サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:マヤの秘密
マヤの秘密の紹介:2022年2月18日公開のアメリカ映画。「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが主演・製作総指揮を兼任したサスペンス。1950年代。街で男の指笛を聞いたマヤは、かつての悪夢が蘇る。ナチスの軍人だったその男から戦時中暴行を受けたマヤは、復讐心から男を誘拐し、自宅の地下室に監禁するが……。共演は「THE INFORMER/三秒間の死角」のジョエル・キナマン、「夜に生きる」のクリス・メッシーナ。監督は「ベツレヘム 哀しみの凶弾」のユヴァル・アドラー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「クルーエル・インテンションズ」は1999年制作のアメリカのサスペンス映画です。原作のラクロの小説「危険な関係」を現代版にアレンジした作品。監督はロジャー・カンブル、主演はライアン・フィリップとサラ・ミシェル・ゲラー、他にリース・ウィザー・スプーンなどが出演しています。裕福な家庭で名門校に通うキャスリンとセバスチャン、彼らはそれぞれの親の連れ子同士で、血の繋がりがない姉と弟です。夏休み、彼らは退屈しのぎに、ある危険な賭けをすることにします。それは校長の娘でお嬢様のアネットの処女をセバスチャンが奪えるかどうかというものでした。早速、セバスチャンはアネットに近づきますが… ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:嘘喰い

映画「嘘喰い」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

嘘喰いの紹介:2022年2月11日公開の日本映画。横浜流星主演で、シリーズ累計880万部超えの迫稔雄作のコミックスを映画化。『リング』、『スマホを落としただけなのに』などを手掛けたジャパニーズ・ホラーの名手、中田秀夫が監督を務める。横浜演じる主人公の相棒役を『ちはやふる –結び-』の佐野勇斗が務め、『闇金ウシジマくん Part3』の白石麻衣、『Diner ダイナー』の本郷奏多、櫻井海音、村上弘明、三浦翔平が共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ティル・デス
ティル・デスの紹介:2022年2月11日公開のアメリカ映画。『エクスペンダブルズ』、『ハンターキラー 潜航せよ』の製作陣が手掛けるシチュエーション・スリラー。「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックスが主演を、S・K・デールが監督を務める。出演は、『バイオハザード:ザ・ファイナル』のオーエン・マッケン、『ポリス・ストーリー REBORN』のカラン・マルベイ、ジャック・ロスら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:前科者

