「ほのぼの」映画一覧(2ページ目)

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

生理ちゃんの紹介:2019年11月8日公開の日本映画。生理痛の原因をキャラクター化し第23回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した小山健によるコミックを映画化。女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く青子の元にも、人生を半ば諦めSNSで毒のある投稿を続けるりほの元にも、容赦なく生理ちゃんがやってきて……。生理ちゃんに振り回されながらも仕事に恋に奮闘する青子を「翔んで埼玉」の二階堂ふみが、清掃のバイトをするりほをオムニバス「21世紀の女の子」内の一篇「projection」の伊藤沙莉が演じる。 ネタバレを読む
映画:マシュマロ×ぺいん
マシュマロ×ぺいんの紹介:2013年に制作された短編映画です。「カメラを止めるな!」で話題となった上田慎一郎の妻、ふくだみゆきが監督と脚本を務めています。もちろん夫である上田慎一郎も撮影と編集のスタッフとして参加しています。本作はふくだみゆきにとっては初の実写映画作品となります。そのうえ映画製作団体「PANPOKOPINA」に所属してからは初となる監督作でもあります。ちなみに内容は子供には見せられないラブコメとなっています。 ネタバレを読む
映画:最期の星
最期の星の紹介:2017年に制作された短編映画です。今注目されている若手女優の小川紗良が高校時代の実体験を基にして、早稲田在学在学中に手掛けた作品となります。早稲田大学映像制作実習2017として作られた短編映画で、小川紗良は監督の他、脚本や編集も兼任しています。さらに早稲田大学で教鞭を取る「そして父になる」や「万引き家族」で知られる是枝裕和監督が監修を担当しています。なお本作は宮沢賢治の「シグナルとシグナレス」を引用しています。 ネタバレを読む
映画:Genius Party:夢みるキカイ
Genius Party:夢みるキカイの紹介:2007年に制作された短編アニメ映画です。監督は「マインド・ゲーム」や「夜は短し歩けよ乙女」で有名な湯浅政明で、脚本や絵コンテ、キャラクターデザイン、作画監督も兼任しています。アニメーションスタジオのSTUDIO 4℃が制作したオムニバスアニメ映画「ジーニアス・パーティ (Genius Party)」の1つとしてまとめられた作品でもあり、シュールな世界観が見どころとなります。 ネタバレを読む
映画:恋とさよならとハワイ
恋とさよならとハワイの紹介:まつむらしんご監督・脚本で2017年に公開された作品で、同棲しているカップルの別れをテーマとした恋愛作品になっています。不器用な主人公・深町リンコ役を綾乃彩が演じ、彼女は本作が映画初主演となります。主題歌と劇中歌はシンガーソングライターのYeYeが担当しているほか、本作は第20回 上海国際映画祭 アジア新人賞部門での脚本賞、撮影賞を受賞をはじめ、多くの映画祭に出品されています。 ネタバレを読む
ザ・シンプソンズ MOVIEの紹介:2007年に公開された作品。アメリカで放送されている人気長寿テレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』の初の劇場用長編作品。テレビシリーズでの過激なギャグや風刺的な内容はそのままに、テレビシリーズよりも壮大な物語が展開され、シンプソン一家を中心に、彼らが暮らす街「スプリング・フィールド」が大きな事件に巻き込まれていく。 ネタバレを読む
わんわん物語(2019)の紹介:2019年公開のウォルト・ディズニー・スタジオ製作の作品。1955年公開の『わんわん物語』の実写リメイク作品であり、主人公とヒロインの犬に実際の犬を起用して製作された。ディズニーが展開する動画ストリーミングサービス『Disney+』オリジナル作品として製作され、サービス開始と同時に配信が開始された。監督はチャーリー・ビーン。(商品画像はリメイク前の原作。) ネタバレを読む
ジョジョ・ラビットの紹介:2019年公開の作品。第二次世界大戦中のドイツを舞台に、ナチスに忠誠を誓う少年ジョジョがユダヤ人少女と出会い思想に変化が訪れる様をコメディタッチに描いた作品。監督を務めたのは『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の監督として一躍知名度を上げたタイカ・ワイティティ。主人公のジョジョを演じたのは12歳のローマン・グリフィン・デイヴィス。その他、スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェルなど著名な役者が出演している。監督であるタイカ自身も、ジョジョのイマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーを演じている。 ネタバレを読む
映画:感染家族
感染家族の紹介:2019年8月16日公開の韓国映画。「殺人者の記憶法」のキム・ナムギルが出演したコメディタッチのゾンビ映画。田舎のガソリンスタンドで暮らすパク一家。ある日、彼らの前にゾンビが出現し、噛まれた父親が若返る事態が発生。これをきっかけに、ゾンビを使った若返りビジネスを始めるが……。 ネタバレを読む
映画:Peeping Life -WE ARE THE HERO-
Peeping Life -WE ARE THE HERO-の紹介:2014年に公開された作品。独特のゆるい雰囲気が特徴の人気アニメ『Peeping Life』シリーズの内、手塚プロとタツノコプロとのコラボシリーズ『手塚プロ・タツノコプロワンダープロ』の劇場版作品である。手塚プロの人気キャラとタツノコプロの人気キャラがPeeping Lifeの世界観でマイぺースな会話を繰り広げる。 ネタバレを読む
映画:引っ越し大名
引っ越し大名!の紹介:2019年8月30日公開の日本映画。「超高速!参勤交代」シリーズを手掛けた土橋章宏による時代小説「引っ越し大名三千里」を映画化。姫路藩の藩主が幕府から国替えを言い渡され、その“引っ越し奉行”に任命された書庫番が、一世一代の大プロジェクトに挑む。監督は『のぼうの城』の犬童一心。人と接するのが苦手な引きこもりの姫路藩書庫番・片桐春之介を星野源が演じ、高橋一生や高畑充希など実力派が脇を固める。 ネタバレを読む
映画:スプリング、ハズ、カム
スプリング、ハズ、カムの紹介:吉野竜平監督・脚本で2017年に公開された作品で、主演は柳家喬太郎と石井杏奈がダブル主演をつとめています。広島から上京するために部屋探しにやって来た娘と父の姿を描いたロードムービーとなっており、東京でのささやかな2人旅を通じて親子の絆が深まっていく様子が描かれています。本作はクラウドファンディングによる支援も受けて制作されているほか、主題歌には東京カランコロンの「ひなげし」が使用されています。 ネタバレを読む
映画:くまのプーさん(2011)
くまのプーさん(2011)の紹介:2011年に公開された作品。ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品として製作された。世界的に愛されるディズニーのキャラクターであるくまのプーさんの長編映画シリーズの作品。くまのプーさん長編作品としては約6年振りの作品となる。今作は2Dアニメーション作品として製作されており、2020年現在でディズニーが製作した最後の長編2Dアニメーション作品となっている。監督を務めたのはスティーブン・アンダーソンとドン・ホ ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌20ファイナル
釣りバカ日誌20 ファイナルの紹介:2009年公開の日本映画。ハマちゃん&スーさんコンビでおなじみの、22年に及ぶ国民的人気シリーズがついに完結。シリーズ初の北海道ロケを敢行し、物語のファイナルを涙と笑いで盛り上げる!『釣りバカ日誌シリーズ』第22作(レギュラーシリーズ第20作)であり、シリーズ最終作である。佐々木課長役の谷啓は本作公開後の2010年に事故により急逝したため、これが遺作となった。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×