「恋愛」映画一覧(48ページ目)

エリザベスタウンの紹介:2005年公開のアメリカ映画。キャメロン・クロウ監督。仕事に失敗して人生に絶望した男が、父の訃報をきっかけに父の故郷へ行き、そこに住む人たちのあたたかさや愛情に触れ、生きる喜びを見出すストーリーである。

ネタバレを読む

地下鉄(メトロ)に乗っての紹介:2006年公開の日本映画。浅田次郎の作品を原作とし、東京地下鉄(東京メトロ)の全面協力を得て撮影をおこなった。それまで舞台でミュージカルとして上演されてきた内容や原作と異なる部分もある。

ネタバレを読む

ミート・ザ・ペアレンツの紹介:2000年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定で、ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラーを迎え、花嫁の父と花嫁の恋人という設定で闘わせている。シリーズ化され続編が2つ作られた。

ネタバレを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)の紹介:1995年公開のアメリカ映画。2004年に続編の『ビフォア・サンセット』が公開され、2013年には三作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が公開された。

ネタバレを読む

夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年の日本映画。アメリカ映画「カサブランカ」(1942年作 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン・主演)を翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演により映画化した名作。同名の主題歌もヒットした。

ネタバレを読む

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!?

ネタバレを読む

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。

ネタバレを読む

ベイビー・トークの紹介:1989年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から大人のおかしさを描写するシリーズの第1作。シリーズは3作品。赤ん坊マイキーの声をブルース・ウィリスが演じているほか、低迷していたジョン・トラボルタが再起した作品でもある。

ネタバレを読む

おくりびとの紹介:2008年制作の日本映画。滝田洋二郎・監督。第81回アカデミー賞外国語映画賞および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。一般に知られていない納棺師の仕事に焦点を当て、芸術性の高い作品に仕上げている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。