたアメリカ政府は、敵対するカルテル同士の抗争を誘発する卑劣な作戦を遂行する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジェイコブス・ラダーの紹介:2019年製作のアメリカ映画。1990年に製作されたティム・ロビンス主演の同名サイコスリラーをリメイク。アフガニスタンで兄を亡くしたジェイコブ・シンガーは、退役軍人病院で外科医として成功を収めていたが、兄が生きていると知らされた日から幻覚に悩まされ始める。『パーフェクト・ガイ』の主演マイケル・イーリーと、デヴィッド・M・ローゼンタール監督が再タッグを組む。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「キャリー」や「アンタッチャブル」などで知られるブライアン・デ・パルマ監督による、1998年製作のサスペンス映画です。犯罪者から平気でワイロを取る悪徳刑事が、地元で起きた政府要人の暗殺計画を知って、その真相を解き明かしていく様を描いています。主人公の悪徳刑事をニコラス・ケイジが、主人公の友人であり政府要人の護衛にあたる軍人をゲイリー・シニーズが演じ、音楽を坂本龍一が担当しています。タイトルの「スネーク・アイズ」とは、サイコロのゾロ目のことを指しており、ギャンブルに於ける親の総取り、「一巻の終わり」という意味を表しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
全身麻酔を受けての手術中に意識が覚醒してしまうという、実際に多く起きていると言われる考えただけでも恐ろしい「術中覚醒」をテーマにしたサスペンス映画です。「スター・ウォーズ」新三部作でアナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセンが術中覚醒する悲劇の主人公を演じ、主人公のセクシーな恋人役でジェシカ・アルバが出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ルース・エドガーの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『クローバーフィールド・パラドックス』のジュリアス・オナー監督がメガホンをとり、2019年のサンダンス映画祭で絶賛を浴びたサスペンスドラマ。誰からも愛される主人公ルース・エドガーを『イット・カムズ・アット・ナイト』のケルヴィン・ハリソン・Jr.が演じ、『シェイプ・オブ・ウォーター』のオクタヴィア・スペンサー、『或る終焉』のティム・ロス、『インポッシブル』のナオミ・ワッツらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1997年のアメリカ映画。アイルランド独立をめぐる紛争で父を亡くした青年と実直な警官の姿を描くサスペンス・アクション。 アイリッシュ系の警官トムはローリーという好青年を下宿させることになるが、ローリーにはIRA活動家としての裏の顔があった。出会うことがなかったはずの二人は生活を共にするうちに親子のような間柄になっていくが、その先には壮絶な運命が待ち受けていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年に公開された「愛のむき出だし」で高い評価を得た園子温監督が、実際に起きたOL殺人事件を元にして2011年に映画化した作品です。園子監督の前作「冷たい熱帯魚」に続き、監督夫人となった元グラビアアイドルの神楽坂恵が出演し、見事なヌードを披露すると共に、「堕ちていく人妻」を熱演しています。事件を捜査する女刑事を演じる水野美紀も、映画冒頭でヘアヌードを披露しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「悪の偶像」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

悪の偶像の紹介:2019年製作の韓国映画。「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」のイ・スジン監督によるサスペンス。息子が飲酒運転し人をひき殺し、政治家のミョンフェは揉み消しを画策。現場に居合わせた被害者の妻リョナが行方不明になっており、ミョンフェと被害者の父ジュンシクは各々彼女を探すが……。さらなる悲劇的な事態を招き寄せていく市議会議員ミョンフェと被害者の父ジュンシクをそれぞれ「尚衣院 -サンイウォン-」のハン・ソッキュと「名もなき野良犬の輪舞」のソル・ギョングが、鍵を握るリョナを「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」に主演したチョン・ウヒが演じる。第69回ベルリン国際映画祭パノラマセクション招待作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
殺人狂騒曲 第9の生贄の紹介:2019年製作のロシア映画。ニコライ・ホメリキ監督作品。19世紀を舞台にしたロシア製ミステリー。サンクトペテルブルクで、美女ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生。犠牲者の体内から、魔術の印“ペンタグラム”が描かれた卵を発見した警部ロストフと相棒ガニンは、霊媒師オリヴィアに霊視を依頼するが……。出演は「ラフマニノフ ある愛の調べ」のエフゲニー・ツィガノフ、「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」のデイジー・ヘッド。「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」、「バーフバリ」シリーズのVFXを手掛けたFilm Direction FX社がVFXを担当している。監督は「アイスブレイカー 超巨大氷山崩落」のニコライ・ホメリキ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ナイト・サバイバーの紹介:2020年製作のアメリカ映画。マット・エスカンダリ監督、ブルース・ウィリス主演によるアクションスリラー。保安官としての職務を引退し、農場で妻とふたり、穏やかに暮らすフランク。そんな彼らの下に、医療ミスですべてを失った息子・リッチと、その妻と娘が身を寄せていたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×