「怪獣/怪物」映画一覧(31ページ目)

怪獣/怪物タグのついている映画は、巨大で恐ろしい力を発揮する生物が出演者な作品が多くなっています。そして主人公が怪獣/怪物に立ち向かう、もしくは怪獣同士が戦うストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴジラ」「キングコング」「パシフィック・リム」などがあります。

映画:ジュラシックパークⅢ3
ジュラシック・パークⅢの紹介:2001年公開のアメリカ映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの3作目にあたる。ジョー・ジョンストンが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務める。4作目「ジュラシック・ワールド」も2015年制作予定。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版の紹介:1954年公開の日本映画でゴジラシリーズ第1作で、60周年にあたる今年2014年7月25日にハリウッド版「GODZILLA」公開に先駆け、デジタルリマスター(最新技術)で蘇らせた作品である。 ネタバレを読む
映画:アメイジングスパイダーマン1
アメイジング・スパイダーマンの紹介:2012年公開のアメリカ映画。映画『スパイダーマン』のリブート(シリーズ仕切り直し)作品。映画『スパイダーマン』シリーズの第4作目が白紙となり、心機一転、新しいシリーズとして映画が制作された。 ネタバレを読む
映画:アメイジングスパイダーマン2
アメイジング・スパイダーマン2の紹介:2014年公開のアメリカ映画。2012年『アメイジング・スパイダーマン』の続編にあたり、シリーズ3作目以降も制作予定であったが、北米での興行収入低迷で打ち切りとし、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にゲスト出演、『スパイダーマン:ホームカミング』が作られた。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:エイリアン4
エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:エイリアン3
エイリアン3の紹介:1992年のアメリカ映画。シリーズ第3作。今作では撮影にあたってシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。「セブン」「ファイト・クラブ」などで有名なデヴィット・フィンチャーの初監督作品。 ネタバレを読む
映画:エイリアン
エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。 ネタバレを読む
映画:エイリアン2
エイリアン2の紹介:1986年のアメリカ映画。シリーズ第2作。SFホラーの古典となった前作から一変、エイリアンと兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。キャッチコピーは「This time it's war.(今度は戦争だ)」。 ネタバレを読む
映画:ミスト
ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。 ネタバレを読む みんなの感想が18件届いてます
映画:パシフィック・リム
興行収入ランキングでは初登場6位で、2013年に開催されたハリウッド映画祭において、ジョン・ノールが視覚効果賞を受賞した。日本では通常のテレビCMに加え、日本語吹き替え版やその映像に往年の東宝特撮映画風の手書き字幕を重ねたテレビCMも公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×