「感動/泣ける」映画一覧(6ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

離婚したなおこは娘のももを連れ故郷に戻り、母親が経営する美容室「のばら」の手伝いをしていた。周りには男運の悪い女たちばかりで、そんな中でなおこは寂しさを忘れさせてくれるカシマと付き合っていると思っていたのだが… 2010年公開の日本映画。人気マンガ家・西原理恵子の同名作品を映画化。 監督:吉田大八。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年製作の日本映画。山田洋次監督による国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」の、22年ぶりの新作にして通算50作目。葛飾柴又を舞台に、心温まるストーリーが描かれる…。 ネタバレを読む
2009年製作のアメリカドキュメンタリー映画。ロンドンO2アリーナでライブ『THIS IS IT』を行う予定だったが、同年6月25日にマイケルが急死してしまう。本作はそのライブのリハーサル映像と舞台裏をもとに構成されている。 ネタバレを読む
「遺伝性アルツハイマー」や「若年性アルツハイマー」になってしまった言語学者をジュリアン・ムーアが好演した一作、本作でムーアは世界中の賞を総なめにした。医師の夫と3人の子供を持ち幸せだった言語学者が突然、言葉が出てこない、道がわからなくなるという痴呆症のような身体の変化を感じる。リチャード・グラツァー監督、2014年公開作品、101分 ネタバレを読む
2006年に公開された邦画。佐藤秀峰による漫画『海猿』の実写シリーズ。フジテレビ系で放送された、伊藤英明主演の連続ドラマの続編にあたる。劇場版としては2作目。仙崎は環菜から、事実上のプロポーズを受ける。しかし答えることができないまま、座礁事故を起こした大型フェリーのレスキュー活動に出動するが……。 ネタバレを読む
2006年製作のアメリカ映画。湖岸に立つガラス張りの一軒家から引っ越すケイトは、次に引っ越して来た人に郵便物の転送を依頼するため、手紙をポストに入れる。するとアレックスという男性から返事があるが、彼の住む時は2年前のようで…。 ネタバレを読む
2011年製作のアメリカ映画。ディズニー・ピクサーのアニメーション作品。 前作「カーズ」から数年後、「ビストン・カップ」で連続優勝を果たしたライトニング・マックイーンは、束の間の休暇を過ごしていました。ある日、マックイーンのもとに「ワールド・グランプリ」参加要請が来ます。その大会は、マイルズ・アクセルロッド卿という人物が主催する大会で、バイオ燃料の宣伝を行う事を目的としたものでした。最初は参加に躊躇するマックイーンでしたが、ライバルから挑発や、仲間たちから説得で大会への参加を決意するのですが…。 ネタバレを読む
2002年公開の日本映画。漫画家・松本大洋の短編集『青い春』をベースに豊田利晃監督が映画化。 朝日高校で3年生になった不良グループの九條たちは、屋上の柵を乗り越え手すりから手を放して何回手を叩けるかを競うゲームをやっていた。これは学校を仕切るものを選出するための儀式であり度胸試しでもあった。もし失敗すれば地上に真っ逆さまというゲームで九條は8回手を叩き、番を張ることになるが九條にとってそれはどうでもいいことだった。そんな九條に幼いころからの友人・青木は不満を持ち… ネタバレを読む
ナタリー・ポートマンが主演・製作を務め、バラバラだった家族の再生を描くヒューマンドラマ。上司と恋に落ち、波乱の末結婚したエミリアは家庭に干渉してくる前妻やなかなか懐いてくれない継子との関係に頭を悩ませていた。生まれて間もない娘を失ったショックから立ち直れずにいるエミリアは次第に孤立していくが、ある時思いもよらない転機が訪れる。 ネタバレを読む
2009年製作のフランス映画。かつて天才指揮者として活躍していたアンドレイ・フィリポフも、今やボリショイ劇場のいち清掃員。そんな彼は再び指揮者としてタクトを振ることを夢見ていたが、ひょんなことからボリショイ交響楽団が、ロサンゼルス交響楽団の代わりにパリ公演の出演依頼があることを知り、かつての楽団メンバーを集めてパリへ向かおうとするが…。 ネタバレを読む
『マイ・レフトフット』のジム・シェリダン監督が戦争で引き裂かれた家族の姿を描く人間ドラマ。 夫サムの戦死の知らせを聞いたグレースは二人の娘を抱えて途方に暮れていた。正義感の強いサムと正反対の弟トミーは一家を助け、娘たちとも打ち解けていく。そんななかサム生還の知らせが舞い込む。喜んだのもつかの間、サムは過酷な経験からPTSDの症状に悩まされ始め、次第に追いつめられていく。 ネタバレを読む
2004年イギリス、アメリカ合作。キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行』を元に映画化されました。12000キロの南米大陸縦断旅行で思い知らされた南米社会の現実は、ゲバラの中に何かを生みました。それは何か、彼らと一緒に南米大陸を旅してみましょう。 ネタバレを読む
2012年製作の日本映画。東映創立60周年記念作品。北海道の離島で分校の教師をしていた川島はるは定年し、東京で暮らしていた。20年経ったある日、当時の教え子である鈴木信人が人を殺したと知らせが入ったはるは、故郷の離島へ向かう。 ネタバレを読む
さそうあきらのコミック「マエストロ」を原作に、バラバラだったオーケストラが破天荒な指揮者との出会いをきっかけに再生していく姿を描く。 不況のあおりを受けて解散したオケの団員達は再結成の知らせを聞いて喜ぶが、謎の指揮者・天道の高圧的な態度に困惑するばかり。若きコンマスの真一は、寄せ集めの団員達をまとめられず頭を抱えていた。そんな時、天道が原因で演奏会が中止になるかもしれないという知らせが舞い込み、オケは再び存続の危機を迎える。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×