「笑える」映画一覧(62ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:トリプルヘッドジョーズ
トリプルヘッド・ジョーズの紹介:2015年製作のアメリカ映画。海洋に投棄された産業廃棄物の影響で、3つの頭を持つホホジロザメが生まれ、人を襲い始めるモンスターパニック映画。頭が2つある『ダブルヘッド・ジョーズ』からさらに発展して(?)できた映画。 ネタバレを読む
映画:再会の街で
再会の街での紹介:ニュース映像だけでは伝わらない、9.11の引き起こした本当の悲劇が伝わってくる映画です。ある日突然愛する人をなくしたら人間はどうなってしまうのか。生きる希望など、今後見つけることができるわけがないと思っていた男を、街で偶然再会した友人が救い出す感動のストーリー。 ネタバレを読む
映画:劇場版忍たま乱太郎
忍たま乱太郎(2011)の紹介:NHKの長寿アニメ、忍たま乱太郎の実写版映画です。主人公の猪名寺乱太郎が「忍術学園」に入学して、忍者の卵忍たまとして忍術の勉強に励みます。原作は「朝日小学生新聞」に掲載される「落第忍者乱太郎」。監督に三池祟史を起用。 ネタバレを読む
映画:ガールズ&パンツァー劇場版
ガールズ&パンツァー劇場版の紹介:戦車道という戦車を使用する競技がある世界で、主人公西住みほ率いる大洗女子学園戦車道チームが、全国大会で並み居る強豪相手に激戦を繰り広げるという内容で大ヒットしたTVアニメ「ガールズ&パンツァー」が、完全新作の劇場版。 ネタバレを読む
映画:菊次郎の夏
菊次郎の夏の紹介:離れて暮らす母親に会いに行く少年正男と、近所のおじさん菊次郎の涙あり笑いありの珍道中物語。劇中にダンスやタップ、はたまたお笑いの要素を盛り込み、現実と空想が交錯する北野テイスト満載の作品。久石譲作曲のテーマソング『Summer』はCMソングとしても有名。 ネタバレを読む
映画:ゴースト・ドッグ
ゴースト・ドッグの紹介:日本の武士道の精神を説いた古典「葉隠」を座右の書として生きる、孤独な殺し屋ゴースト・ドッグ。冷淡に仕事をこなしますが、弱いものには優しいという一面を持っています。そんな彼の物語です。アメリカ、ドイツ、フランス、日本の合作。 ネタバレを読む
映画:長ぐつをはいたネコ(2011年)
長ぐつをはいたネコの紹介:シュレック2に登場した長ぐつをはいたネコ・プスを主役にしたスピンオフ映画。シュレックに出会う前のプスの生い立ちと冒険を描く。2011年公開。監督:クリス・ミラー、製作総指揮:アンドリュー・アダムソン、ギレルモ・デル・トロ ネタバレを読む
映画:シュレックフォーエバー
シュレックフォーエバーの紹介:シュレックシリーズの最終章。フィオナと子供たちと幸せな生活を送るシュレックだったが、平凡な毎日の繰り返しに飽きて独身時代が懐かしくなり、魔法使いと1日だけ昔の暮らしに戻る契約をする。ところがそれは罠で、シュレックは自分が存在しない世界に飛ばされてしまう。 ネタバレを読む
映画:シュレック3
シュレック3の紹介:心優しい緑色の怪物シュレックとフィオナのシリーズ第3作。フィオナの父ハロルド王が亡くなり次期国王に指名されてしまったシュレックは、王様なんてまっぴらごめんともうひとりの王様候補のアーサーを探しに旅に出る。 ネタバレを読む
映画:シュレック2
シュレック2の紹介:心優しい緑色の怪物シュレックとフィオナ夫婦は結婚の報告のためフィオナの両親が治める遠い遠い国へ行くが、フィオナ姫の父ハロルド国王は醜い怪物のシュレックを婿と認めることができない。新キャラ長ぐつをはいたネコも加わり大活躍のシリーズ第2作。 ネタバレを読む
映画:シュレック
シュレックの紹介:陽気で心優しい緑色のオーガ(怪物)シュレックは、その醜い姿が人から恐れられるのにうんざりして沼地でひとり気ままに暮らしていたが、ある日おとぎ話のキャラクターたちが押しかけて来て家を占領されてしまう。マイホームを守るために冒険の旅に出るはめに… ネタバレを読む
映画:ガンバとカワウソの冒険(1991年)
ガンバとカワウソの冒険(1991年)の紹介:1991年公開の日本長編アニメーション映画。斎藤惇夫の原作の映画化で、1975年から放送されていたテレビアニメ『ガンバの冒険』のキャラクターを生かして作られた。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。