「グロテスク/残酷」映画一覧(74ページ目)

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:フローズン[Frozen]
期待の大型新人、アダム・グリーン監督の記念すべき第一作目となるソリッド・シチュエーション・スリラー。極寒のスキー場の、地上15mのリフト上で長期間孤立という極限状態に置かれた3人の男女の心理状況と、徐々に確実に死に向かう肉体状況を、目を覆いたくなるほどの緻密さで描いた衝撃作。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:セブン
セブンの紹介:1995年製作のアメリカ映画。「七つの大罪」をモチーフに繰り広げられる連続殺人事件に新人刑事とベテラン刑事が挑む。ベテラン刑事をモーガン・フリーマンが、新米刑事をブラッド・ピットが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:キューブCUBE
謎の立方体空間から脱出を図るという異色のシチュエーションサスペンス。閉じこめられた人間の頭脳と精神と肉体を極限まで追い込みます。果たして出口を見つけることが出来るのか。そして出口の先にあるものは。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:バイオハザードⅤ5リトリビューション
バイオハザードV リトリビューションの紹介:2012年公開のアメリカ映画。大ヒットシリーズとなったホラーアクションゲームの映画化第5弾。地球上にはゾンビウィルスが蔓延し、アンデッドで溢れかえる状況の中、驚愕の新事実が明らかになる。ニューヨークや東京、モスクワなどで撮影が行われた。 ネタバレを読む
映画:悪の教典
「悪の教典」は原作 貴志祐介のサスペンスホラー小説で、第1回山田風太郎賞を受賞しました。映画化にあたり監督を務めたのは三池崇史、主演俳優は伊藤英明です。映画が公開されるにあたり、初日2日間で興収2億9,894万5,000円、動員21万5,059人を動員し、大成功を収めました。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:ヘルタースケルター
ヘルタースケルターの紹介:2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演・沢尻エリカの5年ぶりの映画出演作。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞している岡崎京子の同名コミックを実写化した、蜷川実花の監督2作目の映画。芸能界で輝くりりこの、繁栄から衰退までを描いている。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:GANTZ(ガンツ)Part2パーフェクトアンサー(後編)
奥浩哉氏による漫画「ガンツ」の映画化作品で、「ガンツ1 前編」の後編となる作品です。マンガとは違うストーリー展開となっていて、原作ファンもそうでない方も楽しめる内容です。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×