サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

「ドメスティック・フィアー」は2001年のアメリカで制作されたサスペンス・スリラー映画です。監督は「マーキュリー・ライジング」のハロルド・ベッカー、主演は「サタデー・ナイト・フィーバー」などのジョン・トラボルタ、「俺たちニュースキャスター」などのヴィンス・ヴォーンが主演しています。造船業を営むフランクは一人息子のダニーから離婚した元妻が再婚することを知らされます。しかし息子ダニーは再婚相手のリックに馴染めていない様子。ある日、ダニーはたまたまリックが男性を殺すところを目撃し、フランクに助けを求めます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ダブル・ジョパディー」は1999年にアメリカで制作されたクライム・サスペンス映画です。監督は「ドライビング Miss デイジー」などのブルース・ベレスフォード、主演は「コレクター」のアシュレイ・ジャッド、「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズなどが出演しています。実業家の夫と幼い息子と不自由なく裕福に暮らすリビー。ある日、夫にクルージングに誘われ、久しぶりに夫婦水入らずの時を過ごします。夜ベッドでリビーが目覚めると夫の姿がなく、しかも辺りは血だらけ、夫を探すも見つからず…。しかもリビーは夫を保険金目的で殺した殺人犯として逮捕されてしまいます。しかし、死んだと思われたいた夫は生きており、リビーの友人と再婚し、のうのうと暮らしていました。真実を知ったリビーは夫への復讐を決意・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
プッシャー3の紹介:2005年製作のデンマーク映画。ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるクライムアクション3部作の最終章。裏社会でのし上がっていった男が、世代交代と時の流れに付いていけず狂気の行動に出る様を描く。出演はズラッコ・ブリッチ、アイヤス・アガクほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
プッシャー2の紹介:2004年製作のデンマーク映画。ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるクライムアクション3部作の第2弾。前作で主人公の相棒だったトニーを主役に、再び地下世界の底辺に生きる男たちを描く。出演はマッツ・ミケルセン、リーフ・シルベスター・ペーターゼンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
プッシャー(1996年)の紹介:1996年製作のデンマーク映画。麻薬密売人の破滅への道行きを描いたクライム・サスペンス。監督はデンマーク出身でアメリカ育ちの新鋭ニコラス・ウィンディング=レフンで、脚本は彼とイェンス・ダールの共同。製作はアンリック・ダンストラップ。製作総指揮ぺーター・アールベイク・イェンセンとテディ・ガーバーク。撮影はモーテン・ソーホーグ。音楽はペーター・ぺーターとポヴル・クリスチャン。編集はアン・オエストラッド。出演はキム・ボドゥニア、ローラ・ドラスペイクほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛の流刑地の紹介:2006年製作の日本映画。中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴橋康夫監督が官能的に映し出す。作家役に『フラガール』の豊川悦司、彼と愛し合う人妻役に『大停電の夜に』の寺島しのぶが挑み、共演の多い彼らならではの呼吸で愛の軌跡を熱演。全時間の半分が主演ふたりの愛の営みという官能描写の数々に注目。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
いま、殺りにゆきますの紹介:2012年製作の日本映画。ホラー作家・平山夢明の実話恐怖体験集をベースに、「AVN エイリアンVSニンジャ」の千葉誠治監督が映画化したオムニバス。日常の些細な出来事をきっかけに、恐怖に晒される少女たちの姿を描く。出演は「携帯彼氏+(プラス)」の森田涼花、「ゴスロリ処刑人」の桃瀬美咲、「牙狼<GARO> MAKAISENKI」シリーズの肘井美佳、「ゾンビアス」の菅野麻由。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「RUN/ラン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

RUN/ランの紹介:2020年製作のアメリカ映画。『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督が、ヒッチコック作品のスタイルに新鮮な視点と独特なひねりを加えて作り上げたサイコスリラー。歪んだ愛情ゆえに狂気をまとう母親から頭脳を駆使し車いすで逃げる娘を描く。主人公である娘役にオーディションで抜擢された新人女優キーラ・アレンを起用し、母親役をドラマシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」のサラ・ポールソンが務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「シマウマ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

シマウマの紹介:2016年製作の日本映画。現代社会の闇を圧倒的なバイオレンス描写でつづり、“絶対に読んではいけない漫画”と評判になった小幡文生の人気コミックを「獣電戦隊キョウリュウジャー」の竜星涼主演で映画化。依頼人の恨みや憎しみといった世間の常識では解消できない問題を暴力で晴らす回収屋となった男の姿を描く。監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バブルと寝た女たち(1998年)の紹介:1998年製作の日本映画。バブル経済に翻弄されながら、肉体を武器に欲望渦巻く破滅的な愛に突き進む女の半生を描いたドラマ。監督は「サソリ/女囚701号」の新村良二があたった。脚本は「レディースMAX/ Give me a shake」山上梨香が担当している。撮影監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 X」の三好和宏があたっている。主演は「勝手に死なせて!」の第19代クラリオンガールの立河宜子。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1970年代末から1980年代にかけて、過激な残酷描写でスプラッターブームをけん引したルチオ・フルチ監督による、1985年製作のイタリア映画です。本作の舞台はミュージカル出演を目指す若者が集まるダンススクールで、冒頭から激しいダンスシーンが続き、前年に大ヒットした『フラッシュダンス』の影響を伺わせます。ヒロインはフルチ監督の代表作『サンゲリア』で目を貫かれるインパクト絶大なシーンで有名なオルガ・カルラトスが務め、ヒロインの謎の恋人役で、青春スターとして名を馳せたレイ・ラブロックが出演しています。全編を彩る音楽は、キース・エマーソンが手掛けています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
美しい人妻の紹介:2015年製作のオランダ映画。美しい人妻がミステリアスな美青年の甘い罠に堕ちていくエロティックドラマ。オランダからフランスの田舎の村へと、夫・エリックと幼い子どもと引っ越して来たシモーヌ。そこで美しい青年・ミシェルに出会った彼女は不思議と惹かれてしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1970年代末から80年代にかけて、『サンゲリア』『地獄の門』などの作品を手掛け、「スプラッター映画のマエストロ」としてその名を馳せた、ルチオ・フルチ監督による1977年製作のイタリア映画です。小さい頃から透視能力を持っていた美しい女性が、見知らぬ女性が死ぬ現場を透視してしまったことから、思わぬ事件に巻き込まれることになる・・・という物語で、『思い出の夏』のヒロインとして有名なジェニファー・オニールが、惨劇に巻き込まれる女性を熱演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
高校の数学教師であるソッコの隣にファソンが姪のユナを連れて隣に越してきた。数学の美と本質的に同じ美が存在することをファソンと出会って気が付いたソッコ。 そのファソンはDVの元夫から逃れてきていたのだが、探し当ててきた元夫を殺してしまう。そのことを知ったソッコは・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×