「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

2006年公開。原作は藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』。山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』から続く「藤沢時代劇三部作」の最終作。主演は木村拓哉。藩主の毒見役を務める新之丞は、ある日貝の毒にあたり両目の視力を失った。妻の加世は家の存続のために、番頭の島田に助力を請うが……。 ネタバレを読む
2009年に公開された、アメリカ合衆国のサスペンス映画。移民局「I.C.E.」に所属するベテラン捜査課・マックスは、正義感が強く良心的なため、取り締まるべき不法滞在者の立場に同情的になってしまいます。そんなある日、マックスの同僚の妹が何者かに殺されてしまい、マックスは独自に調査を行っていくが…。 ネタバレを読む
BALLAD 名もなき恋のうたの紹介:2009年製作の日本映画。大人も涙したという「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写映画化。未来からやってきた少年と戦国時代の侍との友情、そして侍と姫との悲恋が描かれる。 ネタバレを読む
2004年製作、2005年公開の日本映画。犬と人との触れ合いをテーマとした、いくつかのの短編からなるオムニバス映画。ポチという名の犬を縦軸に、いくつかの短編を絡ませたリレー方式の構成。 監督 - 犬童一心、黒田昌郎、祢津哲久、黒田秀樹、佐藤信介、永井聡、真田敦 ネタバレを読む
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の紹介:2013年に公開された作品。めんまが消えて、1年が過ぎみんなは久しぶりに集まる事になった。みんなはめんまが最後に書いてくれた手紙の返事を書こうとするのだが...。 ネタバレを読む
2006年公開の日本映画。第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の原作小説を『雨あがる』『阿弥陀堂だより』の小泉堯史監督が映画化。 家政婦として働くシングルマザーの杏子は、事故の後遺症で記憶が80分しかもたなくなってしまった博士の元で働き始める。杏子と息子のルートは数学や野球を通じて博士と交流を深めていくが、博士はある悲しい過去を背負っていた。 ネタバレを読む
2006年公開のアメリカ映画。アダム・サンドラ―主演のファンタジー・コメディ作品。2006年度アカデミー賞で、メイクアップアーティストの辻一弘とビル・コルソが、メイクアップ賞にノミネートされた。 家庭を顧みない仕事人間のマイケルは、ある日不思議なリモコンを手に入れる。それを使えば、彼の思い通りに、身の周りの出来事が一時停止したり、早送りされるのだ。マイケルはそれを使い続けてストレスフリーの生活を送れると思っていたが、やがて彼の予想しない方向へと人生が進んでいく。 ネタバレを読む
真夏の方程式の紹介:2013年製作の日本映画。福山雅治演じる天才物理学者・湯川学の活躍を描く、東野圭吾原作の人気シリーズの5年ぶりとなる劇場版。“手つかずの海”と呼ばれる美しい海・玻璃ヶ浦で起きる連続殺人事件の謎と、旅館で出会った少年との交流が描かれる。テレビシリーズに続き、吉高由里子がオリジナルキャラクターの女性刑事に扮し、湯川と共に事件解決に挑む。 ネタバレを読む
監督:青山真治 2011年6月公開 日本映画 志田光司(三浦春馬)はカメラマン志望で東京の公園を巡り、そこに遊びに来る家族たちを撮るのが日課だった。ある日公園を散歩する母娘を写真に収めていると、突然現れた男に難癖をつけられるが、後日その母娘を尾行して写真に収めてほしいという依頼を受ける。 ネタバレを読む
1944年10月、アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所。”ゾンダーコマンド”と呼ばれるユダヤ人でありながら、命と少々の食べ物を優遇されるという役割でユダヤ人をガス室に誘導したり、遺体を火葬したりする汚れ役をしていた男達の話。ある日、サウルというゾンダーコマンドの男が自分の息子らしき遺体を見つけ、まだ息があるようなので「ユダヤ教」の教えのように司祭に祈りを捧げ埋葬したいと願いこっそり持ち出すが...2015年公開作品。ハンガリー映画 ネタバレを読む
ゆれるの紹介:2006年製作の日本映画。オダギリジョー主演による、緊迫感みなぎる人間ドラマ。渓谷の吊り橋から流れの激しい渓流へ落ちた女性・智恵子。そのときそばにいたのは、稔ひとりだった。事故だったのか事件なのか…。ある事件をきっかけに激しく揺れ動いていく兄弟の絆を、「蛇イチゴ」の西川美和監督が繊細に映し出す。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×