「unknown アンノウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– unknown アンノウンのあらすじ4

unknown アンノウンのシーン4

画像引用元:YouTube / unknown アンノウントレーラー映像

倉庫に入って来た主犯のスネークスキンは、ジャケットの男に「酷い有様だな、ワズ」と呼びかけます。ジャケットの男もスネークスキンに同調して、「シャツの男」=コールズ社長、「鼻を折られた男」=マッケインの2人を捕えることに協力します。

コールズ社長は、誘拐された後に倉庫に拉致されて、イスに座った状態でマッケインと背中合わせに縛られていました。コールズは必死にもがいてイスの背もたれを外すことに成功し、同時にロープをほどいて、見張り役だった「縛られていた男」を捕え、脱出を図ったのです。

それに気付いた「ジャケットの男」=ワズとマッケインが争いになり、ワズと同じく誘拐犯の一味だった手錠の男が、2階への通路でコールズともみ合いになりました。コールズが、「手錠の男」に手錠を括りつけて動きを抑え込んだ時に、マッケインと争っていたワズの銃が暴発し、手錠の男に命中していたのです。

そこで、手錠の男と争っていたコールズが棚の上にあったボンベにぶつかり、床に落ちたボンベから薬品が放出され、5人はそのまま気を失い、目覚めた時には記憶を失っていたのでした。

こうして誘拐犯の一味だったワズも、誘拐された側のコールズとマッケインも、「これまでに倉庫内で起きた出来事」を思い出しましたが、全ての記憶を取り戻したわけではなく、つい先ほどまで協力して誘拐犯に立ち向かおうとした想いもまた、強く残っていました。

しかしワズはコールズとマッケインに銃を突きつけ、死んだ手錠の男と縛られていた男を埋めようとしていた、倉庫の外の穴へと連れて行きます。スネークスキンは最初から、金を手に入れた後は人質を始末するつもりで、ワズに始末を命じたのです。

コールズとマッケインは「俺たちを撃つのか?」とワズに呼びかけますが、ワズは「仕方ないんだ」と銃を降ろしません。ワズの持っていたライターは、娘のエリンから誕生日プレゼントとしてもらったものでしたが、そのエリンは病気で亡くなり、今は妻とも別れてしまっていました。

まだ全ての記憶を取り戻せていないワズは、自分が家族を失って人生に絶望したことから、幼馴染みだった「手錠の男」のつてを頼って、誘拐犯のグループに入ったのだと考えていたのです。

その時、誘拐犯の1人が車の中で、警察の無線を傍受していました。無線では、刑事たちが倉庫に向かっているという連絡をしており、もうひとつ重要な情報を伝えていました。麻薬組織を追っている潜入捜査官も、倉庫の現場にいるはずだという情報でした。

それを聞いたスネークスキンは、後から組織に加わったワズが、潜入捜査官に違いないと気付きます。スネークスキンは部下を引き連れ、コールズとマッケインを撃とうとしていたワズを取り囲みます。そしてワズも、警官の制服を着ていた、若き日の自分の姿を思い出します。

ワズが実は警官だったと気付いたマッケインは、隙を突いて、穴を埋めるためのスコップを持って、スネークスキンに飛びかかります。コールズは2人が争う間に、その場を走り去ります。しかしスネークスキンも反撃し、マッケインを銃で撃ち殺します。ワズはスネークスキンともみ合いになりますが、死体を埋める穴に落ちたところで、銃を突きつけられてしまいます。

そこに、先に逃げていたかと思ったコールズが戻って来て、スネークスキンに銃で止めを刺します。こうして、マッケインの犠牲で命を救われたワズとコールズは、駆け付けた警官たちに無事に保護され、連絡を受けたコールズの妻も倉庫にやって来ます。

コールズは妻と固く抱き合い、無事を確かめ合います。その様子を見ていたワズの頭の中に、新しい記憶が蘇って来ました。コールズの妻・エリザは、ワズと不倫関係にあったのです。そして、資産家である夫と別れるために、ワズとエリザがこの誘拐計画を立案したのでした。スネークスキンの誘拐計画にワズが参加したのではなく、ワズがスネークスキンに誘拐を持ち掛けていたのです。

そしてワズは、初めてエリザと出会った日のことを思い出します。バーで1人で飲んでいたワズの元に、エリザの方から話しかけてきたのです。その様子は、明らかに自分を誘っているようでした。本当の「主犯」が誰かを思い出したワズは、その記憶を封印するかのように、静かに目を閉じるのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「unknown アンノウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×