「刑事/探偵」映画一覧(2ページ目)

刑事/探偵タグのついている映画は、凄腕の刑事や頭脳明晰な探偵を出演者とした作品や、派手な銃撃戦や難解な事件を推理して解決していくストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイ・ハード」「名探偵コナンシリーズ」「シャーロック・ホームズ」などがあります。

映画:弾丸刑事怒りの奪還

弾丸刑事 怒りの奪還の紹介:2014年に公開されたアクション映画です。「マチェーテ」のダニー・トレホ氏が主演を務め、悪のボスを演じるのは「ブレイキング・バッド」のジョナサン・バンクス氏です。他にも実力派のキャスト陣が数多く出演しています。監督は「ゾンビ・アルカトラズ」のニック・ライオン氏です。孫を人質に取られた凄腕刑事が、犯罪組織のボスに立ち向かうというストーリーで、ドンパチが繰り広げられるのも本作の魅力だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ダブルビジョン(2002年)

ダブル・ビジョン(2002年)の紹介:台湾で発生した道教にまつわる連続猟奇殺人事件を地元刑事とFBI捜査官が追う2002年制作の台湾/米/香港合作のホラー・サスペンス。製作/監督/脚本は「唐山大地震」のチェン・クォフー。地元刑事を「愛人/ラマン」のレオン・カーフェイ、FBI捜査官を「グリーンマイル」のデヴィッド・モースが演じている。

ネタバレを読む
映画:デッドオアラン

デッド・オア・ランの紹介:2016年に公開されたアクション映画です。本作の主演は、フォーブス誌でコスパーフォーマンスの良い俳優1位に選ばれたことのあるヴィンス・ヴォーン氏が努めています。原作はA・J・リーバーマン氏とニック・ソーンバロウ氏のグラフィックノベル「Term Life」となります。命を狙われることになった親子の逃走劇を描いており、WOWOWで放送されたときは「二重逃亡」というタイトルが使われました。

ネタバレを読む
映画:2ガンズ

2ガンズの紹介:2013年に公開されたアメリカのアクションコメディ映画です。ティーブン・グラントのグラフィックノベルを原作としており、メインを務めるのはデンゼル・ワシントン氏とマーク・ウォールバーグ氏です。この2人のバディものとなっており、様々な勢力の陰謀に巻き込まれ、ドンパチを繰り広げるといった内容です。原作を元にした映画ではありますが、設定や内容は微妙に異なっているため、コミック版を読んだ方も楽しめることでしょう。

ネタバレを読む
映画:デスウィッシュ

デス・ウィッシュの紹介:2018年10月19日公開のアメリカ映画。かつてチャールズ・ブロンソン主演で映画化された『狼よさらば』を、イーライ・ロス監督&ブルース・ウィリス主演でリメイクしたサスペンス・アクション。救急救命医として人命救助に当たる外科医が、妻を殺し、娘を昏睡状態に陥れた犯人に復讐するため、銃を手に取る…。主人公が銃の扱い方をYouTubeで学んだり、現代的な要素が盛り込まれている。

ネタバレを読む
映画:検察側の罪人

検察側の罪人の紹介:2018年8月24日公開の日本映画。『犯人に告ぐ』の雫井脩介による同名小説を木村拓哉&二宮和也主演で映画化した社会派ミステリー。都内で起きた殺人事件の捜査を巡って、かつての未解決殺人事件の重要参考人である男を執拗に追い詰めるエリート検事・最上と、その捜査方針に疑問を抱く若手検事・沖野が激突。2人が葛藤しながら、“正義とは何か?”を問う…。

ネタバレを読む
映画:張り込みプラス

張り込みプラスの紹介:1993年製作のアメリカのアクションコメディ映画。1987年製作の「張り込み」の続編で、主演はリチャード・ドレイファス、エミリオ・エステヴェスが続投し、新たな仲間としてロージー・オドネルが加わった。前作で脱獄囚事件を解決したクリスとビルの刑事コンビが女性検事補とともにある夫婦の張り込みを行う。

ネタバレを読む
映画:張り込み(1987年)

張り込み(1987年)の紹介:1987年製作のアメリカのクライムコメディ。監督は「サタデー・ナイト・フィーバー」で知られるジョン・バダムが務め、リチャード・ドレイファス、エミリオ・エステヴェスが主人公の刑事コンビを好演した。監視対象の脱獄犯の恋人の女性に恋をしてしまう刑事の姿を描いていく。アメリカ探偵作家クラブ主催のエドガー賞では映画部門の作品賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:サウンドオブサイレンス

サウンド・オブ・サイレンスの紹介:精神科医の主人公と多重人格を演じている少女をメインとしたサスペンス調の映画です。アンドリュー・クラヴァンが書いた小説「秘密の友人」を原作としています。このアンドリュー・クラヴァンは、全米探偵作家協会賞を2回も受賞しているほどの実力派作家です。その作家が書いたサスペンス調の小説を原作としているだけあって、全体的に緊迫感が漂っています。ちなみにこの映画の原題は「DON’T SAY A WORD」です。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー香港国際警察

ポリス・ストーリー/香港国際警察の紹介:言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェンが監督や脚本、主演に武術指導を兼任した作品です。ジャッキー・チェンの代表的な作品として知られており、1985年に第1作目が公開されて以降、様々な続編やスピンオフが制作されるほどの人気を誇っています。ちなみに本作には英語版や香港版、日本版といくつかのバージョンがあり、ストーリーはほぼ一緒ですが、細かいシーンが異なっています。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー

ポリス・ストーリー3の紹介:カンフースターのジャッキー・チェンとアクション女優のミシェール・キング(現在はミシェール・ヨー)がタッグを組んだ映画です。ジャッキーに負けず劣らずなミシェールのアクションを堪能できます。この作品でもジャッキーお馴染みのスタントなしのアクションが展開されます。特にヘリコプターに命綱なしでぶら下がるシーンは、ジャッキー映画の中でも危険な部類のアクションだと言えるでしょう。なお本作から吹き替えではなく、ジャッキー自身が自らの声を担当しています。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー2九龍の眼

ポリス・ストーリー2/九龍の眼の紹介:「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の続編です。前作と物語は続いていますが、本作だけでも十分楽しめる作りになっています。前作の敵も登場しますが、本作における敵は別の人物となっています。ちなみに日本公開時には「ポリス・ストーリー」というタイトルはついておらず、「九龍の眼」として公開されていました。廉価版ビデオを再発売する際、今のタイトルに変更され、「ポリス・ストーリー」の続編として日本でも有名になっています。

ネタバレを読む
映画:スノーマン雪闇の殺人鬼

スノーマン 雪闇の殺人鬼の紹介:ノルウェーの人気作家ジョー・ネスボのベストセラー「刑事ハリー・ホーレ」シリーズ第7作「スノーマン」の映画化作品。真冬のオスロで、酔いどれのハリー警部が現場に雪だるまを残す連続猟奇殺人鬼を追う、2016年制作の米/英/スウェーデン合作のホラー・サスペンス。監督は「裏切りのサーカス」「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。主演は「HUNGER/ハンガー(2008年)」「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。