「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

2006年公開のアメリカ映画。アダム・サンドラ―主演のファンタジー・コメディ作品。2006年度アカデミー賞で、メイクアップアーティストの辻一弘とビル・コルソが、メイクアップ賞にノミネートされた。 家庭を顧みない仕事人間のマイケルは、ある日不思議なリモコンを手に入れる。それを使えば、彼の思い通りに、身の周りの出来事が一時停止したり、早送りされるのだ。マイケルはそれを使い続けてストレスフリーの生活を送れると思っていたが、やがて彼の予想しない方向へと人生が進んでいく。 ネタバレを読む
真夏の方程式の紹介:2013年製作の日本映画。福山雅治演じる天才物理学者・湯川学の活躍を描く、東野圭吾原作の人気シリーズの5年ぶりとなる劇場版。“手つかずの海”と呼ばれる美しい海・玻璃ヶ浦で起きる連続殺人事件の謎と、旅館で出会った少年との交流が描かれる。テレビシリーズに続き、吉高由里子がオリジナルキャラクターの女性刑事に扮し、湯川と共に事件解決に挑む。 ネタバレを読む
監督:青山真治 2011年6月公開 日本映画 志田光司(三浦春馬)はカメラマン志望で東京の公園を巡り、そこに遊びに来る家族たちを撮るのが日課だった。ある日公園を散歩する母娘を写真に収めていると、突然現れた男に難癖をつけられるが、後日その母娘を尾行して写真に収めてほしいという依頼を受ける。 ネタバレを読む
1944年10月、アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所。”ゾンダーコマンド”と呼ばれるユダヤ人でありながら、命と少々の食べ物を優遇されるという役割でユダヤ人をガス室に誘導したり、遺体を火葬したりする汚れ役をしていた男達の話。ある日、サウルというゾンダーコマンドの男が自分の息子らしき遺体を見つけ、まだ息があるようなので「ユダヤ教」の教えのように司祭に祈りを捧げ埋葬したいと願いこっそり持ち出すが...2015年公開作品。ハンガリー映画 ネタバレを読む
ゆれるの紹介:2006年製作の日本映画。オダギリジョー主演による、緊迫感みなぎる人間ドラマ。渓谷の吊り橋から流れの激しい渓流へ落ちた女性・智恵子。そのときそばにいたのは、稔ひとりだった。事故だったのか事件なのか…。ある事件をきっかけに激しく揺れ動いていく兄弟の絆を、「蛇イチゴ」の西川美和監督が繊細に映し出す。 ネタバレを読む
離婚したなおこは娘のももを連れ故郷に戻り、母親が経営する美容室「のばら」の手伝いをしていた。周りには男運の悪い女たちばかりで、そんな中でなおこは寂しさを忘れさせてくれるカシマと付き合っていると思っていたのだが… 2010年公開の日本映画。人気マンガ家・西原理恵子の同名作品を映画化。 監督:吉田大八。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年製作の日本映画。山田洋次監督による国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」の、22年ぶりの新作にして通算50作目。葛飾柴又を舞台に、心温まるストーリーが描かれる…。 ネタバレを読む
2009年製作のアメリカドキュメンタリー映画。ロンドンO2アリーナでライブ『THIS IS IT』を行う予定だったが、同年6月25日にマイケルが急死してしまう。本作はそのライブのリハーサル映像と舞台裏をもとに構成されている。 ネタバレを読む
「遺伝性アルツハイマー」や「若年性アルツハイマー」になってしまった言語学者をジュリアン・ムーアが好演した一作、本作でムーアは世界中の賞を総なめにした。医師の夫と3人の子供を持ち幸せだった言語学者が突然、言葉が出てこない、道がわからなくなるという痴呆症のような身体の変化を感じる。リチャード・グラツァー監督、2014年公開作品、101分 ネタバレを読む
2006年に公開された邦画。佐藤秀峰による漫画『海猿』の実写シリーズ。フジテレビ系で放送された、伊藤英明主演の連続ドラマの続編にあたる。劇場版としては2作目。仙崎は環菜から、事実上のプロポーズを受ける。しかし答えることができないまま、座礁事故を起こした大型フェリーのレスキュー活動に出動するが……。 ネタバレを読む
2006年製作のアメリカ映画。湖岸に立つガラス張りの一軒家から引っ越すケイトは、次に引っ越して来た人に郵便物の転送を依頼するため、手紙をポストに入れる。するとアレックスという男性から返事があるが、彼の住む時は2年前のようで…。 ネタバレを読む
2011年製作のアメリカ映画。ディズニー・ピクサーのアニメーション作品。 前作「カーズ」から数年後、「ビストン・カップ」で連続優勝を果たしたライトニング・マックイーンは、束の間の休暇を過ごしていました。ある日、マックイーンのもとに「ワールド・グランプリ」参加要請が来ます。その大会は、マイルズ・アクセルロッド卿という人物が主催する大会で、バイオ燃料の宣伝を行う事を目的としたものでした。最初は参加に躊躇するマックイーンでしたが、ライバルから挑発や、仲間たちから説得で大会への参加を決意するのですが…。 ネタバレを読む
2002年公開の日本映画。漫画家・松本大洋の短編集『青い春』をベースに豊田利晃監督が映画化。 朝日高校で3年生になった不良グループの九條たちは、屋上の柵を乗り越え手すりから手を放して何回手を叩けるかを競うゲームをやっていた。これは学校を仕切るものを選出するための儀式であり度胸試しでもあった。もし失敗すれば地上に真っ逆さまというゲームで九條は8回手を叩き、番を張ることになるが九條にとってそれはどうでもいいことだった。そんな九條に幼いころからの友人・青木は不満を持ち… ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×