「元気になる」映画一覧(3ページ目)

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

映画:愛と喝采の日々

愛と喝采の日々の紹介:シャーリー・マクレーン、アン・バンクロフト主演のヒューマンドラマ。かつてバレリーナとして活躍していた女性が、当時のライバルとの再会を通じて葛藤し、成長する姿を描く。第35回ゴールデン・グローブ賞では、作品賞 (ドラマ部門)と監督賞に輝いた。1977年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の紹介:2018年12月28日公開の日本映画。難病で車いす生活を強いられながらも、力強い生き様で多くの人々に影響を与えた実在の人物、鹿野靖明さんを、大泉洋が演じるヒューマンドラマ。難病・筋ジストロフィーで、人の助けがないと生きていけないのに病院を飛び出して自立生活を始めた鹿野。そんな彼に振り回されながらも、出会いを機に変わっていく人々の物語が描かれる。

ネタバレを読む
映画:ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーの紹介:1978年に公開された「ジャッカー電撃隊」と「秘密戦隊ゴレンジャー」のクロスオーバー作品です。メインはジャッカー電撃隊で、ゴレンジャーで変身前が登場するのはペギー松山だけです。ただしアオレンジャーとキレンジャーはオリジナルキャストが声を担当しており、アカレンジャーとミドレンジャーはテレビシリーズのバンクを再利用しています。ちなみに死神博士役の天本英世氏、地獄大使役の潮健児氏、プロフェッサー・ギル役の安藤三男氏など、特撮の名だたる悪役俳優が、本作の敵を演じています。

ネタバレを読む
映画:亀、走る

亀、走るの紹介:韓国の田舎町。賞金首の脱獄犯にへし折られたプライドを取り戻そうと、サエない中年刑事が奮闘する2009年公開の人情クライム・アクション映画。監督/脚本は「僕らの青春白書」のイ・ヨヌ。主演は「チェイサー」「ファイ~悪魔に育てられた少年」のキム・ユンソク。犯人役は「悪魔は闇に蠢く」「ローラーコースター!」のチョン・ギョンホ。

ネタバレを読む
映画:ワーキングガール

ワーキング・ガールの紹介:「卒業」のマイク・ニコルズ監督によるロマンティックコメディ。証券会社で秘書として働く女性が上司を見返そうと奮闘し、年上の証券マンと恋に落ちていく姿を描いていく。第61回アカデミー賞では歌曲賞を、第46回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)、助演女優賞を受賞した。1988年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕の紹介:2010年に制作されたオリジナルビデオ作品です。テレビシリーズ終了後に発売されたものですが、続編ではなく番外編に当たります。テレビ放送が終わった後に単独のオリジナルビデオが発売されたのは、本作が初めてです。時代劇や西部劇、学園物やSFなどの要素が盛り込まれているのが特徴的で、本編では味わえない内容になっています。さらに血祭ドウコク役の声優である西凜太朗氏と骨のシタリ役の声優であるチョー氏が、友情出演として顔出しで登場しています。

ネタバレを読む
映画:侍戦隊シンケンジャー銀幕版天下分け目の戦

侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦の紹介:2009年に公開された「侍戦隊シンケンジャー」の劇場版です。本作限定のオリジナルキャラクターとして、初代シンケンレッドこと志葉烈堂、クサレ外道衆の脂目マンプクが登場します。志葉烈堂は合田雅吏氏、脂目マンプクの声は大和田伸也氏が演じています。テレビシリーズの日下部彦馬役の伊吹吾郎氏と同じく、彼らは水戸黄門の格さんを演じていることでも知られており、ある意味夢の共演と言えそうです。なお本作のクサレ外道衆や恐竜折神は、後にテレビシリーズにも登場しています。

ネタバレを読む
映画:快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en filmの紹介:2018年に公開された日本の特撮映画です。本作は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の初の単独映画となります。テレビシリーズに先駆け、元木聖也氏は高尾ノエル役に本作で初めて挑んでいます。そのためキャラの組み立てに関してはノエル初登場回の加藤弘之監督が務め、本作の杉原輝昭監督も衣装合わせや脚本読みに立ち会ったそうです。なおゲストキャラであるエルロック・ショルメはココリコの田中直樹氏が演じています。

ネタバレを読む
映画:ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-

ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-の紹介:2010年に公開された日本の映画で、2004年公開の「ゼブラーマン」の続編となります。ゼブラーマンが姿を消してから15年後の2025年が舞台となっており、ゼブラクイーンというキャラクターが登場します。作中で披露されている「NAMIDA〜ココロアバイテ〜」は実際にリリースされており、ゼブラクイーン役の仲里依紗氏が歌っています。なお本作ではスタントマンを使わず、哀川翔氏がアクションをすべて演じているそうです。

ネタバレを読む
映画:ヒア アフター

ヒア アフターの紹介:2010年のアメリカ映画。監督はクリント・イーストウッド、製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。出演はマット・デイモンとセシル・ドゥ・フランス。死後の世界にとらわれる3人の登場人物の苦悩と解放を描いている。日本公開は2011年。

ネタバレを読む
映画:レッドドラゴン新怒りの鉄拳

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳の紹介:1976年に公開されたアクション映画で、原題は「新精武門」です。ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編と銘打たれていますが、前作を見ていなくても楽しめる作りになっています。主演は大人気カンフースターのジャッキー・チェンで、本作は再デビュー作となります。オリジナル版と日本版の2種類があり、後者は30分近くシーンがカットされています。この記事で紹介しているストーリーは日本版のものであるため、オリジナル版とは多少ストーリー展開が異なります。

ネタバレを読む
映画:ディリリとパリの時間旅行

ディリリとパリの時間旅行の紹介:2019年公開のフランス・ドイツ・ベルギー合作映画。第44回セザール賞アニメーション映画賞受賞作品。脚本・監督は「キリクと魔女」などで知られるミッシェル・オスロ。新海誠の実娘である新津ちせと斎藤工が日本語吹き替えを担当したことでも話題になっている。

ネタバレを読む
映画:マーダーオブキャット

マーダー・オブ・キャットの紹介:いい歳をして母親離れ出来ないニートな青年が、「唯一の親友」だった飼い猫を殺されたことから、「猫殺し」の犯人を捜すため奔走する!という物語で、猫を殺した犯人を探しつつ成長していく主人公を描いたコメディ・ドラマです。監督のジリアン・グリーンは、本作の製作を担当している「死霊のはらわた」「スパイダーマン」などの監督サム・ライミの奥様で、これが監督デビュー作になります。

ネタバレを読む
映画:麻雀放浪記2020

麻雀放浪記2020の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。真田広之主演で映画化されたこともある阿佐田哲也のベストセラー小説を、『孤狼の血』の白石和彌監督が大胆に映像化したコメディ。1945年から2020年にタイムスリップした天才ギャンブラーの青年が、麻雀を武器に激動の時代を生き抜く姿を描く。映画監督としても活躍する斎藤工が主人公の坊や哲を怪演し、ふんどし姿も披露する。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。