「感動/泣ける」映画一覧(4ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

冷酷な皇帝によってすべてを失った将軍・マキシマスが様々な試練を乗り越え、復讐に挑む姿を描く歴史スペクタクル。第73回アカデミー賞で作品賞をはじめ5部門を受賞した他、英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞など主要な賞を独占。 皇帝に逆らった罪で死刑を言い渡されたものの九死に一生を得たマキシマスは、奴隷にまで身を落としながらも剣闘士として名を馳せる。ついに皇帝に対峙する機会を得たマキシマスがとった行動とは。 ネタバレを読む
父親の失踪で学費が払えなくなり、ついには大学を除籍された主人公が、ビラ配りやティッシュ配り、新薬の治験アルバイト、ホストクラブ、日雇い労働者などを経験し果てはホームレスにまで転落するが、そこから立ち直ろうとするストーリー。 佐々部清監督 福澤徹三の小説を2014年に映画化 ネタバレを読む
大手電機メーカーの経営企画室長を務める筒井肇は、ある日専務から呼ばれ工場部門の閉鎖と跡地の売却交渉、人員のリストラを頼まれる。工場部門の責任者は同期の川平だったが工場の閉鎖にめどをつけたころ交通事故で川平はなくなってしまう。その頃出雲の実家で一人暮らす母親にがんが見つかり、実家に戻った時古い缶の中から子供のころ収集して切符を見つけ自分が電車の運転手になりたかったことを思い出す。そして母のことや川平のこと、自分の夢に挑戦してこなかったことを思い、49歳ではあるが電車の運転手になることを決意する。日本映画。2010年 錦織良成監督 上映時間130分。 ネタバレを読む
キャスト・アウェイの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督&トム・ハンクスという「フォレスト・ガンプ 一期一会」コンビ再びの作品。長い年月を無人島で過ごすことになる男の苦悩をドラマティックにつづった感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
「イン・ハー・シューズ」はアメリカで制作されたヒューマンドラマ映画です。監督は「L.Aコンフィデンシャル」や「8Mile」のカーティス・ハンソンが務めています。キャストはキャメロン・ディアス、ト二ー・スコット他、またトニーは今作の制作総指揮も兼ねています。それぞれコンプレックスを持つが、対照的な2人の姉妹が人生に躓きながらも自分探しをしていく…。題名にもなっている「イン・ハー・シューズ」とは彼女の立場になってという意味だそうです。 ネタバレを読む
2006年公開の日本映画。 かつて、冷酷な暴君だった父・小沼佐吉(大沢たかお)を捨てた長谷部真次(堤真一)。 地下鉄(メトロ)に乗ったことで真次は過去の世界に辿り着き、そこで若い頃の父親に出会いました。 彼は、その時間旅行を通してこれまで知りえなかった父の本当の想いに触れたのです。 ネタバレを読む
2004年製作のアメリカミュージカル映画。イギリスの作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカルを映画化。パリ、オペラ座の地下に住む怪人は毎夜愛するクリスティーヌを自室に導き、歌のレッスンを行う。彼女もそれに応えるようますます歌は上達するが、彼女を見染めたラウル子爵は怪人から彼女を取り戻すための戦いを挑む。 ネタバレを読む
2009年全米公開のウォルトディズニーアニメーションが送る長編アニメーション映画。 魔法の力で、カエルに姿を変えられてしまった王子様を人間に戻すために、自分のレストランを持つ事を夢見る少女ティアナは、彼とキスをしますが、何とティアナ自身もカエルの姿に変わってしまいます。元の姿に戻すためにある魔法使いのところに向かう2人でしたが…。 ネタバレを読む
2008年公開の日本映画。 しっかりものの妻・翔子と法廷画家でのんびり屋の夫・カナオ。 どこにでもいそうなそんな夫婦二人が辿る哀しみと、そこからの再生していく10年にわたる日々の物語。 ほんわかと、しかし時に辛辣さを交えて描いた人間ドラマです。 ネタバレを読む
重松清の小説『ファミレス』を原作に熟年離婚の危機を迎えた夫婦の姿を描くハートフルコメディ。『家政婦のミタ』などの人気ドラマを手がけた脚本家・遊川和彦の監督デビュー作。 子供達が独立して二人きりになった途端、妻にどう接していいかわからなくなった陽平は気まずい思いを抱えていた。そんなある日、妻が隠していた離婚届を見つけてしまい…。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ・イギリスの合作映画。12世紀末のフランス、十字軍の兵士として戦っていたロビンは、イングランドの騎士・ロバートの遺言を聞き、サー・ウォルスターに剣を届ける役目を引き受けます。しかし、そんなロビンの行く先には、イングランド侵略を目論むフランス軍との戦いが待ち受けていて…。 ネタバレを読む
2011年、フランス発のロマンティックコメディです。白黒のサイレント映画でありながら、フランス映画として初のアカデミー作品賞を受賞しました。無声映画からトーキーへ移行期のハリウッドが舞台です。主要な台詞以外は字幕が出ませんので、ご注意ください。 ネタバレを読む
2014年に公開された、ミステリードラマ『トリック』の劇場版。監督は堤幸彦、主演は仲間由紀恵・阿部寛。シリーズ4本目の劇場版にして、14年続いた作品の完結編となる。上田は多額の研究資金と引き換えに、ある部族の呪術師のタネを暴くよう依頼される。呪いを恐れた上田は、旅行と嘘をついて山田も連れ出すが……。 ネタバレを読む
2012年製作の韓国映画。イ・ビョンホンが一人二役を熱演し、『大鐘賞』で歴代最多の15部門を受賞した歴史大作。1616年、李氏朝鮮の第15代王、光海君は日々暗殺に狙われ影武者を用意させる。王に瓜二つの道化師ハソンは15日間、王の代わりに政治を行うが…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×