「13日の金曜日シリーズ」映画一覧

13日の金曜日は1980年に作られたスプラッター映画で、大ヒットしてシリーズ化した。アメリカ・ニュージャージー州ブレアーズタウンのクリスタルレイク(湖)付近のキャンプに、不死身の殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズが出没して無差別に人を殺すストーリー展開は後のホラー映画に多大な影響を与えた。トレードマークのホッケーマスクを被ったのは第3弾から。最初期は走っていたジェイソンが歩くようになったのは第5作から。

13日の金曜日 ジェイソンの命日の紹介:1993年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第9弾。ニュー・ライン・シネマ製作の、初のシリーズ作品。不死身の連続殺人鬼・ジェイソンのルーツなどが新たに描かれる。

ネタバレを読む

13日の金曜日(2009年)の紹介:2009年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を、マイケル・ベイ監督が一から作り直したリブート作品。美しい湖畔で続発する猟奇事件と、怪物・ジェイソンにまつわる新たな謎を描く。番外編を含めばシリーズ12番目の作品。

ネタバレを読む

13日の金曜日 完結編の紹介:1984年公開のアメリカ映画。キャンプ地で男女を無差別で惨殺する殺人鬼の恐怖を描く、『13日の金曜日』シリーズ第4弾。完結編とは、第1章終了といった位置づけ。走るジェイソンの見おさめとなる(次作以降は走らず歩く)。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART3の紹介:1982年制作のアメリカ映画。キャンプ地で若い男女を無差別的に惨殺した殺人鬼の恐怖を描く、『13日の金曜日』シリーズ第3弾。今作品からジェイソンがトレードマークのホッケーマスクをかぶる。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART2の紹介:1981年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第2弾で、前作の続編にあたる。ニュージャージー州のキャンプ場を舞台として連続殺人が起こる恐怖映画で、いよいよ怪奇伝説の主・ジェイソンが登場する。

ネタバレを読む

フレディVSジェイソンの紹介:2003年公開のアメリカ映画。アメリカの2大人気ホラー・シリーズ『エルム街の悪夢』と『13日の金曜日』の看板キャラが対決し、〝最恐〟の座を競う両者の攻防戦をスリリングに描いた話題作。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.への紹介:1989年公開のアメリカ&カナダ映画。『13日の金曜日』シリーズ第8弾。不死身の連続殺人鬼・ジェイソンがニューヨーク行きの旅客船で、殺戮を繰り返す。パラマウントのシリーズ最後の作品。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART7 新しい恐怖の紹介:1988年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第7弾。今回は、連続殺人鬼・ジェイソンと、手違いでジェイソンを蘇らせてしまった超能力を持つ女性・ティナとの戦いを描く。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!の紹介:1986年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第6弾だが『新』との繋がりはなく、『完結編』の直接の続編という位置づけになる。今作品でトミーの出番は終わりとなる。

ネタバレを読む
  • 1
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。