「ほのぼの」映画一覧(3ページ目)

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

映画:ミッキーのドキドキ汽車旅行

ミッキーのドキドキ汽車旅行:1940年に公開された作品。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していた「ピーターパン」「眠れる森の美女」「101匹わんちゃん」などでも監督を務めたクライド・ジェロミニ。ミッキーの声はウォルト・ディズニーが自ら担当している。

ネタバレを読む
映画:ミッキーのダンスパーティー

ミッキーのダンスパーティーの紹介:1947年に公開された、ミッキーマウスシリーズの第114弾の作品。ミッキーマウスの生みの親であり、長年に渡って自らミッキーマウスの声を担当していたウォルト・ディズニーが出演した最後の作品となった。監督を務めたのは、プルートが主人公のシリーズを始めとした、ディズニー作品の監督を多く担当していたチャールズ・オーガスト・ニコルズ。

ネタバレを読む
映画:ドナルドのめざまし時計

ドナルドのめざまし時計の紹介:1941年公開のウォルト・ディズニー・カンパニーによる短編映画作品。ドナルド・ダッグが主人公であるシリーズとしては第30作品目となる。ウォルト・ディズニー本人が製作総指揮を担当し、監督を務めたのは、ディズニー・カンパニー所属で数多くのディズニー短編映画の監督を務めたジャック・キング。日本ではドナルド・ダッグ短編集のDVDソフトに収録された後、現在はディズニーDXにて配信されている。

ネタバレを読む
映画:ユキの異常な体質 / または僕はどれほどお金がほしいか

ユキの異常な体質 / または僕はどれほどお金がほしいかの紹介:2017年に公開された短編映画です。アジア最大の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のプロジェクト「ブックショート」にて、第2回の大賞に選ばれた「ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金がほしいか」という短編小説を映像化した作品となります。雪女をテーマにした作品で、お笑い芸人の鳥居みゆきさんが雪女役を演じています。

ネタバレを読む
映画:リトルフォレスト春夏秋冬

リトル・フォレスト 春夏秋冬の紹介:2018年5月17日公開の韓国映画。橋本愛主演で映画化された五十嵐大介の人気コミックを韓国で再映画化。思い通りにならない人生をリセットするため、故郷に戻ったヘウォン。旧友のジェハ、ウンスクとともに、自ら農作物を育て、料理を作る暮らしを始めた彼女は、やがて新たな一歩を踏み出す…。

ネタバレを読む
映画:今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2019年6月28日公開の日本映画。嫌がる娘への毎日のキャラ弁作りをブログにつづり、エッセイ化されるやシリーズ累計20万部を突破した親子の物語を、篠原涼子主演で映画化。東京の八丈島を舞台に、反抗期の娘へのキャラ弁作りに勤しむシングルマザーと、完食することで抵抗を続ける娘との高校生活3年間の物語が描かれる。反抗期の娘を芳根京子が演じる。

ネタバレを読む
映画:未来のカケラ

未来のカケラの紹介:2006年に公開された短編映画です。「未来へススモーション!! 新しい東北」の一環として制作された映画で、これは「わたしたちのふるさと、10年先の物語」を題材に募集した作文を映画化するというキャンペーンとなります。最優秀作品に選ばれたのは小学5年生岩間壮太氏の作文「震災から4年と半年(感謝を忘れない)」です。この作文を原作に映画化したものが本作で、なんとアジア最大の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」がプロデュースに関わっています。

ネタバレを読む
映画:憑依

憑依の紹介:2005年にリリースされた「恐怖のシネマ館」シリーズ第3作。取り憑いた者を次々と自殺に追い込む何かに取り憑かれた女性たちの悲劇を描く「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨監督による「憑依」、自殺した元カレの悪霊につきまとわれる恐怖を描く長崎みなみ監督による「自縛霊」の2本収録。

ネタバレを読む
映画:陽なたのアオシグレ

陽なたのアオシグレの紹介:2013年に公開された短編アニメーション映画で、スタジオコロリドが制作しています。「フミコの告白」という自主制作作品で注目を浴びた石田祐康監督が手掛けており、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品にも選ばれています。さらに石田氏にとっては本作が初監督劇場作品となります。なお本作は日野市を舞台とした物語であるため、作中には日野駅やE233系電車などが登場しています。

ネタバレを読む
映画:ペット2

ペット2の紹介:2019年製作のアメリカ映画。人間のペットとして暮らす動物たちの知られざる姿を描き、人気を博したユーモラスなアニメの続編。新たな環境に戸惑う飼い主大好きなテリアのマックス、マックスからお気に入りのおもちゃを預かったギジェット、スーパーヒーローに憧れるウサギのスノーボールら、ユニークなキャラクターたちが騒動を巻き起こす。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋近づく編

怪談新耳袋 -近づく編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第3弾。「発狂する唇」の佐々木浩久、「渋谷怪談」の堀江慶などの監督陣が参加、筧利夫の「現場調書」、田中要次の「狐風呂」、津田寛治の「頼んだで」、螢雪次朗の「手形」など7本を収録。

ネタバレを読む
映画:スチュアートリトル2

スチュアート・リトル2の紹介:2002年に公開されたアメリカのファミリー映画です。「スチュアート・リトルシリーズ」の第2弾にあたり、コンピューターグラフィックスがふんだんに用いられています。前作でリトル家の家族の一員となったスチュアートが、新しい友達のために奮闘するストーリーになっており、ちょっとした恋愛要素も含まれています。監督は前作と同じロブ・ミンコフ氏が務めており、主人公スチュアートの声もマイケル・J・フォックス氏が担当しています。

ネタバレを読む
映画:モンスターVSエイリアン

モンスターVSエイリアンの紹介:2009年に公開された3Dアニメーション映画です。ドリームワークス制作の映画で、コミカルなヒーローものとなっています。SF映画をパロった要素も多いため、知っている人はニヤリとできるかもしれません。本作の内容は突如として巨大化してしまった主人公がモンスターたちと共に、地球侵略を目論むエイリアンと戦うといったものになっています。個性の強いモンスターも多いため、怪物好きにもオススメです。

ネタバレを読む
映画:プリンス&プリンセス

プリンス&プリンセスの紹介:「キリクと魔女」などで知られるフランスのアニメーション監督ミッシェル・オスロが手がけた全6話のオムニバス作品。影絵の手法を用いて、プリンスとプリンセスのロマンティックなおとぎ話を展開している。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。