「笑える」映画一覧(76ページ目)

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:ゴーストバスターズ
ゴーストバスターズの紹介:1984年公開のアメリカ映画。『ゴーストバスターズ』とは「幽霊退治人」という意。3人の学者が、ある事情がもとで幽霊退治に情熱を傾け始めるというSFコメディ。続編も作られ、シリーズ第3作も未定ではあるが制作予定。 ネタバレを読む
映画:ミセス・ダウト
ミセス・ダウトの紹介:1993年制作のアメリカ映画。離婚した父が子供に会いたい一心で老婆に女装し、元妻の家庭へ家政婦として潜入するコメディ。ウィリアムズの人気作で2014年に続編制作も発表されたが、ウィリアムズの死去で実現に至らなかった。 ネタバレを読む
映画:遊びの時間は終らない
遊びの時間は終らないの紹介:1991年公開の日本映画。都井邦彦の小説を原作とする。融通のきかない生真面目な警察官が、警察の予行演習で銀行強盗役を演じることを命ぜられたことから巻き起こる大騒動を、コミカルに描いた作品。 ネタバレを読む
映画:椿三十郎(2007年)
椿三十郎(2007年)の紹介:2007年公開の日本映画。山本周五郎の小説『日日平安』を原作とし1962年に黒澤明が手掛けた映画『椿三十郎』のリメイク作品。前述の脚本を一切加筆修正せずそのまま使用し、森田芳光が監督を務めた。 ネタバレを読む
映画:さんかく
さんかくの紹介:2010年公開の日本映画。あるカップルとその彼女の妹との奇妙な三角関係がもたらす人間模様を描いた作品。ほのぼのラブストーリーで始まるストーリーが徐々におかしな(ホラーな?)方向へ流れる、いい意味で登場人物全員がイタい作品。 ネタバレを読む
映画:男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎相合い傘の紹介:ひょんなことから蒸発サラリーマン兵頭と旅をすることになった寅さん。旅の途中で立ち寄った函館で、以前恋をした流しの歌手リリーと奇跡的な再会を果たす。そこから3人の珍道中が始まるのだが・・・シリーズ最高傑作との誉れ高い作品。 ネタバレを読む
映画:サンブンノイチ
サンブンノイチの紹介:キャバクラの店長とボーイ、その店の常連が主な登場人物。その3人が人生の一発逆転を掛け銀行強盗を計画。無事に計画は成功し、手にした数十億。大金を3人で仲良く山分けするはずだったのだが、3人とも自分の取り分を多くしようと騙し合い、金を巡った醜い争いが始まる。 ネタバレを読む
映画:ファンシイダンス
ファンシイダンスの紹介:1989年公開の日本映画。周防正行・監督の一般向け映画の第1作である。岡野玲子のコミック『ファンシィダンス』を原作に、寺の跡取り息子として禅寺の修行に励む大学生の姿を描く。原作は「ィ」だが映画では「イ(大文字)」。 ネタバレを読む
映画:劇場版 猫侍
劇場版 猫侍の紹介:2014年公開の日本映画。東名阪ネット6が中心の制作『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』等に次ぐ動物ドラマシリーズの第10弾。シリーズでは初の時代劇。設定はテレビドラマ版と同じだが内容は大きく異なる。 ネタバレを読む
映画:ナイトミュージアム1
ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×