「恋愛」映画一覧(3ページ目)

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

映画:ある日どこかで

ある日どこかでの紹介:「スーパーマン」でヒーローを演じたクリストファー・リーヴが戯曲家に扮し、過去へ旅をして恋した女性に会いに行く、ロマンチックなSFファンタジー。劇場でヒットしたわけではなく、作品の規模としては「小品」だが、静かな感動を呼ぶ質の高い名作として、今も語り継がれている。

ネタバレを読む
映画:愛を綴る女

愛を綴る女の紹介:2016年にフランス・ベルギー・カナダ合作で製作されたヒューマンドラマ。ミレーナ・アグスの小説「祖母の手帖」を映画化した作品で、オスカー女優のマリオン・コティヤールがヒロインを演じた。望まぬ結婚をした少女の運命的な恋と、その意外な結末を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ナチュラルボーンキラーズ

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:クエンティン・タランティーノの脚本を元に(クレジットでは「原案」扱い)、「プラトーン」「JFK」など硬派の社会派作品を手がけてきたオリバー・ストーン監督が作り上げた、バイオレンス劇。無軌道に強盗や殺人を繰り返すカップルが、若者たちを中心に人気を集めながらも刑務所に送り込まれ、そこから脱走するまでを、バイオレンス描写をふんだんに織り交ぜながら描く。

ネタバレを読む
映画:フロムザダークサイドザムービー3つの闇の物語

フロム・ザ・ダークサイド・ザ・ムービー 3つの闇の物語の紹介:ホラーの巨匠ジョージ・A・ロメロ監督がプロデュースしたTVの人気番組「フロム・ザ・ダークサイド」の劇場版で1990年に公開された。同監督の「クリープショー」のセオリー通り3つの物語を少年が語るオムニバス形式。TVシリーズを手掛けたジョン・ハリソン監督の長編デビュー作。特殊メイクは「エクソシスト」「ハンガー」のディック・スミス。

ネタバレを読む
映画:マネーピット

マネー・ピットの紹介:1986年にアメリカで製作されたコメディ映画。監督はリチャード・ベンジャミン、主演はトム・ハンクス、シェリー・ロングが務め、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮として参加した。オンボロ物件を購入してしまったカップルの悪戦苦闘の日々を描いていく。

ネタバレを読む
映画:テス

テスの紹介:1979年にイギリス・フランス合作で製作された文芸ドラマ。監督はロマン・ポランスキー、主演はナスターシャ・キンスキーが務めた。トーマス・ハーディによる小説「ダーバヴィル家のテス」を映画化した作品で、悲劇的な運命に翻弄される絶世の美少女の物語を描いていく。第53回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の三部門を制した。

ネタバレを読む
映画:アリー/スター誕生

アリー/スター誕生の紹介:2018年の公開作。何度も映画化されてきた『スタア誕生』をレディー・ガガ主演で、現代劇としてリメイク。ジャクソン役を務めたブラッドリー・クーパーは今作にて監督デビューを果たした。歌手になることを夢に見ながらも、自分に自信が持てないアリー。ある日出逢った世界的ミュージシャンのジャクソンに見初められ、アリーはスター街道を進んでいくのだが…。

ネタバレを読む
映画:ジュリエッタ

ジュリエッタの紹介:2016年のスペイン映画。原作はアリス・マンローの短編集の中の3編で、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』の巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化。主演のエマ・スアレスの演技は、様々な映画祭の女優賞に輝いた。中年のジュリエッタは娘の親友と再会した途端、激しく心が揺れ動いてしまう。何を隠そうジュリエッタは娘と12年間も音信不通だったのだ。ジュリエッタはこれを機に、今まで封印してきた過去と向き合い始める。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。