「笑える」映画一覧(2ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:デッドフライト

デッド・フライトの紹介:2007年に製作された、日本では劇場未公開のゾンビ映画。旅客機の中を舞台にゾンビが暴れまわるコメディホラーで、航空機パニックとゾンビパニックをこれ1本で楽しめる、1粒で2度美味しい作品。日本で「スネーク・フライト」が公開された時期に本作のDVDがリリースされたので、どっちがヘビでどっちがゾンビか、ごっちゃになってしまう人も多かった。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎哀歌

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌の紹介:きうちかずひろ氏の大人気不良漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした映画シリーズ第2弾です。この作品に登場する不良役は一般公募による出演者が多かったため、演技のはずの乱闘シーンから実際の喧嘩に発展することもあったようです。そのため喧嘩禁止の誓約書が用意されてあったとかなかったとか…。いずれにしても出演者たちに生傷が絶えなかったのは言うまでもありません。

ネタバレを読む
映画:スリーメンベビー

スリーメン&ベビーの紹介:1982年にアメリカで製作されたコメディ。フランス映画「赤ちゃんに乾杯!」をレナード・ニモイ監督がリメイクし、子育てに奮闘する独身中年男の奮闘ぶりをユーモラスに描いていく。第14回ピープルズ・チョイス・アワードではコメディ映画賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルの紹介:2019年公開。マーベル・スタジオ製作作品。「アイアンマン」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズなどで知られる、共通の世界観を持つ映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第21作であり、今作は、同シリーズ初の女性ヒーローの単独主演作でもある。監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレッグ。アンナ・ボーデンはシリーズ初の女性監督となる。主人公のヒーロー、キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース役に「ルーム」などで知られる女優ブリー・ラーソンを起用。舞台設定は1995年となっており、シリーズ一作目「アイアンマン」以前の物語となり、アベンジャーズ誕生のきっかけも描かれている。

ネタバレを読む
映画:ゴーストシャーク

ゴースト・シャークの紹介:「フライング・ジョーズ」「シャーク・ショック」など、B級サメ映画を多く手がけているグリフ・ファースト監督が作り上げた、大バカサメパニック映画。呪われた洞窟で死んだサメが亡霊となり、亡霊になったのをいいことに、海辺であろうが陸地であろうが、水のあるところにはどこでも出現して人を食いまくるようになるという、奇想天外なサメ災害を描く。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー2九龍の眼

ポリス・ストーリー2/九龍の眼の紹介:「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の続編です。前作と物語は続いていますが、本作だけでも十分楽しめる作りになっています。前作の敵も登場しますが、本作における敵は別の人物となっています。ちなみに日本公開時には「ポリス・ストーリー」というタイトルはついておらず、「九龍の眼」として公開されていました。廉価版ビデオを再発売する際、今のタイトルに変更され、「ポリス・ストーリー」の続編として日本でも有名になっています。

ネタバレを読む
映画:インスタント沼

インスタント沼の紹介:2009年公開の麻生久美子主演、三木聡監督・脚本によるオリジナルストーリーの作品です。これまでの三木監督作品と同様に小ネタが随所に散りばめられており、さらに少しノスタルジックな要素もプラスされた作品に仕上がっています。現実主義者の主人公がインスタント沼の存在を通じて不思議な体験をする物語で、ちょっとシュールな世界観の中で生きる主人公を麻生久美子がキュートに演じています。

ネタバレを読む
映画:タキシード (2002年)

タキシード (2002年)の紹介:大人気カンフースター、ジャッキー・チェン主演のアクション映画です。従来のジャッキーアクションとは違うSFチックなアクションを味わえます。タキシードという特殊なスーツを着込んだジャッキーのアクションは、カンフーとはまた違った凄味があります。日本とアメリカでは人気を博していますが、香港ではあまり人気を獲得することができなかったようです。ちなみに本作にはソウルミュージックの神様、ジェームス・ブラウンが本人役で出演しています。

ネタバレを読む
映画:ナポレオンダイナマイト

ナポレオン・ダイナマイトの紹介:2004年のアメリカのコメディ映画。公開当初はミニシアターで上映されていたが、口コミで評判が広がり、インディーズ映画としては異例の大ヒット作となった。なお、日本では劇場公開作品となっている。

ネタバレを読む
映画:ツインドラゴン

ツイン・ドラゴンの紹介:ジャッキー・チェンが初めて二役に挑戦した映画です。日本におけるポスターでは、ジャッキー・チェンの片方を人気お笑い芸人の内村光良氏の顔に変えています。その理由は顔が似ているからです。そもそもポスターのコピーに「ジャッキーは、ウッチャンを見てこの映画を思いついた」と書かれているくらいです。そのため本作が誕生した背景には内村氏の存在があったと言えるのです。ちなみに内村氏はチェンというあだ名で呼ばれています。

ネタバレを読む
映画:処刑山デッドスノウ

処刑山 デッド・スノウの紹介:ノルウェー出身のトミー・ウィルコラ監督が、雪山を舞台にゾンビ化したナチスの残党たちに襲われる若者たちの必死の抵抗とその運命を描く、コメディ仕立てのハイテンション・スプラッタホラー映画。

ネタバレを読む
映画:シティーハンター(1993)

シティーハンター(1993)の紹介:北条司氏の大人気漫画「シティーハンター」を実写化した映画です。主演は世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏です。原作漫画をジャッキー映画にアレンジしているのが特徴的です。この映画が作られたきっかけは「ジャッキーは冴羽獠に似てる」とファンが言ったかららしいです。日本の漫画を原作にしているため、日本人の後藤久美子氏が出演しているのも本作の特徴です。ちなみに「ストリートファイター」を彷彿させるシーンもあります。

ネタバレを読む
映画:クソ野郎と美しき世界

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年公開。SMAP解散後、「新しい地図」という新たなプロジェクトを発足した稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人を主演に据えた計4本の短編からなるオムニバス映画。「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」などで知られる園子温、山内ケンジ、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光、音楽ビデオ監督として著名な児玉祐一という錚々たる面々を監督に迎え話題を呼んだ作品である。

ネタバレを読む
映画:プーと大人になった僕

プーと大人になった僕の紹介:2018年公開。世界的に有名なディズニーの作品「くまのプーさん」」を実写映画化して話題となった作品。監督はマーク・フォスター。主人公クリストファー・ロビン役に、「スター・ウォーズ」「美女と野獣」などで知られているユアン・マクレガーを起用し、クリストファー・ロビンが、妻子を持ち仕事に追われる大人として登場。プーやその仲間たちと再会する物語が描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。