「笑える」映画一覧(4ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:綱引いちゃった!
綱引いちゃった!の紹介:大分県の女性綱引きチームを題材にしたコメディ作品で、水田伸生監督によって2012年に公開された作品です。主演は井上真央がつとめ、町おこしに奔走する市役所職員と、ひょんなことから参加することになった綱引きチームのキャプテン役を演じています。主題歌にはDREAMS COME TRUEの「愛して笑ってうれしくて涙して」が起用されており、劇中でも印象的な曲として使われています。 ネタバレを読む
映画:ドナルドの海洋団
ドナルドの海洋団の紹介:1939年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。人気キャラクターであるドナルド・ダッグを主人公としたシリーズの第15作目にあたる作品である。監督を務めたのは、ディズニーシリーズで多く監督を務めたディック・ランディー。ドナルドダッグとその甥っ子三つ子兄弟のヒューイ、デューイ、ルーイの4役をクラレンス・ナッシュが一人で務めている。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのバスケットボール
グーフィーのバスケットボールの紹介:1946年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第21作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたジャック・ハンナ。グーフィーたちがバスケットボールをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:ドナルドの南極探検
ドナルドの南極探検:1938年にウォルト・ディズニー・プロダクション製作の作品。ドナルド・ダッグを主人公としたシリーズの第7作目でありながら、ドナルドとグーフィがダブル主演となった初めての作品である。監督を務めたのは、ドナルド・ダッグシリーズやミッキーマウスシリーズの多くで監督を務めたベン・シャープスティーン。日本ではディズニーデラックス、YouTubeディズニー公式チャンネルで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ニートオブザデッド
ニート・オブ・ザ・デッドの紹介:2014年に公開されたゾンビコメディ映画です。ゾンビとなった引きこもりの息子の処遇について対立しあう夫婦を描いた作品で、母子の愛に焦点が置かれています。夫婦役を演じるのは筒井真理子氏や木下ほうか氏といったベテラン勢で、本作が本格的な映画デビュー作となる筒井真理子氏が引きこもりの息子役を演じています。さらに本作の監督を務めているのは「歌舞伎町案内人」の脚本を手がけた南木顕生氏です。同氏にとっては本作が初監督作であり、同時に遺作となりました。 ネタバレを読む
映画:リスの手袋騒動
リスの手袋騒動の紹介:1950年にウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した作品。題名に「リス」と入ってはいるが、プルートが主人公のシリーズの第44作品目にあたる作品である。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、ディズニー作品で多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本ではディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:プルートの骨どろぼう
プルートの骨どろぼうの紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。ミッキーの飼い犬であるプルートを主人公としたシリーズの第29作目にあたる作品となる。犬のプルートとホリネズミの物語を描いている。監督を務めたのは、プルートシリーズで多く監督を務めたチャールズ・A・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーの大探検
ミッキーの大探検の紹介:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第115作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているチャールズ・オーガスト・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーとあざらし
ミッキーとあざらし:1948年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第116作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているチャールズ・オーガスト・ニコルズ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーのハワイ旅行
ミッキーのハワイ旅行:1937年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第96作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているベン・シャープスティーン。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーのアイススケート
ミッキーのアイス・スケートの紹介:1935年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスを主人公としたシリーズの第79作目にあたる作品である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めているペン・シャープスティーン。ミッキーマウスの声をウォルト・ディズニー自らが演じている。日本ではディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:ミッキーとはらぺこオーム
ミッキーとはらぺこオームの紹介:1938年にウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した作品である。世界的人気キャラクターであるミッキーマウスが主人公のシリーズ第102作品目にあたる作品である。監督を務めたのはウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリーズで多く監督を務めているビル・ロバーツ。日本では、ディズニーデラックスで配信されている。 ネタバレを読む
映画:6アンダーグラウンド
6アンダーグラウンドの紹介:2019年公開。Netflix製作・配給のアクション映画。劇場公開用作品顔負けの予算をつぎ込んだ迫力満点のアクションシーンが見どころの作品。監督を務めたのは『アルマゲドン』『トランスフォーマー』『クワイエット・プレイス』などの数々の名作で知られるマイケル・ベイ。主演を務めたのは『デッドプール』シリーズの主演で知られるライアン・レイノルズ。 ネタバレを読む
映画:ザファブル
ザ・ファブルの紹介:「フツーに生きろ」と指令を受けた伝説の殺し屋ファブルの風変わりでハードな日常を描いた2019年公開のアクションコメディ。原作は南勝久の同名コミック。監督は数々の賞に輝くCMディレクターであり「めんたいぴりり」「ガチ☆星」などでも知られる江口カン。主演は受賞作「永遠の0」「散り椿」「蜩ノ記」などの他、「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」などコメディでも高く評価されているV6の岡田准一。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。