「感動/泣ける」映画一覧(3ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

オスカー女優としてハリウッドで名を馳せたグレース・ケリーは、カンヌ映画祭で出会ったモナコ大公と結ばれ、大公妃となる。アメリカとは全く文化が異なるモナコの地で、王族という道の世界に踏み入る。これは実話をもとにしたフィクションである。 ネタバレを読む
2014年製作のベルギー・フランス・イタリアの合作映画。第87回アカデミー賞主演女優賞にマリオン・コティヤールがノミネートされた。体調を崩して休職していたサンドラは、金曜日に突然上司から解雇を言い渡される。彼女が復職するためには従業員16人の内、過半数がボーナスを諦めることだった。納得のいかない彼女は週末の2日間を使って同僚を必死に説得して回る…。 ネタバレを読む
オー!ファーザーの紹介:2013年製作の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を岡田将生主演で映画化したコミカルなサスペンス。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という個性的な俳優たちが4人の父親に扮する。監督は本作が初の劇場用作品となる藤井道人。 ネタバレを読む
トランスアメリカの紹介:2005年のアメリカのドラマ映画。監督・脚本はこれがデビュー作となるダンカン・タッカー。トランスセクシュアルの主人公ブリーを演じたフェリシティ・ハフマンは、本作の演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞などの数々の映画賞を受賞した。日本公開は2006年。 ネタバレを読む
イランの首都テヘランを舞台に、離婚を決めたある夫婦とその周囲の人間模様が描かれている。 第61回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で金熊賞、女優賞、男優賞の2つの銀熊賞を受賞した。第84回アカデミー賞でイラン代表作品として外国語映画賞を受賞し、脚本賞にもノミネートされた。 ネタバレを読む
「最強のポケモンは誰だ!?」 1998年公開の、テレビアニメ「ポケットモンスター」シリーズ劇場版作品の記念すべき一作目。人間の手によってつくられたポケモン、ミュウツーが自身の生まれた意味、存在する意義を問う。それは、自分を生み落とした人類への逆襲なのか。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
クリント・イーストウッド監督がモーガン・フリーマンとタッグを組み、南アフリカ大統領ネルソン・マンデラとラグビー代表チームの主将フランソワ・ピナールがワールドカップ優勝を勝ち取るまでの姿を描いた伝記映画。 反逆罪で27年ものあいだ刑務所に収監されていたマンデラは釈放後に大統領に就任するが、国内ではアパルトヘイト撤廃後も人種間の壁が根強く残っていた。 ラグビーを通じて国を一つにまとめ上げようと考えたマンデラは代表チームの主将・ピナールにコンタクトを取るが、チームは弱体化し存続の危機を迎えていた。 ネタバレを読む
2003年に製作されたディザスターパニック映画で、動きを停止してしまった地球中心部にある核=「コア」を再び動かすため、壮絶なミッションに挑む者たちを描いた、「アルマゲドン」の地底版のような内容になっています。最新のSGを用いながらも、どこか古き良き時代のSF冒険映画を思わせるような雰囲気も漂う作りになっています。 ネタバレを読む
『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督が100万ドルの当選を信じて疑わない父と、父の望みを叶えるためネブラスカ州リンカーンに向かおうとする息子の姿を描いたロードムービー。父親ウディを演じたブルース・ダーンはカンヌ映画祭で主演男優賞を受賞した。 ある時、100万ドルを贈呈するという通知を受け取ったウディは歩いてでも賞金を受け取りに行くと言って聞かなかった。胡散臭い通知を信じ込んでいる父の身を案じたデイビッドは、ウディをリンカーンまで連れて行こうと思い立つ。デイビッドは様々な人々と出会うなかで、意外な両親の一面を知ることになる。 ネタバレを読む
山本周五郎原作の歴史小説を長編映画初監督となった小泉堯史がメガホンを取った一作。主演は寺尾聰、共演は宮崎美子、原田美枝子、三船史郎が演じ、スタッフは主に「黒澤組」と呼ばれた故黒澤明監督に従事した「黒澤組」が集結したことでも注目を浴びた。プロデューサーは黒澤久雄、衣装デザインは黒澤和子と黒澤家が一丸となった作品でもある。2000年劇場公開作品、91分。 ネタバレを読む
妻を亡くした男性が妻の遺言の「故郷の海に散骨してほしい」という願いに添い、仕事を辞めワンボックスカーで長崎まで向かうロードムービー。主演は今作が遺作となった高倉健。共演はビートたけし、田中裕子、佐藤浩一など、本作は大滝秀治も遺作となった。全編ほぼロケ撮影。美しい日本の風景も魅力のひとつ。2012年公開撮影、111分。降旗康男監督。 ネタバレを読む
葉月と呼春は母の佐和と3人暮らし。14年前に女を作って出て行った父が末期がんになったと連絡を受け二人だけで見舞いに行くことになるが… • 第23回日本映画批評家大賞 新人監督賞(中野量太) • 第55回アジア太平洋映画祭(マカオ) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) • 第7回アジアン・フィルム・アワード(香港) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×