サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

月曜の朝、見知らぬビジネスホテルの一室で黒服にネクタイ姿、革靴を履いたまま目覚めた高木光一は、なぜ自分はここにいるのか夕べの記憶をたどっていくにしたがって、自分が酔ってしでかしてしまったとんでもないことに気がついていく。 • 2000年  日本映画  監督・原案・脚本 - SABU ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バンテージ・ポイントの紹介:2008年製作のアメリカ映画。大統領狙撃事件の意外な真実を映し出すサスペンス・アクション。警護官や観光客らの複数の視点で、事件の前後をリピートして描いた斬新な構成に注目!現場にいたシークレット・サービスのトーマス・バーンズは、事件の裏に隠された真相をたった一人で追い始めるが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ビデオドローム」や「スキャナーズ」など、ホラー系の監督作で有名だったデヴィッド・クローネンバーグが、シリアスなサスペンスアクションに挑んで高い評価を得た作品です。切れ味の鋭いアクションが、短い時間に凝縮されて描写される様に、背筋がヒンヤリするような戦慄を覚えます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開のアメリカ映画。ジョージ・クルーニーが監督、マット・デイモンが主演を務めたサスペンス作品。「クワイエット・プレイス」や「ハニーボーイ」など有名作品に出演し、今やハリウッドの十代の俳優の中で最も注目される一人、ノア・ジュープの子役としての出世作。閑静な新興住宅地、サバービコンである夜起きた強盗事件。母を殺された少年、ニッキーは、同じく被害者であるはずの父と叔母の、事件後の不可解な態度に困惑する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年製作のアメリカのサスペンス・スリラー映画。監督は、アファンソ・ポヤルト。主演は「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」などのアンソニー・ホプキンス、共演に「ウォッチメン」やドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」などのジェフリー・ディーン・モーガン他。 娘のエマを病気で亡くしてから引きこもっているジョン・クランシーの元へ連続殺人事件の捜査協力を持ちかけるかつての相棒のジョー捜査官とキャサリン捜査官。ジョンには常人にはない能力があり、犯人を追ううちにある疑問が持ち上がる。犯人の目的は?ジョンは犯人を追い詰めることができるのか・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ゲーム」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ゲームの紹介:1997年製作のアメリカ映画。金持ちの男が軽い気持ちで参加してしまったゲームによって不条理な危機を味わうスリラー。監督は「セブン」のデイヴィッド・フィンチャー。脚本は「ザ・インターネット」のジョン・D・ブランケットとマイケル・フェリス。製作は「ある貴婦人の肖像」のスティーヴ・ゴリン、フィンチャーと組んで数々のミュージック・クリップを製作したシーアン・チャフィン。製作総指揮は「ブレーキ・ダウン」などの監督としても知られるジョナサン・モストウ。撮影は「ヘブンズ・プリズナー」のハリス・サヴィデス。音楽は「すべてをあなたに」のハワード・ショア。美術は「12モンキーズ」のジェフリー・ビークロフト。編集はジム・ヘイグッド。衣裳はマイケル・カプラン。主演は「アメリカン・プレジデント」のマイケル・ダグラス。共演は「デッドマン・ウォーキング」のショーン・ペン、「クラッシュ」のデボラ・カーラ・アンガー、「インデペンデンス・デイ」のジェームズ・レブホーンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2006年制作のアメリカ映画。不幸続きの青年スレヴィンは、友達のニックを頼りニューヨークへやってきたが、そこで些細なことからニックと間違われ、借金を背負ってしまい、返済のためにある人物を殺すように依頼されてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
福本伸行原作の人気コミック実写化作品第二弾。地下労働施設での「チンチロ」、裏カジノのパチンコ「沼」と原作でも人気のゲームに加え、劇場版オリジナルとして「姫と奴隷」という新ゲームも追加。藤原竜也演じるカイジが109万を元手に仲間たちと自らの借金総額2億円を勝ち取るべく、帝愛グループに立ち向かう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2003年公開のアメリカ映画。窃盗団のボスであるトニーは、ある人物からの依頼で宝石商にある黒い宝石を奪った。途中でハプニングがあったものの、何とか逃走したトニー達でしたが、この宝石の持ち主を怒らせてしまい、娘を誘拐されてしまう。果たして謎の男スーと協力し、娘を取り返すことができるのか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
韓国で実際に起きた連続殺人事件をポン・ジュノ監督が映画化。韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞で最優秀作品賞をはじめとする主要部門を独占。2019年に長らく未解決のままだった事件の真犯人が判明したことでも話題になった。 1980年代後半、韓国の田舎町で女性が次々に殺害される事件が発生。地元警察のパク刑事とソウル市警のソ刑事は捜査を進めるが、犯人は警察をあざ笑うかのように犯行を重ねていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼の紹介:2020年製作の日本映画。志賀晃のミステリー小説を基にしたサスペンス映画『スマホを落としただけなのに』の続編。解決したと思われていた連続殺人事件の現場から若い女性の遺体が次々と見つかったのを機に、刑事の加賀谷は自らが捕らえた殺人鬼・浦野と手を組み、事件の解決を試みる。前作から続投となる千葉雄大や成田凌のほか、新たなヒロイン・美乃里を「乃木坂46」の白石麻衣が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ドント・レット・ゴー -過去からの叫び-の紹介:2019年製作のアメリカ映画。ジェイコブ・エステス監督作品。刑事のジャックのもとに、殺されたはずの姪・アシュリーから電話がかかってきた。やがて、2週間前の世界にいるアシュリーと通話していることに気づいたジャックは、彼女の命を救う手段を模索するが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンがレスリングの金メダリストを殺害した事件を『カポーティ』『マネーボール』のベネット・ミラー監督が映画化。 兄のデイブにコンプレックスを抱え、孤独な日々を送っていたレスリング選手マーク・シュルツは、大富豪ジョン・デュポンが率いるレスリングチームから誘いを受ける。またとないチャンスをつかんだマークだったが、次第にデュポンの振る舞いに翻弄されるようになり…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ステップフォード・ワイフ」は1975年制作の「ステップフォードの妻たち」のリメイク作品で制作は「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダの声でも知られているフランク・オズ監督の作品で、主演はニコール・キッドマンです。敏腕プロデューサだったジョアンナは、新しく作った番組で不祥事が起き、責任を取らせられクビにされてしまう。そんなジョアンナを気づかい夫ウォルターは家族で郊外に引っ越す事を決める。引っ越した先は「ステップフォード」という美しい町だったが、そこに住む女性たちは、誰もが美しく夫に従順ないわいる完璧な妻たちだった。そんな異様な様子を不気味に思ったジョアンナ。ステップフォードには信じられない秘密が隠されていた…。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×