「時代劇」映画一覧(10ページ目)

時代劇タグのついている映画は、刀を指した侍や、剣を装備した戦士が出演者の作品が多くなっています。また、バタバタと悪を切り伏せるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「銀魂」「眠狂四郎シリーズ」「300〈スリーハンドレッド〉」などがあります。

ドラキュラZEROの紹介:2014年公開のアメリカ映画。ゲイリー・ショア監督が、アイルランド人の小説家ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』に基づき、ドラキュラの起源とされる15世紀に実在した人物ヴラド・ドラキュラをモデルに描いたアクション。

ネタバレを読む

武士の一分の紹介:2006年制作の日本映画。山田洋次監督による、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、藤沢周平・原作の時代劇三部作の最終作にあたる。SMAPの木村拓哉が初めて時代劇に挑戦した作品でもある。

ネタバレを読む

椿三十郎(2007年)の紹介:2007年公開の日本映画。山本周五郎の小説『日日平安』を原作とし1962年に黒澤明が手掛けた映画『椿三十郎』のリメイク作品。前述の脚本を一切加筆修正せずそのまま使用し、森田芳光が監督を務めた。

ネタバレを読む

写楽の紹介:1995年公開の日本映画。寛政6年から7年にかけて突如として浮世絵界に現れ、約140種の役者絵と相撲絵を残して消えた、謎の浮世絵師・写楽の正体に迫るドラマを、写楽研究家として知られるフランキー堺が企画総指揮および脚色を手掛けた。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む

劇場版 猫侍の紹介:2014年公開の日本映画。東名阪ネット6が中心の制作『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』等に次ぐ動物ドラマシリーズの第10弾。シリーズでは初の時代劇。設定はテレビドラマ版と同じだが内容は大きく異なる。

ネタバレを読む

るろうに剣心の紹介:2012年公開の日本映画。和月伸宏の人気コミックを実写化。シリーズ第2作『るろうに剣心 京都大火編』、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』が前後編の2部作として2014年8月、9月に連続公開される予定である。

ネタバレを読む

雨あがるの紹介:2000年公開の日本映画。98年に逝去した黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューした小泉堯史が監督を務め、山本周五郎による短編をもとに黒澤明が脚本を手がけた(遺稿)。謙虚な武士とそれを陰から支える妻の絆を描いた作品。

ネタバレを読む

硫黄島からの手紙の紹介:2006年公開のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』につづく、第二次世界大戦においての硫黄島での戦いを、日米双方の立場から描いた「硫黄島プロジェクト」の、日本側の視点からの作品である。

ネタバレを読む

眠狂四郎悪女狩りの紹介:1969年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の12作目。雷蔵はこの年の7月に世を去ったので、雷蔵主演の狂四郎シリーズはこれで完結となる。今作品は、世間を騒がせる偽狂四郎に本物の狂四郎が立ち向かうという話。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。