サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(6ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画「シマウマ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

シマウマの紹介:2016年製作の日本映画。現代社会の闇を圧倒的なバイオレンス描写でつづり、“絶対に読んではいけない漫画”と評判になった小幡文生の人気コミックを「獣電戦隊キョウリュウジャー」の竜星涼主演で映画化。依頼人の恨みや憎しみといった世間の常識では解消できない問題を暴力で晴らす回収屋となった男の姿を描く。監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バブルと寝た女たち(1998年)の紹介:1998年製作の日本映画。バブル経済に翻弄されながら、肉体を武器に欲望渦巻く破滅的な愛に突き進む女の半生を描いたドラマ。監督は「サソリ/女囚701号」の新村良二があたった。脚本は「レディースMAX/ Give me a shake」山上梨香が担当している。撮影監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 X」の三好和宏があたっている。主演は「勝手に死なせて!」の第19代クラリオンガールの立河宜子。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1970年代末から1980年代にかけて、過激な残酷描写でスプラッターブームをけん引したルチオ・フルチ監督による、1985年製作のイタリア映画です。本作の舞台はミュージカル出演を目指す若者が集まるダンススクールで、冒頭から激しいダンスシーンが続き、前年に大ヒットした『フラッシュダンス』の影響を伺わせます。ヒロインはフルチ監督の代表作『サンゲリア』で目を貫かれるインパクト絶大なシーンで有名なオルガ・カルラトスが務め、ヒロインの謎の恋人役で、青春スターとして名を馳せたレイ・ラブロックが出演しています。全編を彩る音楽は、キース・エマーソンが手掛けています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
美しい人妻の紹介:2015年製作のオランダ映画。美しい人妻がミステリアスな美青年の甘い罠に堕ちていくエロティックドラマ。オランダからフランスの田舎の村へと、夫・エリックと幼い子どもと引っ越して来たシモーヌ。そこで美しい青年・ミシェルに出会った彼女は不思議と惹かれてしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1970年代末から80年代にかけて、『サンゲリア』『地獄の門』などの作品を手掛け、「スプラッター映画のマエストロ」としてその名を馳せた、ルチオ・フルチ監督による1977年製作のイタリア映画です。小さい頃から透視能力を持っていた美しい女性が、見知らぬ女性が死ぬ現場を透視してしまったことから、思わぬ事件に巻き込まれることになる・・・という物語で、『思い出の夏』のヒロインとして有名なジェニファー・オニールが、惨劇に巻き込まれる女性を熱演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
高校の数学教師であるソッコの隣にファソンが姪のユナを連れて隣に越してきた。数学の美と本質的に同じ美が存在することをファソンと出会って気が付いたソッコ。 そのファソンはDVの元夫から逃れてきていたのだが、探し当ててきた元夫を殺してしまう。そのことを知ったソッコは・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)の紹介:2020年製作のアメリカ映画。持ち前の美貌とみずみずしい肢体で、男たちとの駆け引きに身を委ねるヒロインをロリン・ヨークが熱演。先の読めないストーリー展開、禁断の恋の結末に注目。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アウト・オブ・デスの紹介:2021年製作のアメリカ映画。フィラデルフィア市警を引退したジャックは、長年連れ添った妻を亡くし、その傷を癒やしに人里離れた山荘を訪れていた。山中を散策していた彼は、口封じのために抹殺されようとしていたシャノンを助ける。彼女は汚職警官による麻薬取引のトラブルに遭遇、殺人現場を目撃していたのだった。汚職警官たちの執拗な追跡が迫る中、2人は生き残るためにタッグを組むが、果たしてこの生死を分ける極限状態から逃れることができるのか―。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
トンネル 9000メートルの闘いの紹介:2019年製作のノルウェー映画。ノルウェーの長距離トンネルで火災に遭遇した娘と救急隊員の父の救出劇を描くパニック映画。クリスマスに帰省する客を乗せた車両が長距離トンネルを走行中、1台のタンクローリーが壁に激突。燃料が流出すると、爆発と共に黒煙がトンネルに充満し…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「告白小説、その結末」」は2017年のフランス・ベルギー・ポーランド合作のミステリー映画です。監督は「ローズマリーの赤ちゃん」などの鬼才ロマン・ポランスキー、主演は監督の妻であるエマニュエル・セニエ、また「007カジノ・ロワイヤル」などのエヴァ・グリーンが出演しています。自殺した母親のことを小説にし、一気にベストセラーになったデルフィーヌでしたが、その後はスランプに陥ってしまいます。一気に有名になったことで精神的に不安定な状態のデルフィーヌの前に彼女のファンだという女性エルが現れます。デルフィーヌはミステリアスな雰囲気のエルに惹かれ、彼女に翻弄されていきます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
世界で初めてヒト・クローン胚からES細胞を取り出すことに成功したという韓国大学幹細胞研究所のイ・ジャンファン博士の発表に沸き立つ韓国民。 しかしNBSテレビ「PD追跡」ディレクター ユン・ミンチョルはイ博士の下で研究に参加していた若手研究員のシム・ミンホから、イ博士の研究成果は捏造だとの告発を受ける。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
食われる家族の紹介:2021年製作の韓国映画。2020年本屋大賞翻訳小説部門1位の『アーモンド』の著者ソン・ウォンピョンの商業映画監督デビュー作。半年前、妻を交通事故で亡くし、一人娘のイェナと共に実家で暮らすソジンの前に、25年前に行方不明になった妹ユジンを名乗る女が現れるが……。出演は「無双の鉄拳」のソン・ジヒョ、「悪人伝」のキム・ムヨル。『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:流浪の月

映画「流浪の月」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

第17回本屋大賞を受賞した凪良ゆう原作の小説を、「怒り」「悪人」の李相日がメガホンを取り映像化。主演は広瀬すず、松坂桃李。15年前に9歳の少女が”誘拐”された。犯人は19歳の青年。しかし少女が警察に発見され、保護されると少女は泣き叫び拒否する姿は、見物人が携帯電話で撮った写真や動画でまたたく間に拡散された。それから月日が経ち、成長した2人は再会を果たす...。恋愛とも、友情とも違う”何か”を描くサスペンス。2022年5月劇場公開作品。150分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バトル・ロワイアル(特別編)の紹介:2000年製作の日本映画。中学生同士の殺し合いを描き、公開当時は社会問題まで引き起こしたバイオレンス・ムービー。3D映像とCGをふんだんに使い、弾丸や血しぶきなどの暴力描写を迫力満点かつリアルに映し出す。藤原竜也、柴咲コウら今なお活躍する俳優陣の若かりし姿が見られる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×