「元気になる」映画一覧(3ページ目)

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

映画:釣りバカ日誌13ハマちゃん危機一髪!
釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!の紹介:2002年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第15作(レギュラーシリーズ第13作)。富山の雄大な山海の自然美を背景に、美術館建設を巡る義理人情&恋愛騒動が展開。 ネタバレを読む
映画:恋のしずく
恋のしずくの紹介:川栄李奈の映画初主演作品で、瀬木直貴監督によって2018年に劇場公開された作品です。広島にある日本酒の酒蔵を舞台に、東京の大学から実習生としてやってきた女子大学生が酒造りを学びながら成長していくストーリーとなっています。日本酒づくりの工程や心構えに加え、そこで暮らす人々との交流が丁寧に描かれた作品です。また本作は2018年に急逝した大杉連さんが最後に出演した作品でもあります。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌12史上最大の有給休暇
釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇の紹介:2001年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第14作(レギュラーシリーズ第12作)。今作から題名の数字部分を日本語読みするようになった。また、副題が付いた。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌11イレブン
釣りバカ日誌イレブンの紹介:2000年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第13作(レギュラーシリーズ第11作)。監督は「てなもんや商社 萬福貿易会社」の本木克英。やまさき十三と北見けんいちによる原作コミックを下敷きに、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の山田洋次と朝間義隆が共同で脚本を執筆。撮影を「あ、春」の長沼六男が担当している。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の西田敏行と「虹の岬」の三國連太郎。ゲストスターとして、「ゴジラ 2000ミレニアム」の村田雄浩、「おあずけ」の桜井幸子、「お受験」の余貴美子が出演している。 ネタバレを読む
映画:笑う招き猫
笑う招き猫の紹介:山本幸久による同名小説を映画化した作品で、飯塚健が監督をつとめ2017年に公開された作品です。大学時代から友人同士だった女性漫才コンビにスポットを当てたコメディ作品で、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」のボケ担当、松井玲奈演じる本田アカコとツッコミ担当の清水富美加演じる高城ヒトミが、さまざまなことに巻き込まれながら漫才師として成長していく様子が描かれています。また映画の公開に合わせてドラマ作品も制作されています。 ネタバレを読む
映画:帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic
帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epicの紹介:2011年リリースの「天装戦隊ゴセイジャー」のオリジナルビデオで、最終回後のストーリーを描いています。スーパー戦隊Vシネマの「帰ってきたシリーズ」の第2弾でもあり、ゴセイジャーが国民的アイドルになるという変わった設定を採用しています。時系列としてはゴセイジャーの最終回後から「海賊戦隊ゴーカイジャー」におけるレジェンド大戦の間の出来事となります。 ネタバレを読む
映画:キングダム
キングダムの紹介:2019年4月19日公開の日本映画。週刊ヤングジャンプに連載中の原泰久の人気コミックを壮大なスケールで実写映画化した戦記ドラマ。春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年と中華統一を目指す王という2人の男が織りなす運命の物語が描かれる。山﨑賢人が大将軍を目指す青年・信を、吉沢亮が信の親友と弟への復讐を誓う元王の2役を演じる。 ネタバレを読む
映画:ノーライフキング
ノーライフキングの紹介:子供たちの噂が世間を動かしていた80年代末。呪われたテレビゲームに挑み、懸命に生きようとする子供たちの日常を描いた1989年公開の日本映画。原作はポップカルチャーの元祖いとうせいこうの同名処女小説。監督は「タンスにゴン」など強烈なインパクトCMの生みの親でもあり「BU・SU」「病院で死ぬということ」で知られる市川準。脚本は「櫻の園」「シャニダールの花」のじんのひろあき。ミュージシャン、クリエーターなどが出演し、無機質で独特な世界観を醸している。 ネタバレを読む
映画:月極オトコトモダチ
月極オトコトモダチの紹介:2019年6月8日公開の日本映画。男女の友情をテーマにしたラブコメディ。30歳を目前にしたWEBマガジン編集者の那沙は“レンタル友達”を生業とする柳瀬と出会い、連載企画のために契約する。ある日、風邪で倒れた那沙の看病にアパートを訪れた柳瀬は、ルームメイトの珠希と急接近するが…。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌3
釣りバカ日誌3の紹介:1990年公開の日本映画。グータラ社員とワンマン社長という異色釣り馬鹿コンビの友情をユーモラスに描いたやまさき十三、北見けんいち原作の同名漫画の映画化第三弾。脚本は山田洋次と堀本卓。監督は栗山富夫。撮影は安田浩助と、前作「釣りバカ日誌2」と同じスタッフがそれぞれ担当。 ネタバレを読む
映画:ミュウツーの逆襲EVOLUTION
ミュウツーの逆襲EVOLUTIONの紹介:2019年7月12日公開の日本アニメーション映画。「ポケットモンスター」の劇場版第1作目をフル3DCGでリメイクしたアニメーション。オリジナル版の監督である湯山邦彦と数々のCGアニメを手掛けてきた榊原幹典が監督を務める。幻のポケモンの化石から生み出され、兵器として扱われたことから人間への憎悪を募らせてきたポケモン・ミュウツーが巻き起こす騒動を描く。 ネタバレを読む
映画:バトルクリークブロー
バトルクリーク・ブローの紹介:1980年に制作されたアクション映画で、香港とアメリカの合作となります。言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏の主演作です。ジャッキー氏にとっては初となるアメリカ映画主演作となっており、1930年代のシカゴやテキサスなどを舞台としています。ちなみにジャッキー氏の自伝において、監督とソリが合わず、自分らしさをまったく出すことができなかったと語られています。 ネタバレを読む
映画:地上最大のショウ
地上最大のショウの紹介:セシル・B・デミル監督によるサーカス団の豪華絢爛なショーを描いたドラマ映画。実在したサーカス団、リングリング・ブラザースをモデルにしており、チャールトン・ヘストンがサーカスを束ねる座長を演じた。主役の座を巡る争い、団員同士の三角関係、サーカス団の危機など、様々な物語を描いていく。第25回アカデミー賞では、作品賞と原案賞に輝いた。1952年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:世界は今日から君のもの
世界は今日から君のものの紹介:尾崎将也監督・脚本で2017年に公開された作品で、門脇麦が主演をつとめています。引きこもりの女性が仕事を通して自分の才能を見つけ、苦悩しながら成長していく物語となっており、他人とのコミュニケーションが苦手な主人公が徐々に変化していく様子が垣間見られる作品です。映画の主題歌には藤原さくらの「1995」が起用され、軽やかなメロディで作品を締めくくってくれます。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×