「グロテスク/残酷」映画一覧(54ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:呪怨(黒い少女)

呪怨 黒い少女の紹介:2009年公開の日本映画。「呪怨」シリーズ第6弾(ビデオ版も含む)で番外編となり、今作品は『呪怨 白い老女』と連動する内容。シリーズの最新作として2014年6月28日に劇場版『呪怨 -終わりの始まり-』が公開予定。

ネタバレを読む
映画:呪怨2(劇場版)

呪怨2(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇・監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、続いて映画化した「呪怨」シリーズ。ビデオ作品から数えるとシリーズ4作目となる。ビデオ版と劇場版は関連性があり、話は繋がっている。

ネタバレを読む
映画:呪怨2(ビデオオリジナル版)(2000年)

呪怨2(ビデオオリジナル版)(2000年)の紹介:2000年、日本のビデオオリジナル作品。呪怨シリーズの2作目にあたるビデオ作品。後に劇場版が続々と作られるなど注目を集めた。佐伯家の惨劇後に住み始めた住人と関係者が襲われる恐怖を描く。

ネタバレを読む
映画:呪怨(劇場版)

呪怨(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、あまりの恐さに話題を呼び映画化の運びとなった。ハリウッドでも映画化され、日本版の「呪怨」シリーズ続編も次々に制作されている。

ネタバレを読む
映画:呪怨(終わりの始まり)

呪怨 -終わりの始まり-の紹介:2014年公開の日本映画。「呪怨」シリーズの第7弾(ビデオ版、番外編も含む)。ハリウッド映画化もされた呪怨シリーズの最新作で劇場版の3作目にあたり、全作品の集大成といったもので、新たな設定にも驚かされる。

ネタバレを読む
映画:300(スリーハンドレッド)

300<スリーハンドレッド>の紹介:2007年公開のアメリカ映画。フランク・ミラー原作のグラフィックノベル『300』を元に、ペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた作品。日本ではR15+指定。

ネタバレを読む
映画:300(スリーハンドレッド)〜帝国の進撃〜

300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜の紹介:2014年公開のアメリカ合衆国のファンタジー・アクション映画である。2007年の映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の続編であり、前作の出来事の前後の物語が描かれた作品。

ネタバレを読む
映画:地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪いの紹介:2013年制作の日本映画。園子温監督が15年以上前に執筆していたという脚本に加筆し、映画化したコミカルなアクション。妻の出所祝いにと、彼女の夢だった、娘を主演にした映画の製作に挑む男と、巻き込まれていく人々の姿を描く。

ネタバレを読む
映画:凶悪

凶悪の紹介:2013年公開の日本映画。実際に起きた凶悪殺人事件を基に、獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を描いたノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした、社会派サスペンス・エンターテインメント映画。

ネタバレを読む
映画:鬼龍院花子の生涯

鬼龍院花子の生涯の紹介:1982年公開の日本映画。宮尾登美子の中編を原作とし、夏目雅子がヒロイン・松恵役を体当たりで演じ(ヌードシーンも披露している)、夏目が夭折したため彼女の代表作として没後もいまなお、名高い作品である。

ネタバレを読む
映画:ストロベリーナイト

ストロベリーナイト(映画)の紹介:2013年公開の日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とする、フジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、主演は竹内結子。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。