「笑える」映画一覧(63ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:土竜の唄(潜入捜査官REIJI)

土竜の唄 潜入捜査官REIJIの紹介:2014年公開の日本映画。監督は三池崇史、脚本は宮藤官九郎。暴力団の大物を逮捕するため、潜入捜査を命じられた交番勤務の警察官が、色んなトラブルに巻き込まれながらも奮闘する姿をコミカルに描く。

ネタバレを読む
映画:ミスター・ベースボール

ミスター・ベースボールの紹介:1992年公開のアメリカ映画。日本の球団にトレードされた米大リーガーの活躍を描くヒューマン・コメディ。愛知県名古屋市を舞台とし中日ドラゴンズの協力で、日本各地のプロ野球チームのホーム・グラウンドで撮影された。

ネタバレを読む
映画:ゴーストバスターズ2

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年公開のアメリカ映画。『ゴーストバスターズ』の続編で、表題は「幽霊退治人」という意。解散したゴーストバスターズのメンバーが、ある騒動の収束のため、5年後に再び結成する話。

ネタバレを読む
映画:ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズの紹介:1984年公開のアメリカ映画。『ゴーストバスターズ』とは「幽霊退治人」という意。3人の学者が、ある事情がもとで幽霊退治に情熱を傾け始めるというSFコメディ。続編も作られ、シリーズ第3作も未定ではあるが制作予定。

ネタバレを読む
映画:シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲームの紹介:2011年制作のイギリス&アメリカ合作映画。コナン・ドイルのキャラクターを基盤とした2009年の映画『シャーロック・ホームズ』の続編にあたる。いよいよ新キャラ・モリアーティ教授の登場に注目。

ネタバレを読む
映画:ミセス・ダウト

ミセス・ダウトの紹介:1993年制作のアメリカ映画。離婚した父が子供に会いたい一心で老婆に女装し、元妻の家庭へ家政婦として潜入するコメディ。ウィリアムズの人気作で2014年に続編制作も発表されたが、ウィリアムズの死去で実現に至らなかった。

ネタバレを読む
映画:遊びの時間は終らない

遊びの時間は終らないの紹介:1991年公開の日本映画。都井邦彦の小説を原作とする。融通のきかない生真面目な警察官が、警察の予行演習で銀行強盗役を演じることを命ぜられたことから巻き起こる大騒動を、コミカルに描いた作品。

ネタバレを読む
映画:椿三十郎(2007年)

椿三十郎(2007年)の紹介:2007年公開の日本映画。山本周五郎の小説『日日平安』を原作とし1962年に黒澤明が手掛けた映画『椿三十郎』のリメイク作品。前述の脚本を一切加筆修正せずそのまま使用し、森田芳光が監督を務めた。

ネタバレを読む
映画:デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティの紹介:2008年公開の日本映画。若杉公徳の同名人気コミックを映画化。自分の趣味嗜好とはまるで異なるジャンルの音楽でカリスマミュージシャンとなってしまった若者の悩みやジレンマをコミカルに描いた作品。

ネタバレを読む
映画:さんかく

さんかくの紹介:2010年公開の日本映画。あるカップルとその彼女の妹との奇妙な三角関係がもたらす人間模様を描いた作品。ほのぼのラブストーリーで始まるストーリーが徐々におかしな(ホラーな?)方向へ流れる、いい意味で登場人物全員がイタい作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。