「恋愛」映画一覧(4ページ目)

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

2004年製作のアメリカミュージカル映画。イギリスの作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカルを映画化。パリ、オペラ座の地下に住む怪人は毎夜愛するクリスティーヌを自室に導き、歌のレッスンを行う。彼女もそれに応えるようますます歌は上達するが、彼女を見染めたラウル子爵は怪人から彼女を取り戻すための戦いを挑む。 ネタバレを読む
2009年全米公開のウォルトディズニーアニメーションが送る長編アニメーション映画。 魔法の力で、カエルに姿を変えられてしまった王子様を人間に戻すために、自分のレストランを持つ事を夢見る少女ティアナは、彼とキスをしますが、何とティアナ自身もカエルの姿に変わってしまいます。元の姿に戻すためにある魔法使いのところに向かう2人でしたが…。 ネタバレを読む
2008年公開の日本映画。 しっかりものの妻・翔子と法廷画家でのんびり屋の夫・カナオ。 どこにでもいそうなそんな夫婦二人が辿る哀しみと、そこからの再生していく10年にわたる日々の物語。 ほんわかと、しかし時に辛辣さを交えて描いた人間ドラマです。 ネタバレを読む
2015年12月公開の日本映画です。 NHKの朝ドラ「まれ」で夫婦役として共演した土屋太鳳さんと山﨑賢人さんが高校生カップルとして再共演したとして話題になりました。 未来の自分から届いた手紙によって大切なことに気付かされ、訪れるだろう悲しい未来を変えていこうと奮闘する女子高生の姿をファンタジックに描いています。 ネタバレを読む
2008年製作のスウェーデン映画。『裏切りのサーカス』のトーマス・アルフレッドソン監督がメガホンをとり、少年とヴァンパイアの少女の純愛を描いたベストセラー小説『モールス』を映画化。 恐ろしくも美しい世界観が絶賛され、トライベッカ国際映画祭の最優秀作品賞をはじめ、世界中の映画祭で60賞を受賞。 12歳のいじめられっ子オスカーは隣に引っ越してきたミステリアスな少女・エリに惹かれていくが、エリには誰にも明かせない秘密があった。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2011年、フランス発のロマンティックコメディです。白黒のサイレント映画でありながら、フランス映画として初のアカデミー作品賞を受賞しました。無声映画からトーキーへ移行期のハリウッドが舞台です。主要な台詞以外は字幕が出ませんので、ご注意ください。 ネタバレを読む
2200人もの乗客と乗員を乗せたまま沈没した大型豪華客船タイタニック号の海難事故をベースに、上流階級の娘と貧しい青年の悲恋を描く感動のスペクタクル。 アカデミー作品賞、監督賞をはじめ11部門を受賞するという快挙を達成し、世界中で大ヒットを記録しました。 日本国内でも異例のロングラン公開となり、レオナルド・ディカプリオの人気を決定づけた作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
浅野いにお作同盟コミック作品の実写化。 OLの芽衣子と冴えない種田は大学生の頃から交際していてゆるく交際、同棲をしている。ふたりはそれぞれ、だらっと続く幸せの中から変化に手を伸ばした。芽衣子は退職、種田はかつて夢見たバンドで新曲を作って事務所に売り込み。果たして、ふたりの未来は…… 20代のモラトリアムを思いきりエモーショナルに描いた大人の青春映画。 ネタバレを読む
2010年9月公開の日本映画です。 母一人娘一人の倹しく暮らす家に一人の若い男が現れました。 金髪リーゼントのその男を引き合わせて「おかあさん、結婚することにしたから」___娘・月子の生活は、母・陽子のそんな一言でひっくり返ったのです。 これは、お互いが大切なのに素直になれない…そんな母と娘の物語です。 ネタバレを読む
「ベスト・フレンズ・ウェディング」は1997年のラブコメ映画で「お買いもの中毒な私」のP・Jホーガン監督の作品です。主演はジュリア・ロバーツで、キャメロンディアスも出演しており人気大物女優2人の共演に注目です。元カレのマイケルが結婚すると聞いたジュリアンは彼を取り戻す為、マイケルと婚約者のキミーとの仲を裂こうと大奮闘します。 ネタバレを読む
ケイト・ブランシェットはこの作品でアカデミー最優秀主演女優賞を受賞した。監督、ウディアレンが描くジャスミンという女の愚かで可笑しい人生を描くヒューマンドラマ。ケイトは豪華でセレブな昔の姿と、全てを失って一文無しのノイローゼの女性を見事に演じ分けている、「見て見ぬ振り」の人生を歩んできた女の転落劇。98分 ネタバレを読む
2007年製作の香港、フランス、中国映画。ウォン・カーウァイ監督初の英語作品。第60回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として上映。失恋したエリザベスはカフェ・クルーチを訪れ、オーナーのジェレミーと交流。彼が焼くブルーベリーパイに癒されるが、元彼を忘れられずエリザベスはNYを離れて旅に出る。 ネタバレを読む
カノジョは嘘を愛しすぎてるの紹介:2013年公開の日本映画。青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。ヒロインの理子を演じるのは、約5000人の中から選ばれた新鋭、大原櫻子。監督は『タイヨウのうた』でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
「ウォール・フラワー」は同名の小説を原作とし、監督は小説の作者でもあるスティーブン・チョボスキー自身が務めています。80年代を舞台に10代の思春期の瑞々しさや、心の脆さを描いた青春映画です。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの杖」のチャーリー・ローガン・ラーマン、「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが出演しています。16歳の高校生のチャーリーは学校では目立たない少年、しかし変わり者だが不思議な魅力を持ったパトリックとサム兄妹と出会い、そこからチャーリーの生活は一転し色づき始める…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×