「SWATユニット88724時間の奪還作戦」のネタバレあらすじ動画と結末

サスペンス映画

S.W.A.T.ユニット887 24時間の奪還作戦の紹介:2014年に製作されたアメリカ映画で、トム・サイズモアやミーシャ・バートンらが出演したサスペンスアクション。生物兵器によるテロを計画した犯罪者に立ち向かう、SWAT隊員の活躍を描いている。

あらすじ動画

SWATユニット88724時間の奪還作戦の主な出演者

ダミアン(トム・サイズモア)、クリス(ティモシー・ウッドワード・Jr)、メラニー特別捜査官(ミーシャ・バートン)、ライアン警部(マイケル・パレ)、ジェンキンス(ジェレミー・ロンドン)、ジム(サイード・ファラジ)

SWATユニット88724時間の奪還作戦のネタバレあらすじ

【起】- SWATユニット88724時間の奪還作戦のあらすじ1

誘拐事件がロサンゼルスで発生し、GPS衛星は現場を捉えます。SWAT隊は犯人グループを射殺し、人質を助け出すことに成功します。
今回の件と言い、ステイシーはもうじき子供が生まれることから、夫で32歳のSWAT隊員のクリスを心配します。クリスは必ず帰ってくることを約束するのでした。
2014年3月6日、FBI特別捜査官のメラニーは要注意人物3人がロサンゼルスにやってきた報告を受け、逮捕に向けて会議を開きます。
要注意人物のダミアンは、元特殊部隊出身で7年間行方不明となっていました。彼は核物質の輸送船をハイジャックし、テロリストに横流した危険人物です。もう1人はニックで、ダミアンの用心棒です。ダミアンが動く時、ほか2人も動きます。
通報を受けたクリスは、同じSWAT隊で仲の良い25歳のサムと向かいます。そしてサムは、交際中の女性を銃で脅したジミーを追いかけます。追いついたサムはジミーの胸を撃って応援を呼ぶのでした。
2人が勝手な行動をしたことから、今回の件で署長は怒っていました。サムとクリスは、審査委員が処分を決めるまで、アブラム上院議員の警備をするようライアン警部に命じられます。

【承】- SWATユニット88724時間の奪還作戦のあらすじ2

当日、クリスはトイレで出会ったニックと格闘戦になり、鏡に頭をぶつけられて気絶します。
そして市庁舎に軍隊並みの武装をしたダミアンの部下らが現れ、ランディス博士を出すよう要求します。ランディス博士は彼らに娘を連れ去られてしまいます。他にもダミアンの部下たちは、市庁舎にいた人質をとって去っていくのでした。
サムはランディス博士を部屋に隠すことに成功し、クリスを助けに向かいます。しかし後から現れたダミアンに撃たれます。クリスも撃たれますが、防弾チョッキのおかげ気絶だけで済みました。
気がついたクリスは、血を流して意識のないサムに駆け寄り、電話で応援と救助を求めます。
その後、メラニーから連絡を受け、クリスはランディス博士と隠れ家に向かいます。詳細を教えてもらえず、ランディス博士が重要人物とだけ説明されるのでした。
隠れ家に到着すると、ダミアンから電話がかかってきて、クリスが応答します。その会話はライアン警部らにも聞けるようになっていました。

【転】- SWATユニット88724時間の奪還作戦のあらすじ3

ダミアンは、人質の4人を24時間以内に返すと約束します。しかしそれには条件がありました。
その条件とは、マスコミを排除すること、FBIを排除すること、一億ドルと新車を用意することでした。ゲームの開始の合図として、ダミアンは人質の1人、会社社長のアランを射殺します。
クリスとダミアンの会話を聞いて、メラニーはダミアンとランディス博士の接点がまだ分からないことに苛つきます。人質には会社社長のアラン、州議員のフィル、裁判官のジョーダンが含まれていました。彼らの関係性を洗うようにと、メラニーは部下に指示します。
テレビで襲撃の時の映像が流れ、ダミアンは1つ目の約束が守れなかったとして、クリスに電話をかけます。その電話でSWAT隊は逆探知に成功します。
ケインはSWAT隊を率いて、ランディス博士に専門が何なのか問いかけます。ランディス博士は生物だと答え、人には使わないと説明します。ダミアンのことを聞かれますが、ランディス博士は何も分からないと答えるのでした。
ランディス博士は娘の代わりに、自分が人質になろうとします。ライアン警部はそれに反対します。
ジョン捜査官の隙をついて、ランディス博士は彼をコーヒーポットで殴って気絶させ、車に乗って脱走します。

【結】- SWATユニット88724時間の奪還作戦のあらすじ4

ケインたちSWAT隊は逆探知した場所に行きますが、そこには女性の死体があるだけでした。
ランディス博士はダミアンに会いに行って、娘に会わせてと頼んだ後、市庁舎に行って本棚に本をしまいます。
クリスやケインたちと、ダミアンやニックたちとの銃撃戦が始まります。
生物兵器のデータが送られてきて、ライアン警部は市庁舎に仕掛けられていることに気づきます。市庁舎には100人以上がいました。
ニックを仲間に任せて、クリスはダミアンのいる屋上に向かいます。ニックはクリスの仲間にナイフで刺されて死にます。
ライアン警部は、市庁舎にいる人たちを避難させ、本棚の中から本に入った生物兵器を発見します。緊張しながらも、解除に成功します。パンツが濡れてしまったライアン警部でした。
1週間後、サムのお葬式が執り行われて、クリスは皆の前でサムに別れを告げます。
ランディス博士と彼女の娘は今も行方不明でした。するとクリスに電話がかかってきます。なんとランディス博士からでした。
ランディス博士は研究の邪魔をしてくるから、生物兵器を仕掛けたのだと話します。実はランディス博士はダミアンとグルだったのです。娘にもお芝居が上手だったと褒めてあげています。2人の側にはダミアンの姿がありました。そしてランディス博士は、次のゲームの開始を宣言するのでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、パソコンのシステムが本格的で、序盤は期待できる演出がされています。また、出演者の豪華さから、ビジュアルを見ているだけで満足できる内容となっています。
ただ、どうしても場面が飛び飛びなので、内容にツッコミたくなってしまいます。それもふまえて、今作品は軽いノリで見ることをお勧めします。
FBI捜査官がコーヒーポッドでやられたり、ライアン警部のパンツが濡れてしまった場面には笑わせてもらいました。
最後まで見終わって、のんびりしながらツッコミたい時に見ると良いと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「SWATユニット88724時間の奪還作戦」の商品はこちら