映画「前科者」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

前科者の紹介:2022年1月28日公開の日本映画。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載中の同名漫画を有村架純の主演で連続ドラマ&映画化した社会派ヒューマンドラマ。“前科者”たちの更生と社会復帰を目指す国家公務員の新人保護司が、奮闘しながら成長していく姿を描く。原作漫画は「クヒオ大佐」「羊の木」などの脚本を書いた鬼才・香川まさひとが原作、月島冬二が作画を担当。連続ドラマはWOWOWにて2021年11月から全6話で放送・配信された。映画版は「あゝ、荒野」の岸善幸が監督・脚本・編集を手掛け、原作にはない物語の完全オリジナル作品となる。有村が演じる主人公・阿川佳代の元で社会復帰に近づきながらも姿を消す男・工藤誠に、「ヒメアノ~ル」の演技が絶賛された森田剛。中学時代の同級生だった阿川と再会したとき工藤を追う立場となっている若手刑事の滝本真司に、有村と『ひよっこ』で共演した磯村勇斗が扮する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ブラックボックス:音声分析捜査
ブラックボックス:音声分析捜査の紹介:2022年1月21日公開のフランス映画。「イヴ・サンローラン」のピエール・ニネ主演によるサスペンス。ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落、乗客乗員全員の死亡が確認された。航空事故調査局の音声分析官マチューがブラックボックスを解析するが、コックピットに男が侵入したと確信する。共演は「夜明けの祈り」のルー・ドゥ・ラージュ、「パリよ、永遠に」のアンドレ・デュソリエ。監督は「パーフェクトマン 完全犯罪」のヤン・ゴズラン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「白いリボン」「愛、アムール」など数々の映画賞を総なめにしてきたミヒャエル・ハネケ監督のミステリードラマ。人の深層心理に切り込むサスペンスでもある。幸せに暮らしていたとある家族に一通のビデオテープが送られてくる、それは長時間、家族の様子を隠し撮りされたものだった。次第に不気味になっていく「贈り物」に家族は恐怖を抱いていく、しかし、送り主は意外な人物であった...。カンヌ国際映画祭で、監督賞を含む3部門受賞。2006年劇場公開作品。119分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
阪本順治監督が描く藤原竜也主演のサスペンス映画、かつて松田優作主演の”遊戯”シリーズの脚本として描かれたがなかなか実現しなかった脚本を30年の時を経て映像化した一作。カメレオンのようにいくつもの顔を使い分ける詐欺師の男が、政治要人の拉致場面を目撃し命を狙われる身に。次々と身近の人々が殺されていき、男は復讐に燃えていく。2008年劇場公開作品。97分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シルクロード.com―史上最大の闇サイト―
シルクロード.com―史上最大の闇サイト―の紹介:2022年1月21日公開のアメリカ映画。違法ドラッグから武器の売買、殺人の依頼までを匿名で売買できる史上最大のダークウェブ〈シルクロード〉を立ち上げた若き天才に、パソコンも使えないアナログ捜査官が挑む。世界を揺るがした“驚愕の実話”から生まれたサイバー・ダーク・サスペンス。“闇のAmazon” “ドラッグのeBay”とも呼ばれる闇サイトを運営し、1日1億円超を売り上げる天才ロス・ウルブリヒトを演じるのは、「ジュラシック・ワールド」 のニック・ロビンソン。警察、FBIでさえ歯が立たないのに、IPアドレスではなく人を追うのだと豪語する捜査官リック・ボーデン役に「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のジェイソン・クラーク。自由な世界を作るはずが、闇に魅入られて堕ちていくロスと、 引退前の最後の事件を前にして家族のために一線を越えていくリック。悲哀を抱えた男たちの最後の大勝負を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スティルウォーター
スティルウォーターの紹介:2022年1月14日公開のアメリカ映画。「スポットライト 世紀のスクープ」のトム・マッカーシーが、マット・デイモン主演で贈るサスペンス・スリラー。フランスのマルセイユを舞台に、殺人罪で服役する娘の無実を証明するため、真犯人を探し出そうとする父親が、やがて思わぬ真実に辿り着く。共演は「ゾンビランド:ダブルタップ」のアビゲイル・ブレスリン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:西成ゴローの四億円
西成ゴローの四億円の紹介:2022年2月12日公開の日本映画。大阪・西成を舞台に日雇い労働者となった元工作員の生きざまを描いたドラマの前編。記憶を失い、殺人罪で服役していた主人公が、娘の病の治療にばく大な費用が必要なことを知り、闇の世界で大金を稼ごうとする。監督は俳優としての活動のほか、『ひとくず』『ねばぎば 新世界』などの監督作品のある上西雄大。上西自身が主人公を演じ、津田寛治や笹野高史、山崎真実、徳竹未夏、古川藍、木下ほうかなどが共演する。後編にあたる『西成ゴローの四億円 死闘篇』は2月19日から公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:真夜中乙女戦争
真夜中乙女戦争の紹介:2022年1月21日公開の日本映画。作家Fの同名小説を映画化した青春ドラマ。平凡な日々を過ごす大学生の青年が“真夜中乙女戦争”という名の東京破壊計画に巻き込まれていく姿を映しだす。『弱虫ペダル』で第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したKing & Princeの永瀬廉が主演を務め、池田エライザ、柄本佑らが共演。また、『とんかつDJアゲ太郎』の二宮健が脚本と監督を務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:さがす

映画「さがす」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

商業長編作品第一作目となる片山慎三監督がメガホンを取ったサスペンススリラー。主演は佐藤二朗と伊東蒼。うだつはあがらないが娘想いだった父親が突然、失踪。どうやら指名手配犯を探して懸賞金を手に入れたいと疾走する前、口にしていたことを思い出し、娘の楓は父をさがしはじめる。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。2022年劇場公開作品、 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ノイズ

映画「ノイズ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

映画「デスノート」以来、15年ぶりの共演となる藤原竜也と松山ケンイチ主演のサスペンスドラマ。小さな島で黒イチジク農家を営む人望も熱い男性、男性の親友、そして2人の弟的存在の島に勤める若手警官。3人が犯した”罪”で島全体が次第に狂気に満ちてゆく。警視庁から謎の押しの強い刑事もやってきて...。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×