「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:天気の子

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:透明人間(2018)

透明人間(2018)の紹介:2018年公開。アニメーションスタジオとして誕生した「スタジオポノック」のプロジェクト「ちいさな英雄」による
作品。「カニーニとカニーノ」、「サムライエッグ」と共に「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間~」として劇場公開された作品である。監督を務めたのは、巨匠宮崎駿の下で「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」などの製作において中核を担った山下明彦。これが自身初のオリジナル短編映画作品となる。透明人間の声優を務めたのは俳優のオダギリジョー。

ネタバレを読む
映画:しゃぼん玉

しゃぼん玉の紹介:乃南アサの原作小説を東伸児監督が映画化して2017年に公開された作品で、林遣都が主演をつとめています。犯罪を繰り返して逃亡していた若者が宮崎県にあるのどかな村へとたどり着き、そこに暮らす人々との交流を通して人生を見つめ直し生まれ変わっていく様子が描かれています。主題歌には秦基博の「アイ」がアコースティックバージョンで起用されているほか、劇中でキーとなる役割を演じた市原悦子の遺作となった作品でもあります。

ネタバレを読む
映画:アンジェラ

アンジェラの紹介:「レオン」「フィフス・エレメント」のリュック・ベンソンが、「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりにメガホンを取った、2005年の監督作です。見栄えもこれまでの人生も冴えないダメ男の元へ、突然現れた美女。彼女はダメ男をを助けるために孤軍奮闘し始めるのだが、彼女の正体は、その目的は・・・?という物語です。全編モノクロームの映像が美しく、ファンタジックな作品の雰囲気にマッチしています。

ネタバレを読む
映画:ラストソルジャー

ラスト・ソルジャーの紹介:2010年に公開された中国と香港の合作映画です。世界的カンフースターのジャッキー・チェン氏が主演を務めている作品で、なんと構想は20年にも及びます。中国で公開されたジャッキー映画の中では最高の興行収入を得ており、ヒット作と言っても過言ではないでしょう。物語の舞台となるのは紀元前227年の中国の戦国時代で、非常にシリアスな作風となっています。時代背景を知っていれば、より楽しめるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:散り椿

散り椿の紹介:2018年9月28日公開の日本映画。直木賞作家・葉室麟の時代小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。妻の願いを叶えるために故郷へ戻った男が、不正をただすための戦いに挑む姿が描かれる。カメラマンとして数々の名作を手がけてきた名匠・木村大作が3度目の監督業に挑戦。『蜩ノ記』などでメガホンを握った小泉堯史が脚本を務める。

ネタバレを読む
映画:超巨大ハリケーンカテゴリー5

超巨大ハリケーン カテゴリー5の紹介:2014年に公開されたディザスターパニック映画です。2005年にアメリカに上陸したハリケーン・カトリーナに着想を得て制作された映画で、家族の絆が描かれています。冒頭では実際の嵐の映像が挿入されたりと、ハリケーンの描写は大迫力なものになっています。さらにエンディングには実際にハリケーン・カトリーナに遭遇した人々のインタビュー映像が流れており、その被害の度合いを知ることができます。

ネタバレを読む
映画:スプリング春へ

スプリング-春への紹介:1985年のイラン映画。国際映画祭で輝かしい受賞歴があるアボルファズル・ジャリリ監督の長編2作目。終戦終結への願いを込めて製作された今作では、ファジル国際映画祭審査員特別賞、新人賞を受賞した。イラン・イラク戦争の最中。住んでいた町を軍隊に占拠され森へ逃げて来た少年と、森番をしている老人との交流をカスピ海近くの美しい風景と共に描く。

ネタバレを読む
映画:君の膵臓を食べたい(2018)

君の膵臓を食べたい(2018)の紹介:2018年公開。住野よる著の小説「君の膵臓を食べたい」の2度目の映画化作品であり、初の劇場用長編アニメーション作品でもある。本作のアニメーション映画化の計画は原作小説単行本発売前から指導しており、アニプレックスのプロデューサーが双葉社から送られてきたサンプル版の書籍を読んで、すぐにアニメ映画化を決定した。監督・脚本は牛嶋新一朗。また、原作者の住野よるも脚本に参加しており、牛嶋との共同クレジットとなっている。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー1号

仮面ライダー1号の紹介:2016年に公開された特撮映画です。「仮面ライダーシリーズ」の生誕45周年を記念した作品で、初代仮面ライダーを演じた藤岡弘、が本郷猛として主演を務めています。藤岡氏が仮面ライダーの劇場版で主演を務めるのは、1972年の「仮面ライダー対じごく大使」から実に44年ぶりです。2016年当時69歳だった藤岡氏は子供の夢を壊さないため筋トレに励み、がっしりとした体格で映画撮影に臨んだそうです。

ネタバレを読む
映画:ウィルペニー

ウィル・ペニーの紹介:チャールトン・ヘストン主演の西部劇。1960年代にサム・ペキンパーが手掛けたテレビドラマの「Line Camp」というエピソードを映画化した作品で、老いたカウボーイが初めて人間らしい暮らしを体験し、恋心に目覚める姿を描く。1967年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:オリーブの林をぬけて

オリーブの林をぬけての紹介:1994年のイラン映画。『友だちのうちはどこ?』『そして人生はつづく』と続いた巨匠アッバス・キアロスタミ監督の“ジグザグ三部作”の最終篇。『そして人生はつづく』で新婚役を演じた青年が、実際はフラれていたと知ったキアロスタミが、彼らを主役に据えて珠玉の恋物語を作りあげた。一途で純粋な青年の想いを綴ったラブストーリー。

ネタバレを読む
映画:チューリップフィーバー肖像画に秘めた愛

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛の紹介:2015年製作のアメリカ&イギリス合作映画。作家デボラ・モガーがフェルメールの絵画から着想を得た小説を映画化。チューリップへの投機が盛んだった17世紀のオランダ。孤児だったソフィアは成人すると、有力な商人コルネリスに嫁ぐ。ある日、夫が肖像画を描かせようと若手画家ヤンを家に招くが…。

ネタバレを読む
映画:四十七人の刺客

四十七人の刺客の紹介:1994年製作の市川崑監督による時代劇ドラマ。池宮彰一郎の同名小説を映画化した作品で、忠臣蔵の物語を独自の切り口で描いていく。主人公である大石内蔵助を高倉健が、赤穂浪士を対立する米沢藩の色部又四郎を中井貴一が熱演した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。