「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:ラブレス(2017年)

ラブレス(2017年)の紹介:2017年製作のロシア&フランス&ドイツ&ベルギー合作映画。第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いたロシア発の人間ドラマ。お互いに新たなパートナーとの生活を決め、離婚間近の夫婦が突然の息子の失踪を機に自らを見つめ直す姿を描く。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2014

オキナワノコワイハナシ2014の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2014年夏放送分。事故死した親友の切なる想いを叶えんと奮闘する「チエコの霊」、無人島に流れ着いた猟師の怪異譚「ヲナリ」、沖縄の魔物キジムナーの逸話「キジムン島」の3作品。

ネタバレを読む
映画:ミルク

ミルクの紹介:2008年のアメリカ映画。ゲイの権利活動家で、TIME誌上で「20世紀の100人の英雄」に選ばれたハーヴィー・ミルクの生涯を描いた作品。主演は本作で2度目のアカデミー主演男優賞を受賞したショーン・ペン。日本公開は2009年。

ネタバレを読む
映画:時間回廊の殺人

時間回廊の殺人の紹介:夫と息子殺害の罪で投獄された女が、25年後、現場となったその家に戻り、さらわれた息子を探し、真実を知るという2017年公開の韓国のミステリー。監督は「ホラー・ストーリーズ」のイム・デウン、脚本は「プリースト 悪魔を葬る者」のチャン・ジェヒョン。「シュリ」「セブンデイズ」で知られる主演のキム・ユンジンが25年の年齢差を演じ話題となった。

ネタバレを読む
映画:殺人者の記憶法

殺人者の記憶法の紹介:かつて連続殺人犯だった男が認知症となり、あやふやな記憶の中で新たな連続殺人犯と対峙するという2017年公開の韓国のクライム・サスペンス。原作はキム・ヨンハの同名ベストセラー小説。監督は「セブンデイズ」「鬘 かつら」のウォン・シニョン。主演は「力道山」「シルミド」などの見事な役作りで知られるソル・ギョング。娘役を人気ガールズグループAOAのキム・ソリョン、謎の男を人気若手俳優キム・ナムギルが演じている。

ネタバレを読む
映画:かあちゃん

かあちゃんの紹介:2001年に製作された人情時代劇ドラマ。山本周五郎の同名小説を市川崑監督が岸惠子主演で映画化、貧困の中でも人を思いやる心を忘れないある家族の物語を描いていく。第25回モントリオール世界映画祭では、特別功労賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:シービスケット

シービスケットの紹介:2003年制作のアメリカ映画。監督・脚本は「オーシャンズ8」などで知られるゲイリー・ロス。主演はトビー・マグワイア。ローラ・ヒレンブランドの同名小説を基に、伝説の競走馬シービスケットと男たちの物語を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:ブランカとギター弾き

ブランカとギター弾きの紹介:2015年のイタリア・フィリピン・日本合作のヒューマンドラマ。ストリートチルドレンの少女と盲目のギター弾きの数日間の日々を描いていく。第72回ヴェネツィア国際映画祭では、ソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ビニー信じる男

ビニー/信じる男の紹介:2016年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。不幸な交通事故から復活を遂げ、世界タイトルを手にしたボクサー、ビニー・パジェンサの実話を映画した作品で、「セッション」のマイルズ・テラーが主演を務めた。主人公を支える名コーチをアーロン・エッカートが好演している。

ネタバレを読む
映画:今夜ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場での紹介:2018年2月10日公開の日本映画。モノクロ映画の中から現実世界へと飛び出したヒロインと、彼女に恋する映画監督志望の青年の淡い恋を描く、綾瀬はるか主演のロマンティックなラブストーリー。思いを寄せるが、人のぬくもりに触れると消えてしまうヒロインを前に困惑する青年を坂口健太郎が演じる。

ネタバレを読む
映画:マクファーランド 栄光への疾走

マクファーランド 栄光への疾走の紹介:2015年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。1987年にヒスパニック中心の生徒からなるチームがクロスカントリー州大会で優勝した実話を基に、人種を越えたコーチと生徒の交流を描いていく。第24回ハートランド国際映画祭Truly Moving Picture Award受賞作品。

ネタバレを読む
映画:Snowman

Snowmanの紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『東京喰種 トーキョーグール』で長編監督デビューした萩原健太郎。製作は2017年、作品原案曲はE-girlsの『Mr.Snowman』。

ネタバレを読む
映画:ホテルルワンダ

ホテル・ルワンダの紹介:2004年制作のイギリス、イタリア、南アフリカ共和国の合作映画。監督・脚本はテリー・ジョージ。実際に起きたフツ族によるツチ族の大虐殺「ルワンダ虐殺」を基に、1200人以上の命を救ったホテルの副支配人の姿を描く。日本公開は2006年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。