「恋愛」映画一覧(4ページ目)

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

2006年製作、アメリカ。トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルの映画化。3人組コーラスガールの栄光と挫折、成長を華々しい楽曲やダンスとともに描く、エンターテインメント作。キャストにグラミー受賞のビヨンセや、本作で注目されたジェニファー・ハドソンは第79回アカデミー助演女優賞を獲得している。 ネタバレを読む
2014年公開の日本映画。早逝の作家・佐藤泰志による小説を新進気鋭の女性監督・呉美保が映画化、その脚本に惚れ込んだ綾野剛さんが主人公・佐藤達夫を静かに熱演しています。同じく佐藤泰志原作の2010年「海炭市叙景」、2016年「オーバー・フェンス」とともに”函館三部作”とも呼ばれており、根強いファンがいます。 ネタバレを読む
「ラブソングができるまで」は2007年に公開されたアメリカの映画です。「トゥー・ウィークス・ノーティス」「噂のモーガン」などのマーク・ローレンス監督で、キャストはヒュー・グラントとドリュー・バリモアが出演。音楽が織りなすロマンティックコメディーで作中に使用される様々なジャンルの音楽にも注目です。 ネタバレを読む
平凡な物理部部員の小磯健二は、学園のアイドル夏希先輩から、とあるスカウトを受け「結婚を約束した彼氏」役として、長野の上野まで彼女の付き添いで訪れる。仮装空間「OZ」で経済が回っていた世界はとあるウィルスにより混乱し、健二がOZのセキュリティコードを開く「数式」を解いてしまった事から、世界中に大波乱を起こしてしまう。夏希の祖母、栄を中心とする陣内家が一丸となり、人工知能「ラブマシーン」に立ち向かう。細田守監督。2009年公開作品。 ネタバレを読む
「待ってられない、未来がある。」高校二年生の真琴は、理科準備室で不審な人物を見掛けた。追いかけると転倒してしまい気を失う。目を覚ますと「タイムリープ」の力を手にしていた。当初、劇場公開は当初21館のみだったが、その後インターネットでの口コミで動員人数を増やしていきロングラン上映となった。細田守監督。2006年公開作品。 ネタバレを読む
「50回目のファースト・キス」は2005年公開のアメリカ映画で監督は「N.Y式ハッピー・セラピー」のピーター・シーガルです。キャストは映画「ウェディング・シンガー」でも共演したアダム・サンドラーとドリュー・バリモアです。美しいハワイの風景をバックに2人が織りなす、笑いあり、感動ありのラブコメディーです。   ネタバレを読む
2014年に公開された、アメリカ合衆国のダーク・ファンタジー映画。ヘンリー王が支配する人間の王国と隣接する妖精の国は、長きにわたって対立してきました。ある日、妖精の国に住む少女・マレフィセントは、人間の少年・ステファンと恋に落ちます。しかし、ステファンの心は、次第にマレフィセントから離れてしまい…。 ネタバレを読む
それぞれの「愛」が、真正面からぶつかってくる園子温監督による、怒濤の237分。 主人公ユウと、彼が唯一愛した「マリア」、ヨーコとの長い長い恋の物語。宗教施設での洗脳、レズビアン、盗撮等、監督独自の「愛」の形が多く描かれている。2009年公開作品。 ネタバレを読む
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの紹介:人気コメディアン、クメイル・ナンジアニ脚本・主演のロマンティックコメディ。ナンジアニ自身の体験に基づいた作品で、パキスタン系のコメディアンと白人女性との人種・文化の違いを超えた恋を描いていく。ロカルノ国際映画祭、ナンタケット映画祭での観客賞を始め、数多くの賞に輝いた。2017年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:あしたになれば。
あしたになれば。の紹介:三原光尋監督・脚本で2015年に公開された作品で、大阪府南河内を舞台にした青春ストーリーとなっています。予選で敗退してしまった野球部の主人公とその友人らが、地元の名産品を使ったグルメコンテストに出場することになるというストーリーで、ヒロイン役として黒島結菜が出演しています。挿入歌となっている佐々木友里・タカハシコウスケの「タリナイオモイ」が、高校生たちの青春を彩る曲として使用されています。 ネタバレを読む
映画:ヒドゥンフェイス
ヒドゥン・フェイスの紹介:2011年に制作されたコロンビアとスペインの合作映画です。メインジャンルはサスペンススリラーとなりますが、他にラブロマンスやホラーなどのいろいろな要素を兼ね備えた作品となっています。また「マルティナの住む街」のキム・グティエレス、「キャロルの初恋」のクララ・ラゴなどのスペインの実力派俳優他、作品の舞台となるコロンビアのボゴタ出身のマルティナ・ガルシアといった面々が登場しています。 ネタバレを読む
映画:昼下りの決斗
昼下りの決斗の紹介:サム・ペキンパー監督、ランドルフ・スコット、ジョエル・マクリー主演の西部劇。金塊を輸送する旅を通して、老いた二人のガンマンの友情と誇りを描いていく。ランドルフ・スコットにとって映画出演最後の作品となった。1962年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:マシュマロ×ぺいん
マシュマロ×ぺいんの紹介:2013年に制作された短編映画です。「カメラを止めるな!」で話題となった上田慎一郎の妻、ふくだみゆきが監督と脚本を務めています。もちろん夫である上田慎一郎も撮影と編集のスタッフとして参加しています。本作はふくだみゆきにとっては初の実写映画作品となります。そのうえ映画製作団体「PANPOKOPINA」に所属してからは初となる監督作でもあります。ちなみに内容は子供には見せられないラブコメとなっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×