映画:THEGUILTYギルティ

「THEGUILTYギルティ」のネタバレあらすじと結末

THE GUILTY/ギルティの紹介:2018年製作のデンマーク映画。電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するというユニークな物語が評判となり、第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞するなど、数々の映画賞に輝いたデンマーク発のサスペンス・スリラー。誘拐された女性からの通報を受けた緊急通報指令室のオペレーターが事件解決に挑むさまが、圧倒的な緊張感とともに描かれる。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

THEGUILTYギルティの主な出演者

アスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)、イーベン・オスタゴーの声(イェシカ・ディナウエ)、ミケル・ベルグの声(ヨハン・オルセン)、ルシードの声(オマール・シャガウィー)、マチルデ・オスタゴーの声(カティンカ・エヴァース=ヤーンセン)、Boの声(ヤコブ・ローマン)

THEGUILTYギルティのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①緊急通報指令室のオペレーターをするアスガーは、誘拐されたと思しきイーベンという女性を助けようとする。 ②アスガーは若者を射殺して裁判を待つ身の警察官。イーベンは赤ん坊・オリバーを殺しており、元夫・ミケルが精神医療センターへ連れていこうとするところだった。

【起】- THEGUILTYギルティのあらすじ1

THEGUILTYギルティのシーン1 デンマーク・コペンハーゲン。

デンマークで緊急ダイヤルは112番です。
アスガー・ホルムは警察官ですが、現在は緊急通報指令室で働いています。
ある事情により警察官の仕事を謹慎しており、明日、裁判を待つ身でした。
判決が下れば、現場に復職する予定です。

そういう、いわば腰かけの仕事なので、アスガーは緊急通報指令室での仕事も、手を抜いていました。
ニコライ・イェンセイという男性から「助けてくれ」という電話がかかってきて、アスガーは応対します。
事件が起きたのかとアスガーは緊張しますが、ニコライはスピードという麻薬を摂取して、具合が悪くなっていました。
救急車をよこしてくれと、ニコライは言います…。

アスガーの携帯にブリックスという女性から電話がかかりました。
ブリックスはマスコミ関係者のようで、アスガーから明日の裁判について取材しようとします。
遮って、アスガーは携帯を切りました。

アムストラップリースという人物から、緊急ダイヤルに電話が入ります。
強盗が入ったという連絡だったので、アスガーはパトカーを向かわせました。
電話が入ると指令室には、住所や番号などの電話の主の情報や、携帯電話だと最寄りの基地局がどこか、おおよその場所が分かるようになっています。


中座して水を飲んだアスガーは、あともう少しで今日の仕事が終わろうとするときに、気になる電話を取りました。
それは、イーベン・オスタゴーという女性からです。
イーベンとの会話がかみ合わないことから、アスガーは事件のにおいを感じ取りました。
イーベンは、自宅にいる娘に電話をかけている振りを装っていました。
それに気づいたアスガーは、イーベンが誘拐されていると気づきます。
彼女の携帯の場所を探り、コペンハーゲンの北にパトカーの手配をすると言いました。
乗っている車が、白のワゴン車だということまで聞けたところで、電話は切れます。

北シェラン指令室に電話をしたアスガーは、簡単な状況を説明し、白いワゴン車を探すよう依頼します。
さらにパトカーの無線に繋いでもらったアスガーですが、パトカーは別の白いワゴン車を捕まえたようでした。
6台のパトカーが巡視していると聞いて、アスガーは電話を切ります。

イーベンの誘拐の行方が気になるアスガーは、電話を受ける立場でありながら、独自に捜査を始めました。
イーベンの自宅に電話をかけると、マチルデと名乗る、6歳9か月の少女が出ます。
アスガーはマチルデに聞いて、家にはまだ赤ちゃんのオリバーという弟とマチルデしかいないと知りました。
両親は離婚しており、父のミケル・ベルグは別の場所に住んでいました。

