「笑える」映画一覧(2ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

トランスアメリカの紹介:2005年のアメリカのドラマ映画。監督・脚本はこれがデビュー作となるダンカン・タッカー。トランスセクシュアルの主人公ブリーを演じたフェリシティ・ハフマンは、本作の演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞などの数々の映画賞を受賞した。日本公開は2006年。 ネタバレを読む
「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」はアメリカの冒険アドベンチャー映画「ハムナプトラ/失われた死者の都」の続編で、前作と引き続きスティーヴン・ソマーズ監督と、キャストも前作のお馴染みの俳優陣となっています。ハムナプトラでのイムホテップと死闘から8年後、リックとエヴリンは結婚し、アレックスという8歳の息子を設けていました。しかし、そんな中イムホテップがまた蘇ってしまい、さらに新たな敵スコーピオン・キングを倒すためリック、エヴリン、ジョナサン、アーデス・ベイは再びエジプトへ・・ ネタバレを読む
三浦しをんの原作小説を元に『まほろ駅前多田便利軒』のその後を描いた映画化第二弾。 まほろ駅前で便利屋をしている多田は居候の行天と暮らしている。ある時多田は行天の元妻・凪子に懇願され、娘のはるを預かることになってしまった。子供が苦手な行天ははるを避けていたが、三人は生活を共にするうちに少しずつ打ち解けていく。ところが、ある団体の調査を依頼されたことから、二人は思わぬ事態に巻き込まれてしまう。 ネタバレを読む
2001年に公開されたアメリカ映画。監督は「ラッシュアワー」や「レッドドラゴン」などのブレット・ラトナー。主演はジャッキー・チェンとクリス・タッカー、共演にチャン・ツィイー。 休暇で香港に来ているカーター刑事は、リー捜査官の運転する車で観光しようとしていた矢先、領事館で爆発テロが起こる。カーター刑事を連れたまま潜入捜査を始めてしまうリー捜査官。爆発の裏にはリー捜査官の父親の敵のタンも絡んでいた。果たして爆発の目的とは?本当の黒幕は誰なのか・・。 ネタバレを読む
葉月と呼春は母の佐和と3人暮らし。14年前に女を作って出て行った父が末期がんになったと連絡を受け二人だけで見舞いに行くことになるが… • 第23回日本映画批評家大賞 新人監督賞(中野量太) • 第55回アジア太平洋映画祭(マカオ) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) • 第7回アジアン・フィルム・アワード(香港) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) ネタバレを読む
直木賞を受賞した三浦しをんの同名小説を瑛太、松田龍平主演で映画化。 まほろ市で便利屋を営んでいる多田は、同級生の行天と偶然再会する。共同生活をすることになった二人は風変わりな依頼人たちの問題や自らの過去に向き合っていくが、あることをきっかけに思わぬ事件に巻き込まれていく。 ネタバレを読む
2009年製作のアメリカ映画。主演のヒース・レジャーが作品完成前に他界してしまい、彼の意思を引き継いでジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウら豪華キャストが代役を務めた話題作。 1000年もの年月を生きたと称されているDr.パルナサスは、パーシー、アントンそして娘のヴァレンティナの4人で旅をしながら「パルナサス博士のイマジナリウム」と呼ばれる見せ物を開催していました。そのサーカスでは、鏡の世界に入る客にその人の欲望を見せてあげるというものでした。しかし、その見せ物はパルナサス博士が悪魔と取引した見せ物でした。その取引の代償は娘が16歳になった時に彼女を悪魔に引き渡すというもので…。 ネタバレを読む
2013年製作のアメリカ映画。 過去の悲しい事件への復讐に生きる悪霊ハンターのトントは、瀕死の状態に陥っていた男ジョンの命を救います。ある日、ジョンは愛する妻を殺されたことをきっかけに黒いマスクをつけた”ローン・レンジャー”を名乗り、トントと共に凶悪な敵に戦いを挑むのですが…。 ネタバレを読む
コーヒー&シガレッツの紹介:ジム・ジャームッシュが手がけたモノクロのオムニバス作品。出演者の名前がそのまま登場人物の名前になっており、彼らがコーヒーや紅茶を飲み、タバコを吸いながら会話をしている様子をユーモラスに描いている。日本公開は2005年。 ネタバレを読む
カナダの鬼才、グザビエ・ドランが描いたサスペンス映画。カンヌ国際映画祭に出品され審査員特別賞を受賞した。15歳の息子を育てるシングルマザー、ダイアン。ADHDの息子と共に、ダイアンが新たな人間関係を築き、心身ともに変化していく日々を描いた。PG-12。2014年公開作品。 ネタバレを読む
ホテル・アバンティで繰り広げられる大晦日から年越しパーティまでの様々な人間模様を描いた三谷幸喜監督第3作目の映画。主演は役所広司。キャッチコピーは、「最悪の大晦日に起きた最高の奇跡。最悪の大晦日は最高の奇跡の始まりだった」 2006年劇場公開作品、136分。 ネタバレを読む
2004年製作、2005年公開の日本映画。犬と人との触れ合いをテーマとした、いくつかのの短編からなるオムニバス映画。ポチという名の犬を縦軸に、いくつかの短編を絡ませたリレー方式の構成。 監督 - 犬童一心、黒田昌郎、祢津哲久、黒田秀樹、佐藤信介、永井聡、真田敦 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×