「子供向け」映画一覧(4ページ目)

子供向けタグのついている映画は、小さなお子様でも見やすく、豊かな心を育むストーリー展開の作品が多く、特に若年層に好まれています。代表的な映画として、「グーニーズ」「ベットタイム・ストーリー」「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」などがあります。

映画:リスのいたずら合戦
リスのいたずら合戦の紹介:1950年公開のウォルト・ディズニー・プロダクション制作の作品。タイトルは「リスのいたずら合戦」であるが、主人公はチップとデールではなくドナルド・ダッグであり、ドナルド・ダッグが主人公のシリーズとしては第93作目である。監督を務めたのは、ディズニー作品で多く監督を務めているジャック・ハンナ。現在はYouTubeのディズニー公式チャンネルにてダイジェスト版を鑑賞することができる。完全版はディズニーDXにて配信中。 ネタバレを読む
映画:宇宙刑事ギャバンTHEMOVIE
宇宙刑事ギャバン THE MOVIEの紹介:2012年10月公開の作品。1982年から1983年に放送されていた特撮作品である「宇宙刑事ギャバン」のリメイク作品である。2012年1月に公開されたクロスオーバー作品「海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」で復活した宇宙刑事ギャバンをメインに据えた作品となっている。コム長官役の西沢利明はこの作品が遺作となった。 ネタバレを読む
映画:ミッキーのドキドキ汽車旅行
ミッキーのドキドキ汽車旅行:1940年に公開された作品。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していた「ピーターパン」「眠れる森の美女」「101匹わんちゃん」などでも監督を務めたクライド・ジェロミニ。ミッキーの声はウォルト・ディズニーが自ら担当している。 ネタバレを読む
映画:ミッキーのダンスパーティー
ミッキーのダンスパーティーの紹介:1947年に公開された、ミッキーマウスシリーズの第114弾の作品。ミッキーマウスの生みの親であり、長年に渡って自らミッキーマウスの声を担当していたウォルト・ディズニーが出演した最後の作品となった。監督を務めたのは、プルートが主人公のシリーズを始めとした、ディズニー作品の監督を多く担当していたチャールズ・オーガスト・ニコルズ。 ネタバレを読む
映画:ドナルドのめざまし時計
ドナルドのめざまし時計の紹介:1941年公開のウォルト・ディズニー・カンパニーによる短編映画作品。ドナルド・ダッグが主人公であるシリーズとしては第30作品目となる。ウォルト・ディズニー本人が製作総指揮を担当し、監督を務めたのは、ディズニー・カンパニー所属で数多くのディズニー短編映画の監督を務めたジャック・キング。日本ではドナルド・ダッグ短編集のDVDソフトに収録された後、現在はディズニーDXにて配信されている。 ネタバレを読む
映画:オンネリとアンネリのふゆ
オンネリとアンネリのふゆの紹介:2015年のフィンランド映画で、日本公開は2018年。フィンランドの人気児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズの映画化第2弾。前作と同じキャストと制作陣で挑んだ今作は、本国では前回を上回る大ヒット作となった。まもなくクリスマス。オンネリとアンネリはバラの木夫人から買ったおうちで楽しく暮らしていた。ある日、悪い人間から逃げているというこびとの一家に出会ったオンネリとアンネリは、2人のドールハウスに一家をかくまうのだが…。 ネタバレを読む
映画:勇気の花がひらくときやなせたかしとアンパンマンの物語
勇気の花がひらくとき やなせたかしとアンパンマンの物語の紹介:やなせたかしの生誕100周年を記念して2019年に制作されたアニメ。ノンフィクション作家梯久美子の同名原作を若手監督の児玉徹郎が映像化した。『アンパンマン』を生み出したやなせの戦争体験や、苦しみや劣等感など、決して幸せばかりではなかった人生を綴る。 ネタバレを読む
それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!の紹介:2017年公開のアニメ映画です。「それいけ!アンパンマンシリーズ」の29作目の映画となります。原作者やなせたかし氏の絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたブルブルというオリジナルキャラクターが登場し、多部未華子氏が声優を務めています。他にゲスト声優として、キャイーンのウド鈴木氏と天野ひろゆき氏が登場しています。さらに「それいけ!アンパンマンシリーズ」の劇場版長編で初めてカレーパンマンが主人公となっています。 ネタバレを読む
映画:太陽戦隊サンバルカン(1981年)
太陽戦隊サンバルカン(1981年)の紹介:1981年に公開された日本の特撮映画です。「太陽戦隊サンバルカン」の劇場版で、「東映まんがまつり」の1つとして公開されました。2代目バルイーグルの飛羽高之が主人公となっているため、時系列的には23話以降となります。なお本作の撮影は23話や24話と並行して行われました。そのため舞台が浜名湖になっています。さらには飛羽の生身のアクションシーンや大爆破など、劇場版ならではの演出が特徴的です。 ネタバレを読む
映画:映画 妖怪ウォッチシャドウサイド鬼王の復活
映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活の紹介;2017年に公開された日本のアニメ映画です。「妖怪ウォッチ」の劇場版第4作目となりますが、今までのシリーズとは設定が一新されています。従来のシリーズの30年後を舞台としており、キャラクターや世界観などが多少違っているのが特徴的です。作風もシリアス寄りになっており、新しい「妖怪ウォッチ」が楽しめるでしょう。さらに本作は妖怪漫画の金字塔「ゲゲゲの鬼太郎」ともコラボレーションしています。 ネタバレを読む
映画:ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦の紹介:2011年に公開された特撮映画で、「スーパー戦隊シリーズ」としては初となる長編作品でもあります。「海賊戦隊ゴーカイジャー」の劇場版となりますが、他にも様々なスーパー戦隊のレジェンドが登場します。歴代の35戦隊から総勢199名の戦士が出演し、そのうえ歴代の巨大ロボも登場するなど、特撮ファンには堪らない作品になっています。ちなみにレジェンド戦士たちはオリジナルキャストが演じています。 ネタバレを読む
映画:劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊の紹介;2017年に公開された特撮映画です。「動物戦隊ジュウオウジャー」と「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のクロスオーバー作品となりますが、本作には「秘密戦隊ゴレンジャー」から「烈車戦隊トッキュウジャー」までの全メンバーおよび合体ロボのイメージが登場します。さらには「超獣戦隊ライブマン」のレッドファルコンの声をオリジナルキャストの嶋大輔氏が演じています。 ネタバレを読む
映画:劇場版獣電戦隊キョウリュウジャーガブリンチョオブミュージック
劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージックの紹介:2013年に公開された「獣電戦隊キョウリュウジャー」の単独劇場版です。戦隊の映画としては初めてミュージカル仕立てになっている作品で、話のテーマも歌が重要なカギを握っています。本作に登場する敵獰猛の戦騎Dやメカのトバスピノは後にテレビシリーズにも登場しています。さらにエンディングのダンスシーンではJリーグの7クラブとコラボしており、友情出演として「仮面ライダーウィザード」のキャストも踊っています。 ネタバレを読む
映画:烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOS
烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOSの紹介:2014年に公開された「烈車戦隊トッキュウジャー」の映画です。元々サファリレッシャーが登場することが決まっており、ここからゲストキャラやストーリーが生まれていきました。ミニチュアとCGを組み合わせた撮影が見所であると言え、追加戦士である虹野明/トッキュウ6号も登場します。ゲストヒロインには福原遥氏、メインの敵にはヒャダイン氏、ヒロインの相棒役はゴーカイイエローでお馴染みのM・A・O氏が務めています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×