「動物」映画一覧

動物タグのついている映画は、動物を出演者としており、人間との交流を通して、感動するストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ひつじ村の兄弟」「ハッピー フィート」「ひつじのショーン スペシャル~いたづらラマがやってきた!~」などがあります。

映画:ライオンキング(1994年)スペシャルエディション

ライオン・キング(1994年)の紹介:1994年公開のアメリカ映画。「美女と野獣(1991)」「アラジン」と、90年代に入り、第二の黄金期を迎えたディズニー・プロの32本目の長編アニメーション。アフリカの壮大な自然を舞台に、若きライオンの王子シンバの成長と闘いを描く。シェイクスピアの戯曲『ハムレット』にインスパイアされた物語と、総勢600人から成る製作チームが、4年の歳月を費やした映像が見どころ。

ネタバレを読む
映画:ミッドナイトスネーク絡み合う毒牙

ミッドナイト・スネーク 絡み合う毒牙の紹介:昆虫採集のため渓谷を訪れた若い夫婦がテントの中で毒蛇と対峙する姿を描いていく。2017年ロサンゼルス映画祭ではナイトフォール部門の作品賞を受賞した。2017年南アフリカ・アメリカ合作。

ネタバレを読む
映画:殺人蜂キラービー

殺人蜂 キラー・ビーの紹介:2006年に公開された日本の昆虫パニックホラー映画です。「仮面ライダーキバ」で過去偏のクイーン真夜を演じた加賀美早紀氏が主演を務めています。他にも上野未来氏や鈴木葉月氏といった若手女優兼グラビアアイドルたちがこぞって出演しています。ファッションモデルやグラビアアイドルがメインを務めているのも本作の特徴だと言えるでしょう。ストーリーはガールズスカウトのキャンプに行った先で、殺人蜂の大群に襲われるというものです。

ネタバレを読む
映画:ハッド

ハッドの紹介:ラリー・マクマートリーの小説を映画化した作品で、崩壊していく牧場一家の悲しい姿を描いていく。監督は「長く熱い夜」、「ノーマ・レイ」を手掛けたマーティン・リット、自由気ままに生きる主人公をポール・ニューマンが好演した。第36回アカデミー賞では、主演女優賞(パトリシア・ニール)、助演男優賞(メルヴィン・ダグラス)、撮影賞 (白黒)を受賞した。1963年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:帰ってきたウサギとカメ新たなる挑戦

帰ってきたウサギとカメ 新たなる挑戦の紹介:2008年にアメリカで制作されたアニメ映画です。本作は「セサミストリート」を生み出したことで知られるジム・ヘンソン・カンパニーと、「ジャンゴ 繋がれざる者」という名作を作ったワイン・スタイン・カンパニーがコラボした作品となります。イソップ童話の「ウサギとカメ」を現代風にアレンジした内容になっており、親子2代に渡っての対決が描かれています。家族愛や友情などを描いた心温まるストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:ウタモノガタリCINEMAFIGHTERSproject「カナリア」

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「カナリア」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『トイレのピエタ』の松永大司。公開は2018年、作品原案曲はEXILE TAKAHIROの『Canaria』。

ネタバレを読む
映画:グーグーだって猫である

グーグーだって猫であるの紹介:2008年製作のハートウォーミングドラマ。少女漫画家の大島弓子による同名エッセイを原案に、吉祥寺に暮らす天才漫画家と愛猫グーグーの生活を描いていく。大島弓子の大ファンの犬童一心監督がメガホンを取り、主演は小泉今日子が務めた。

ネタバレを読む
映画:ウイラード(1971年)

ウイラード(1971年)の紹介:気弱な青年が唯一の友であったはずのネズミを使って横暴な雇主に復讐を果たす、1971年に公開されたアメリカの動物パニック映画。原作はスティーヴン・ギルバートの小説「ネズミ男の手帖」。監督は「電撃フリントGO!GO作戦」ダニエル・マン、脚本はギルバート・ラルストン。主演は「いちご白書」のブルース・デイヴィソン。ネズミの大群の襲撃シーンが話題となり、続編「ベン」が制作され大ヒットとなった。

ネタバレを読む
映画:猫は抱くもの

猫は抱くものの紹介:2018年6月23日公開の日本映画。大山淳子の同名小説を、沢尻エリカと吉沢亮共演で犬童一心が映画化。スーパーで働く元アイドルのアラサー女性、沙織は、日々の出来事をロシアンブルーの猫・良男に打ち明けていた。やがて良男は、自分が人間で、沙織の恋人だと思い込むようになり…。

ネタバレを読む
映画:青い犬

青い犬の紹介:2018年のフランスの短編映画。第9回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル選出作で、監督はジェレミー・トルイとファニー・リアタール。主人公の息子役に『太陽のめざめ』のロッド・パラド。強迫性障害のために外に出られず、家の中を青色に染めている父。そんな父を思う息子は、偶然出会った少女に触発されある行動に出る。

ネタバレを読む
映画:ドクタードリトル

ドクター・ドリトルの紹介:ヒュー・ロフティング氏原作の児童文学「ドリトル先生」をベースにした作品です。ですが「ジョン・ドリトル」という名前と「動物と会話ができる」という設定だけが同じで、それ以外は映画オリジナルのものとなっています。原作ではヴィクトリア朝のイギリスが舞台だったのに対して、本作ではアメリカのサンフランシスコが舞台となっています。舞台だけでなく時代設定も異なっており、映画が公開された1990年代風にアレンジされているのが特徴的です。

ネタバレを読む
映画:犬のおまわりさん 手のひらワンコ3D

犬のおまわりさん 手のひらワンコ3Dの紹介:2011年の公開作。『ねこばん3D とび出すにゃんこ』の有馬顕監督をはじめ、数々の動物映画を手掛けて来たチームが作り上げた心温まるドラマ。ある日交番に迷子の子犬が届けられる。法改正により子犬は交番では預かれずに保健所へ行くことになったが、引き取手がなければ1週間で処分されてしまう…。それを知った新米おまわりの愛沢は、自宅へ子犬を連れ帰るのだが…。

ネタバレを読む
映画:キミとボク

キミとボクの紹介:2011年公開の中編映画。原作は2001年に発表されたマルチクリエイターやまがらしげとの実体験をもとに制作されたFLASHアニメーション作品。web上で絶大な人気を得て、書籍化ののち実写映画化された。ひとりの青年とアメリカンショートヘアの銀王号が共に過ごした10年間をあたたかに描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。