映画:RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編

「RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。正式名称『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー! 略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。向井理が“絶対舌感”という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸を演じ、個性豊かな仲間とともに謎の温泉芸者を探す旅を描いたユニークなドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。人里離れた村を舞台に、次々と起こる不可解な事件を解決するため、蘭丸と仲間たちが奔走する。

あらすじ動画

RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編の主な出演者

朝永蘭丸(向井理)、甕棺墓光(木村文乃)、宮沢寛治(佐藤二朗)、肥田文吾(岡本信人)、六郎(渡辺哲)、岩月丹治(矢島健一)、シバ(春海四方)、ワカ(落合モトキ)、卜真(永瀬匡)、(中野英雄)、野々村龍之介(市原隼人)、湯川麗子(黒谷友香)、野々村花乃(財前直見)、武田竜胆(木村多江)

RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ヒッチハイクで滋賀・米原に帰るつもりが泥はねで山形の米沢方面へ連れて行かれた蘭丸は、温泉のある鬼灯村で行き倒れて目覚める。第2の「口の合う」女性・りん先生を見つけた蘭丸は恋をする。鬼灯村は現在、水の出荷で栄えていた。ある日酒蔵の息子・真が遺体で発見される。 ②りん先生の家系は昔から堕胎の名医の一家。りん先生と恋仲の龍之介が脅されて水工場主・麗子に地下水脈の流れを変えろと指示された。真は自分で頭を打った事故死。りんは蘭丸の義姉。

【起】– RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編のあらすじ1

まずは、3分間お耳(おめめ)を拝借。

…朝永蘭丸(ともなが らんまる)という若い男は、絶対舌感の持ち主で、舌に載せたもの全てを脳内で成分に変換してしまうことができます。

伝説の三助(背中を流す、垢すりをする、肩もみをする、昔の浴場でのサービス従業員の役職名)・平助を祖父に持ち、学者である父・竜助に子供の頃からキテレツな英才教育を受け続けたことで、蘭丸はこの能力を身につけました。

蘭丸が行く先々で殺人事件が起こりますが、蘭丸が舌で舐めることで事件を見事に解決していきます。

そんな蘭丸のことを、人々は尊敬の意をこめて『神々の舌』と呼びます。

蘭丸が旅をすることになったのには、あるいきさつがありました。

蘭丸の祖父の通夜に、突如として現れてキスをしたものの、蘭丸の脳に何も思い浮かばせなかった、流浪の温泉芸者・ミヤビという女性がいます。

蘭丸は口に含んだものの成分が分かるので、キスすると大抵は相手の口内細菌にもだえ苦しみ、吐くこともあるのです。

さて蘭丸は生まれて初めてのキスでミヤビに恋をし、彼女を探す温泉場巡りの旅に出ました。

そんな蘭丸の旅を手助けする〝助さん格さん〟ならぬ二人組がいます。

ひとりは、一方的に蘭丸に好意を抱く若い女性・甕棺墓光(かめかんぼ ひかる)です。

光は顔はよいのですが性格は最悪で、まがい物ばかりを売りつける、2サス(2時間サスペンスドラマ)マニアの骨董屋です。

事件が起きれば勝手に推理を始める光ですが、光の推理が当たったことはまだ一度もありません。

もうひとりは宮沢賢治をリスペクトする旅のご意見番の中年男・宮沢寛治(みやざわ かんじ)です。

かつて蘭丸の舌に助けられて恩義と興味を感じた寛治は、旅に参加することにしました。

ふたりのお供を引き連れて、ミヤビを追い続けた蘭丸は、やっとミヤビとの再会を果たしました。

ところがこのミヤビという女性は、持病の薬のせいで、一時的に口内細菌が消えていただけということが判明します。

こうして蘭丸の初恋はあっけなく幕を閉じ、同時に3人の旅も終わり、テレビドラマも打ち切りの筈でした(テレビドラマ版『神の舌を持つ男』参照)…。

…行き倒れていた蘭丸は、六郎、文吾、丹治の三賢者によって温泉に入れられました。蘭丸が倒れていた時、へちまと軽石を持っていたからです。

蘭丸は女性による人工呼吸で目覚めました。その女性…村の医師・武田竜胆、通称:りん先生の口内成分は、最近は感じられるものの、蘭丸に不快感を抱かせない初めての女性でした。蘭丸はりん先生に恋をします。

目覚めたところは、山形県の鬼灯村(ほおずきむら)と呼ばれるところでした。その名のとおり、村のあちこちには鬼灯の植物が生えており、実っています。

そこへ蘭丸を追って光が、光を追って寛治がやってきます。光は蘭丸に発信器をつけており、寛治は光のスマホにアプリを入れ、GPSを追っていたのです。

蘭丸は滋賀県の米原までヒッチハイクして帰るつもりでしたが、行先を書いた紙が泥はねで「米沢」と見えてしまい、それで山形まで連れて行かれたのでした。

追ってきた光のトラックの真下の地面が陥没して、積んでいた骨董品が散乱してしまいます。

光は骨董品回収のため、しばらくの滞在を余儀なくされました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「RANMARU神の舌を持つ男鬼灯デスロード編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