「笑える」映画一覧(2ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:しゃぶしゃぶスピリット

しゃぶしゃぶスピリットの紹介:2015年に公開された短編映画です。アジア最大級の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」と農林水産省がタイアップして制作されたもので、日本食や日本の食文化を国内外に発信することを目的としています。父親が娘の彼氏の人間性をしゃぶしゃぶを通して見極めるというストーリーで、日本食や食文化をコミカルに描いているのが特徴的です。父親役は名俳優の平田満氏で、娘の彼氏は渡辺大氏が演じています。

ネタバレを読む
映画:ドナルドのお料理

ドナルドのお料理の紹介:1941年公開のウォルト・ディズニー・プロダクション制作の作品。ドナルド・ダックが主人公のシリーズとしては第34作品目となる。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、数多くのディズニーアニメーション作品の監督を務めたジャック・キング。ディズニーの動画配信サービス「ディズニー・デラックス」にて鑑賞することができる。

ネタバレを読む
映画:リスのいたずら合戦

リスのいたずら合戦の紹介:1950年公開のウォルト・ディズニー・プロダクション制作の作品。タイトルは「リスのいたずら合戦」であるが、主人公はチップとデールではなくドナルド・ダッグであり、ドナルド・ダッグが主人公のシリーズとしては第93作目である。監督を務めたのは、ディズニー作品で多く監督を務めているジャック・ハンナ。現在はYouTubeのディズニー公式チャンネルにてダイジェスト版を鑑賞することができる。完全版はディズニーDXにて配信中。

ネタバレを読む
映画:処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビの紹介:「処刑山 デッドスノウ」のトミー・ウィルコラ監督が、前作で生き残った青年を主人公として作り上げた、スプラッタゾンビコメディの続編です。製作されたのは2014年で、日本ではずっと未公開でしたが、2020年1月に「未体験ゾーンの映画たち」というイベントで初上映されました。

ネタバレを読む
映画:コンフィデンスマンJPロマンス編

コンフィデンスマンJP ロマンス編の紹介:2019年5月17日公開の日本映画。「リーガルハイ」などの人気脚本家・古沢良太が手がけ、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世演じる信用詐欺師たちが繰り広げるユニークな騒動を描いた人気TVドラマの劇場版。香港マフィアの女帝が持つと言われる伝説のパープルダイヤを手に入れようとするメンバーたちと、彼らと因縁深きキャラクターたちが大騒動を巻き起こす。

ネタバレを読む
映画:ミッキーのドキドキ汽車旅行

ミッキーのドキドキ汽車旅行:1940年に公開された作品。世界的に有名なキャラクターであるミッキーマウスを主人公としたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ作品である。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していた「ピーターパン」「眠れる森の美女」「101匹わんちゃん」などでも監督を務めたクライド・ジェロミニ。ミッキーの声はウォルト・ディズニーが自ら担当している。

ネタバレを読む
映画:ミッキーのダンスパーティー

ミッキーのダンスパーティーの紹介:1947年に公開された、ミッキーマウスシリーズの第114弾の作品。ミッキーマウスの生みの親であり、長年に渡って自らミッキーマウスの声を担当していたウォルト・ディズニーが出演した最後の作品となった。監督を務めたのは、プルートが主人公のシリーズを始めとした、ディズニー作品の監督を多く担当していたチャールズ・オーガスト・ニコルズ。

ネタバレを読む
映画:ドナルドのめざまし時計

ドナルドのめざまし時計の紹介:1941年公開のウォルト・ディズニー・カンパニーによる短編映画作品。ドナルド・ダッグが主人公であるシリーズとしては第30作品目となる。ウォルト・ディズニー本人が製作総指揮を担当し、監督を務めたのは、ディズニー・カンパニー所属で数多くのディズニー短編映画の監督を務めたジャック・キング。日本ではドナルド・ダッグ短編集のDVDソフトに収録された後、現在はディズニーDXにて配信されている。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋-花嫁さん編-

怪談新耳袋 -花嫁さん編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2004年5月に放送された第3シリーズの第1弾。坂井真紀主演の「赤い目」、北村一輝出演の「重いッ!」の他、「正座する影」「ばあさんが来る」「赤い三輪車」「もうひとり」「花嫁さん」の7本を収録。

ネタバレを読む
映画:ハイサイゾンビ

ハイサイゾンビの紹介:2015年に公開された日本のゾンビ映画です。本作はサム・ライミ監督の「死霊のはらわら」を意識したスプラッター描写もありますが、内容はコミカルなものになっているのが特徴的です。「ハイサイゾンビ」というタイトルからも分かるとおり、沖縄発のゾンビ映画となります。沖縄市観光協会が地域のPRのために制作した映画で、同市の全面協力を得て撮影されています。そのためキャスト陣も沖縄にゆかりのある人になっています。

ネタバレを読む
映画:内村さまぁ~ずTHEMOVIEエンジェル

内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェルの紹介:人気バラエティ番組「内村さまぁ~ず」から生まれた映画で、2015年に公開された作品です。キャストには番組レギュラーである内村光良やさまぁ~ずの2人に女優・藤原令子や久保田悠来などが参加しているほか、笑福亭鶴瓶や出川哲郎をはじめとした数多くの芸人が映画内に登場しています。主題歌をつとめているPUFFYも出演し、ドラマと「内村さまぁ~ず」の要素が融合した作品となっています。

ネタバレを読む
映画:人生の動かし方

人生の動かし方の紹介:2017年にアメリカで公開された作品。日本では2019年4月からAmazon Prime Videoで独占配信が開始され、同年12月20日から全国の劇場で公開が始まった。2011年に公開されたフランス映画の名作「最強のふたり」をハリウッドがリメイクした作品である。監督を務めたのはニール・バーガー。主演のふたりを演じたのはブライアン・クランストンと、「ジュマンジ」の続編シリーズで知られるケヴィン・ハート。また、ニコール・キッドマンも出演している。

ネタバレを読む
映画:キャノンボール2

キャノンボール2の紹介:1984年に公開されたカーアクション映画です。前作「キャノンボール」の続編でもあり、作中の時間軸は翌年となります。バート・レイノルズ氏やサミー・デイヴィスJr.氏、ジャッキー・チェン氏、フランク・シナトラ氏など、豪華なキャスト陣が魅力的です。本作ではジャッキー氏は主役ではなく、レースの参加者の1人といった感じになっています。なお本作は1984年のゴールデンラズベリー賞にもノミネートされたことがあります。

ネタバレを読む
映画:デッド寿司

デッド寿司の紹介:2013年に公開された日本の映画です。「古代少女ドグちゃんシリーズ」や「ケータイ刑事 銭形命」などの井口昇監督が手掛ける作品で、アクションとホラー、コメディの要素を持ち合わせています。寿司が人食い怪物になるという斬新な設定で、アクション女優の武田梨奈氏が主演を務めているため、主人公はカンフーを特技としています。そのため寿司をカンフーで倒すという一般的なホラー映画では見られないシーンが盛りだくさんです。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。