「感動/泣ける」映画一覧(7ページ目)

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

ホットロードの紹介:2014年製作の日本映画。80年代に「別冊マーガレット」に連載され、人気を博した紡木たくの同名少女コミックを能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。不幸な生い立ちから、行き場を失った少女が暴走族の少年と出会い、恋に落ちる姿がつづられる。三代目J Soul Brothersの登坂広臣がヒロインの相手役・春山を演じ、映画初出演を果たす。 ネタバレを読む
2004年製作の韓国映画。不倫相手と駆け落ちしようとしていたスジンは、相手に裏切られ失意の中であった際にコンビニに寄ると、相手の男性と同時にコーラに手を伸ばし、横取りしてしまう。ある日、建築会社社長である父に頼んで仕事上の店舗改装に業者が必要となり呼ぶと、あのコーラの男性が現れたのだった。 ネタバレを読む
盲目の居合の達人・市が自分に居合術を教えてくれた男を探して女の一人旅を続けていると、ある出来事をきっかけに浪人侍・藤平十馬と出会う。宿場町にたどり着いた二人は、そこを仕切る白川組と、勢力を伸ばしてきていた万鬼党との争いに巻き込まれていってしまい・・・ 監督:曽利文彦 2008年公開の日本映画 ネタバレを読む
映画「エリザベスタウン」はアメリカのハートフルコメディ映画です。「あの頃ペニー・レイン」「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ監督の作品です。主演は「ロード・ザ・リング」シリーズで人気を博したオーランド・ブルームと「スパイダー・マン」シリーズのキルスティン・ダンストです。ドリューは仕事で大損害を出し、自殺を考えていたが父の訃報をきっかけに父の故郷エリザベスタウンを訪れ、そこに暮らす親せきたちや父の知人たちの温かさに触れ、人生をやり直す希望を見つけるストーリーです。 ネタバレを読む
愛し合い、神の御前で永遠の愛を誓ったディーンとシンディだったが、それぞれの価値観の違いから暮らしの時間の中で少しずつずれが生じ取り返しのつかない事態に進展する。ディーンはそれに気づき必死に修復を試みるが・・・ 製作年:2010年 アメリカ映画  監督:デレク・シアンフランス ネタバレを読む
2010年に公開された京都アニメーション制作のアニメ映画。発行部数が全世界で累計2000万部を突破した、谷川流原作の人気ライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」第4巻の映像化。終業式を間近に控えた12月、SOS団はクリスマス会の準備を進めていた。しかしある朝登校したキョンは、クラスの様子に異変を感じ……。 ネタバレを読む
第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎の同名小説を映画化した作品。飢饉が続く南部盛岡藩の下級武士・吉村は、飢え死にしそうな家族を救うため脱藩し新選組に入隊する。周りからは金の亡者のように見られて時はいたが、家族への愛、武士としての義を貫きとおし幕末の混乱期を駆け抜けた本物の侍の姿を描いた作品。 監督:滝田洋二郎、脚本:中島丈博、音楽:久石譲  2002年日本映画。 ネタバレを読む
2010年9月公開の日本映画です。 福岡沖に国際プロジェクトとして建設された天然ガス採掘プラント”レガリア”で火災が発生、第十管区海上保安本部の機動救難士である仙崎大輔はバディの吉岡とともに現場に向かいましたが、作業員の救助中に爆発が起こり、数名が施設内に取り残されてしまいました。 折悪しく天候が悪化する中で、仙崎は全員が無事に帰還できる方法を模索し、奮闘していったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
冷酷な皇帝によってすべてを失った将軍・マキシマスが様々な試練を乗り越え、復讐に挑む姿を描く歴史スペクタクル。第73回アカデミー賞で作品賞をはじめ5部門を受賞した他、英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞など主要な賞を独占。 皇帝に逆らった罪で死刑を言い渡されたものの九死に一生を得たマキシマスは、奴隷にまで身を落としながらも剣闘士として名を馳せる。ついに皇帝に対峙する機会を得たマキシマスがとった行動とは。 ネタバレを読む
アバターの紹介:2009年製作のアメリカ映画。『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。 ネタバレを読む
大手電機メーカーの経営企画室長を務める筒井肇は、ある日専務から呼ばれ工場部門の閉鎖と跡地の売却交渉、人員のリストラを頼まれる。工場部門の責任者は同期の川平だったが工場の閉鎖にめどをつけたころ交通事故で川平はなくなってしまう。その頃出雲の実家で一人暮らす母親にがんが見つかり、実家に戻った時古い缶の中から子供のころ収集して切符を見つけ自分が電車の運転手になりたかったことを思い出す。そして母のことや川平のこと、自分の夢に挑戦してこなかったことを思い、49歳ではあるが電車の運転手になることを決意する。日本映画。2010年 錦織良成監督 上映時間130分。 ネタバレを読む
キャスト・アウェイの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督&トム・ハンクスという「フォレスト・ガンプ 一期一会」コンビ再びの作品。長い年月を無人島で過ごすことになる男の苦悩をドラマティックにつづった感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が7件届いてます
父親の失踪で学費が払えなくなり、ついには大学を除籍された主人公が、ビラ配りやティッシュ配り、新薬の治験アルバイト、ホストクラブ、日雇い労働者などを経験し果てはホームレスにまで転落するが、そこから立ち直ろうとするストーリー。 佐々部清監督 福澤徹三の小説を2014年に映画化 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×