「動物」映画一覧

動物タグのついている映画は、動物を出演者としており、人間との交流を通して、感動するストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ひつじ村の兄弟」「ハッピー フィート」「ひつじのショーン スペシャル~いたづらラマがやってきた!~」などがあります。

わんわん物語(2019)の紹介:2019年公開のウォルト・ディズニー・スタジオ製作の作品。1955年公開の『わんわん物語』の実写リメイク作品であり、主人公とヒロインの犬に実際の犬を起用して製作された。ディズニーが展開する動画ストリーミングサービス『Disney+』オリジナル作品として製作され、サービス開始と同時に配信が開始された。監督はチャーリー・ビーン。(商品画像はリメイク前の原作。) ネタバレを読む
シャーク・キラーの紹介:犯罪組織が奪ったダイヤが、凶暴なホホジロザメに飲み込まれてしまった!”シャークキラー”の異名を取る男が、サメの腹からダイヤを取り出す使命を受けるのだが・・・という物語で、主演のデレク・テーラーは、この作品のあとマーベル・ユニバースのTVドラマで主要キャストの1人に抜擢されています。 ネタバレを読む
映画:アナコンダvs.殺人クロコダイル
アナコンダvs.殺人クロコダイルの紹介:遺伝子操作された巨大なアナコンダと、野生動物保護区から逃げ出した獰猛なワニが、平和な町の人々を襲う!という作品で、CGで描かれたアナコンダとアニの凶暴さを描いています。原題は「Lake Placid vs. Anaconda」で、「U.M.A. レイク・プラシッド」シリーズの5作目に当たります。 ネタバレを読む
映画:テンタクルズ
テンタクルズの紹介:1977年に制作されたアメリカとイタリアの合作映画で、タイトルにもある「テンタクルズ」はタコやイカといった触手を意味する言葉となっています。「ジョーズ」の大ヒットを受けて作られるようになった動物パニック映画の1つです。そのためか「ジョーズ」の影響を受けたと思われるシーンがいくつか見られます。さらに本作にはジョン・ヒューストンやシェリー・ウィンタース、ヘンリー・フォンダなどベテランの俳優が多数出演しています。 ネタバレを読む
映画:ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。
ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。の紹介:藤原知之監督によって2018年に公開された作品で、和歌山県太地町にある「くじらの博物館」を舞台にした映画です。集客が減り、従業員も辞めていくクジラの展示施設で、クジラを愛する主人公がリーダーに就任し、東京からやって来た飼育員とくじらの博物館を盛り立てていくストーリーとなっています。劇中では武田梨奈ら主要キャストがクジラとともに実際のショーを披露しています。 ネタバレを読む
映画:僕のワンダフルジャーニー
僕のワンダフル・ジャーニーの紹介:2019年9月13日公開のアメリカ映画。最愛の飼い主と再会するために50年で3回生まれ変わったイヌと人間との絆を描いた『僕のワンダフル・ライフ』の続編。飼い主との幸せな日々を過ごしていたイヌのベイリーが、孫娘を守ってほしいという新たな使命を与えられ、また何度も生まれ変わる。ビーグル種のミックス、ヨークシャー・テリアなど大小さまざまな種類のイヌたちが登場する。 ネタバレを読む
映画:さらばバルデス
さらばバルデスの紹介:ジョン・スタージェス監督、チャールズ・ブロンソン主演の西部劇。リー・ホフマンの小説を映画化した作品で、荒野で一人馬を育て暮らす男の闘いを描いていく。1973年イタリア・スペイン・フランス・アメリカ合作。 ネタバレを読む
映画:ジャックは一体何をした?
ジャックは一体何をした?の紹介:2020年公開作品。『ワイルド・アット・ハート』『ストレイト・ストーリー』などで知られ、「カルトの帝王」とも呼ばれる巨匠デヴィッド・リンチが自身の誕生日に突然Netflix上で公開した作品として話題となった。デヴィッド・リンチ自身が刑事役を演じている。本作は全編白黒映像で製作されている。 ネタバレを読む
映画:プレデターズ エヴォリューション
プレデターズ エヴォリューションの紹介:2010年に公開されたフランスのホラー映画です。タイトルに「プレデターズ」とついてはいますが、あの「プレデター」とは一切関係がありません。そもそも原題は「La traque」なので「プレデター」要素は入っていないのです。つまり日本で公開される際、「プレデターズ」とまるでパチモン映画のようなタイトルをつけられたということです。なのでモンスターは出てこず、凶暴化したイノシシが登場する映画となっています。 ネタバレを読む
映画:ベラのワンダフルホーム
ベラのワンダフル・ホームの紹介:2019年11月8日公開のアメリカ映画。「僕のワンダフル・ライフ」の原作者W・ブルース・キャメロンによる小説を「アメリカン・グラフィティ」のチャールズ・マーティン・スミス監督が映画化した動物ドラマ。家から600km離れた場所で迷子になった犬のベラは、家族の元に帰るため冒険の旅に出る。 ネタバレを読む
映画:メリダとおそろしの森
メリダとおそろしの森の紹介:2012年公開。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ配給、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のアニメーション映画作品である。ピクサー作品では初めて女性が主人公となり、ディズニープリンセスがヒロインの立場となっている。監督を務めたのは『Mr.インクレディブル』のストーリー監修などで知られるマーク・アンドリュースと、ドリームワークス作品『プリンス・オブ・エジプト』の監督で知られるブレンダ・チャップマン。 ネタバレを読む
映画:ライオンキング(2019年実写)
ライオン・キング(2019年実写)の奇跡の紹介:2019年製作のアメリカ映画。第67回アカデミー賞で最優秀主題歌賞など2部門に輝き、ミュージカル版もロングランヒットを記録する、ディズニーの不朽の名作アニメを最先端のVR技術を駆使して映画化。父を亡くした子ライオン、シンバが自らの運命に立ち向かっていく様が描かれる。 ネタバレを読む
映画:スチュアートリトル2
スチュアート・リトル2の紹介:2002年に公開されたアメリカのファミリー映画です。「スチュアート・リトルシリーズ」の第2弾にあたり、コンピューターグラフィックスがふんだんに用いられています。前作でリトル家の家族の一員となったスチュアートが、新しい友達のために奮闘するストーリーになっており、ちょっとした恋愛要素も含まれています。監督は前作と同じロブ・ミンコフ氏が務めており、主人公スチュアートの声もマイケル・J・フォックス氏が担当しています。 ネタバレを読む
映画:スチュアートリトル
スチュアート・リトルの紹介:1999年に公開されたアメリカのファミリー映画です。E・B・ホワイト氏の同盟小説を映画化したもので、動物たちはコンピューターアニメーションでリアルに描かれています。脚本を手がけているのは「シックス・センス」でお馴染みのM・ナイト・シャマラン氏です。さらに主人公のスチュアート・リトルの声を担当しているのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公を演じたマイケル・J・フォックス氏です。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×