【承】- THEGUILTYギルティのあらすじ2

THEGUILTYギルティのシーン2 今日、父が母のところへやってくると、両親は大声で口論していたそうです。
そのあと、父がナイフを持って、母親を連れて行ったとマチルデは話します。
マチルデは、父親の携帯電話の番号を覚えていました。アスガーはメモします。

マチルデに「母親を無事に送り届ける」と約束したアスガーは、パトカーが到着するまで待っていろと指示しました。
心細そうなマチルデに、弟の側にいろと指示します。

マチルデとの電話を切ったアスガーは、北シェラン指令室に電話をかけて状況を知ろうとしますが、冷たくあしらわれました。
イライラしたアスガーは、同じ部屋のトーベンに丁寧に質問し、席を移動しても電話を取れるかと訊きました。
別の席でも取れると知ったアスガーは、隣の個室に移動し、イーベンの件を調べます。


悩んだのち、アスガーは前の夫であるミケルの携帯に、電話をかけました。
名乗ったアスガーは気づかない振りをして、「マチルデとオリバーの様子を見にいってくれ」とでまかせを言います。
ミケルの携帯の位置情報は、シェラン島でした。

続いてアスガーは、元相棒の刑事・ルシードへ電話をかけ、協力してくれと頼みます。
ルシードは翌日、アスガーの裁判の証人として立つ予定でした。
しかしうまくやる自信がないルシードは、酒を飲んでごまかしていました。
アスガーはルシードを説得し、ミケルの家のあるアマー島へ行ってくれと頼みます。
ルシードは車を運転して、ミケルの家へ向かいます。
(飲酒運転なので「気をつけて行ってくれ」とアスガーが頼んでいる)

アスガー宛に、少女から電話があったと言います。
少女とは、マチルデのことでした。
マチルデは外に誰か来たと言い、アスガーは、訪問客は警官だから入れてあげろと言います。
ティム・アンデルセン巡査とヤンネ巡査が訪ねてきましたが、マチルデが血まみれだと電話の向こうで騒いでいました。
電話をかわってもらったアスガーは、ティムから、赤ん坊のオリバーが身体を切り裂かれて死んでいると訊きます。
マチルダが再び部屋へ入ってきそうになったので、ティムが制止して電話が切れました。

【転】- THEGUILTYギルティのあらすじ3

THEGUILTYギルティのシーン3 アスガーは、マチルダに弟のいる部屋に行くよう指示した自分のことを攻めます。
父親のミケルは、暴行の前科がありました。
ミケルがオリバーを殺したのだと思ったアスガーは、妻のイーベンも危険だと思います。

ここでアスガーの勤務時間は終わりますが、アスガーは居残ると言いました。
別室のブラインドをおろし、電話の応対をします。


ミケルに電話したアスガーは、説得しようとしました。
オリバーのことを話したアスガーは、停車して投降しろと助言します。
どうなるかとミケルに訊かれ、「刑務所行きだ」とアスガーが答えると、ミケルは電話を切りました。

ルシードから、携帯に着信があります。ミケルの家に到着したのです。
家の中へ入ってくれとアスガーは頼み、シェラン島北部に関連する資料を探してくれと言いました。
ミケルは引っ越したばかりで荷物はなく、しかし未開封の郵便物が山ほどあるそうです。
シェラン島との繋がりを探すよう指示して、アスガーは電話を切りました。


イーベンに電話をしたアスガーは、シートベルトをした後で、走行中の車のサイドブレーキを引いて降りろと助言します。
直後、電話が切れました。
固唾をのむアスガーは、イーベンからの電話を待ちますが、かかってきた電話は「自転車をぶつけてひざをケガした」と訴える女性からでした。
イライラしたアスガーは、つい「あとにしてくれ」と、緊急ダイヤルにも関わらず切ります。

イーベンは逃げられず、貨物室に入れられていました。
ミケルがレンガ職人だと聞いたアスガーは、ワゴン車の貨物室に武器を探せと言います。
箱の中にレンガがありました。

