サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(7ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

世界で初めてヒト・クローン胚からES細胞を取り出すことに成功したという韓国大学幹細胞研究所のイ・ジャンファン博士の発表に沸き立つ韓国民。 しかしNBSテレビ「PD追跡」ディレクター ユン・ミンチョルはイ博士の下で研究に参加していた若手研究員のシム・ミンホから、イ博士の研究成果は捏造だとの告発を受ける。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
食われる家族の紹介:2021年製作の韓国映画。2020年本屋大賞翻訳小説部門1位の『アーモンド』の著者ソン・ウォンピョンの商業映画監督デビュー作。半年前、妻を交通事故で亡くし、一人娘のイェナと共に実家で暮らすソジンの前に、25年前に行方不明になった妹ユジンを名乗る女が現れるが……。出演は「無双の鉄拳」のソン・ジヒョ、「悪人伝」のキム・ムヨル。『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:流浪の月

映画「流浪の月」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

第17回本屋大賞を受賞した凪良ゆう原作の小説を、「怒り」「悪人」の李相日がメガホンを取り映像化。主演は広瀬すず、松坂桃李。15年前に9歳の少女が”誘拐”された。犯人は19歳の青年。しかし少女が警察に発見され、保護されると少女は泣き叫び拒否する姿は、見物人が携帯電話で撮った写真や動画でまたたく間に拡散された。それから月日が経ち、成長した2人は再会を果たす...。恋愛とも、友情とも違う”何か”を描くサスペンス。2022年5月劇場公開作品。150分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バトル・ロワイアル(特別編)の紹介:2000年製作の日本映画。中学生同士の殺し合いを描き、公開当時は社会問題まで引き起こしたバイオレンス・ムービー。3D映像とCGをふんだんに使い、弾丸や血しぶきなどの暴力描写を迫力満点かつリアルに映し出す。藤原竜也、柴咲コウら今なお活躍する俳優陣の若かりし姿が見られる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:死刑にいたる病
24件という稀に見る連続凶悪殺人犯、裁判で死刑を宣告された彼は1件の殺人は「冤罪」だと主張した。とある大学生に殺人犯は手紙を送る、彼は幼い頃、死刑囚が働いていたパン屋の常連だった顔見知りだった。「会って話がしたい」という内容の手紙、久々に再会し親交を深めるうちに、獄中の中から大学生に指示を与えその冤罪の真犯人を見つけてほしいと伝えた。主演は阿部サダヲ、共演は岡田健史。監督は「孤狼の血」「凶悪」の白石和彌。2022年5月劇場公開作品。PG-12指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
誰がための日々の紹介:2019年製作の香港映画。実在の事件をヒントに、介護うつの果てに母を亡くした青年の苦悩を描いたドラマ。寝たきりの母の介護を1人で行って来たトンは、やがてうつ病を発症。ある事件を起こし、母を亡くす。1年後、うつ病の治療を終えたトンは、疎遠だった父と暮らし始めるが……。「インファナル・アフェア」のショーン・ユーとエリック・ツァンが再共演。監督のウォン・ジョンは本作で長編デビュー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「氷の微笑」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

氷の微笑の紹介:1992年製作のアメリカ映画。元ロック・スターの惨殺事件を追う刑事と容疑者の美人小説家とのやりとりを描くエロティック・サスペンス。監督は「トータル・リコール」のポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、脚本はジョー・エスターハス、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版ラジエーションハウス
劇場版ラジエーションハウスの紹介:2022年4月29日公開の日本映画。『東京喰種 トーキョーグール』などの窪田正孝が主演を務めたテレビドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の劇場版。2015年に連載を開始したコミックを原作に、医療の裏方を支える診療放射線技師と放射線科医たちの活躍を描く。本田翼、広瀬アリス、山口紗弥加、遠藤憲一、浜野謙太らが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
氷の微笑2の紹介:2006年製作のアメリカ映画。1992年の映画『氷の微笑』の続編。シャロン・ストーンが妖艶な悪女を演じた大ヒット作の14年ぶりの続編。美貌衰えぬストーンが、再びエロティックで謎多き犯罪小説家に扮するサスペンス。前作で主演したマイケル・ダグラスをはじめ、アレック・ボールドウィン、カート・ラッセルに相次いで出演を拒否された。第27回(2006年度)ゴールデンラズベリー賞にて7部門にノミネートされ、そのうち最低作品・最低主演女優・最低脚本・最低前編続編の4部門で受賞した。ちなみに制作費7000万ドルのうち、1400万ドルはシャロン・ストーンへのギャラが占めている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
誰もがそれを知っているの紹介:2018年製作のスペイン&フランス&イタリア合作映画。「別離」「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督が、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムを主演に迎えたサスペンス。スペインの故郷で久々に再会したラウラの家族と幼なじみ。しかし、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、家族の秘密と嘘が綻び始める。共演は「しあわせな人生の選択」のリカルド・ダリン、「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。撮影監督は「エル・スール」「ボルベール 帰郷」のホセ・ルイス・アルカイネ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スイミング・プールの紹介:2004年製作のフランス&イギリス合作映画。仏の鬼才、フランソワ・オゾン監督が放つミステリー。ある夏の日、イギリスの女流ミステリー作家サラは、出版社社長の薦めで彼の南仏の別荘に出かけるが、スイミング・プールで謎の殺人事件が起きる…。静かな南仏の別荘を舞台に、スランプの女流作家が遭遇した奇妙な事件のてん末をスリルとユーモアたっぷりに描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
韓国を震撼させた詐欺師チャンが死亡したとするニュースが発表されたが、チャンによって父親を殺されたと思っているファン・ジソンはチャンの死を信じず、足取りを追う過程で事実を知り、父を死に追いやった関係者を陥れるため、ある計画を立てる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大物犯罪者スターンウッドを取り逃がして3年が経つマックス刑事は、空港で倒れた男がパスポートを偽造していたことからスターンウッドの息子(ルアン)だと知る。 ルアンを公立病院に移し、スターンウッドがやってくるのを待つマックスだったが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
美少女探偵ナンシー・ドリューの紹介:2007年制作のアメリカ合衆国の青春ミステリ映画。 監督はアンドリュー・フレミング、出演はエマ・ロバーツとジョシュ・フリッター(英語版)など。 エドワード・ストラッテメイヤーがキャロリン・キーンという名義で書いた、児童小説『少女探偵ナンシー』の映画化作品。日本では劇場未公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×