「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:プーと大人になった僕

プーと大人になった僕の紹介:2018年公開。世界的に有名なディズニーの作品「くまのプーさん」」を実写映画化して話題となった作品。監督はマーク・フォスター。主人公クリストファー・ロビン役に、「スター・ウォーズ」「美女と野獣」などで知られているユアン・マクレガーを起用し、クリストファー・ロビンが、妻子を持ち仕事に追われる大人として登場。プーやその仲間たちと再会する物語が描かれる。

ネタバレを読む
映画:映画けいおん!

映画けいおん!の紹介:2011年公開。社会現象まで巻き起こしたテレビアニメシリーズの映画化作品。京都アニメーション制作。山田尚子監督作品。テレビアニメ第2期の中の番外編エピソード「計画!」の後日談にあたるストーリーとなり、桜高軽音部のお馴染みの5人がロンドンへ旅行へ行く模様を描く。また、日本以外にも香港、オーストラリア、スコットランド等でも封切りされ、話題を呼んだ。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2016

オキナワノコワイハナシ2016の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2016年夏放送分。連続殺人を追う刑事の奇怪な体験を描く江口カン監督の「デンパ」、霊能力がある事で仲違いした女子高生らを描いたKAZ監督の「サーダカー」、50年代の沖縄で実際に行われた教育制度により悲運に見舞われた姉妹を描いた名嘉真崇介監督の「方言札」の3作品。

ネタバレを読む
映画:スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2019年公開。サム・ライミ監督「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、ジョン・ワッツ監督のMCU版シリーズと、これまで数多くの実写映画化シリーズが制作されてきたスパイダーマンの初めての劇場用長編アニメーション作品となる作品であり、これまでの作品とは異なり、原作では2代目スパイダーマンとして知られているマイルズ・モラレスを主人公に据え、その他にもお馴染みピーター・パーカーや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヒロインであり、原作ではスパイダーマンの能力を持って登場するスパイダー・グウェンことグウェン・ステイシー、スパイダー・ハムなど、様々なスパイダーマンが集結する作品。

ネタバレを読む
映画:アクアマン

アクアマンの紹介:2018年本国公開、2019年日本公開。スーパーマンやバットマンが登場することで知られる「ジャスティス・リーグ」などの、共通の世界観を持つ「DCエクステンデッド・ユニバース」の第6作目の作品であり、アクアマンの初単独作品である。「SAW」や「死霊館」といったホラー・スリラーシリーズを多く手がけてきたジェームズ・ワンを監督に迎えた作品であり、DCエクステンデッド・ユニバースに組み込まれていながらも、独立性の高い作品となっており、今作のヒットの影響で、DCは独立性の高い作品を生み出していく方針を固めた。

ネタバレを読む
映画:ウォーリー

ウォーリーの紹介:2008年公開。ディズニー・スタジオ配給・ピクサー・アニメーション・スタジオ制作の全編CGアニメ映画。アンドリュー・スタントン監督作品。人類が地球からいなくなった後の地球を舞台に、地球中に散らばっているゴミを収集して集めるお掃除ロボット「ウォーリー」と、宇宙からやってくるロボット「イヴ」の物語を描く。第81回アカデミー賞:長編アニメーション映画部門受賞作品。

ネタバレを読む
映画:青い犬

青い犬の紹介:2018年のフランスの短編映画。第9回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル選出作で、監督はジェレミー・トルイとファニー・リアタール。主人公の息子役に『太陽のめざめ』のロッド・パラド。強迫性障害のために外に出られず、家の中を青色に染めている父。そんな父を思う息子は、偶然出会った少女に触発されある行動に出る。

ネタバレを読む
映画:SPIRIT

SPIRITの紹介:清代末期の時代にいた実在の武術家、霍元甲を描いたカンフー映画です。ただし人物の設定を借りているだけで、ノンフィクション映画ではありません。ストーリーそのものは史実をベースにしているわけではなく、映画オリジナルのものとなっています。ですがいくつか史実にまつわるエピソードが挿入されています。霍元甲の孫にあたる人物が名誉棄損だと訴えたという話もありますが、「この映画はフィクションです」と銘打たれていることから、何の問題もないとされたそうです。

ネタバレを読む
映画:劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナルカウントダウン

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンの紹介:仮面ライダー電王の映画第3弾です。「電王シリーズ」の完結編に位置づけられている作品で、後の「超・電王シリーズ」に繋がる一つの区切りになっています。この映画を最後に、佐藤健氏は「電王シリーズ」を卒業しています。さらに本作初登場となる仮面ライダーが二人も登場し、主役交代を予感させる要素が多いのも一つの特徴となっています。なお本作では野上幸太郎役の桜田通氏が主演という扱いで、佐藤健氏は特別出演という位置づけです。

ネタバレを読む
映画:プラハのモーツァルト誘惑のマスカレード

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの紹介:2017年にチェコ・イギリス合作で製作されたラブロマンス。モーツァルトがオペラ「ドン・ジョヴァンニ」をプラハで製作した史実を大胆に脚色し、一人の美しいソプラノ歌手をめぐる恋愛物語として映像化した。「ダンケルク」で注目されたアナイリン・バーナードがモーツァルトを熱演している。

ネタバレを読む
映画:ある日どこかで

ある日どこかでの紹介:「スーパーマン」でヒーローを演じたクリストファー・リーヴが戯曲家に扮し、過去へ旅をして恋した女性に会いに行く、ロマンチックなSFファンタジー。劇場でヒットしたわけではなく、作品の規模としては「小品」だが、静かな感動を呼ぶ質の高い名作として、今も語り継がれている。

ネタバレを読む
映画:愛を綴る女

愛を綴る女の紹介:2016年にフランス・ベルギー・カナダ合作で製作されたヒューマンドラマ。ミレーナ・アグスの小説「祖母の手帖」を映画化した作品で、オスカー女優のマリオン・コティヤールがヒロインを演じた。望まぬ結婚をした少女の運命的な恋と、その意外な結末を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ルージュの手紙

ルージュの手紙の紹介:2017年にフランス・ベルギー合作で製作された家族ドラマ。義理の母娘の約30年ぶりの再会をユーモラスに描いていく。わがままな母をカトリーヌ・ドヌーヴが、生真面目な娘をカトリーヌ・フロがそれぞれ好演した。

ネタバレを読む
映画:はやぶさ/HAYABUSA

はやぶさ/HAYABUSAの紹介:2003年に打ち上げられ、約7年にわたるミッションを終えて地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」をテーマにした作品で、史実に基づきながら登場人物などに一部フィクションを加えて製作されています。日本の宇宙開発の歴史や小惑星からサンプルを持ち帰る「はやぶさ」のミッションの様子が分かりやすく描かれており、大人から子どもまで多くの人が楽しめるエンターテイメント作品になっています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。