サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画「嗤う分身」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

2013年イギリスの映画。監督はリチャード・アイオアディ。原作はドフトエフスキーの「二重人格」。サイモンは自己主張のしない存在感のない男だ。会社で想いを寄せているハナの家を覗き見するのが楽しみだった。ある日会社にサイモンと瓜二つの男が入社してくる。彼の性格はサイモンとは対照的だった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ダークナイト」「テネット」を手掛ける独特の映像美で人気の映画監督、クリストファー・ノーランが描くサスペンスホラー。主演、アル・パチーノ。共演にヒラリー・スワンク、ロビン・ウィリアムズ。白夜の街で起こった少女の殺人事件を機に「インソムニア(不眠症)」に陥った刑事と、謎に包まれた犯人の心理戦を描く。2002年公開作品。118分。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2001年に起きたテチャン号事件を戯曲化した『海霧』をポン・ジュノ脚本・プロデュースで映画化。監督を務めるのは『殺人の追憶』などで脚本を務めたシム・ソンボ。 資金繰りに頭を悩ませていた漁船の船長・チョルジュは、船と船員達を守るため密航に手を出してしまう。チョルジュと船員達は中国からの密航者を船に乗せ韓国に運ぼうとするが、ある不測の事態が起こったことをきっかけに、船員達の行動はしだいに常軌を逸していく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
水曜日が消えたの紹介:2014年製作の日本映画。「屍人荘の殺人」の中村倫也が『映像作家100人2019』に選出された吉野耕平監督と組み、曜日ごとに入れ替わる7つの人格を持つ男を演じたサスペンス。7つの人格のうち“水曜日”の人格が消え、一番地味な人格“火曜日”は来るはずのない水曜日の朝を迎える。オムニバス「スクラップスクラッパー」内の「ファミリー」などを手がけ、「君の名は。」ではCGクリエイターを務めた吉野耕平が監督・脚本・VFXを担当。ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の石橋菜津美が“7 人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬を、「パンとバスと2度目のハツコイ」の深川麻衣が図書館司書の瑞野を、バンド『ゲスの極み乙女。』でベースを担当する休日課長が“月曜日”の友人・高橋を、バイプレイヤーとして活躍するきたろうが医師・安藤を演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年公開の日本映画。原作は今野敏の小説シリーズ。ドラマ版からキャストは続行で、内容もドラマからの続きとなっている。監督は佐藤東弥。 主演はドラマ版に続き藤原竜也、岡田将生、共演に窪田正孝、芦名星、志田未来、三宅弘城。 百合根のSTからの異動が決まり、残りあと4日と言う日に護送車を狙うハッキングが起こる。犯人に目星をつけた赤城左門はお得意の単独行動をし、その結果自分が犯人を殺したと自首をするが、すぐに脱走をしてしまう。パニックになる百合根だが、赤城の行動パターンを知り尽くしている百合根は赤城の居場所を突き止め、共に真犯人を探り始める。今回の赤城の全ての行動の元になっている”犯人は許し難いことをした”と言う言葉。その言葉がさす許し難いこととは一体なんなのか?百合根のST最後の4日間が始まる。 ネタバレを読む
製材所を営むジョーは父のリンデンと山小屋へやってくるが、そこに麻薬犯罪組織が隠した麻薬を見つけてしまう。麻薬を取りに来た密売人たちに命を狙われたジョーとリンデンは・・・2018年 カナダ制作 監督:リン・オーデイング ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「サイコ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

「サイコ」は1998年にアメリカで制作されたサスペンス映画で、アルフレッド・ヒッチコック監督の1960年の同名映画「サイコ」のリメイク作品です。ヒッチコック版の「サイコ」と同じ脚本や音楽、演出を用いて制作、またキャストもジュリアン・ムーア、ヴィンス・ヴォーン、ヴィゴ・モーテンセンと豪華キャストでしたが、ゴールデン・ラズベリー賞の最低リメイク賞と最低監督賞の2つを受賞してしまうという残念な結果になってしまいました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マイ・ボディガードの紹介:2004年製作のアメリカ映画。名優デンゼル・ワシントンが入魂の演技を披露する、バイオレンス映画。固い絆で結ばれた少女を犯罪組織にさらわれた男の復しゅう劇が、激しくも感動的に描かれる。全米では初登場1位、5日間で2279万ドルの興行収入を上げるヒットを記録した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スリーピング・ビューティー 禁断の悦びの紹介:2011年製作のオーストラリア映画。川端康成の中編『眠りの森の美女』を原作とする。学費を得るために秘密クラブでアルバイトを始めた女子大生が、禁断の世界に取り込まれてゆく姿を描く。主演は「エンジェル・ウォーズ」のエミリー・ブラウニング。共演は『プリズナーNo.6』のレイチェル・ブレイク。監督は本作がデビュー作となるジュリア・リー。カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
20012年日本の映画。監督は堀切園健太郎。2011年、東日本大震災後の混乱の中、ある施設から軍事機密データが盗まれる。同じ頃、北朝鮮から高濃度ウランが持ち出されたと情報が入り、日本での核テロの可能性が高まる。外事4課は日本に潜伏する工作員らしき男に目をつけ、彼の妻をスパイとして利用しようとする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
青の炎の紹介:2003年製作の日本映画。「黒い家」の人気作家・貴志祐介の同名小説を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が映画化。「(養)父殺し」「17歳の完全犯罪」「インターネット」「美少女ゲーム」「ロードレーサー」など、小説の発売当時はあまり知られていなかった題材が登場し、少年の孤独な内面を描く。 ネタバレを読む
2013年公開のアメリカ映画。2009年に発生した「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件で、リチャード・フィリップス船長がソマリア海賊の人質となった出来事を映画化した作品。ポール・グリーングラスが監督、トム・ハンクスが主演を務めたこの作品は、批評家の間で高い評価を受け、アカデミー賞作品賞にノミネートされた他、数多くの映画賞でノミネート・受賞に輝いている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ゾディアックの紹介:2014年製作の日本映画。「セブン」のデビッド・フィンチャー監督が実際にあったゾディアック事件をもとに描いたサスペンス・スリラー。1969年以降に全米を騒がせた殺人鬼の恐怖と、彼を追う4人の男の数奇な運命を映し出す。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
父親の教えで、外の世界とは全く遮断された世界で暮らす家族の物語。長男の家庭教師でやってきた「外からやってきた女」により、平和を保っているかに見えた家族に変化が起き始める...。2009年劇場公開、ギリシャ映画。ヨルゴス・ランティモス監督。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×