「笑える」映画一覧(2ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:グーフィーのテニス教室
グーフィーのテニス教室の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第24作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたピント・コルヴィグ。グーフィーたちがテニスをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:バッドダディ史上最悪のツアーガイド
バッド・ダディ 史上最悪のツアーガイドの紹介:2011年に制作されたアメリカの映画です。ジャンルとしてはファミリーコメディに当たります。ストーリーは7年間の服役を終えた主人公が娘との絆を取り戻すため、かつての悪友と対決するというもので、どこかコミカルに描かれているのが特徴的です。主演はアメリカのヒールプロレスラーとして知られるトリプルHことポール・レヴェック氏ですが、アクションシーンはそれほど多くはありません。 ネタバレを読む
映画:チャーリーズ・エンジェル(2019)
チャーリーズ・エンジェル(2019)の紹介:TVシリーズとして1970年代に放映され人気を博し、2000年代にも映画化された「チャーリーズ・エンジェル」の最新映画化です。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが出演し、女優のエリザベス・バンクスが監督・脚本を担当。バンクスは、自らもエンジェルたちを率いる「女性ボスレー」役で出演しています。 ネタバレを読む
映画:ロボシャーク vs. ネイビーシールズ
ロボシャーク vs. ネイビーシールズの紹介:謎の未確認行物体から発せられた、小さな光る玉を飲み込んだサメがメカニック化して「ロボシャーク」となり、シアトルの町をパニックに陥れる・・・!という仰天設定のサメパニック映画ですが、SNSやYou tubeなどの現代的要素と、様々な映画のスチャラカなパロディを盛り込んだ、奇想天外な作品になっています。 ネタバレを読む
映画:ワイルドワイルドウエスト
ワイルド・ワイルド・ウエストの紹介:バリー・ソネンフェルド監督、ウィル・スミス、ケビン・クライン主演のSF西部劇。アメリカ支配をもくろむ凶悪な科学者を追う黒人ガンマンと白人連邦保安官の冒険を描いていく。第13回キッズ・チョイス・アワードでは、ウィル・スミスがフェイバリット映画男優賞に輝いた。1999年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:グーフィーの水泳教室
グーフィーの水泳教室の紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの8作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルに「教室」がつく「グーフィーの教室シリーズ」の一作品である。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのフィッシング
グーフィーのフィッシングの紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの9作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルから「教室」が外れているが、過去の「グーフィーの教室シリーズ」と作風は同じである。 ネタバレを読む
映画:ゾンビランド:ダブルタップ
ゾンビランド:ダブルタップの紹介:ゾンビコメディとして大ヒットした前作から10年後に製作された待望の続編で、この10年でそれぞれ名を上げた監督や主なスタッフ、主要登場人物が前作から引き続き登板しています。新たな登場人物も加わり、更に過酷でバラエティに富んだ「ゾンビとの対決」が見どころになっています。 ネタバレを読む
映画:かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦
かぐや様は告らせたい~ 天才たちの恋愛頭脳戦~の紹介:2019年9月6日公開の日本映画。累計発行部数700万部を突破した赤坂アカの人気コミックを原作に、平野紫耀&橋本環奈共演で実写化。エリートが集う名門私立・秀知院学園。互いに惹かれ合う生徒会会長・白銀御行と副会長の四宮かぐやは、先に相手に告白させようと“恋愛頭脳戦”を繰り広げる。監督は、『ニセコイ』の河合勇人。 ネタバレを読む
映画:瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)
瘋癲老人日記の紹介:1962年10月20日公開の日本映画。谷崎潤一郎の文学作品の映像化。息子の嫁に欲望を感じる舅を描いた作品。嫁と舅の禁断の関係を、若尾文子と山村聰の名コンビ共演で描く。脚フェティシズムという、老人の性倒錯を描写する谷崎の作品を、“中央公論”連載谷崎潤一郎原作を「やっちゃ場の女」の木村恵吾が脚色・監督した。撮影もコンビの宗川信夫。 ネタバレを読む
映画:プルートの郵便状
プルートの郵便状の紹介:1947年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第26作目にあたる作品となる。犬のプルートとウサギの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:プルートの救助犬
プルートの救助犬の紹介:1947年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第26作目にあたる作品となる。犬のプルートとアシカのソルティの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!
スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の紹介:2015年に制作されたアメリカ合衆国のアニメーション映画です。「スポンジ・ボブ」の劇場版第2弾となります。シリーズ初の実写との融合作品であり、CGアニメも使用されています。本作は本来敵同士であるはずのスポンジ・ボブとプランクトンが協力して秘密のレシピを取り戻すというストーリーで、あの人気俳優アントニオ・バンデラス氏が敵の海賊役として出演しています。 ネタバレを読む
映画:スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションの紹介:2011年に公開されたアクション・コメディ映画。2003年に公開された作品『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ4作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はローワン・ブランチャードとメイソン・クック。過去作の主人公姉弟を演じたアレクサ・ヴェガとダリル・サバラも出演している。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。