映画:SPOOKSスプークスMI-5

「SPOOKSスプークスMI-5」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SPOOKS スプークス/MI-5の紹介:2015年制作のイギリス映画。MI-5の諜報員たちの活躍を描いたサスペンスアクション。人気テレビシリーズをモチーフに制作され、キット・ハリントンが主演を務め、ピーター・ファースなどオリジナルメンバーも参加した作品。

あらすじ動画

SPOOKSスプークスMI-5の主な出演者

ハリー・ピアース(ピーター・ファース)、ウィル・ホロウェイ(キット・ハリントン)、ジェラルディン(ジェニファー・イーリー)、アデム・カシム(エリス・ガベル)、エリン・ワッツ(ララ・パルヴァー)、マルコム・ウィン=デイヴィース(ヒュー・サイモン)

SPOOKSスプークスMI-5のネタバレあらすじ

【起】– SPOOKSスプークスMI-5のあらすじ1

英国情報局保安部、通称MI-5は、CIAの容疑者アデム・カシムの移送を行っており、道路は渋滞していました。緊急事態なことから、警察がヘリを使用することになり、上空を見張っていたヘリが移動していきます。

MI-5の本部長ハリーは、警察ヘリを取り戻すように部下に指示し、10分以内に行えると報告を受けます。

しかし渋滞にはまっている護送車に、バイクの集団がやってきて、囲まれてしまいます。護衛していたMI-5諜報員のジューンは、銃を持とうとしますが、隣りにいる班長のロブに止められます。

市民を巻き込めないことから、ハリーは彼らの要求通り、カシムを釈放します。ジューンとCIAのエドは、彼らを追いかけます。しかしエドは撃たれ、ジューンは彼らを取り逃がします。

この事件によって、MI-5の失策は世間に広まり、MI-5は窮地に立たされます。責任をとったハリーは、橋から身投げをするため、手すりに立ちます。

MI-5をたった1年で解雇されたホロウェイは、MI-5諜報員のハナにロンドンに戻るように指示されます。

手すりに立つハリーの写真を見せられ、ホロウェイは映像が書き換えられていると見抜きます。呼び出された理由が、失踪したハリーの追跡だと聞きます。

拒否するホロウェイでしたが、父の死についてハリーに聞いてみたらどうだと、MI-5長官に言われます。ホロウェイはハリーを追うことにします。

その頃、ハリーは独自の捜査で、カシムと接触していました。彼の妻・アスマの名前をだし、何でも望みを叶えてやるからと、MI-5の裏切り者の電話番号を教えるように頼みます。

ハリーの書類に目を通していたホロウェイは、ドアの隙間からポストカードが入ってきて、絵に傘が写っていることから、傘を取りに店に行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「SPOOKSスプークスMI-5」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