「感動/泣ける」映画一覧(5ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:僕と世界の方程式

僕と世界の方程式の紹介:2014年のイギリス映画。2007年制作のドキュメンタリー映画「Beautiful Young Minds」を基に、天才的な数学の才能を持つ自閉症スペクトラムの少年の成長が描かれている。主演は「ヒューゴの不思議な発明」などで知られるエイサ・バターフィールド。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
映画:さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろうの紹介:2018年公開。P.A.WORKS制作の長編アニメーション映画でzり、同社史上で始めて、テレビシリーズの放映の無い、劇場用オリジナル作品である。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本として知られている岡田麿里の初監督作品である。上海やスペインで行われた映画祭でも数々の賞を受賞した、評価の高い作品。

ネタバレを読む
映画:イヴの時間

イヴの時間の紹介:2010年3月6日公開。2008年にインターネット上で順次公開され、高い評価を受け数々の賞を受賞した、全6話からなるアニメシリーズ「イヴの時間」を元にし、新規シーンを追加して一本の映画にまとめあげた劇場公開作品である。これにより、作品の知名度をさらに上昇させることとなった。劇場公開時のキャッチコピーは「ボクラノキョリ」。主題歌はkalafinaの「I have a dream」。

ネタバレを読む
映画:ミッドナイトエクスプレス

ミッドナイト・エクスプレスの紹介:「エンゼル・ハート」「ミシシッピー・バーニング」などを手がけたアラン・パーカーが監督を務め、「プラトーン」「JFK」のオリヴァー・ストーンの書いた脚本を映画化した作品。トルコから麻薬のハシシをアメリカへ持ち帰ろうとして捕まり、トルコ政府により見せしめのため、30年に渡る刑期を言い渡された青年の苦悩の日々を描き出す。

ネタバレを読む
映画:海難1890

海難1890の紹介:1890年に日本で起こった海難事故「エルトゥールル号遭難事件」とイラン・イラク戦争におけるトルコの邦人救出を描いた作品で、制作は日本とトルコの合同で行われています。第39回日本アカデミー賞では10部門にノミネートされるなど多くの評価を受けた話題作でもあります。主演女優の忽那汐里とトルコ人俳優のケナン・エジェは2つの時代にまたがった異なる役を演じており、英語でのやりとりも多く見られる作品です。

ネタバレを読む
映画:メトロ42

メトロ42の紹介:地下鉄のトンネル内で水漏れ事故が起き、それが遂には洪水のような大災害に発展していく様を描いた、珍しいロシア産のパニック映画。この映画のために実物大のトンネルのセットを作り、本物の地下鉄の車両を用いて撮影に臨んだという、その迫力は見応え十分。

ネタバレを読む
映画:ディープインパクト

ディープ・インパクトの紹介:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、ミミ・レダーが監督を担当したパニック映画です。この映画が公開された二か月後に「アルマゲドン」が公開され、内容が似ていると話題になりました。とはいえ「ディープ・インパクト」と「アルマゲドン」はそもそも同じアイデアをベースにしています。アメリカでは一つの作品に二、三十人の脚本家が携わるというシステムになっており、それゆえに似た設定の映画が二つ出来上がったということのようです。実際は設定が似ているだけで、ストーリーのコンセプトには差異があります。

ネタバレを読む
映画:ローマンという名の男信念の行方

ローマンという名の男 -信念の行方-の紹介:2017年にカナダ・アラブ首長国連邦・アメリカ合作で製作された社会派ドラマ。相棒の死をきっかけにつらい現実に追い詰められる人権派弁護士の姿を描いていく。主人公は名優デンゼル・ワシントンが演じた。

ネタバレを読む
映画:タイヨウのうた

タイヨウのうたの紹介:シンガーソングライターのYUIが主演をつとめ、太陽に当たることのできない難病を抱えた少女と高校生のラブストーリーとなっています。もともとストリートミュージシャンだったYUIの歌う姿と彼女の楽曲が映画の中でも効果的に演出されており、映画の主題歌となったYUI for 雨音薫の「Good-bye days」は、劇中と同じように真っ白なデザインのCDとして販売されました。

ネタバレを読む
映画:此の岸のこと

此の岸のことの紹介:2010年の製作の短編映画。監督・脚本は若手の外山文治。モナコ国際映画祭2011の短編部門・最優秀作品賞をはじめとする5冠を達成し、国内では『わさび』『春なれや』と共に2017年に劇場公開。老々介護による厳しい現実をドキュメンタリータッチで台詞を排し、辛辣に描き出した。故・蜷川幸雄が創設した演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の団員が介護する夫、介護される妻を切々と演じた。

ネタバレを読む
映画:キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルの紹介:2019年公開。マーベル・スタジオ製作作品。「アイアンマン」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズなどで知られる、共通の世界観を持つ映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第21作であり、今作は、同シリーズ初の女性ヒーローの単独主演作でもある。監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレッグ。アンナ・ボーデンはシリーズ初の女性監督となる。主人公のヒーロー、キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース役に「ルーム」などで知られる女優ブリー・ラーソンを起用。舞台設定は1995年となっており、シリーズ一作目「アイアンマン」以前の物語となり、アベンジャーズ誕生のきっかけも描かれている。

ネタバレを読む
映画:サンタサングレ聖なる血

サンタ・サングレ/聖なる血の紹介:「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」を手がけた、カルト映画監督として名高いアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、1989年に作り上げた作品。小さい頃にトラウマを背負い、母親の呪縛に捉われてしまった青年の、残酷だが悲しく切ない物語を描く。

ネタバレを読む
映画:いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきますの紹介:市川拓司原作の小説を映画化した作品で、主人公と息子が亡くなったはずの妻と共同生活を送ることになるというファンタジー要素の入った恋愛作品となっています。映画のヒットとともに、主題歌となったORANGE RANGEの「花」も同バンド最大のヒット曲となりました。またヒロイン役をつとめた竹内結子は本作で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞したほか、子役をつとめた武井証はドラマ版でも同様の役で出演しています。

ネタバレを読む
映画:わさび

わさびの紹介:2016年製作の短編映画。国際映画祭の出品・招待上映や国内での劇場公開後、2018年に外山文治監督の短編作品集として『春なれや』と共にソフト化。父の病気のため、実家の寿司屋を継ぐことを決めた女子高生の葵。周囲の同意を得られず戸惑いながらも、ある人との再会をきっかけに葵が成長する姿を飛騨高山の美しい情景と共に描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。