「グロテスク/残酷」映画一覧(3ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:人造人間13号

人造人間13号の紹介:2013年に公開されたゾンビものです。ストーリーはCSIを目指す学生たちが卒業試験の会場で、動く死体に遭遇するというもので、大人気ゾンビ映画「バイオハザードシリーズ」の制作を務めたドン・カーモディ氏と「スターウォーズ」の装置監督ロジャー・クリスチャン氏がスタッフとして参加しています。「フレディVSジェイソン」のキャサリン・イザベル氏が主演、その恋人役は「CSI:マイアミ」のブレンダン・フェア氏が熱演しています。

ネタバレを読む
映画:真ひきこさん

真ひきこさんの紹介:2009年に公開されたジャパニーズホラー映画です。都市伝説の「ひきこさん」をテーマにした作品となっており、小学生の時にあった事件から10年が経過し、同級生の1人が死んだことで、ひきこさんに襲われるというストーリーになっています。真とタイトルについているのは第2弾だからですが、前作と繋がりがあるわけではなく、まったくの別物と考えて相違ありません。前作との共通点はひきこさんが登場するということくらいです。そのため本作から見ても充分でしょう。

ネタバレを読む
映画:ZMフォースゾンビ虐殺部隊

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の紹介:2013年に公開されたゾンビアクション映画です。「ハウス・オブ・ザ・デッド」や「アローン・イン・ザ・ダーク」などの映画で知られているウーヴェ・ボル氏が政策を務めており、なんとアメリカ大統領役で出演しています。監督を務めるのは「EATERS」のマルコ・リストーリ氏とルカ・ボニ氏です。ちなみに本作はFPSゲームの「ZOMBIE MASSACRE」を映像化した作品ですが、内容は独自のものになっています。

ネタバレを読む
映画:拷問男

拷問男の紹介:2012年製作のオーストラリア映画。想像を絶する拷問描写を通して、社会の闇を描いたスプラッターホラー。幼い娘を殺され、復讐を誓ったシングルファーザーのデレクは犯人を見つけ出し、自宅に監禁する。凄惨な拷問で犯人に苦痛を与えていくうちに、デレクの残忍な本性が現れ…。

ネタバレを読む
映画:NO EXITノーイグジット

NO EXIT/ノー・イグジットの紹介:明らかに「小物」な感じの、泥棒家業をしている恋人同士のコンビが、最後の仕事として忍び込んだ家でとんだハプニングに遭遇、「もうひと仕事」するハメに。しかし潜入したその家は、恐るべき殺人鬼の棲み家だった・・・!というクライムサスペンスを、コメディ風味たっぷりに描いた作品です。全体にテンポが良く、心地よい怖さと笑いを楽しめる一作です。

ネタバレを読む
映画:ファイナルデッドシャッター本当にあった呪いのカメラ

ファイナル・デッドシャッター 本当にあった呪いのカメラの紹介:2014年に制作されたホラー映画です。ファイナル・デッドと付いていますが、「ファイナル・デッドシリーズ」とは一切関係のない作品になっています。19世紀末に本当にあった遺体写真の文化をテーマに据えており、カメラで撮影された者が不可解な死を遂げるというストーリーです。冒頭で本当にあった話であるとされていますが、実際はそういう体で進んでいるだけです。

ネタバレを読む
映画:復讐鬼マイジャスティス

復讐鬼 マイ・ジャスティスの紹介:幼い我が子を誘拐犯に無残に殺された若い夫婦が、取引により刑期を短縮されてしまった犯人へ、自分たちの手で壮絶な「復讐」を開始する・・・!という物語で、スプラッタ映画なみの残酷シーンも出てくる凄絶な復讐劇です。「悪魔のいけにえ2」のチョップトップ役や、「マーダー・ライド・ショー」「デビルズ・リジェクト」のオーティス役で日本でも人気の高いビル・モーズリィが誘拐犯を演じています。

ネタバレを読む
映画:ワンダーガールサムライアポカリプス

ワンダー・ガール:サムライ・アポカリプスの紹介:フィリピンを舞台に、日本で古来から伝わる精霊や悪霊を呼び出す手法を記した「石の書」を巡って巻き起こる争いを描いた、ホラーアクション映画です。出演している俳優は現地の方々ですが、日本から、小澤マリアさんが出演しています。

ネタバレを読む
映画:奪還者

奪還者の紹介:「アニマル・キングダム」などで知られるデヴィッド・ミショッド監督によるアクション映画。世界経済の破綻から10年が経過したオーストラリアを舞台に、愛車を盗まれた男とその強盗団の弟との交流を描く。日本公開は2015年。

ネタバレを読む
映画:マチェーテキルズ

マチェーテ・キルズの紹介:2010年に公開された映画「マチェーテ」の続編です。主演はダニー・トレホ氏で、前作から続投して、ジェシカ・アルバ氏やミシェル・ロドリゲス氏も出演しています。さらにはメル・ギブソン氏やレディー・ガガ氏、チャーリー・シーン氏やアントニオ・バンデラス氏など、豪華なキャストが勢ぞろいしています。まさに夢のような映画と言えます。なおチャーリー・シーン氏は本作では本名のカルロス・エステベスでクレジットされています。

ネタバレを読む
映画:ヒットマンザバトルフィールド

ヒットマン:ザ・バトルフィールドの紹介:2013年に公開された映画で、ゴア描写で知られている映画制作会社ネクロストームの作品です。当然本作もゴア描写たっぷりで、いわゆるバイオレンスアクション映画となっています。この作品の最大の特徴は、全編主人公の視点で撮られていることです。まるでFPSゲームのように主人公の目線で物語は進んでいき、ガンシューティングのような感覚を味わえるのも魅力の1つです。そのためFPSホラーゲームのような物語になっています。

ネタバレを読む
映画:ディープインセクト

ディープインセクトの紹介:2016年に公開されたアメリカのモンスターパニック映画です。隕石に乗ってやって来た生命体が、人類を襲うという物語です。タイトルからも分かる通り、虫によく似た巨大生命が登場します。とはいえ基本的にはマッドサイエンティストや飲んだくれのちょびヒゲ親父に焦点が当てられており、巨大生命体はそんなに出てきません。いわゆる低予算映画なのですが、古臭い演出とチープな感じが魅力的な点だと言えるかもしれません。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。