アスガーはイーベンに、指示します。
停車後にドアが開いたら、レンガでミケルを殴ってナイフを奪い、逃げること。
そうしてアスガーに、今いる居場所を教える…ということを、アスガーは言います。
興奮するイーベンを落ち着かせるために、関係のない話題をしました。
功を奏し、イーベンは水族館の話をします。

【結】- THEGUILTYギルティのあらすじ4

THEGUILTYギルティのシーン2 この際に、アスガーは驚くべきことを聞きました。
「お腹にヘビがいるから、オリバーは泣いていた。だから腹を裂いた。そしたらあの子、泣き止んだわ」
オリバーを刺したのはミケルではなく、イーベンでした。
イーベンは精神を病んでおり、わが子を殺していたのです。

その事実に気づいて、あっけにとられるアスガーをよそに、停車したらしく、イーベンがミケルを攻撃する音が聞こえました。
電話は切れます。


アスガーの携帯に、相棒のルシードから電話があります。
ミケルは、親権をめぐってイーベンと訴訟を起こしていました。
ミケルは子どもたちの親権を得ようとしていましたが、暴行の前科があるために難航していました。
いっぽうの母親・イーベンは、精神科に入院していた過去があると、ルシードは言います。

この、イーベンが前に入院していた病院が、北シェラン精神医療センターでした。

アスガーは状況が呑み込めてきます。
精神的に追い詰められたイーベンが、わが子・オリバーを殺したのです。
それに気づいたミケルは、イーベンを北シェラン精神医療センターへ連れていこうとしていたのです。
(最初に誘拐だと勘違いしたために、イーベンは被害者だと思い込んでいたが、そうではなかった)

アスガーはミケルに電話をかけ、「なぜ言わなかった」と訊きます。
イーベンはどこかへ逃げたらしく、ミケルは「誰に助けを求めても、きいてくれなかった」と答えました。

イーベンと連絡を取りたいアスガーは、何度もイーベンの携帯に電話をかけますが、出ません。
ルシードから電話がかかり、まだ用事があるかと訊きました。
アスガーは、「明日の裁判で、俺のために嘘をつかなくてもいい」と言います。
しかしルシードは、すでに供述書に述べているから、そのとおり証言すると答えます。
(つまりルシードとアスガーは口裏を合わせて、裁判で嘘をつこうとしていることが、この会話で分かる)


イーベンから電話がかかりました。アスガーは個室で電話をとります。
イーベンは高速道路19番出口付近の陸橋の上にいると判明しました。
飛び降りそうだと気づいたアスガーは、必死でイーベンを説得します。

イーベンが電話を切りそうだったので、アスガーは自分の罪を話しました。
アスガーは、ヨセフという19歳の若者を、正当防衛を装って殺していました。
ヨセフは悪事を働いた若者で、殺害する必要性はなかったのです。
それを言った後、アスガーはイーベンに、「ママを家に戻すと、マチルデと約束したんだ」と言いました。
「あなたはいい人ね」と言い、イーベンの電話は切れます。

アスガーは飛び降りたかと思いましたが、イーベンは無事に保護されていました。
橋からおりてきて、警察官のところへ向かったそうです。
それを聞いたアスガーは、ほっとしました。
静かに部屋を去り、廊下の奥でどこかへ電話をかけます…。
(去っていった妻・パトリシアにか、元相棒のルシードにか、最後の電話の相手が誰かは謎)

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

どんでん返しがあるんだろうなということは、容易に想像できる。だから、結末もある程度、読めなくはない。
またアスガーにもなにか背景があるだろうということも、会話のはしばしから判る。
注意深く見ていれば、あっと驚くラストではない。しかし、なかなか上手な展開。
最初に「誘拐された」という先入観で見ていると、からくりが判ったとたん、驚くだろう。
ちょうどその勘違いが明らかになるのが、スタートして1時間ちょっと経過したあたり。
さらにそこから、アスガーの過去も明らかになる展開が、畳みかけられてくる。
スリリングで面白い作品。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「THEGUILTYギルティ」の商品はこちら