「笑える」映画一覧(2ページ目)

The Babysitter(2017年)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。眠らずに起きていた少年が、美人のベビーシッターの真実を知ってしまい、魔の手が迫っていく様を描いている。マックG監督で贈るホラーコメディで、ベラ・ソーンやハナ・メイ・リー、ロビー・アメルらが出演した作品。

ネタバレを読む

アダルト♂スクールの紹介:2003年公開のアメリカ映画。大学の近くに引っ越したことで、男3人が社交クラブを立ち上げ、騒ぎを繰り広げるコメディ。ハングオーバーシリーズのトッド・フィリップスが監督を務めた作品。ルーク・ウィルソン、ウィル・フェレル、ヴィンス・ヴォーン主演で贈る。

ネタバレを読む

お葬式に乾杯!の紹介:2010年製作のアメリカ映画。お葬式に集まった家族と親戚に起こる爆笑の一日を描いている。フランク・オズ監督がイギリス人家族のお葬式をユーモラスに描いた、2007年の「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」が原作。この作品をアフロアメリカン家族に置き換えて、ニール・ラビュート監督がリメイクした。

ネタバレを読む

ジャックはしゃべれま1,000の紹介:2012年公開のアメリカ映画。本の内容など読まずに、口八丁の調子の良さだけで契約をまとめていた代理人の男性が、ある日災難に見舞われる姿を描いている。エディ・マーフィーの3年ぶりの主演作で、「デイヴは宇宙船」のブライアン・ロビンス監督と再びタッグを組んだ作品。

ネタバレを読む

今年の恋の紹介:小料理屋の看板娘とエリート大学院生。いがみ合い素直になれない2人には口げんかが絶えないが、次第に互いに惹かれていく。
1962年のお正月映画として公開された木下恵介の脚本・監督作。軽妙洒脱な喜劇調のラブストーリー。

ネタバレを読む

ベン・スティラー 人生は最悪だ!の紹介:2010年公開のアメリカ映画。年齢ばかりを重ねてきた孤独な40歳の男性が、同じような境遇の女性と出会い、病める心を再生していく様を描いている。鬼才ノア・バームバックが監督・脚本を務め、孤独な40歳の男性をベン・スティラーが演じる。グレタ・ガーウィグやジェニファー・ジェイソン・リー、ブリー・ラーソンなど豪華キャストで贈る作品。

ネタバレを読む

サイクロンZの紹介:1988年に製作されたサモ・ハン監督・出演の香港発アクションコメディ。主人公の熱血弁護士をジャッキー・チェンが演じ、ユン・ピョウも共演した。工場の公害訴訟の弁護をすることになったジャッキー演じる弁護士が仲間とともに情報収集していくが、調査を進めていくうちに恐るべき事実に辿り着いてしまう。

ネタバレを読む

モール・コップ ラスベガスも俺が守る!の紹介:2015年製作のアメリカ映画。ラスベガスを舞台に、メタボで低血糖の警備員の活躍を描いている。「モール★コップ」の続編でシリーズ2作目。今回は警備員のポールと娘のマヤが、宿泊していた高級ホテルで、美術品を狙う盗難事件に遭遇する!

ネタバレを読む

ファミリー・フィーバー(2014年)の紹介:2014年製作のドイツ映画。ある週末に、カップルがお互いの両親を会わせたことで、重大な秘密が明らかになってしまう様を描いている。お城のようなお家で繰り広げられる騒動を映し出した作品。監督はニコ・ソマーが務め、カトリン・ヴァリグラやピーター・トラブナーらが出演。

ネタバレを読む

センチメンタル・アドベンチャーの紹介:1982年にアメリカで製作された大恐慌時代を舞台にしたミュージカルドラマ。クリント・イーストウッドが監督・製作・主演を務め、息子のカイル・イーストウッドとの共演も果たした。クランシー・カーライルの小説を映画化した作品だが、実在のカントリー歌手ジミー・ロジャーズの生涯も劇中の主人公のキャラクターに一部反映させている。肺の病を抱えたカントリー歌手が幼い甥とともにカントリーミュージックの聖地ナッシュビルを目指す旅に出る。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。