「怪獣/怪物」映画一覧(2ページ目)

怪獣/怪物タグのついている映画は、巨大で恐ろしい力を発揮する生物が出演者な作品が多くなっています。そして主人公が怪獣/怪物に立ち向かう、もしくは怪獣同士が戦うストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴジラ」「キングコング」「パシフィック・リム」などがあります。

映画:スクリームオブバンシー~殺戮の妖精~

スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~の紹介:12世紀にテンプル騎士団(聖堂騎士団)により幽閉された殺戮の妖精が現代に蘇り、再び世界を恐怖に突き落そうとする様を描くTVムービー。脚本を、この後に「シャークネード」シリーズを監督する、アンソニー・C・フェランテが務めている。

ネタバレを読む
映画:ビッグクラブパニック

ビッグ・クラブ・パニックの紹介:1990年代から、21世紀の現代になってもストップ・モーションアニメによるクリーチャーを登場させる「こだわりの監督」、ブレッド・パイパー監督作品。とある地方の池に出没し始めた、巨大なカニの襲撃に翻弄される町の人々のパニックを、カニとの友情を育む女性の姿を通して描く。

ネタバレを読む
映画:ガッチャマン

ガッチャマンの紹介:2013年製作のSFアクション。1970年代の人気アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を映画化した作品で、主演は松坂桃李が務めた。特殊な能力を持つガッチャマンたちと人類を襲うギャラクターとの戦いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:DAGON

DAGONの紹介:「ZOMBIO/死霊のしたたり」の、製作ブライアン・ユズナ&監督スチュアート・ゴードンのコンビが贈る、H・P・ラブクラフトの「インスマウスの影」を原作としたホラー映画。友人たちとボートで休暇旅行のはずが嵐に巻き込まれ、救助を求めてたどり着いた怪しい村で主人公たちが遭遇する、おぞましい恐怖体験を描く。

ネタバレを読む
映画:アクアクリーチャーズ

アクア・クリーチャーズの紹介:B級パチもん映画の総本山・アサイラム社の送る、海洋モンスターパニック映画。の、低予算小規模バージョン。ミシガン州の片田舎にあるダム湖を舞台に、異常発生したあげく人を襲うまでに凶暴化した、ウミヤツメウナギの群れの脅威を描く。

ネタバレを読む
映画:クワイエットプレイス

クワイエット・プレイスの紹介:2018年9月28日公開のアメリカ映画。姿の見えない“何か”から身を潜め、物音を立てないように必死に生きる家族に迫る恐怖を描く、サスペンス・ホラー。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』での主人公役で、数々の賞に輝いたエミリー・ブラントがヒロインのエヴリンを演じる。

ネタバレを読む
映画:メガピラニア

メガ・ピラニアの紹介:B級パチもん映画の総本山・アサイラム社が送る、悪ノリ動物パニック映画のひとつ。巨大化したピラニアの群れが人々を襲うという映画だが、巨大化はともかく陸地に飛び出してまで人を食いまくるメガピラニアの常識外れな捕食本能に、感動を覚えざるを得ない怪作。

ネタバレを読む
映画:スピーシーズ2

スピーシーズ2の紹介:「スピーシーズ 種の起源」の続編に当たる作品が「スピーシーズ2」です。前作のメインキャラクター、3人の内、プレスとローラが出演しています。もう一人のキャラクターであるダンは霊能力を持つという設定でしたが、本作に登場するイヴのテレパシー能力と若干被っているため、出演していません。このイヴですが、前作の敵シルのクローンという設定であるため、演じている女優は前作にも出演したナターシャ・ヘンストリッジとなっています。

ネタバレを読む
映画:ソサエティー

ソサエティーの紹介:1980年代のビデオブームを代表するエログロスプラッタ映画として名高い「ゾンバイオ/死霊のしたたり」で製作総指揮を務めた、ブライアン・ユズナが監督した作品。アナログ特殊メイクの旗手、スクリーミング・マッド・ジョージの手腕も光る、隠れた逸品。

ネタバレを読む
映画:ゴジラ(1984)

ゴジラ(1984)の紹介:1984年公開。1975年公開「メカゴジラの逆襲」以来約9年振りとなるゴジラ作品である、シリーズ16作目となる作品。また、昭和に公開された最後のゴジラ作品でもある。ゴジラシリーズ2作目「ゴジラの逆襲」から15作目「メカゴジラの逆襲」までの出来事を全てリセットし、1作目「ゴジラ(1954)」から約30年振りにゴジラが姿を現したという設定になっている。

ネタバレを読む
映画:ゴジラ(1954)

ゴジラ(1954)の紹介:1954年公開。2019年現在、ハリウッド制作版も合わせて30作以上も公開されているゴジラシリーズの記念すべき第1作目となる作品であり、「怪獣映画」というジャンルにおいても元祖となる作品という位置付けとなっている。監督は本多猪四郎。本多猪四郎は脚本にも関わっており、特殊演出には、「ウルトラマン」シリーズ生みの親として知られている円谷英二の名前がクレジットされており、後の「ウルトラQ」の発案のきっかけにもなったと言われている。

ネタバレを読む
映画:ゴジラvsモスラ

ゴジラvsモスラの紹介:1992年12月12日公開。人気怪獣映画シリーズである「ゴジラ」シリーズの第19作品目である。平成制作のゴジラとしては3作品名であり、今作以降にも制作された「平成ゴジラ」シリーズの中で最多動員数を記録した、シリーズの中でも人気の高い作品である。「モスラ」「モスラ対ゴジラ」に登場したモスラを設定を一新して登場させ、さらに新登場の怪獣であるバトラも登場し、ゴジラと三つ巴の戦いを描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。