「恋愛」映画一覧(3ページ目)

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

映画:太陽はひとりぼっち

太陽はひとりぼっちの紹介:1962年にイタリア・フランス合作で製作された作品で、ミケランジェロ・アントニオーニ監督による愛の不毛三部作の最終章となる映画。愛に空虚さしか見いだせない女性の姿を独創的な映像で映し出していく。主演はモニカ・ヴィッティ、アラン・ドロンが務め、第15回カンヌ国際映画祭では審査員特別賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:冒険者たち

冒険者たちの紹介:1967年にフランス・イタリア合作で製作された冒険劇。ジョゼ・ジョバンニの小説「生き残った者の掟」を映画化した作品で、アフリカの海底に眠る宝探しに向かう三人の男女の冒険を描いていく。友情と恋愛が複雑に絡み合う三人を、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカスが好演した。

ネタバレを読む
映画:旅情

旅情の紹介:1955年にイギリス・アメリカ合作で製作されたラブロマンス。アーサー・ローレンツによる戯曲「カッコーの季節」をデヴィッド・リーン監督が映画化、主演はキャサリン・ヘップバーンが務めた。アメリカ人中年女性がヴェネツィアで恋に落ちていく姿がせつなく描かれていく。第21回ニューヨーク映画批評家協会賞では監督賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:スワンの恋

スワンの恋の紹介:1984年にフランス・西ドイツ合作で製作されたラブロマンス。マルセル・プルーストの長編小説「失われた時を求めて」の第1篇第2部「スワンの恋」を映画化した作品で、1890年代のパリを舞台に、社交界の名士として知られる青年が魅惑的な女性に溺れていく姿を描いていく。第10回セザール賞ではプロダクション・デザイナー賞、衣装デザイナー賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ニューイヤーズイブ

ニューイヤーズ・イブの紹介:2011年にアメリカで製作されたゲイリー・マーシャル監督によるロマンティックディ。2011年の大晦日を迎えたニューヨークを舞台とした群像劇を描いていく。ヒラリー・スワンく、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーを始め、多くのスター俳優が集結し、様々なエピソードが展開される。

ネタバレを読む
映画:あなたは私の婿になる

あなたは私の婿になるの紹介:アン・フレッチャー監督によるロマンチック・コメディ映画。主演はサンドラ・ブロックとライアン・レイノルズ。国外退去を迫られた編集者のヒロインが、秘書と偽装結婚する姿をコミカルに描いている。日本公開は2009年。

ネタバレを読む
映画:ラバーズアゲイン

ラバーズ・アゲインの紹介:2017年製作のアメリカ映画。互いに不倫相手を持つ熟年夫婦の息子が、恋人を連れて帰省することに。息子と顔を合わせた時に、夫婦は離婚の話をしようと考えたのだが、その矢先に本人たちにも予想外の、心の変化が訪れる…。

ネタバレを読む
映画:昼も夜も

昼も夜もの紹介:中古車販売業の良介の前に、奇妙な女が現れる。悪態をつき続ける素性もわからぬ女に振り回される良介だったが、次第に女に心を開いていく。著名監督の作品をYou tube限定で公開するネスレシアター on YouTubeにて2014年に公開された。そのあと国内外の映画祭での上映を果たし、公開から数年の時を経てDVD化。監督は『黄泉がえり』の塩田明彦。

ネタバレを読む
映画:静かなふたり

静かなふたりの紹介:2017年のフランス映画。監督・脚本は今作が長編2本目となるフランスの若き才能エリーズ・ジラール。主演は名女優イザベル・ユペールの娘のロリータ・シャマ、相手役に名作『昼顔』のジャン・ソレル。不器用で大人しい性格のマヴィはパリでの生活に馴染めずにいる中で、古書店を営む老人ジョルジュと出会う。年の差を越え惹かれ合う2人だったが、ジョルジュには隠された過去があった。

ネタバレを読む
映画:坂道のアポロン

坂道のアポロンの紹介:2018年3月10日公開の日本映画。小学館漫画賞に輝き、テレビアニメにもなった小玉ユキの人気コミックを、青春映画の名手と呼ばれる三木孝浩監督が映画化した青春ドラマ。音楽を通して友情や愛を深めていく3人の高校生を、Hey! Say! JUMPの知念侑李と、中川大志、小松菜奈ら若手実力派たちが演じる。

ネタバレを読む
映画:男と女(1966年)

男と女(1966年)の紹介:1966年にフランスで製作されたロマンス映画。クロード・ルルーシュが監督、脚本、撮影を務め、フランシス・レイが音楽を担当した。伴侶を失ったつらい過去を抱えながら、惹かれ合っていく男と女の姿を描いていく。第39回アカデミー賞では、脚本賞と外国語映画賞を受賞した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。