「感動/泣ける」映画一覧(2ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:空海

空海の紹介:1984年製作の時代劇ドラマ。真言宗を開いた空海の人生を佐藤純彌監督、北大路欣也主演で映画化した大作。空海の劇的な人生を描いた物語だけでなく、豪華なロケ撮影や特撮による映像も話題を呼び、興行収入で大成功を収めた。

ネタバレを読む
映画:帰ってきたウサギとカメ新たなる挑戦

帰ってきたウサギとカメ 新たなる挑戦の紹介:2008年にアメリカで制作されたアニメ映画です。本作は「セサミストリート」を生み出したことで知られるジム・ヘンソン・カンパニーと、「ジャンゴ 繋がれざる者」という名作を作ったワイン・スタイン・カンパニーがコラボした作品となります。イソップ童話の「ウサギとカメ」を現代風にアレンジした内容になっており、親子2代に渡っての対決が描かれています。家族愛や友情などを描いた心温まるストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:狼チャイルド

狼チャイルドの紹介:狼男の子と母親、それを守る看護師の苦悩を描いた仏/ブラジル合作2017年制作のホラー・ファンタジー。原題は「As Boas Maneiras/GOOD MANNERS」。監督/脚本はジュリアナ・ホハス、マルコ・ドゥトラ。母親役をブラジルの実力派女優で歌手のマルジョリエ・エスチアーノが演じている。日本ではシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018で公開された。

ネタバレを読む
映画:踊る大走査線THE MOVIE湾岸所史上最悪の3日間!

踊る大走査線 THE MOVIE 湾岸所史上最悪の3日間!の紹介:1998年公開。1997年にフジテレビ系列で放送された連続テレビドラマシリーズの映画化作品。邦画年間興行収入1位を記録し、2019年現在でも歴代実写邦画興行収入ランキング3位にランクインしている。ドラマシリーズの雰囲気そのままに、より壮大な物語を描いている。本作での演技で、いかりや長介は日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している。

ネタバレを読む
映画:長いお別れ

長いお別れの紹介:厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々を、ユーモアを交えながらあたたかに描く。2019年の公開作で、監督・脚本は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。小説家中島京子が、自身の父との実体験を基に綴った同名小説が原作。オリジナル脚本にこだわってきた中野監督が、初めて小説を映像化した。

ネタバレを読む
映画:つるかめのように

つるかめのようにの紹介:2009年に制作された短編映画。手塚悟監督作品。短編映画ながら家族の絆を描いた感動的な作品。大林宣彦監督はこの作品を見て「生涯でベストの映画だ」発言したほど、評価が高い作品。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編コンペティション部門入選、西東京市民映画祭2009 観客グランプリ賞、ふかやインディーズフィルムフェスティバル2009 大林宣彦賞受賞。

ネタバレを読む
映画:最低。

最低。の紹介:2017年11月25日公開。セクシー女優界でカリスマ的人気を誇る紗倉まなが執筆して、話題を呼んだ小説「最低。」を初めて映像化した作品。監督には、「ヘヴンズ・ストーリー」「64-ロクヨンー」で監督を務めた鬼才・瀬々敬久監督が抜擢された。主人公の女性3人を演じるのは、グラビアアイドルで、「フィギュアなあなた」「マリアの乳房」では女優としても高い評価を受けた佐々木心音、女優のみならず舞台演出も手掛ける森口綾乃、今作で本格的に女優としての活動を始めた山田愛奈。

ネタバレを読む
映画:赤ひげ

赤ひげの紹介:1965年製作の黒澤明監督によるヒューマンドラマ。山本周五郎による小説「赤ひげ診療譚」で、江戸時代を舞台に、社会の貧困と無知に苦しむ庶民のために力を尽くす赤ひげの医師と、長崎帰りの新米医師の交流を描いていく。この作品の名演で三船敏郎は第26回ヴェネチア国際映画祭で二度目の男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:七人の侍

七人の侍の紹介:1954年に製作された黒澤明監督による時代劇の名作。野武士たちの略奪に怯える百姓たちを守る七人の侍の姿を描いていく。作品は海外でも高い評価を受け、その後アメリカで二度リメイクされた(「荒野の七人」、「マグニフィセント・セブン」)。第15回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作品。

ネタバレを読む
映画:小さな恋のうた

小さな恋のうたの紹介:2019年公開。日本の著名な3ピース・ロックバンドMONGOL800の代表曲「小さな恋のうた」を題材として、彼らの出身地である沖縄県を舞台に、高校の軽音部に所属するバンドの物語を描く。撮影も実際に沖縄で行われた。監督は橋本光二郎。この物語の世界観では現代を舞台としているが、MONGOL800が存在していない世界となっており、MONGOL800の楽曲は主人公たちのバンドが生み出した楽曲として扱われている。主人公たちが演奏する楽曲の他にも、MONGOL800の多くの楽曲がBGMとして挿入されており、メンバー3人もカメオ出演している。

ネタバレを読む
映画:クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしの紹介:2019年公開。国民的テレビアニメシリーズの「クレヨンしんちゃん」の第27作品目となる劇場用映画作品である。主人公しんのすけの声を、前作までの矢島晶子に代わり、小林由美子が担当している初めての映画作品となる。監督は、今作でシリーズ4度目の登板となった橋本昌和。ゲスト声優として、女優の木南晴夏、芸人の小島よしお、タレントのぺこ&りゅうちぇるが参加している。また、主題歌はあいみょんの「ハルノヒ」。

ネタバレを読む
映画:イルポスティーノ

イル・ポスティーノの紹介:1994年制作のイタリア映画。1950年代のイタリアの小さな島を舞台に、チリから亡命してきた実在の詩人パブロ・ネルーダと、素朴な郵便配達員の青年の交流を描いている。本作で珠玉の演技を見せたマッシモ・トロイージは、撮影を終えてから12時間後に心臓病で他界した。日本公開は1996年。

ネタバレを読む
映画:決断の3時10分

決断の3時10分の紹介:1957年製作のアメリカの西部劇ドラマ。原作はエルモア・レナードの短編小説「Three-Ten to Yuma」で、悪党を3時10分発ユマ行きの列車まで護送する仕事を引き受けた牧場主の姿を描いていく。2007年にはラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール主演でリメイクされた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。