「ほのぼの」映画一覧(3ページ目)

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

映画:リスの汽車ごっこ
リスの汽車ごっこの紹介:1951年にウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した作品。『リスの汽車ごっこ』というタイトルでありながら、ドナルド・ダッグが主人公のシリーズ第101作品目にあたる作品。監督を務めたのは、ドナルド・ダッグシリーズを多く監督しているジャック・ハンナ。日本ではディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌9
釣りバカ日誌9の紹介:1997年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第10作(レギュラーシリーズ第9作)。監督は「釣りバカ日誌8」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男」の西田敏行と「釣りバカ日誌8」の三國連太郎。ゲストとして「あぶない刑事リターンズ」の小林稔侍と「恋と花火と観覧車」の風吹ジュンが出演している。 ネタバレを読む
映画:花のお江戸の釣りバカ日誌
花のお江戸の釣りバカ日誌の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第12作(特別編第2作)。現代の建設会社を描いたシリーズ本編とは違い、幕末の江戸と庄内藩を舞台として登場人物の先祖(ナレーションの説明では末裔)が物語を繰り広げ、終盤に現在の浜崎と鈴木のみ登場する。 ネタバレを読む
映画:プルートのおつかい
プルートのおつかいの紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって・公開製作された作品。ミッキー・マウスの愛犬であるプルートが主人公のシリーズ第30作目にあたる作品である。プルートのライバル犬であるブッチが登場する。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、シリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌8
釣りバカ日誌8の紹介:1996年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第9作(レギュラーシリーズ第8作)。監督は「釣りバカ日誌S」以外の全作を手掛ける栗山富夫。主演はシリーズの顔・西田敏行と三國連太郎で、「Shall We ダンス?」の柄本明と、「居酒屋ゆうれい」の室井滋の個性派ふたりがゲストとして出演している。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのスキー教室
グーフィーのスキー教室の紹介:1941年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第5作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたジャック・キニ―。グーフィーたちがバスケットボールをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:ミッキーの愛犬
ミッキーの愛犬の紹介:1939年公開。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。ミッキーマウスシリーズの第104作目にあたる作品となる。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めているビル・ロバーツ。ミッキーの生みの親であるウォルト・ディズニーが自らミッキーの声を演じている。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌7
釣りバカ日誌7の紹介:1994年公開の日本映画。おなじみ日本一の釣りバカコンビの活躍を描くシリーズ第8作(レギュラーシリーズ第7作)。やまさき十三・作、北見けんいち・画の同名漫画(「ビッグコミック・スペリオール」連載、小学館・刊)をもとに、栗山富夫が監督。脚本は山田洋次、高橋正圀、関根俊夫の共同、撮影は安田浩助が担当。本作からみち子役が石田えりから浅田美代子に変更。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌6
釣りバカ日誌6の紹介:1993年公開の日本映画。「釣りバカ日誌」シリーズ六作目。講演会で岩手県・釜石にやってきた浜ちゃんが、社長に間違われ、珍騒動が持ち上がるというもの。マドンナ役は『キャッツ』などのミュージカルで活躍してきた舞台女優の久野綾希子。その娘役に喜多嶋舞が抜擢された。 ネタバレを読む
映画:ドナルドのダンス大好き
ドナルドのダンス大好きの紹介:1940年公開のウォルト・ディズニー・プロダクション制作の作品。ドナルド・ダックが主人公のシリーズとしては第22作品目となる。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、数多くのディズニーアニメーション作品の監督を務めたジャック・キング。ディズニーの動画配信サービス「ディズニー・デラックス」にて鑑賞することができる。今作に登場するドナルド、デイジー、甥っ子三兄弟の全ての声をクラレンス・ナッシュが一人で演じている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーの猛獣狩り
ミッキーの猛獣狩りの紹介:1937年公開。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。ミッキーマウスシリーズの第93作目にあたる作品となる。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めているベン・シャープスティーン。ミッキーの生みの親であるウォルト・ディズニーが自らミッキーの声を演じている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーのポロゲーム
ミッキーのポロゲームの紹介:1936年に公開された作品。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。ミッキーマウスシリーズの第80作目にあたる作品となる。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めているデイヴィッド・ハンド。チャップリンやハーポ・マルクスなど、実在する人物が登場しているのが特徴の作品である。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌4
釣りバカ日誌4の紹介:1991年製作の日本映画。釣りバカ・コンビ浜ちゃんとスーさんの奮闘を描いた、やまさき十三、北見けんいち原作の同名コミックの映画化第4作で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎の告白」の山田洋次と堀本卓、関根俊夫の共同執筆。監督は前作と同じく栗山富夫。撮影は同作の安田浩助がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。