「感動/泣ける」映画一覧(4ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:パーフェクトワールド

パーフェクト・ワールドの紹介:1963年のテキサスを舞台に、脱獄囚と少年の逃亡劇と、次第に二人の間に芽生えていく友情を感動的に描いていく。クリント・イーストウッドが監督と製作を兼任、主人公を追う警察署長としても出演している。1993年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:勇気の花がひらくときやなせたかしとアンパンマンの物語

勇気の花がひらくとき やなせたかしとアンパンマンの物語の紹介:やなせたかしの生誕100周年を記念して2019年に制作されたアニメ。ノンフィクション作家梯久美子の同名原作を若手監督の児玉徹郎が映像化した。『アンパンマン』を生み出したやなせの戦争体験や、苦しみや劣等感など、決して幸せばかりではなかった人生を綴る。

ネタバレを読む
映画:母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年11月16日公開の日本映画。歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく…。

ネタバレを読む
映画:僕たちのラストステージ

僕たちのラストステージの紹介:2018年のイギリス、カナダ、アメリカの合作。サイレント映画時代にハリウッドのコメディ界の頂点に君臨していたコンビ、“ローレル&ハーディ”の晩年の実話を『フィルス』のジョン・S・ベアードが映像化。ボストン批評家映画協会賞主演男優賞受賞のほか、多くの映画賞にノミネートされた。結成から20年近く経過したスタンとオリバーは巡業に出るが、すでに人気は過去のものとなっていた。やがて2人の口論をきっかけに、オリバーは引退を決意するのだが…。

ネタバレを読む
映画:スポットライト世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープの紹介:2015年のアメリカの伝記映画。第88回アカデミー賞の作品賞・脚本賞受賞作品。アメリカの新聞社ボストン・グローブの「スポットライト」チームが、カトリック教会が隠蔽していた性的虐待事件を暴く姿を描いている。日本公開は2016年。

ネタバレを読む
映画:僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐの紹介:2009年に公開された作品。青木琴美の漫画作品を原作とした実写映画化作品である。監督を務めたのは「清く桑く きよくやわく」などの数々の恋愛映画を手掛けてきた新城毅彦。原作とは異なる設定を導入するなど、実写映画化するにあたりアレンジが加えられてはいるものの、原作ファンからの支持も高い作品となっている。主演は井上真央と岡田将生。

ネタバレを読む
映画:早熟のアイオワ

早熟のアイオワの紹介:2008年公開。日本では2014年に公開された。俳優のロリ・ペティが自身の幼少期の実体験を基に制作した映画作品。ロリ・ペティ自身が監督と脚本を務めている。主人公姉妹の姉をジェニファー・ローレンス、妹をクロエ・グレース・モレッツが演じており、後にスター女優となる二人が出演している作品となっている。ローレンスはロサンゼルス映画祭で優秀賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:鉄道員

鉄道員の紹介:ピエトロ・ジェルミ監督・主演のヒューマンドラマ。第二次世界大戦後のイタリアを舞台に、老いた鉄道機関士の悲劇と再生を描いていく。第9回カンヌ国際映画祭では、国際カトリック映画事務局賞スペシャル・メンション賞を受賞した。1956年イタリア製作。

ネタバレを読む
映画:あしたは最高のはじまり

あしたは最高のはじまりの紹介:2016年公開。2013年に公開されたスペイン映画「インストラクション・ノット・インクルーデッド」をリメイクしたフランス映画作品。監督を務めたのはユーゴ・ジェラン。主演を務めたのは、2011年に公開された名作との呼び声が高い「最強のふたり」の主演を務めたオマール・シー。本作はオリジナル版よりも笑えるコメディ要素が多くなっている。

ネタバレを読む
映画:raintown

rain townの紹介:長編劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康が、京都精華大学の卒業制作として2011年に発表した短編アニメ。今作で第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞に輝いた。雨がやまなくなった街に迷い込んだ少女と、街に残されたロボットとの交流を、柔らかなタッチの映像で、台詞を排し抒情的に綴る。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダービルドBeTheOne

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの紹介:2018年に公開された「仮面ライダービルド」の単独劇場版です。テレビシリーズの45話と46話の間のストーリーだと位置づけられており、本編に先駆けてラストパンドラパネルホワイトが生み出した新世界も一瞬だけ登場しました。さらに次回作の「仮面ライダージオウ」並びに歴代仮面ライダーがエピローグに登場しています。おまけ的な出演のみで、ストーリーには関わっていません。

ネタバレを読む
映画:生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年公開作で、本谷有希子の同名小説を、今作で長編映画デビューを果たした関根光才が映画化した。鬱による過眠症の寧子は寝てばかりで、家事もせず引きこもり状態。同棲中の津奈木もまた無気力に仕事をこなし、寧子にどんなに激しく感情をぶつけられても、何となく受け流していた。ある時津奈木の元恋人が現れ、寧子を部屋から追い出すために、彼女に仕事を紹介するのだったが…。

ネタバレを読む
映画:イフアイステイ愛が還る場所

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所の説明:2014年公開。ゲイル・フォアマンによる小説「ミアの小説」を実写映画化した作品。監督を務めたのは、ドキュメンタリー映画を多く監督したR・J・カトラーが務めた。主演を務めたのは「キック・アス」シリーズや、「キャリー」「サスペリア」リメイク版などで知られるクロエ・グレース・モレッツ。共演はジェイミー・ブラックリー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。