「笑える」映画一覧(2ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:ナイトミュージアム2

ナイトミュージアム2の紹介:「ナイトミュージアム」の続編にあたる作品です。撮影場所であるスミソニアン博物館にライトセーバーが展示されていたため、作中にも小道具として登場します。そのうえ「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーや「セサミストリート」のオスカー、クッキーモンスターもカメオ出演しています。なお本作ではスミソニアン博物館には展示されてはいない展示物もたくさん登場しており、中にはそもそも史実にはないオリジナルキャラクターもいます。

ネタバレを読む
映画:眠るパリ

眠るパリの紹介:1923年のフランス制作のサイレント映画。フランス映画の父ルネ・クレールの初監督作で、実験的に制作された短編SFファンタジー。ある朝、世の中の時間が止まってしまう。エッフェル塔に住むアルベールだけがいつも通りで、眠ったように静かなパリの街を歩き続けていると、とある博士が発明した光線の影響で時間が静止したことを知る。

ネタバレを読む
映画:幕間

幕間の紹介:1924年のフランス制作のサイレント映画。スウェーデンバレエ団の公演『本日休演』の幕間に上映された実験的な映画で、特別なストーリーはなく、モンタージュ技術を駆使して制作された映像作品である。監督はシュルレアリスムの影響下にあったルネ・クレール。音楽を担当したエリック・サティは、数名の芸術家らと共に劇中にも登場する。

ネタバレを読む
映画:アダムスファミリー

アダムス・ファミリーの紹介:チャールズ・アダムスが生みだした一コマ漫画「アダムス・ファミリー」を原作とした映画です。アニメ版やドラマ版で人気を博したことがきっかけで、CGをフルに使った映画が制作されました。1991年当時の最新技術がふんだんに使われており、現実と虚構が入り混じったような演出になっているのが特徴的です。本作最大の特徴とも言えるのが、ゴシック様式を導入していることで、独特な雰囲気を持ったホラーコメディ映画となっています。

ネタバレを読む
映画:アントマン&ワスプ

アントマン&ワスプの紹介:2018年公開。2015年公開「アントマン」の続編であり、マーベル・シネマティック・ユニバースの第20作目となる作品。2016年公開「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でアベンジャーズの内戦に参加したアントマンのその後が描かれており、同じく2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」との繋がりも描かれる。2019年公開予定「アベンジャーズ/エンドゲーム 」へ続く、重要な作品。

ネタバレを読む
映画:カメラを止めるな

カメラを止めるな!の紹介:2018年6月23日公開の日本映画。監督&俳優養成スクール、ENBUゼミナールのワークショップから生まれた異色ホラー。37分間にわたるワンカットのゾンビ・サバイバル映画の撮影に挑む俳優やスタッフの前に本物のゾンビが出現し、事態が混迷していくさまが描かれる。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で観客賞を受賞するなど、国内外の映画祭で話題となった。

ネタバレを読む
映画:パッドマン5億人の女性を救った男

パッドマン 5億人の女性を救った男の紹介:2018年公開のインド映画。貧しさゆえ安価で清潔な生理用ナプキンが買えず、汚れた布を使っている妻や女性たちのために、自らの人生をナプキン製造と普及に捧げた実在のインド人男性の半生を描いたヒューマンドラマ。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』プロデューサーのR・バールキ。何かと生理がタブー視されている本国インドでも大ヒッ中。

ネタバレを読む
映画:ハムレット・ゴーズ・ビジネス

ハムレット・ゴーズ・ビジネスの紹介:1987年のフィンランド映画。シェークスピアの『ハムレット』を1980年代のフィンランドに置き換え、大胆に翻案したサスペンス・コメディ。監督・脚本は鬼才アキ・カウリスマキ。大企業の社長が殺害される。社長の息子であるハムレットは、会社を乗っ取ろうとする叔父に対抗しようとするのだが…。

ネタバレを読む
映画:50回目のファーストキス(2018年日本)

50回目のファーストキスの紹介:2018年6月1日公開の日本映画。交通事故の影響で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を負った女性と、彼女に対し毎日思いを伝えようとする青年との純愛を描くラブストーリー。「勇者ヨシヒコ」シリーズなどコメディを得意とする福田雄一監督が、数々の作品でタッグを組む盟友・山田孝之とのコンビで、長澤まさみをヒロインに迎え、ロマンチックな恋物語を紡ぎ出す。

ネタバレを読む
映画:レアエクスポーツ 囚われのサンタクロース

レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース~の紹介:クリスマスのフィンランド。サンタが住むという伝説の山から掘り出された”本物のサンタ”が伝説とは真逆の存在だったという2010年製作のブラック・ファンタジー。原案/監督/脚本は「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」のヤルマリ・ヘランダー(ザ・ヘランダー・ブラザーズ)。基作は同監督の短編「Rare Exports Inc.」(”Rare Exports”とは”希少輸出品”の意)。2010年シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀作品賞他数々の賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:トゥインクルトゥインクルキラーカーン

トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーンの紹介:深い森に佇む古城の療養所。奇天烈な療養生活を送るベトナム戦争で心を病んだ勇者らと精神科医の苦悩を描いた1980年制作の人間ドラマ。原作/監督/脚本は「エクソシスト」(原作)「エクソシスト3」(原作/脚本/監督)のウィリアム・ピーター・ブラッティで本作が初監督作品。主演は「エスケープ・フロム・L・A」のステイシー・キーチ、近年のドラマ「ウォーキング・デッド」でも活躍したスコット・ウィルソン始め70~80年代の名脇役が多数出演、1980年のゴールデン・グローブ賞脚本賞を受賞している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。