「感動/泣ける」映画一覧(4ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

2005年製作のアメリカ映画。原作はE・アニー・ブルーの同名の短編小説。2005年ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞、ゴールデングローブ賞では作品賞を含め4部門受賞。アカデミー賞では3部門受賞した作品。1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)が羊の放牧の季節労働者として二人きりで過ごすうち、友情が愛情になり二人は関係を持ってしまう。季節労働の仕事が終わり、二人は互いの生活に戻った。結婚し子供が生まれても、互いに恋しいと思う。二人の関係はどうなっていくのか?   ネタバレを読む
原作、中島京子の同名小説を山田洋次が映画化した本作。主演は松たか子、共演は黒木華、吉岡秀隆など。黒木は第64回ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀主演女優賞)を受賞。舞台は昭和30年〜40年の日本を舞台に、とある可愛い赤いお屋根の小さなおうちに女中として働いていた。タキが共に時間を過ごした一組の家族と、その妻との秘密について60数年後、大甥にゆっくりと語られる。2014年公開作品。 ネタバレを読む
2002年に公開された、スタジオジブリ制作・森田宏幸監督によるアニメーション映画。『耳をすませば』の主人公、月島雫が書いた小説という設定のスピンオフ作品。車に轢かれかけていた猫を助けたハルは、猫たちから恩返しを受ける。猫の国へ連れて行かれそうになり、困ってしまったハルは猫の事務所を訪ねるが……。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2008年のイギリス映画。第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞、第62回英国アカデミー賞作品受賞。第81回アカデミー賞では8部門受賞した作品。ダニーボイル監督のヒューマンドラマ。 スラム出身のジャマール・マリクは、インドの大人気クイズ番組「クイズ$ミリオネア」に出演します。ろくに教育も受けていないジャマールが次々と正解し、いかさまをしているのではないかと疑いをかけられ、警察に拘留されてしまうことに。警察の尋問により、真実が明らかになります。真実とは・・・?     ネタバレを読む
2007年に公開された新海誠監督によるアニメーション映画です。新海監督にとっては、劇場公開作品としては3本目にあたります。63分間に渡って、短編が3本組み込まれるという構成で、その3本全て話が繋がっているという形式でした。小学生のときからお互いに両想いだった遠野貴樹と遠野貴樹は、転校がきっかけで疎遠になってしまいます。しかし、その後も手紙のやり取りを続けていました。そんな二人の距離を描いたお話です。 ネタバレを読む
2013年の是枝監督によるヒューマンドラマです。第66回カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞しました。赤ちゃん取り違いが発覚し、育てていた息子が実際に息子でないと分かったとき、双方の家族がどのような家族の形を選ぶのか、その葛藤を描いた物語です。主演は福山雅治さんです。 ネタバレを読む
2011年公開の日本映画。 ダイキチが祖父の訃報に駆けつけると、そこには見慣れない小さな女の子が。 なんと、亡き祖父の隠し子だというのです。 ”リン”という名前の彼女を厄介者扱いして押し付け合う親戚を見ているうちについうっかり勢いで引き取ることになってしまったダイキチ。 その日から前途多難な二人暮らしが始まったのです。 ネタバレを読む
2014年製作の日本映画。売れない手品師の轟晴夫は後輩に先を越され、安アパートに帰るも雨漏りがひどく、そんな人生に嫌気がさしていた。ある日、警察から連絡が入り、長く会っていなかったホームレスの父親が河川敷で亡くなっていたと聞かされる。よく晴れた後日、その河川敷を訪れると雷が落ちて来て、昭和48年にタイムスリップしてしまう。 ネタバレを読む
人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した2014年製作の日本映画。 監督は、『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督。 都会育ちの大学受験に失敗した主人公 平野勇気が、ひょんなことから林業をすることとなり、林業の過酷な現場で少しづつ逞しく成長していく様を描く、恋あり、笑いありの青春映画。それとともに、林業という一般的には馴染みのない仕事を若者に分かりやすく紹介した作品としての面も合わせもっている、かなり異色な映画となっております。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2013年に公開された、スタジオジブリ制作のアニメ映画。宮崎駿監督が長編アニメ製作からの引退を発表し、話題となる。第37回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞。飛行機が大好きな堀越二郎少年は、夢の中で憧れのカプローニ伯爵と出会う。そして「美しい飛行機を作りたい」と思うようになるのだが……。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2008年イギリス・ドイツ・アメリカ製作のロマンチックコメディミュージカル映画。ギリシャ・エーゲ海に浮かぶ架空の島でホテル経営するドナ。その一人娘ソフィが結婚することになり、ヴァージンロードを父親と歩きたいのだが、なんと父親候補が3人もいたのだった…。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
100文字~150文字程度で、映画の紹介をしてください。 (記入例。削除して進めてください)2016年製作のフランス映画。監獄と化した高級アパートで命懸けのゲームに挑むサスペンス。モデルのキャンディスは、ある夜自分の部屋に侵入者の気配を感じる。既に外部との連絡も取れず、部屋に閉じ込められていた彼女の前に、監禁された親友の姿が映し出され…。 ネタバレを読む
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が「家族」をテーマに描いたアニメ映画。家出した少年蓮は、熊のような怪物に渋谷で顔を掴まれる。何とか逃げるが街で写った自分の姿の中に空白のような渦を見つける。先ほどの男たちを見掛けた蓮は彼らを追って、摩訶不思議な路地に迷い込む。蓮こと九太と名付けられた少年と熊のバケモノ、熊鉄との交流を描く。2015年公開作品。 ネタバレを読む
2002年製作のアメリカ映画。ディズニーアニメーション作品。 ハワイのカウアイ島に住むリロは、姉のナニと二人暮らしをしていました、リロは、友達もおらずいつも孤独な日々を送っていました。ある日、リロは不思議な生き物と出会い、スティッチと名付けて一緒に暮らし始めます。しかしスティッチの正体は、違法な実験で作られた凶暴なエイリアンで…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×