「恋愛」映画一覧(2ページ目)

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

映画:僕と世界の方程式

僕と世界の方程式の紹介:2014年のイギリス映画。2007年制作のドキュメンタリー映画「Beautiful Young Minds」を基に、天才的な数学の才能を持つ自閉症スペクトラムの少年の成長が描かれている。主演は「ヒューゴの不思議な発明」などで知られるエイサ・バターフィールド。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
映画:女と男の観覧車

女と男の観覧車の紹介:2017年製作のアメリカ映画で、日本公開は翌年。名匠ウディ・アレン監督が最高峰の演技力を誇る女優として、ケイト・ウィンスレットを主演に迎えた意欲作。元女優のウェイトレスのジニーは、再婚相手がいながらも真実の愛を求め劇作家志望の若い男と不倫していた。ある日、行方不明だったジニーの夫の娘が突然姿を現したことから、運命の歯車が狂い始める…。

ネタバレを読む
映画:レッドブロンクス

レッド・ブロンクスの紹介:ジャッキー・チェンが三度目のハリウッド進出を目標として作り上げた作品です。アジア映画初の快挙を成し遂げており、この作品を機に米国でジャッキー・チェンブームが巻き起こりました。この映画の撮影中、ジャッキー・チェンは麻橋からホバークラフトへ飛び移る際、右足首を骨折しています。そのためホバークラフトの後ろに捕まりながら水上を引きずられるシーンでは、靴下に靴の絵を描いて撮影に臨んでいます。ちなみにブロンクスというタイトルですが、実際の撮影場所はカナダのバンクーバーです。

ネタバレを読む
映画:タイヨウのうた

タイヨウのうたの紹介:シンガーソングライターのYUIが主演をつとめ、太陽に当たることのできない難病を抱えた少女と高校生のラブストーリーとなっています。もともとストリートミュージシャンだったYUIの歌う姿と彼女の楽曲が映画の中でも効果的に演出されており、映画の主題歌となったYUI for 雨音薫の「Good-bye days」は、劇中と同じように真っ白なデザインのCDとして販売されました。

ネタバレを読む
映画:レッドスパロー

レッド・スパローの紹介:2018年にアメリカで製作されたスパイ・スリラー。「ハンガー・ゲーム」シリーズでもコンビを組んだフランシス・ローレンスとジェニファー・ローレンスが監督と主演をそれぞれ務めた。元CIA諜報員のジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化した作品で、元バレリーナがロシア諜報員として生き抜いていく様を描いていく。

ネタバレを読む
映画:春なれや

春なれやの紹介:2016年の製作。国内での劇場公開後、2018年に外山文治監督の短編作品集として『わさび』と共にソフト化。キャストは同監督作『燦燦-さんさん-』主演の吉行和子、若手注目俳優の村上虹郎ほか。主題歌はCoccoが担当した。桜の咲く季節、老人ホームを抜け出した女性が警察で保護される。どうしても行きたい場所があると彼女が言うので、たまたま出会った青年は道を案内することになり…。

ネタバレを読む
映画:いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきますの紹介:市川拓司原作の小説を映画化した作品で、主人公と息子が亡くなったはずの妻と共同生活を送ることになるというファンタジー要素の入った恋愛作品となっています。映画のヒットとともに、主題歌となったORANGE RANGEの「花」も同バンド最大のヒット曲となりました。またヒロイン役をつとめた竹内結子は本作で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞したほか、子役をつとめた武井証はドラマ版でも同様の役で出演しています。

ネタバレを読む
映画:ぼくの名前はズッキーニ

ぼくの名前はズッキーニの紹介:2016年のスイス・フランスの合作で、日本公開は2018年。ジル・パリスの小説をストップモーションアニメで映画化。監督のクロード・バラスは今作が長編デビューながら、世界中の映画祭を席巻する感動作を生み出した。孤児院で暮らすことになった9歳のズッキーニが悪戦苦闘しながらも成長していく姿を、涙あり笑いありで描き出す。

ネタバレを読む
映画:アクアマン

アクアマンの紹介:2018年本国公開、2019年日本公開。スーパーマンやバットマンが登場することで知られる「ジャスティス・リーグ」などの、共通の世界観を持つ「DCエクステンデッド・ユニバース」の第6作目の作品であり、アクアマンの初単独作品である。「SAW」や「死霊館」といったホラー・スリラーシリーズを多く手がけてきたジェームズ・ワンを監督に迎えた作品であり、DCエクステンデッド・ユニバースに組み込まれていながらも、独立性の高い作品となっており、今作のヒットの影響で、DCは独立性の高い作品を生み出していく方針を固めた。

ネタバレを読む
映画:百瀬、こっちを向いて。

百瀬、こっちを向いて。の紹介:早見あかり主演によるラブストーリーで、片思いの先輩の頼みから偽装カップルを演じていた主人公と同じ学校に通う男子学生のエピソードを中心に、青春時代における切ない恋模様を描いた作品です。主なロケーション場所として千葉県流山市で撮影された本作には新人俳優も多く出演しており、百瀬が片思いをする先輩役を務めた工藤阿須加は同作品で、第24回日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞しています。

ネタバレを読む
映画:ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年公開。山内マリコ著「ここは退屈迎えに来て」を原作に、「きいろいゾウ」「ストロボエッジ・エッジ」などで知られている廣木隆一監督により実写映画化。主演に「あまちゃん」などの橋本愛を起用し、共演に門脇麦、成田凌、渡辺大知(黒猫チェルシー)ら。高校時代の同級生たちが在学当時を思い出す中で、人気者で誰からも慕われていた「椎名くん」を巡り様々な人物の心情が描かれていく。主題歌と劇伴をロックバンド・フジファブリックが担当。

ネタバレを読む
映画:必死剣鳥刺し

必死剣 鳥刺しの紹介:2010年に製作された時代劇ドラマ。藤沢周平の「隠し剣」シリーズの一編を映画化した作品で、監督は平山秀幸、主演は豊川悦司が務めた。藩主の側室を殺し罪に問われた藩士が迎える衝撃の最期を描いていく。

ネタバレを読む
映画:プラハのモーツァルト誘惑のマスカレード

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの紹介:2017年にチェコ・イギリス合作で製作されたラブロマンス。モーツァルトがオペラ「ドン・ジョヴァンニ」をプラハで製作した史実を大胆に脚色し、一人の美しいソプラノ歌手をめぐる恋愛物語として映像化した。「ダンケルク」で注目されたアナイリン・バーナードがモーツァルトを熱演している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。