「子供向け」映画一覧(3ページ目)

子供向けタグのついている映画は、小さなお子様でも見やすく、豊かな心を育むストーリー展開の作品が多く、特に若年層に好まれています。代表的な映画として、「グーニーズ」「ベットタイム・ストーリー」「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」などがあります。

映画:ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第8弾です。公開当時は原作でフリーザ戦が終了したばかりで、アニメにおいてはまだナメック星で激闘を繰り広げていました。本作には当時における最強の敵、フリーザの兄クウラが登場します。このクウラは映画オリジナルのキャラクターで、原作には一切登場しません。ですがクウラは人気の高いキャラクターであるため、ゲームなどにはよく登場しています。さらに本作以外の映画でも活躍しています。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやるの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の第16弾です。原作終了後に公開された映画で、魔人ブウとの戦いが終わった後の話だとされています。勇者タピオンというキャラが登場するなど、従来の「ドラゴンボール」とは少し違う設定とストーリーが魅力的です。それに加えて巨大ボスとの決戦が市街地で行われるなど、「ドラゴンボールシリーズ」の中でも珍しい戦闘が描かれています。さらに本作ではオープニングもなく、劇中でクレジットが表記されるという演出になっています。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第15弾です。11弾以来となる孫悟空が主役の作品です。12弾、13弾、14弾はそれぞれ孫悟飯と孫悟天が主役を務めています。久しぶりに孫悟空が主役となる映画であるため、タイトルにも名前が入っています。本作では悟空とベジータのフュージョンによって生まれたゴジータが初めて登場します。ちなみに本作でフュージョン姿が出たため、原作ではポタラによる合体ベジットを出したそうです。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第11弾で、初の長編作品となります。本作で初めて伝説の超サイヤ人ブロリーが登場します。映画だけのオリジナルキャラクターでありながら、「ドラゴンボールファン」から多大な人気を誇っているのがブロリーです。ブロリーは「もう一人の孫悟空」というコンセプトで作られたキャラクターで、孫悟空とは深い因縁があります。そうした設定もブロリーが人気を得た理由でしょう。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の劇場版第7弾です。タイトルに超サイヤ人と付いていますが、実際は超サイヤ人は登場しません。そもそもこの映画が公開されたとき、原作でも超サイヤ人は登場していませんでした。ただし超サイヤ人という存在がいることは言及されています。ですので本作における超サイヤ人というのは金髪の孫悟空ではなく、金色のオーラを身にまとった擬似的な超サイヤ人となります。ある意味超サイヤ人の前段階とも言うべき姿が登場します。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」第6弾となる映画です。原作者、鳥山明氏の「サイヤ人は顔の種類が少ない」という裏設定と、朝鮮人参の「畑の養分を吸って大きくなる」という話から考えられた作品です。主人公孫悟空と同じ顔の敵ターレスが登場しているので、キャッチコピーは「悟空が二人!?」になっています。こうした孫悟空と同じ顔の敵が初めて登場したのが本作です。なお本作のキーアイテムとなる神精樹は鳥山明氏がデザインしています。

ネタバレを読む
映画:犬のおまわりさん 手のひらワンコ3D

犬のおまわりさん 手のひらワンコ3Dの紹介:2011年の公開作。『ねこばん3D とび出すにゃんこ』の有馬顕監督をはじめ、数々の動物映画を手掛けて来たチームが作り上げた心温まるドラマ。ある日交番に迷子の子犬が届けられる。法改正により子犬は交番では預かれずに保健所へ行くことになったが、引き取手がなければ1週間で処分されてしまう…。それを知った新米おまわりの愛沢は、自宅へ子犬を連れ帰るのだが…。

ネタバレを読む
映画:グリンチ(2018)

グリンチの紹介:2018年公開。ドクター・スース原作の児童文学の3度目の映像化作品であり、劇場用アニメーション映画として制作されるのは今作が初となる。「怪盗グルー」シリーズで知られるイルミネーションスタジオ制作。意地悪な主人公グリンチの声は、「ドクター・ストレンジ」「シャーロック・ホームズ(テレビドラマ版)」等でお馴染み、ベネディクト・カンバーバッチが演じる。日本語吹き替え版では、大泉洋がグリンチの声を担当している。

ネタバレを読む
映画:劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王の紹介:「仮面ライダーキバ」の劇場公開作品です。テレビシリーズとは一部設定が異なったパラレルワールドのような世界観になっているのが特徴的です。「仮面ライダー電王」のレギュラー声優陣が俳優としてゲスト出演しているのも一つのウリとなっています。声優陣はそれぞれ「電王」で演じたキャラを彷彿とさせる台詞回しを使っているため、ファンにとっては嬉しいシーンだと言えるでしょう。もちろん劇場版だけのオリジナル仮面ライダーやテレビシリーズの先行形態も登場しています。

ネタバレを読む
映画:がんばれスイミー

がんばれスイミーの紹介:オランダのレオ・レオニの人気絵本『スイミー』の劇場アニメ版。 1986年公開の日本映画で、数々のアニメを手掛けるOH!プロダクション製作の作品。兄弟の中でたった一匹だけ黒い体をした小さな魚のスイミーが、仲間からはぐれたことで、外の海を学び成長していく姿を描く。

ネタバレを読む
映画:2002ワンワンカップ

2002ワンワンカップの紹介:2000年製作のアメリカ映画。運動神経抜群のゴールデンレトリバーのバディが、今度はサッカーに挑む姿を描いている。バスケにアメフト、野球に続いて、天才犬が才能を見せつける。さらに子犬が産まれてパパになってと、ハートフルなスポーツコメディ作品。

ネタバレを読む
映画:屋根裏のエイリアン

屋根裏のエイリアンの紹介:2009年公開のアメリカ・カナダ合作映画。家族で貸別荘にやってきた子供たちが、屋根裏に潜んでいたエイリアンから、地球を守るために立ち向かう姿を描いている。監督はジョン・シュルツ、音楽を担当したのはジョン・デブニー。アシュリー・ティスデールやドリス・ロバーツ、ケヴィン・ニーロンら出演で贈るSFコメディ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。