「グロテスク/残酷」映画一覧(61ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:エクソシストビギニング4

エクソシスト ビギニングの紹介:2004年公開のアメリカ映画。「エクソシスト」とは「悪魔祓い」の意味。映画『エクソシスト』シリーズの第4弾ではあるが、25年前のメリン神父の闘いを描いた時系列としては最も古い序章の作品となっている。

ネタバレを読む
映画:エクソシスト3

エクソシスト3の紹介:1990年制作のアメリカ映画。映画『エクソシスト』の第3弾。ジョージタウンで次々に起こる猟奇殺人事件を担当する刑事が、悪魔憑きと遭遇して闘う。「エクソシスト」とは「悪魔祓い」の意。

ネタバレを読む
映画:脳男

脳男の紹介:2013年公開の日本映画。首藤瓜於による同名小説の映画化。生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない謎の男性“脳男”と、彼の精神鑑定を依頼された女医、彼を追う刑事が描かれた作品。

ネタバレを読む
映画:ファイナルデッドサーキット3D4

ファイナル・デッドサーキット 3Dの紹介:2009年制作のアメリカ映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第4弾。満員のサーキット会場で事故から死を逃れた人たちが、次々に死神の餌食となっていく…。

ネタバレを読む
映画:ファイナルデッドコースター3

ファイナル・デッドコースターの紹介:2006年制作のアメリカ映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第3弾。今度の舞台は遊園地のジェット・コースターで、事故を免れた人々を次々に襲う恐怖を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:デッドコースター2

デッドコースターの紹介:2003年公開のアメリカ映画。『ファイナル・デスティネーション』の続編にあたるホラー・サスペンス映画で、高速道路の玉突き事故から死を免れた9人の男女に襲いかかる恐怖を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:ファイナルデスティネーション1

ファイナル・デスティネーションの紹介:2000年公開のアメリカ映画。飛行機事故を予知して回避した若者たちが、次々に逃れられない死の運命にさらされる恐怖を描いた、サスペンス・ホラー映画。舞台(場所や設定)を変えてシリーズ化もされている。

ネタバレを読む
映画:呪怨(ザグラッジ3)

呪怨 ザ・グラッジ3の紹介:2009年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク版『THE JUON-呪怨-』『呪怨 パンデミック』に続き、同シリーズの第3弾で完結編。トビー・ウィルキンスが監督を務め、清水崇は製作総指揮。

ネタバレを読む
映画:呪怨(パンデミック)

呪怨 パンデミックの紹介:2006年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク版『THE JUON-呪怨-』(2004年)の続編にあたる、同シリーズの第2弾。第3弾で完結編にあたる『呪怨 ザ・グラッジ3』も作られた。

ネタバレを読む
映画:THE JUON(呪怨)ディレクターズカット

THE JUON -呪怨- ディレクターズカットの紹介:2004年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のアメリカ・リメイク作品で、日本版に引き続き清水崇が監督を務めた。呪いの家に関わった米国人の恐怖を、オール日本ロケで描く。続編も作られた。

ネタバレを読む
映画:エクソシスト

エクソシストの紹介:1973年制作のアメリカ映画。20世紀後半のアメリカで少女に取り憑いた悪魔と悪魔祓い(エクソシスト)の神父との壮絶な闘いを描いた、オカルトホラー映画の代表作品であり、オカルトブームの先駆けともなった作品である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。