「映画賞受賞作」映画一覧(2ページ目)

エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事の紹介:1993年にアメリカで製作されたロマンス歴史映画。マーティン・スコセッシがイーディス・ウォートンによる同名小説を映画化した作品で、ダニエル・デイ=ルイス、ミシェル・ファイファー、ウィノナ・ライダーら実力派俳優たちが主演を務めた。1870年代のニューヨーク社交界を舞台に、愛し合う男女の情熱と苦悩を描く。第66回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。

ネタバレを読む

今日、キミに会えたらの紹介:2011年制作のアメリカ映画。不法滞在の経歴から、遠距離恋愛となったカップルの姿を描いている。サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。アントン・イェルチン、フェリシティ・ジョーンズ、ジェニファー・ローレンスらが出演したラブストーリー。今作はキャノンの一眼レフで全編撮影され、台詞や演技はすべて即興で行われた。

ネタバレを読む

あの子を探しての紹介:1999年の中国製作映画で、貧しい村に生きる子どもたちを描いた人間ドラマ。シー・シアンションによる「空に太陽がある」を映画化した作品で、監督はチャン・イーモウが務めた。代用教員の少女が行方不明の生徒を探す旅を描く。実際の中国の寒村に暮らす子どもたちを起用した演出が高く評価され、チャン・イーモウはヴェネツィア国際映画祭で自身2度目の金獅子賞を獲得した。

ネタバレを読む

誘惑のアフロディーテの紹介:養子にもらった息子がルックス・知能・性格も三拍子揃いに成長する。父は息子の実母が気になり探し出すが、なんと彼女はポルノ女優で娼婦だった。
名匠ウディ・アレンが監督、脚本、主演を務めたラブ・コメディ。ギリシャ悲劇を基にウィットに富むエピソード満載で描き上げた。1995年アカデミー賞助演女優賞を獲得するほか、多数の映画賞を受賞した秀作喜劇。

ネタバレを読む

九龍猟奇殺人事件の紹介:2015年に香港で製作されたサスペンス映画。実際の猟奇殺人事件を基にした作品で、ある中年刑事がモデルを目指す少女がなぜ殺されたのかに迫っていく。第35回香港電影金像獎では主演男優賞を始め7部門に輝いた。

ネタバレを読む

さよなら、アドルフの紹介:2012年製作。第二次世界大戦が終わり、ナチス将校の父と母が去って、14歳の少女が妹や弟たちを連れて遠く離れた祖母の家に向かう姿を描いている。アカデミー賞外国語映画賞オーストラリア代表として選出された作品。主演を演じるザスキア・ローゼンダールは、ベルリン映画祭でシューティングスター2013に選ばれた実力派。

ネタバレを読む

東ベルリンから来た女の紹介:2012年公開のドイツ映画。ベルリンの壁崩壊前の時代に、役人に監視されながらも脱出を試みる女性の姿を描いている。クリスティアン・ペツォールトが監督を務め、ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた作品。主人公の女医を演じるのは、ニーナ・ホス。

ネタバレを読む

天国と地獄の紹介:1963年製作の黒澤明監督、三船敏郎・仲代達矢・香川京子主演による犯罪ドラマ。E・マクベインの小説「キングの身代金」を原案に身代わり誘拐をスリリングに描いた傑作。毎日映画コンクール日本映画大賞受賞作。

ネタバレを読む

シング・ストリート 未来へのうたの紹介:2016年に製作されたアイルランド・アメリカ・イギリス合作の青春ミュージカルコメディ。「ONCE ダブリンの街角で」、「はじまりのうた」で音楽を題材にした映画を手掛けたジョン・カーニーが監督を務めた。閉塞感の漂う1980年代のアイルランド・ダブリンで音楽と恋愛に打ち込む少年たちの姿を描いていく。第21回サンディエゴ映画批評家協会で最優秀作曲賞を受賞した。

ネタバレを読む

黙して契れの紹介:プロサッカー選手を夢見る兄弟。彼らを取り巻くベネズエラの過酷な現実や犯罪、家族愛や犠牲を感動的に描いたヒューマンドラマ。衝撃的なラストが待ち受ける。
2010年のベネズエラ映画で、日本では劇場未公開。マルセル・ラスキン監督の長編処女作にして、モスクワ国際映画祭やナポリ国際映画祭などで最優秀作品賞を受賞した。原題は“兄弟”を意味する『Hermano』。

ネタバレを読む

とうもろこしの島の紹介:激しい戦争状態にあるジョージアとアブハジア。両者の間に流れる川のほとりで、昔からの風習に倣いとうもろこしを育てるアブハジア人の祖父と孫。ある日2人の畑で負傷したジョージア兵が見つかる…。
ジョージアをはじめとする6か国の合作で、2014年の作品。ジョージアでの戦争を背景にした作品として、日本では2016年に『みかんの丘』と共に同時公開された。劇中の台詞を極力抑え、人々の運命や戦争の意味を寓話的に綴る。

ネタバレを読む

みかんの丘の紹介:みかんの木箱職人のイヴォは、戦闘で負傷した2人の兵士を自宅で介抱する。しかしその2人は互いの仲間を殺され合った敵兵同士だった…。戦争の不条理さが描かれたヒューマンドラマ。
2013年のエストニア・ジョージアの合作で、日本ではEUフィルムデーズ2015で上映後、2016年に劇場公開された。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされたほか、世界中の映画祭で多くの賞を受賞した。

ネタバレを読む

五福星の紹介:1983年製作のサモ・ハン・キンポー監督による香港発アクションコメディ。監督は俳優としても出演しており、カンフーの腕を活かして仲間を助ける心優しき青年を好演。第3回香港電影金像奨では最も優れたアクションシーンに贈られる最佳動作設計を受賞した。同じ日に刑務所からシャバに復帰した五人組が力を合わせ犯罪組織に立ち向かっていく。

ネタバレを読む

好きにならずにいられないの紹介:2015年製作のアイスランド・デンマーク合作映画。独身で43歳の内気な大男の恋の行方を描いている。少女と一緒にいただけで警察に連行される風貌の男性が、心に傷を負った女性と出会い、新しい一歩を踏み出す姿を映し出す。各国の映画祭で次々と賞を受賞し、北欧映画No.1に輝いた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。