「グロテスク/残酷」映画一覧(3ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

2006年のアメリカ映画。 原作は、マーヴェルヒーローのデアデビルの生みの親であり、アメコミ業界改革の足掛かりともなった傑作『バットマン:ダークナイト・リターンズ』の作者であるフランク・ミラーのグラフィック・ノヴェル。 古代ギリシア史に燦然と輝く大英雄・スパルタ王レオニダス一世が、300人の兵士たちと共にペルシア帝国100万の軍勢を迎え撃ったデュルモピライの激闘を、鬼才ザック・スナイダーが描いた。   ネタバレを読む
2007年制作のアメリカ映画。ある日、動物を狩りに行ったモスは、偶然にも麻薬取引の現場を見つけてしまう。交渉が決裂し死体しか残っていない現場でモスは、金が入ったブリーフケースを見つけ、盗んでしまう。これによってギャングから狙われることになったモスは逃亡するのであった。一方でそんなモスを追跡するため、凶悪な殺し屋であるシガーが送り込まれるのであった。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2007年制作のスペイン映画。消防士の取材をしていたレポーターのアンヘラは、通報のあったアパートで閉じ込められてしまう。突然暴れだす、アパートの住民による惨劇にアンヘラたちは逃げまどいますが追い詰められていく。果たしてこのアパートで一体何がおきているのか? ネタバレを読む
2010年製作のイギリス映画。カズオ・イシグロが2005年に発表した同名のSF小説を原作とし、臓器提供者となるために育てられる子どもたちを描くドラマ映画。幼いころから同じ寄宿学校で育ったキャシー、ルース、トミーの3人は、ある日新任の先生から不思議なことを聞かされる…。 ネタバレを読む
2002年に制作されヒットしたホラー映画「28日後・・・」の続編です。前作の監督ダニー・ボイルは製作にまわり、スペイン出身のファン・カルロス・フレスナディージョがメガホンを取りました。人を凶暴化させるウイルスが蔓延したイギリスで、ウイルスの感染を押さえ込んだ後の人々の葛藤や、ウイルスの再発による恐怖を描いています。 ネタバレを読む
2007年公開のアメリカSF映画。がん治療のために開発された薬品のウイルスによって世界人口の約95%が死亡し、生き残った者も狂暴で理性の失った怪物・ダークシーカーとして街に蔓延っていた。抗体を持つ男ロバートは愛犬サムとともに唯一生き残り、2012年の荒廃したニューヨークを生き抜く。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
「ハイテンション」や「ヒルズ・ハブ・アイズ」などのアレクサンドル・アジャ監督が、1978年に製作された「ピラニア」を3Dでリメイクした作品です。リメイクですがストーリーはほぼオリジナルで、スクリーンを立体化されたエロスと鮮血で染め上げた衝撃作です。「バック・トゥ・ザ・フィーチャー」の「ドク」で有名なクリストファー・ロイドや、「ジョーズ」のリチャード・ドレイファスがゲスト出演しています。 ネタバレを読む
「ゾンビの父」と言われたジョージ・A・ロメロ監督の作品「ゾンビ」をリメイクした、2004年度製作の映画です。ゾンビがユラユラと襲いかかってくるオリジナル版と違い、全力疾走で登場人物を追いかける、「走るゾンビ」という設定を確立した作品としても有名です。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
南アフリカ出身のニール・ブロムカンプが監督した、SFアクション映画です。南アフリカに突如飛来した、エイリアンの集団を受け入れることになった都市の混乱を背景に、1人の男性が直面した重大な危機を乗り越えようともがく物語になっています。各国で高く評価され、アカデミー賞では4部門にノミネートされました。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
それぞれの「愛」が、真正面からぶつかってくる園子温監督による、怒濤の237分。 主人公ユウと、彼が唯一愛した「マリア」、ヨーコとの長い長い恋の物語。宗教施設での洗脳、レズビアン、盗撮等、監督独自の「愛」の形が多く描かれている。2009年公開作品。 ネタバレを読む
ブラック・シープの紹介:2007年製作のニュージーランド映画。2007年ニュージーランドで公開後、日本でもインターネットを中心にホラーファンの間では伝説のカルト的な存在になった問題作。ニュージーランドの農村地帯で悪夢が繰り広げられるホラー。羊恐怖症に陥り、実家の牧場を離れていたヘンリー。15年後、兄・アンガスから農場を売るために呼び出されたヘンリーが帰郷すると、牧場では羊を使った秘密の遺伝子研究が行われていた…。 ネタバレを読む
死霊匣 SHIRYOBAKOの紹介:2019年製作のイギリス映画。びっくり箱から飛び出した不気味なピエロが殺戮を繰り広げるブリティッシュホラー。町の博物館に寄贈された古いびっくり箱。ある日、博物館で働くケイシーは、箱の中の不気味なピエロの異変に気付き、ピエロが生きているのではないかと疑うが…。 ネタバレを読む
フィアー・インクの紹介:ホラー映画が好きで、もっと怖い体験がしたい!と思っていた主人公が、現実の世界で本当に「死の恐怖」に晒されることになる・・・!というサスペンスホラーで、劇中に映画マニアの心をくすぐるようなセリフやシーンが散りばめられた構成になっています。 ネタバレを読む
レディ・オア・ノットの紹介:大富豪の一族に「嫁入り」に来た花嫁が、結婚式の夜に「新しい家族」の正体を知り、予想もしなかった恐怖に直面することになる・・・!というホラー映画で、血まみれになって「戦う花嫁」を演じたヒロインの奮闘っぷりが見ものになっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×