「ヤクザ/マフィア」映画一覧(3ページ目)

ヤクザ/マフィアタグのついている映画は、裏社会を牛耳る、悪で格好良い出演者が登場し、警察との戦いやマフィア同士の抗争など、残虐でバイオレンスなストーリー展開の作品が多く、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴッド・ファーザー」「闇金ウシジマくん」「アウトレイジ」などがあります。

新・極道の妻たちの紹介:1991年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第5弾。家田荘子原作の同名ノンフィクションを基に、脚本は「右曲がりのダンディー」の那須真知子が執筆。監督は激動の1750日」の中島貞夫。撮影は「遺産相続」の木村大作がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
極道の妻たち 三代目姐の紹介:1988年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第3弾。家田荘子の同名ノンフィクションの映画化で、脚本は「死線を越えて 賀川豊彦物語」の高田宏治が執筆。監督は「将軍家光の乱心 激突」の降旗康男、撮影は「姐御(1988)」の木村大作がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
極道の妻たちⅡの紹介:1987年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第2弾。家田荘子の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は前作の高田宏治、監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影は水巻祐介がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
極道の妻たち 赫い絆の紹介:1995年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第8弾。“極妻”登場10周年記念作品。監督は「東雲楼・女の乱」の関本郁夫。家田荘子のルポルタージュをもとに脚色したのは「螢」の塙五郎。主演は「写楽」の岩下志麻で、シリーズ6度目の登板となる。 ネタバレを読む
極道の妻たちの紹介:1986年製作の日本映画。暴力抗争下で、様々な境遇を生きる極道の妻たちの姿を描く。好評を博し、主演女優・監督を替えながらシリーズ化された。通称『極妻(ごくつま)』。『週刊文春』に連載された家田荘子原作の同名ルポタージュの映画化で、脚本は「春の鐘」の高田宏治、監督は「十手舞」の五社英雄、撮影は同作の森田富士郎がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
映画:10ミニッツ
10ミニッツの紹介:2020年2月7日公開のアメリカ映画。ブルース・ウィリス主演の犯罪アクション。銀行強盗が失敗に終わり、フランクが意識を失った10分間に、共にチームに加わっていた弟が隣で射殺されていた。フランクが弟の死の真相を探る一方、強盗計画の黒幕であるレックスも事態の収拾を図ろうとしていた。監督は、「デス・ショット」のブライアン・A・ミラー。出演は、「ファンタスティック・フォー」シリーズのマイケル・チクリス。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。 ネタバレを読む
シャーク・キラーの紹介:犯罪組織が奪ったダイヤが、凶暴なホホジロザメに飲み込まれてしまった!”シャークキラー”の異名を取る男が、サメの腹からダイヤを取り出す使命を受けるのだが・・・という物語で、主演のデレク・テーラーは、この作品のあとマーベル・ユニバースのTVドラマで主要キャストの1人に抜擢されています。 ネタバレを読む
ボニー&クライド vs. ヴァンパイアの紹介:2008年に制作されたアメリカ映画です。クラシック・ギャング・ムービーとゴシック・ホラー・ムービーの奇跡の融合と銘打たれた作品となっており、1930年代に実在した強盗カップル「ボニー&クライド」をメインに据えています。そこにホラー映画界の怪物、吸血鬼の要素が加わっています。とはいえボニー&クライドと吸血鬼、双方の視点から進むという構成になっているため、対決のシーンはあまりありません。 ネタバレを読む
映画:任侠学園
任侠学園の紹介:2019年9月27日公開の日本映画。今野敏の小説『任侠』シリーズのうち『任侠学園』を西島秀俊と西田敏行のW主演で実写化した人情喜劇。地元密着型ヤクザ・阿岐本組の組長は社会貢献に目がなく、No.2の日村は振り回されてばかり。今度は経営不振の高校の再建を引き受け、日村は学園へ向かう。監督は「劇場版 ATARU」や『民王』などのテレビドラマを手がけた木村ひさし。次々に厄介な案件を引き受ける組長の阿岐本を西田敏行が、組長の気まぐれで高校の理事となる羽目になるNo.2の日村を西島秀俊が演じる。 ネタバレを読む
映画:ファイトクラブレディズ
ファイトクラブ・レディズの紹介:2016年に公開されたアクション映画です。女ファイターたちのファイトクラブをテーマとした作品で、家族の話も描かれています。主演を務めるエイミー・ジョンストンはスタントマンとして活躍しており、様々なビデオゲームのモーションキャプチャーも担当しています。そのうえ元世界キックボクシング協会王者のデイブ・ジョンストンの娘でもあり、本作でもそのアクションを惜しみなく披露しています。 ネタバレを読む
映画:ブルーダイヤモンド
ブルー・ダイヤモンドの紹介:2019年8月30日公開のカナダ&アメリカ合作映画。キアヌ・リーヴス主演によるサスペンス・アクション。希少なブルー・ダイヤモンドの取引のためにロシアを訪れた宝石商ルーカス・ヒル。だがダイヤを所持していたビジネスパートナーとの連絡が途絶え、彼を追ってシベリアへ飛ぶが、謎の集団から急襲を受ける…。 ネタバレを読む
映画:酔いどれ天使
酔いどれ天使の紹介:1948年製作の日本映画。黒澤明・監督作品。戦後の混乱期のヤミ市を舞台に飲んべえの医者と結核にかかった若いチンピラやくざとの交流を描いた作品。本作が新人・三船敏郎の初主演映画にして、黒澤=三船の黄金コンビ誕生の記念すべき作品。ヤミ市の近くの小さな病院。院長は愛想は無いが貧乏人ばかり診察する飲んべえの男。そこへ、眼をギラギラさせた若者が、銃弾の傷の手当てのために現れた……。戦後の混沌としてエネルギッシュな雰囲気が見事に描かれている。 ネタバレを読む
映画:KILLERSキラーズ10人の殺し屋たち
KILLERS/キラーズ 10人の殺し屋たちの紹介:2019年12月20日公開のアメリカ映画。10人の殺し屋たちが騙し合いと殺し合いを繰り広げる、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・アクション。寂れた場末のホテル“デル・フランコ”に吸い寄せられるように集まった客は全員殺し屋。そこには正体を見せない何者かが仕掛けた恐るべき罠が隠されていた。共演はTV『ヴェロニカ・マーズ』のエンリコ・コラントーニ、「ワイルド・ストーム」のライアン・クワンテン、『命の相続人』のアンジー・セペダ。監督・脚本は「リプレイスメント・キラー」の脚本を手がけたケン・サンゼル。特集企画『MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2019』にて上映。 ネタバレを読む
映画:LAコブラ決闘の時
LAコブラ 決闘の時の紹介:2012年に制作されたクライムアクション映画です。刑務所に収監された父親を助けるため、ダイヤの密輸やギャングとの戦いを行う武術の達人コブラの活躍を描いた作品となります。主人公のコブラことシズウェ・ビコを演じるT・J・ストームは「GODZILLA」や「キング・オブ・モンスターズ」でゴジラ役を務めた俳優です。しかも実際に空手を習っていた武道家でもあるため、作中で切れ味あるアクションを披露しています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×