「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

2010年アメリカ制作 登山中の思わぬ事故で究極の選択を迫られた若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化した、感動的なサバイバル・ドラマ。監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督 軽いトレイルのつもりで、誰にも行き先を言わず岩山に向かった主人公、アーロン。突然のアクシデントで、右腕を岩壁に挟まれてしまいます。127時間岩山から脱出しようとしますが、正気と幻覚が彼を襲うなか、生きるためにアーロンがとった究極の選択とは? ネタバレを読む
ジョナサン・サフランによる小説を原作とする2011年制作のアメリカ映画。アスペルガー症候群を抱える11歳の少年オスカーは、アメリカ同時多発テロで父親を亡くしてから1年が経った頃、父トーマスの部屋で一本の鍵を見つける。その鍵の秘密を探るため、オスカーは以前父親と一緒に遊んでいた「調査探検」を再開させるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2015年公開のアメリカの作品。日本でも大ヒットを記録した2013年公開の「アナと雪の女王」のスピンオフ作品で、実写映画 『シンデレラ』 と同時上映された作品です。 大ヒット作「アナと雪の女王」に登場した、アナ、エルサ、クリストフ、スヴェンなどおなじみのキャラクターたちのその後を描いた短編アニメーションです。アナの誕生日をサプライズで祝うべく一生懸命準備していたエルサとクリストフでしたが、エルサの魔法の力のせいで、サプライズ誕生日パーティはちょっとおかしなことになってしまい…。   ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。ブルックリンのショーパブで働くゲイのルディは、障がいを持ち育児放棄された少年マルコと出会う。ルディは心優しくユーモアにあふれるマルコに惹かれていき、ゲイのパートナーであるポールとともにマルコを育てることを決めるが...。実話をもとにした感動作。 ネタバレを読む
宮崎あおい、玉木宏が主演を務める、感動のラブストーリー。独特な雰囲気をもつ静流は、入学式の日に声を掛けてきた誠人に恋をする。しかし彼女にはとある秘密があり、ある日突然誠人の前から姿を消してしまう。2006年公開の日本映画。主題歌は大塚愛の「恋愛写真」。 ネタバレを読む
有川浩さん原作の大人気小説を2013年に実写化! そのヒロイン・笠原郁を榮倉奈々、彼女の憧れの王子様・堂上篤を岡田准一が演じたのですが、そのカップリングは雑誌「ダ・ヴィンチ」の誌上アンケートでぶっちぎりのトップをとったキャスティングでした。 監督はアクションを得意とする佐藤信介氏。 航空自衛隊・陸上自衛隊の協力を得てその描写もリアルな作品に仕上がりましたました。   ネタバレを読む
2013年製作のアメリカ映画。ダニエル、メリット、ヘンリー、ジャックの4人のマジシャンたちは、それぞれ与えられたタロットカードに導かれ、ニューヨークに集まる。そこで彼らは正体不明の後援者にある情報を与えられ、犯罪行為を含んだマジックショーを行うことになるが...。 ネタバレを読む
「この星の一等賞になりたいの卓球で俺は!!」 爽やか王道青春スポーツ映画! ペコ(窪塚洋介)とスマイル(井浦新)、アクマ(大倉孝二)の卓球を通して共に育った幼馴染3人がインターハイでぶつかり合う。 自分の卓球に自信満々なペコ、「卓球なんて死ぬまでの暇つぶし」と語るスマイルは片瀬高校、アクマは卓球の名門、将来を期待された選手である風間率いる海王学園へ。絶対的な王者、ドラゴンこと風間、中国からの留学生孔が立ちはだかる。一球、一球に想いを込め打ち込み、それぞれが抱える卓球に対する想いが交差する。 「絶対に勝てる」そう確信してアクマに挑んだペコはまさかの敗北。ペコは立ち直ることが出来るのか、彼に憧れたスマイルは、勝利しても尚満たされないアクマは何を想うのか。 そしてそれぞれが再びインターハイで対峙する。果たして、勝利の女神は誰に微笑むのか――――― ネタバレを読む
2008年公開のアメリカ映画。 セラピストのクレア・サマーズは、飛行機事故の生存者5名のセラピーを担当する事になりました。グループカウンセリングを行うたびに、患者が減っていき、さらに外にはいつも怪しい人物がいる事に気がつき、飛行機事故の真相を何者かが隠蔽しようとしているのではないかと疑念を抱き始めたクレアは、真相解明のために動き出すのですが…。 ネタバレを読む
2006年全国公開の日本映画。李相日監督。 第80回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベストテン第1位。 時代の流れで閉鎖に追い込まれた、福島県の炭鉱町。 危機的状況を打開すべく、町おこし事業を立ち上げる。 常夏のレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」を設立したのだった。 炭鉱の少女たちはフラダンスを習得の為に、東京からダンサーの「まどか」を呼ぶのだが…。 ネタバレを読む
2009年 アメリカ制作 ウォルター・カーンの同名小説を「JUNO/ジュノ」ジェイソン・ライトマン監督によって映画化されたヒューマンドラマ。 ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞やワシントンD.C映画批評家会賞で作品賞を受賞。 ゴールデングローブ賞では6つの候補を獲得して脚本賞を受賞。 企業に代わって解雇通告をするライアン(ジョージ・クルーニー)は、バックパック一つで自由に身軽に、アメリカ各地へ出張で飛び回る毎日。出張先で価値観が似た女性と出会い、また新入社員のナタリー(アナ・ケンドリック)と仕事を共にするうち、自分のバックパック1つの身軽な生き方に変化が・・・・   ネタバレを読む
ドリアン助川原作の同名小説を、「殯の森」でカンヌ国際映画祭、グランプリを穫った河瀬直美がメガホンを取った一作。小さなどら焼き屋「どら春」を舞台に店主の千太郎と、ふらっとアルバイトをやりたいと声を掛けて来た老婦人、徳江の心の交流を丁寧に描く。千太郎の秘密、徳江の秘密、それぞれの「事情」が美しい自然と共に描かれ始める。2015年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2014年公開の日本映画。早逝の作家・佐藤泰志による小説を新進気鋭の女性監督・呉美保が映画化、その脚本に惚れ込んだ綾野剛さんが主人公・佐藤達夫を静かに熱演しています。同じく佐藤泰志原作の2010年「海炭市叙景」、2016年「オーバー・フェンス」とともに”函館三部作”とも呼ばれており、根強いファンがいます。 ネタバレを読む
2006年製作、アメリカ。トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルの映画化。3人組コーラスガールの栄光と挫折、成長を華々しい楽曲やダンスとともに描く、エンターテインメント作。キャストにグラミー受賞のビヨンセや、本作で注目されたジェニファー・ハドソンは第79回アカデミー助演女優賞を獲得している。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×