「グロテスク/残酷」映画一覧(58ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:バイオハザードⅡ2アポカリプス

バイオハザードⅡ アポカリプスの紹介:2004年公開のアメリカ映画。原作ゲームソフト『バイオハザード3』とリンクするホラーアクション映画で、シリーズ第2弾である。「アポカリプス」とは「黙示録」の意で、世界の破滅とキリストの再来を謳ったもの。

ネタバレを読む
映画:バイオハザード1

バイオハザードの紹介:2002年公開のアメリカ映画。カプコンの人気ゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画である。シリーズ化され、主演のミラ・ジョヴォヴィッチの代表作ともいえる作品となった。

ネタバレを読む
映画:ポルターガイスト2

ポルターガイスト2の紹介:1986年公開のアメリカ映画。1982年の作品『ポルターガイスト』の続編で、本作の撮影終了直後に、インディアンの祈祷師を演じたウィル・サンプソン、ケイン牧師を演じたジュリアン・ベックがそれぞれ病魔に冒され急死した。

ネタバレを読む
映画:その男、凶暴につき

その男、凶暴につきの紹介:1989年公開の日本映画。北野武の初監督作品で、主演も務め注目を浴びた。それまでお笑い芸人「ビートたけし」として活躍していた北野の、別の才能を発揮した記念すべき作品。なお興業上の理由で「ビートたけし」と表記された。

ネタバレを読む
映画:ムカデ人間

ムカデ人間の紹介:2010年公開のオランダ映画。複数の人間の口と肛門をつなげてムカデ人間を作るという、世にもおぞましい手術の全貌をトム・シックス監督が赤裸々に映像化したホラー。全三部作の予定で『ムカデ人間2』『ムカデ人間3』も作られた。

ネタバレを読む
映画:ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…

ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…の紹介:1988年公開のアメリカ映画。『ポルターガイスト』シリーズ3作目。本作の撮影終盤に、キャロル・アン役のヘザー・オルークが原因不明の奇病でわずか12歳で急死し、ラスト部分は変更を余儀なくされた。

ネタバレを読む
映画:ポルターガイスト

ポルターガイストの紹介:1982年公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督による古典のホラー映画名作中の名作で、1986年に第2作『ポルターガイスト2』、1988年に第3作『ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…』が公開された。

ネタバレを読む
映画:呪怨(ビデオオリジナル版)(1999年)

呪怨(ビデオオリジナル版)(1999年)の紹介:1999年、日本のビデオオリジナル作品。この作品並びに続編『呪怨2(ビデオオリジナル版)』を発表すると話題を呼び、後に劇場版が作られシリーズ化される。恐怖の発端となる佐伯家の惨劇を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:呪怨(白い老女)

呪怨 白い老女の紹介:2009年公開の日本映画。「呪怨」シリーズ第5弾(ビデオ版も含む)で番外編にあたる。キャッチコピーは「呪いつづけて、10周年。」、『呪怨 黒い少女』(この作品とリンクする内容の映画)と同時上映された。

ネタバレを読む
映画:呪怨(黒い少女)

呪怨 黒い少女の紹介:2009年公開の日本映画。「呪怨」シリーズ第6弾(ビデオ版も含む)で番外編となり、今作品は『呪怨 白い老女』と連動する内容。シリーズの最新作として2014年6月28日に劇場版『呪怨 -終わりの始まり-』が公開予定。

ネタバレを読む
映画:呪怨2(劇場版)

呪怨2(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇・監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、続いて映画化した「呪怨」シリーズ。ビデオ作品から数えるとシリーズ4作目となる。ビデオ版と劇場版は関連性があり、話は繋がっている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。