「グロテスク/残酷」映画一覧(60ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:ジョーズ2

ジョーズ2の紹介:1978年のアメリカ映画。1975年の作品『ジョーズ』の続編にあたる。前作の監督・スティーヴン・スピルバーグが辞退し、ヤノット・シュワルツが監督を務める。前作の3年後という設定で、海辺の町アミティを再びサメの恐怖が襲う。

ネタバレを読む
映画:ジョーズ

ジョーズの紹介:1975年のアメリカ映画。1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグの監督作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:エイリアン4

エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。

ネタバレを読む
映画:エイリアン3

エイリアン3の紹介:1992年のアメリカ映画。シリーズ第3作。今作では撮影にあたってシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。「セブン」「ファイト・クラブ」などで有名なデヴィット・フィンチャーの初監督作品。

ネタバレを読む
映画:エイリアン

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

ネタバレを読む
映画:エイリアン2

エイリアン2の紹介:1986年のアメリカ映画。シリーズ第2作。SFホラーの古典となった前作から一変、エイリアンと兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。キャッチコピーは「This time it’s war.(今度は戦争だ)」。

ネタバレを読む
映画:臨場 劇場版

臨場 劇場版の紹介:「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を元にした、大ヒットドラマシリーズを映画化。豪快で型破りながらも、鋭い観察眼を持ち、これまでにもさまざまな難事件を解決してきた検視官が、新たな真相に迫る。

ネタバレを読む
映画:それでも夜は明ける

それでも夜は明けるの紹介:黒人ヴァイオリン奏者のソロモンが拉致され、解放されるまでの12年間を南部の奴隷として生きるという、実話を元にした映画。どんなにつらい状況でも乗り越えてきたソロモンに感動する。

ネタバレを読む
映画:オールドボーイ

オールドボーイの紹介:15年間、理由も分からずに監禁されていた男。監禁していたのは誰なのか、理由は何なのか。本当に知るべきことは、「なぜ15年も監禁していた男を解放したのか」そこには残酷な理由があった。

ネタバレを読む
映画:ダンサーインザダーク

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。

ネタバレを読む
映画:アイデンティティー

アイデンティティーの紹介:「17歳のカルテ」や「ニューヨークの恋人」などで知られるジェームズ・マンゴールド監督によるサイコ・ミステリー。嵐の夜、身動きの取れない一軒のモーテルで11人が一人ずつ謎の死を遂げて行く。

ネタバレを読む
映画:ウルフオブウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年製作のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画。実在の株式ブローカーで、ウォール街の狼と呼ばれた男・ジョーダン・ベルフォートの回想録を原作としている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。