「ヤクザ/マフィア」映画一覧(4ページ目)

ヤクザ/マフィアタグのついている映画は、裏社会を牛耳る、悪で格好良い出演者が登場し、警察との戦いやマフィア同士の抗争など、残虐でバイオレンスなストーリー展開の作品が多く、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴッド・ファーザー」「闇金ウシジマくん」「アウトレイジ」などがあります。

映画:ジョンウィック3パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラムの紹介:2019年10月4日公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスが最強の元殺し屋に扮する「ジョン・ウィック」シリーズ第3弾。前作で組織の掟を破り、追われる身となったジョン。次々と現われる刺客との攻防で満身創痍となった彼は、かつて“血の誓印”を交わしたソフィアに協力を求めるべくモロッコへと飛ぶ…。 ネタバレを読む
映画:デンジャラスブロンド
デンジャラス・ブロンドの紹介:メキシコに旅行へ出かけた女子大生2人が、人身売買の組織に捕らえられ、格闘技に長けたヒロインが決死の脱出を試みるというサスペンス・アクションです。いかにも低予算な作りの作品ですが、終盤には「意外な展開」も加味しています。 ネタバレを読む
映画:ICHIGEKI 一撃
ICHIGEKI 一撃の紹介:原題「Out of Reach」2004年公開のアメリカ映画です。監督レオン・ポーチ、脚本トレヴァー・ミラー、ジェームズ・タウンゼント、そして主演のスティーヴン・セガールが製作総指揮を自ら務めたクライムアクション作品となっています。主演は無敵の男セガールですが、本作品ではアクションシーンがやや控えめです。その代わり少女との絆を中心に描いたストーリー重視の内容となっています。 ネタバレを読む
映画:沈黙の包囲網アジアンコネクション
沈黙の包囲網 アジアン・コネクションの紹介:2015年に公開されたクライムアクション映画です。監督はギャング映画を多く手がけているダニエル・ジリーリ、そして製作総指揮はスティーヴン・セガールです。無敵の男スティーヴン・セガールが珍しく悪役に挑戦した作品で、主役はジョン・エドワード・リーが演じています。そのため登場シーンが少なく、他の「沈黙シリーズ」に比べるとアクションシーンも冒頭のみとなっています。 ネタバレを読む
映画:アイリッシュマン
アイリッシュマンの紹介:2019年に公開された、巨匠マーティン・スコセッシ監督による伝記映画である。原作はチャールズ・ブランドによる自伝小説『I Heard You Paint Houses』。本作はNetflix配給による作品であり、一部劇場で公開された後にNetflixで全世界に公開された。主演を務めたのはロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ。二人を含めた役者陣をCGを駆使して若返らせている。 ネタバレを読む
映画:ザファブル
ザ・ファブルの紹介:「フツーに生きろ」と指令を受けた伝説の殺し屋ファブルの風変わりでハードな日常を描いた2019年公開のアクションコメディ。原作は南勝久の同名コミック。監督は数々の賞に輝くCMディレクターであり「めんたいぴりり」「ガチ☆星」などでも知られる江口カン。主演は受賞作「永遠の0」「散り椿」「蜩ノ記」などの他、「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」などコメディでも高く評価されているV6の岡田准一。 ネタバレを読む
映画:サムライ
サムライの紹介:ジャン=ピエール・メルヴィル監督がジョアン・マクロードの小説を映画化したフレンチフィルムノワールで、寡黙な殺し屋が思わぬミスを犯し、徐々に追い詰められていく姿を描く。アラン・ドロンが主人公のプロの殺し屋を演じており、当時の妻ナタリー・ドロンが恋人役として共演した。1967年フランス・イタリア合作。 ネタバレを読む
映画:野獣捜査線
野獣捜査線の紹介:1985年に公開されたアクション映画です。チャック・ノリス氏主演の映画で、ハードボイルドな作品になっているのが特徴的です。チャック・ノリス氏のイメージと少々異なった映画になっているのは、元々この作品がクリント・イーストウッド氏のために書かれたものだったからです。チャック・ノリス氏はクリント・イーストウッド氏を尊敬しており、そのため彼が出ることになったそうです。ちなみに本作はチャック・ノリス氏自身お気に入りだと語っています。 ネタバレを読む
映画:パラダイスネクスト
パラダイス・ネクストの紹介:2019年7月27日公開の日本映画。妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演したノワール・サスペンス。1年前、シンルーという女性が不審な死を遂げる。彼女のボディガードをしていたヤクザの島は、以来、日本を離れ台湾でひっそりと生きていた。そこに、事件の真相をほのめかす牧野という男が現れる…。 ネタバレを読む
映画:ランナーランナー
ランナーランナーの紹介:2013年公開作品。実在するギャンブラーのナット・アレムをモデルとして人物が主人公の作品である。製作にはレオナルド・ディカプリオがクレジットされている。監督を務めたのは『リンカーン弁護士』『侵入者』などで監督を務めているブラッド・ファーマン。主人公のリッチーを演じたのは、シンガーソングライターとしても活動しているジャスティン・ティンバーレイク。また、DCEU版バットマンとしても知られるベン・アフレックがオンラインカジノを運営する富豪役で、MCUのファルコン役で知られるアンソニー・マッキーがFBI捜査官役で出演している。 ネタバレを読む
映画:バトルクリークブロー
バトルクリーク・ブローの紹介:1980年に制作されたアクション映画で、香港とアメリカの合作となります。言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏の主演作です。ジャッキー氏にとっては初となるアメリカ映画主演作となっており、1930年代のシカゴやテキサスなどを舞台としています。ちなみにジャッキー氏の自伝において、監督とソリが合わず、自分らしさをまったく出すことができなかったと語られています。 ネタバレを読む
映画:デッドハング
デッドハングの紹介:「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」で、レイプ犯に壮絶な復讐を繰り広げる女性を演じたセーラ・バトラーを主演に迎え、会社の横領を巡る秘密の「口封じ」のために命を狙われるヒロインを描いたサスペンス・アクションです。エレベーター内に閉じ込められるという、閉鎖空間での心理戦や戦いが見ものになっています。 ネタバレを読む
映画:シャロウグレイヴ
シャロウ・グレイヴの紹介:「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」などで知られるダニー・ボイル監督の、長編映画デビュー作です。思わぬ大金を手にしてしまった若者たちが辿る運命を、鮮烈なタッチで描いています。若き日のユアン・マクレガーも、お調子者の若者を好演しています。 ネタバレを読む
映画:ヒッチハイク
ヒッチハイクの紹介:アメリカの南部をキャンピングカーで旅行していた夫妻が、ヒッチハイクをしていた青年を乗せてしまったことから、予想もしていなかった恐ろしい出来事に遭遇するハメになる・・・!というサスペンス映画で、ヒロインを演じたコリンヌ・クレリーさんのセクシーな魅力が溢れる映画になっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×