「感動/泣ける」映画一覧(4ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:きみと、波にのれたら

きみと、波にのれたらの紹介:2019年6月21日公開。日本アニメーション会では名匠として知られており、劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズでも数作品を手掛けた湯浅政明が監督を務める劇場用長編アニメーション映画。声優には、雛罌粟港役には、若い世代から絶大な支持を誇っているGENERATIONS fromEXILE TRIBEの片寄涼太。ヒロインの向水ひな子役には、女優の川栄李奈。

ネタバレを読む
映画:そして人生はつづく

そして人生はつづくの紹介:1992年のイラン映画。『友だちのうちはどこ?』から『オリーブの林をぬけて』で完結する巨匠アッバス・キアロスタミ監督の“ジグザグ三部作”の第二作。『友達のうちはどこ?』の舞台が大地震に見舞われた。出演した少年たちの安否を確認するために、監督が息子を連れて現地を訪れた様子を、ドキュメンタリータッチで再現した感動作。

ネタバレを読む
映画:ライオンキング(1994年)スペシャルエディション

ライオン・キング(1994年)の紹介:1994年公開のアメリカ映画。「美女と野獣(1991)」「アラジン」と、90年代に入り、第二の黄金期を迎えたディズニー・プロの32本目の長編アニメーション。アフリカの壮大な自然を舞台に、若きライオンの王子シンバの成長と闘いを描く。シェイクスピアの戯曲『ハムレット』にインスパイアされた物語と、総勢600人から成る製作チームが、4年の歳月を費やした映像が見どころ。

ネタバレを読む
映画:コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年9月21日公開の日本映画。本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。

ネタバレを読む
映画:THEPROMISE君への誓い

THE PROMISE 君への誓いの紹介:2016年のアメリカ・スペイン合作の歴史ドラマで、150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国によるアルメニア人虐殺を一人の青年の視点から描いていく。監督は「ホテル・ルワンダ」で知られるテリー・ジョージ、主演はオスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベールが務めた。

ネタバレを読む
映画:空海

空海の紹介:1984年製作の時代劇ドラマ。真言宗を開いた空海の人生を佐藤純彌監督、北大路欣也主演で映画化した大作。空海の劇的な人生を描いた物語だけでなく、豪華なロケ撮影や特撮による映像も話題を呼び、興行収入で大成功を収めた。

ネタバレを読む
映画:帰ってきたウサギとカメ新たなる挑戦

帰ってきたウサギとカメ 新たなる挑戦の紹介:2008年にアメリカで制作されたアニメ映画です。本作は「セサミストリート」を生み出したことで知られるジム・ヘンソン・カンパニーと、「ジャンゴ 繋がれざる者」という名作を作ったワイン・スタイン・カンパニーがコラボした作品となります。イソップ童話の「ウサギとカメ」を現代風にアレンジした内容になっており、親子2代に渡っての対決が描かれています。家族愛や友情などを描いた心温まるストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:狼チャイルド

狼チャイルドの紹介:狼男の子と母親、それを守る看護師の苦悩を描いた仏/ブラジル合作2017年制作のホラー・ファンタジー。原題は「As Boas Maneiras/GOOD MANNERS」。監督/脚本はジュリアナ・ホハス、マルコ・ドゥトラ。母親役をブラジルの実力派女優で歌手のマルジョリエ・エスチアーノが演じている。日本ではシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018で公開された。

ネタバレを読む
映画:踊る大走査線THE MOVIE湾岸所史上最悪の3日間!

踊る大走査線 THE MOVIE 湾岸所史上最悪の3日間!の紹介:1998年公開。1997年にフジテレビ系列で放送された連続テレビドラマシリーズの映画化作品。邦画年間興行収入1位を記録し、2019年現在でも歴代実写邦画興行収入ランキング3位にランクインしている。ドラマシリーズの雰囲気そのままに、より壮大な物語を描いている。本作での演技で、いかりや長介は日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している。

ネタバレを読む
映画:長いお別れ

長いお別れの紹介:厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々を、ユーモアを交えながらあたたかに描く。2019年の公開作で、監督・脚本は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。小説家中島京子が、自身の父との実体験を基に綴った同名小説が原作。オリジナル脚本にこだわってきた中野監督が、初めて小説を映像化した。

ネタバレを読む
映画:つるかめのように

つるかめのようにの紹介:2009年に制作された短編映画。手塚悟監督作品。短編映画ながら家族の絆を描いた感動的な作品。大林宣彦監督はこの作品を見て「生涯でベストの映画だ」発言したほど、評価が高い作品。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編コンペティション部門入選、西東京市民映画祭2009 観客グランプリ賞、ふかやインディーズフィルムフェスティバル2009 大林宣彦賞受賞。

ネタバレを読む
映画:最低。

最低。の紹介:2017年11月25日公開。セクシー女優界でカリスマ的人気を誇る紗倉まなが執筆して、話題を呼んだ小説「最低。」を初めて映像化した作品。監督には、「ヘヴンズ・ストーリー」「64-ロクヨンー」で監督を務めた鬼才・瀬々敬久監督が抜擢された。主人公の女性3人を演じるのは、グラビアアイドルで、「フィギュアなあなた」「マリアの乳房」では女優としても高い評価を受けた佐々木心音、女優のみならず舞台演出も手掛ける森口綾乃、今作で本格的に女優としての活動を始めた山田愛奈。

ネタバレを読む
映画:赤ひげ

赤ひげの紹介:1965年製作の黒澤明監督によるヒューマンドラマ。山本周五郎による小説「赤ひげ診療譚」で、江戸時代を舞台に、社会の貧困と無知に苦しむ庶民のために力を尽くす赤ひげの医師と、長崎帰りの新米医師の交流を描いていく。この作品の名演で三船敏郎は第26回ヴェネチア国際映画祭で二度目の男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。